ふき の 葉っぱ の 料理。 ふきの葉は食べられるの?下処理方法とその食べ方とは?

[ふきのレシピ]下ごしらえのコツとご飯がすすむ簡単レシピ2選

ふき の 葉っぱ の 料理

ふきのレシピで人気なのは? ふきの人気メニューは、煮物と佃煮。 煮物はジューシーに食べられますし、佃煮は時間をかけて食べるのに適しています。 きゃらぶきは、佃煮のように、醤油やお酒を使って、濃い味付けで煮つけたもの。 それも、皮むきはコツが必要で、なかなか大変… それに比べて、 きゃらぶきに必要なのは、あく抜きだけ。 きゃらぶきは煮物よりもずっと簡単なので、初めてふきを調理するのなら、まず挑戦してもらいたいメニューです。 あく抜きは、ちょっと手間がかかりますが、おいしく食べるために必ず行いましょう。 用意するもの:ふき 200g、出汁用昆布 10cmくらい、醤油60ml、みりん15 ml、酒15ml、砂糖 20g、唐辛子 1本、保存瓶• ふきをあく抜きしておきます。 昆布を1cm幅くらいに細く切ります。 鍋にみりん、酒、昆布を入れて、15分おきます。 鍋に残りの調味料を入れて、煮立てます。 煮立ったら、水気をきったふきと、ひたひたになるくらいの水を入れます。 もう1度煮立ったら、弱火にして煮詰めます。 汁気が減ってきたら、焦げ付かないように混ぜましょう。 煮詰まったら、保存瓶に詰めます。 失敗しないコツは、皮をむかないこと。 煮物のように皮をむいてしまうと、ふきが溶けます… 食感がわるくなってしまいますから、皮をむかないで作ってください。 きゃらぶきは、約1か月日持ちします。 瓶詰めにしておくと、いつでも使いたいときに使えて便利です。 使う保存瓶は、煮沸消毒しておいてください。 味がしっかりついているので、ちょっとつまみが欲しいときにも、そのまま使えます。 刻んでパスタやチャーハンに混ぜても、おいしいです。 ふきのレシピ 葉の辛煮 もし、ふきに葉っぱがついていたら、 葉っぱも食べられます。 もったいないですから、絶対に捨てないでください! 葉っぱも煮つけておくと、いつでもササッと使えて便利です。 用意するもの:ふきの葉 100g、醤油45ml、みりん15 ml、酒30ml、かつお節10g、保存瓶• たっぷりの湯を沸かし、ふきの葉をゆでて、15分水にさらします。 ふきの葉は、水気をきって細かく切ります。 鍋にかつお節以外の材料を入れ、ひたひたになるくらいの水を入れます。 鍋に火をかけ、煮立ったら、弱火にして煮詰めます。 汁気が減ってきたら、焦げ付かないように混ぜましょう。 煮詰まったら、火を止め、かつお節を加えます。 保存瓶に詰めます。 冷蔵庫の保存で、2週間くらい日持ちします。 この辛煮を混ぜたごはんでおにぎりを作ると、すっごくおいしいです! 簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。 わらびの食べ方のまとめ きゃらぶきは、甘じょっぱくて、クセになる味なんですよね。 手作りのきゃらぶきは、市販品よりも香りと苦味がダイレクトに感じられます。 このブログでは、心豊かな生活をおくるために、知っていると役立つ情報を発信していきます。 あなたの気づきのお手伝いができれば、幸いです。 カテゴリー• 3 最近のコメント• に fukiyose より• に 宗教法人 東慶寺 北鎌倉 担当:梶原 より• に fukiyose より• に 薮内まさ子 より• に 薮内まさ子 より.

次の

ふきの葉は食べられるの?下処理方法とその食べ方とは?

