ベンチ プレス ダンベル。 ダンベルプレスのベンチプレス換算。ベンチプレス100kgは何キロ相当?

ダンベルプレスとベンチプレスの重量を換算するとどうなる?

ベンチ プレス ダンベル

筋トレBIG3の一つが「ベンチプレス」だ。 主に大胸筋を鍛えるための種目だが、バーベルを使って行うバーベルベンチプレスと、ダンベルを使って行うダンベルプレスがある。 初心者の場合、どちらをやればいいのかわからない人もいるかもしれない。 そこで、それぞれの特徴や違い、メリットを解説する。 バーベルベンチプレスとダンベルベンチプレスの違いとは? 「大胸筋を鍛える」と言えば、真っ先に思いつくのがバーベルベンチプレスとダンベルベンチプレスだろう。 どちらもウェイトを持ち上げる点では同じだが、それぞれに特徴がある。 主な違いは以下のとおりだ。 違い1,可動域 ダンベルプレスのほうが大きい 最大の違いは、筋肉の可動域だ。 バーベルを使ったベンチプレスの場合は胸にバーが当たり、なおかつバーを肩幅の位置で持つため、意外と可動域は限られる。 一方ダンベルベンチプレスは、右と左がそれぞれ独立していて、ダンベルが胸に当たらないので、ベンチベンチプレスよりも可動域が広く、フルレンジのトレーニングができる。 ダンベルプレスであれば、大胸筋の外側と内側にバランスよく負荷をかけることができる。 違い2,扱える重量 バーベルベンチプレスのほうが大きい バーベルベンチプレスはダンベルベンチプレスに比べてバランスを取りやすく、大きな重量を扱うことができる。 筋力をつけるためには、重量は重いほうが効果は高い。 最大筋力を上げる目的であれば、バーベルベンチプレスが適していると言える。 違い3,左右均等性 バーベルベンチプレスのほうが高い バーベルベンチプレスは両手で重量を扱うのに対し、ダンベルベンチプレスは左右の手それぞれで重量を扱う。 そのため、バーベルベンチプレスは左右均等に負荷をかけることができる。 左右の筋肉をバランス良く鍛えることができるのもバーベルベンチプレスの特徴だ。 バーベルベンチプレスを扱う際のポ5つのポイント それぞれのトレーニング方法について解説しよう。 まずはバーベルベンチプレスだ。 フラットベンチに仰向けになってバーベルを握り、持ち上げて、胸に下ろすという動作になる。 ポイントは以下のとおりだ。 肩甲骨をしっかりと寄せて背中にアーチを作る• バーベルは肩幅の約1. 5倍の位置で握る• 反動をつけずに、素早く上げる• 上げたら1秒間キープする• 下ろす時はゆっくり下ろす 重い重量を扱うので、補助をしてくれる人がいると安全だ。 ダンベルベンチプレスを扱う際の3つのポイント 次に、ダンベルベンチプレスのポイントを見てみよう。 ダンベルベンチプレスも、フラットベンチに仰向けになるまでは、バーベルの時とまったく同じだ。 ダンベルを持ち、息を吐きながら弧を描くようにダンベルを押し上げ、胸の上でダンベルを合わせ、そこからゆっくりと下ろす、というのが基本的な流れである。 ダンベルベンチプレスのポイントは、バーベルベンチプレスの1、3、5と同じで、加えて以下の3点を意識してほしい。 ダンベルを持ち上げた時に、肘が伸び切ってしまわないようにする• ダンベルを下ろす時に、胸にストレッチを効かせるため、できるだけ低い位置までダンベルを下ろす• スタートポジションにダンベルを持ってくる時に肘を使う 重量を調節する時にも注意が必要だ。 バーベルは重量を左右合わせて2. 5kg刻みで調節できるが、ダンベルの場合は片側で2kg刻みでしか調整できないものが多い。 40kgなど高重量のダンベルを置いていないジムも多いので、バーベルのほうが細かく重量を調整できると言えるだろう。 目的に合わせて、バーベルとダンベルを使い分ける バーベルベンチプレスとダンベルベンチプレスは、同じ大胸筋を鍛えるものではあるが、可動域や最大重量などが大きく異なる。 どちらが優れている、劣っているということではないので、目的に合わせてうまく使い分けるか、あるいは組み合わせてほしい。 どちらも正しいフォームで行うことでケガの危険性は低くなり、トレーニング効果は高まる。 バーベルベンチプレスとダンベルベンチプレス使い分けることができれば、より効率的な筋トレを実現できるはずだ。 文・MONEY TIMES編集部 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

