笑っ て は いけない 骨折。 佐野史郎が笑ってはいけない骨折?全治二カ月で入院中!?年末のガキ使の放送はどうなる?

「ガキ使」骨折の佐野史郎はラストの予告に登場

笑っ て は いけない 骨折

11月に入りそろそろ年末に向けて特番が芸能界でも始まっているようですね^^ 皆さんの好きな年末の番組はなんですか? いくつか候補がある中で、これは外せないと言われているのが 「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル」の笑ってはいけないシリーズではありませんか? 毎回、豪華なゲストが大勢出て驚かされますよね。 今年も、どんな顔ぶれで賑わせてくれるのかすでに楽しみにしていましたが 今年の笑ってはいけないシリーズ・キャストの中に佐野史郎(さの しろう)さんがいたようですね。 そして今回、骨折されたということでとても心配です。 また毎年恒例の「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル」笑ってはいけないシリーズの放送もどうなるのか心配ですね。 佐野史郎が笑ってはいけない骨折!?「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル」 茨城県で行われた同局系特番『ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)』(12月31日放送予定)のロケ中に、「第三腰椎骨折」のけがを負ったことを発表した。 医師の診断では全治2ヶ月の治療を要する見込みという。 yahoo. yahoo. そんな中での骨折という事故が起きました。 佐野史郎さんは骨折をされて現在入院中です。 手術をするまでには至っていないとのことです。 佐野史郎さん骨折報道でのコメント 佐野史郎さんらしい、優しいコメントをされていますよね。 なにより番組のスタッフさんをはじめ皆さんにご迷惑をかけたことを優先して述べており 佐野史郎さんご自身が1番辛い中で素晴らしい人柄だと思えます。 この度は、「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)」の収録に際し、第三腰椎骨折というけがをしてしまい、番組スタッフ、キャストのみなさんはじめ、関係者各位のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしました。 安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます。 なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。 人間万事塞翁が馬。 今回のことを糧に、より精進して参りたいと存じます。 今後ともよろしくお願いいたします。 yahoo. 佐野史郎さんの痛みが早くやわらぎ回復されることを願っています。

次の

佐野史郎『笑ってはいけない』での全治2カ月の骨折事故に日テレ側が提示した「誠意」とは?|日刊サイゾー

笑っ て は いけない 骨折

年末の恒例番組である『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 』 日本テレビ系 の「笑ってはいけない」シリーズの収録において、俳優の佐野史郎が腰椎骨折の怪我を負ったことがわかった。 液体窒素を入れたペットボトルを破裂させた力で宙に浮く企画で事故が起こり、放送前から「笑えない」事態が起きてしまった。 そもそも、このシリーズ自体の人気に陰りが出ているのは確かだろう。 もともと、『ガキの使い』番組内の人気コーナーだった「笑ってはいけない」は罰ゲームとしてはじまり、松本人志と浜田雅功のチームで負けた方が一泊二日で罰ゲームの旅に出るものだった。 松本と浜田、それぞれのキャラが出た罰ゲームが見られた。 この企画が好評となり2006年から年越し企画となった。 初年度は松本が浜田以下、山崎邦正 現・月亭邦正 、ココリコの遠藤章造チームに罰ゲームを課する方式だったが、翌2007年度からは全員参加となった。 この番組は事前収録の生放送ではない異例の年越し企画であった。 なぜこうなったのかと言えば、『進め! 電波少年』の流れを組む年越し企画「いけ年こい年」の2000年から2001年への放送で、カウントダウンをわざと2分間早める演出で非難が殺到したためと見られる。 「笑ってはいけない」の作り込んだ笑いは、大晦日の夜にまったりと見られる番組として人気となり、『NHK紅白歌合戦』の裏番組としては、初年から民放視聴率首位をキープしてきた。 歴代最高となったのは、2013年の「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」であり、平均視聴率は1部が19. 」では、平均視聴率が1部14. ダウンタウンの松本人志は、事前の準備や収録時間の長さなどから、この番組を本音ではやめたいと考えていると、一部では報道されている。 さらに、2017年放送では浜田雅功の黒人メイクや、ベッキーの不倫みそぎとしてのタイキックが問題となり、これにも松本は「放送後にネットで叩かれる」と憂慮する発言を残している。 それでもなお、人気番組であることには変わりないが、怪我人が出てしまっては、放送前から不穏な空気も漂っていると言えそうだ。

次の

佐野史郎「笑ってはいけない」完全版に登場「腰椎骨折こたえたが、色々と振り返る機会に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

笑っ て は いけない 骨折

俳優の佐野史郎(64)が5日、自身のツイッターを更新。 4日放送の日本テレビ「ガキの使い!絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!完全版SP」について「色々と振り返る良い機会ともなりました」と投稿した。 佐野は昨年11月6日の同番組収録中の事故で第3腰椎骨折、全治2カ月の重傷を負い、同25日に退院した。 昨年大みそか放送の番組には出演シーンがなかったが、年明け3日には自身のツイッターを更新、完全版SPに言及し「あけましておめでとうございます。 どんな編集になっているのか…ドキドキ」とつぶやいていた。 番組で佐野は、科学部の顧問として白衣姿で教室に登場。 「いつの時代も争いごとは科学の発展を邪魔をする。 平和利用しなきゃいけない。 ついにノーベル賞を狙える理論を導き出した。 実験には三四郎の小宮浩信(36)、FUJIWARAの原西孝幸(48)、ダチョウ倶楽部の上島竜兵(58)、出川哲朗(55)らが登場。 佐野のアクシデントにつながる場面の放送はなかった。 放送から一夜明けた5日、佐野はツイッターで「明日で事故から2カ月。 この歳での腰椎骨折はこたえましたが、色々と振り返る良い機会ともなりました」と投稿。

次の