ふき の 葉っぱ の 料理

ふきのレシピで人気なのは? ふきの人気メニューは、煮物と佃煮。 煮物はジューシーに食べられますし、佃煮は時間をかけて食べるのに適しています。 きゃらぶきは、佃煮のように、醤油やお酒を使って、濃い味付けで煮つけたもの。 それも、皮むきはコツが必要で、なかなか大変… それに比べて、 きゃらぶきに必要なのは、あく抜きだけ。 きゃらぶきは煮物よりもずっと簡単なので、初めてふきを調理するのなら、まず挑戦してもらいたいメニューです。 あく抜きは、ちょっと手間がかかりますが、おいしく食べるために必ず行いましょう。 用意するもの:ふき 200g、出汁用昆布 10cmくらい、醤油60ml、みりん15 ml、酒15ml、砂糖 20g、唐辛子 1本、保存瓶• ふきをあく抜きしておきます。 昆布を1cm幅くらいに細く切ります。 鍋にみりん、酒、昆布を入れて、15分おきます。 鍋に残りの調味料を入れて、煮立てます。 煮立ったら、水気をきったふきと、ひたひたになるくらいの水を入れます。 もう1度煮立ったら、弱火にして煮詰めます。 汁気が減ってきたら、焦げ付かないように混ぜましょう。 煮詰まったら、保存瓶に詰めます。 失敗しないコツは、皮をむかないこと。 煮物のように皮をむいてしまうと、ふきが溶けます… 食感がわるくなってしまいますから、皮をむかないで作ってください。 きゃらぶきは、約1か月日持ちします。 瓶詰めにしておくと、いつでも使いたいときに使えて便利です。 使う保存瓶は、煮沸消毒しておいてください。 味がしっかりついているので、ちょっとつまみが欲しいときにも、そのまま使えます。 刻んでパスタやチャーハンに混ぜても、おいしいです。 ふきのレシピ 葉の辛煮 もし、ふきに葉っぱがついていたら、 葉っぱも食べられます。 もったいないですから、絶対に捨てないでください! 葉っぱも煮つけておくと、いつでもササッと使えて便利です。 用意するもの:ふきの葉 100g、醤油45ml、みりん15 ml、酒30ml、かつお節10g、保存瓶• たっぷりの湯を沸かし、ふきの葉をゆでて、15分水にさらします。 ふきの葉は、水気をきって細かく切ります。 鍋にかつお節以外の材料を入れ、ひたひたになるくらいの水を入れます。 鍋に火をかけ、煮立ったら、弱火にして煮詰めます。 汁気が減ってきたら、焦げ付かないように混ぜましょう。 煮詰まったら、火を止め、かつお節を加えます。 保存瓶に詰めます。 冷蔵庫の保存で、2週間くらい日持ちします。 この辛煮を混ぜたごはんでおにぎりを作ると、すっごくおいしいです! 簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。 わらびの食べ方のまとめ きゃらぶきは、甘じょっぱくて、クセになる味なんですよね。 手作りのきゃらぶきは、市販品よりも香りと苦味がダイレクトに感じられます。 このブログでは、心豊かな生活をおくるために、知っていると役立つ情報を発信していきます。 あなたの気づきのお手伝いができれば、幸いです。 カテゴリー• 3 最近のコメント• に fukiyose より• に 宗教法人 東慶寺 北鎌倉 担当:梶原 より• に fukiyose より• に 薮内まさ子 より• に 薮内まさ子 より.

次の

ふきのレシピで人気なのはきゃらぶき!葉っぱはどうする?保存は?

ふき の 葉っぱ の 料理

葉柄は、根元と先端で太さが違うため、火入れ時間が異なることがあります。 そのため3分割程度に切り分けて、様子を見ながら下茹でをします。 葉の下茹でとあく抜き 葉はあくが強いので、何度か湯を入れ替えながら茹でた後、水にさらします。 沸騰した湯に葉を入れ、30秒程度茹でて取り出します。 湯を替えながら3、4回ほど同じ作業を繰り返します。 水を張ったボウルに浸し、さらにあくを抜きます。 葉柄の下茹でとあく抜き 茎は長めに茹でて、水にさらします。 沸騰した湯に3等分に切った葉柄を入れ、透明感のある翡翠色になるまで、7~8分ほど茹でてから取り出します。 水を張ったボウルに、10分ほどさらしてさらにあくを抜きます。 途中で水がぬるくなったら、水を入れ替えます。 ふきの葉:1枚• ショウガのすりおろし:大さじ1• ごま油:大さじ1• 醤油・みりん:各大さじ1• 白すりごま:適量• 下茹でして水にさらしたふきの葉の水気を切り、細かく刻む。 フライパンにごま油を入れて熱し、ふきの葉を入れて炒める。 昆布だし、醤油、みりんを入れて味付けし、ショウガを加える。 煮詰まったら適宜水を加え、葉がくったりするまで煮詰める。 器によそって、白ごまを振る。 時間がない場合は、昆布を水に1時間つけたあと中火にかけ、沸騰寸前に昆布を取り出す。 ふきの葉柄:2本分• ショウガのスライス:2枚• ごま油:大さじ1• 醤油・みりん:各大さじ1• 塩:ひとつまみ• 白すりごま:適量• 下茹でして水にさらしたふきの葉柄を5cm長さに斜め切りする。 フライパンにごま油とショウガを入れて熱し、香りが立ったらふきの葉柄を入れて強火で炒める。 だしと水を入れて、煮詰まったら、醤油、みりん、塩を入れて味付けする。 中火でさらに炒め煮し、最後に強火にして、水大さじ1を入れて仕上げる。 器によそって、白ごまを振る。 ふきは、佃煮や炒め物以外にも、みそ漬けやピクルスなどにするのもおすすめ。 毎日の食卓の常備菜として、その香りや風味を楽しみましょう。

次の