ダンベルベンチプレス

ベンチ プレス ダンベル

【開封してみて】 表示によると中国製です。 ケミカル臭は無く、シートのベタつきもありません。 マットは柔らかすぎず程良い固さです。 5cm程の厚みがありますが、下部1cmは裏板の厚みでクッション部は約4cmです。 塗装は丈夫そうで小キズや汚れはありましたが、目立つ程ではありません。 個体差は有ると思います。 【組み立ててみて】 組み立ては非常に簡単です。 値段から想像していた以上にしっかりした出来でしたが、折りたたみ故のガタつきが少々あります。 折りたたみの構造上、仕方がない事だと思いますし使用に不安を感じる程でもありませんでした。 他に足の接地不良によるガタつきも有りましたが、僅かなので解消の為にシートを敷く程でも無かったです。 絨毯や床のキズ防止にシートを敷く方なら問題無いと思います。 ただこれも個体差がありそうです。 【使ってみて】 171cm、68kg、片手25kgのダンベル使用です。 ベンチプレス、ダンベルフライ等、問題ありませんでした。 デクラインも出来ます。 使い方があっているか分かりませんが、スポンジ側の足は4段階に長さ調節できるので 角度を変えた腹筋が出来ます。 個人的事情ですが私の足が短いので足つきがイマイチです。 座面は座らずフラットの状態で実測47cm前後です。 安全の為に安全靴を履きトレーニングをしていますが、コンセントレーションカール等で少し踵が浮きます。 また重量次第だと思いますが、ワンハンドローイング 30kg使用 は膝と手をシートの中心線上に持ってこないと シートの裏板が軋み少々不安を感じました。 布が貼ってあり確認出来ませんが裏板は木製かと思います。 ドラゴンフラッグはある程度の勢いで行うと耐久性に不安を感じます。 他の種目では気にならなかった軋みや ガタつきが気になります。 フラットでは更に不安を感じるので、片足をたたみシットアップベンチの状態にしてゆっくり行っています。 シートをつかむと裏板の耐久性が不安なので、3方向ハンドルを上側から差し握る事にしましたが 持ち手が上に行き過ぎる為、私の筋力では少々厳しくなりました。 【全体的に】 全体的にしっかりした印象ですが、精度はそれなりなので個体差がありそうです。 パーツの遊びも多めな印象です。 類似品は沢山あるので満足度は値段次第だと思います。 私は5千円以下で購入出来たので、この価格でこの品質ならば十分満足です。

次の

【100kg=30kg×10回は本当?】ダンベルプレスとベンチプレスの重量換算を考察【経験から語る】

ベンチ プレス ダンベル

Contents• 1-1. ダンベルベンチプレスフォーム ダンベルベンチプレスは、通常のバーベルで行うベンチプレスに比べて非常に不安定になりますので、 正しいフォーム、注意事項をしっかり守りながら行うようにしましょう。 間違えた方法で行えば、効果が現れないどころが大怪我につながります。 十分注意してトレーニングを行ってくださいね では、フォームから見ていきましょう。 まずはスタートポジションです。 上半身でアーチを描き、ベンチと腰の間に少し隙間を付きましょう。 この時にお尻を浮かせないように注意が必要です。 ダンベルは乳首と同じラインくらいに持ち上げます。 横から見たら画像と同じように 肘とダンベルの持つ部分が真っ直ぐになるようにします。 内側や外側に曲げすぎないように注意しましょう。 呼吸方法は下に降ろす時に息を吸い、持ち上げる時に息を吐きます。 厳密に言うと持ち上げている最中は息を止め、持ち上げた瞬間に息を吐くやり方でも良いと思います。 僕も高重量の時はよくやっています。 理由としては、人間は体内に空気を取り込んでいる状態の方が力が出やすいからです。 ただ冬場の暖かい部屋などで無呼吸を行うと、鼻血が出てしまう事もあるのでティッシュを置いて置くこともお忘れなく。 今度は上の方から見てみましょう。 先ほど説明させていただいたとおり腕の角度は90度になっていますね。 この時に肩甲骨を寄せて、胸のストレッチを意識します。 上に持ち上げた状態です。 少し難しいですが腕を伸ばした状態でも肩甲骨を内側に寄せるようにしましょう。 コツとしては少し斜め方向外側に押し出すようにすると上手くいきやすいです。 1-2. ダンベルベンチプレスのフォーム2 肩甲骨の動き編。 ダンベルベンチプレスを行うにあたって口うるさく言われる事が「 肩甲骨を内側に寄せる」でしょう。 でもこれって理由は何でなのでしょう? 疑問に思った僕は、あるボディビルダーの方に質問をしました。 すると有無を言わさず腕立て伏せをやらされたのです。 その時に肩甲骨を寄せながら腕立てをやってみると、 安定性が増すという事を学びました。 高荷重のダンベルでベンチをする時などは、不安定な状態でやるとダンベルを落としたり関節を痛めたりと非常に危険です。 それを防ぐために安定性を増すために肩甲骨を寄せるそうです。 また肩甲骨をよせると胸を張るフォームになるので、 胸の筋肉の伸び縮みが促進されトレーニング効果が上がる事にもつながります。 これだけ大切な「肩甲骨をよせる」動き。 ぜひマスターすべきでしょう! それでは画像で見ていきましょう。 まずは悪い例です。 このように肩を上げてしまうと肩の筋肉も使ってしまいトレーニング効果が減ってしまします。 これを防ぐためには 寝転んだ時に背中をつけたままの状態で、上半身を上にスライドさせると良いでしょう。 上の画像と見比べてみると理解していただけるかと思いますが、 この二枚目の画像ではしっかりと肩が下がっています。 肩を落として肩甲骨を真ん中によせるために、 斜め下からワイヤーで引っ張られているようなイメージをするとやりやすくなります。 いきなりダンベルを使いながら行うと難しいので、何も手に持っていない状態で練習すると良いでしょう。 コツがいりますが是非マスターしてみてください。 Sponsored links 2. ダンベルベンチプレス 注意事項 ダンベルベンチプレスは冒頭でも述べたように危険が伴うトレーニングです。 以下の間違ったやり方を防ぎ安全にトレーニングに取り組みましょう。 注意事項その1 ダンベルベンチプレスを行っている時にたまに見かけますが、 上の画像のようにダンベルを下ろした時に前や後ろに倒してしまっている方がいます。 軽い重量ならある程度は大丈夫ですが、 高荷重になれば肩が肘を痛めてしまいますので注意しましょう。 肘の真上にダンベルが来るようにする事がポイントです。 注意事項その2 今度は上から見た様子です。 ダンベルを下ろした時に極端に下げすぎていますね。 これも肩の関節を痛める危険性があります。 また手首も画像のように反り返るのもNGです。 手首を痛めてしまいます。 手首も真っ直ぐに固定した状態でトレーニングを行いましょう。 以上が主な注意事項です。 最初はどうしてもフォームがわからずに自己流で行ってしまいがちになるかと思います。 可能ならばフォームを確認するためと安全面を考慮する意味で、他の人に補助についてもらう事をおすすめします。 筋トレはトレーニング部位に効かせる事も大事ですが、「怪我をしない。 」これが最も大事な事です。 気をつけてトレーニングを行ってください。 おまけ情報。 この章はではちょっとしたテクニックを紹介させていただきます。 おまけ情報とは言え、きっと皆さんのお役に立つのではないでしょうか。 それでは二つのテクニックを御紹介します。 オンザニー ダンベルベンチを長く続けて行くと重量も少しずつ上がってきます。 その時に困ることが「 ダンベルをスタートポジションにセットする事」です。 普通に腕力でダンベルを持ち上げようとしても重たすぎで持ち上がりません。 その時に役立つテクニックが「 オンザニー」です。 足でダンベルを持ち上げる補助を行うのですが、非常に役立つテクニックなのでぜひ練習してみてください。 それでは画像で見てきましょう。 やり方はまず膝の上にダンベルを置きます。 側面がフラットではないタイプのダンベルを使用する場合は、プレート部分を膝の上に乗せましょう。 そのまま両膝を持ち上げ後ろに倒れ込みます。 そのままダンベルを持ち上げ、ダンベルベンチプレスのスタートポジションの形にします。 ベンチプレスが終われば、今度は逆にダンベルを膝に付けてそのまま前に倒れこむと元の形に戻ります。 注意 オンザニーを行う時に上手く後ろに倒れ込めない場合、 すこしお尻を浮かせて、ゆっくり後ろに倒れるとスムーズに行くと思います。 ただし扱っているのは高重量のダンベルのため、バランスを崩すと非常に危険です。 実際問題、僕もダンベルベンチプレスを行う際にオンザニーを使って後ろに倒れ込みました。 その時、ベンチが少しガタついておりバランスを崩して横に転がり落ちました。 危うく顔面にダンベルが落ちてくるところでした。 このような危険を避けるために、 ベンチのガタつきも確認しておきましょう。 オンザニーは少しコツがいりますので、最初は軽い重量で練習してみましょう。 続いて別のテクニックを紹介させていただきます。 足上げベンチプレス ベンチプレスを行うにあたり両足を床につけて踏ん張るのは当然ですが、それをあえて浮かせるやり方です。 試していただけるとわかりますが、 胸に思いっきり負荷がかかります。 いつも行っているダンベルの重量で物足りなくなった、もしくは最後に追い込みをかけたい時などに使用する事をおすすめします。 ただ、当然のようにバランスは悪くなりますので細心の注意を払いながらトレーニングを行うようにしましょう。 以上が「おまけ情報」となります。 意外に簡単なやり方で拍子抜けしたのではないでしょうか? しかし効果は高いので、普段のダンベルベンチプレスに取り入れてみましょう! 4. まとめ それでは今回のメニューをもう一度おさらいしましょう。 スタートポジションで両足を床につけ上半身でアーチを作る(ベンチと腰の間に隙間を少し作る) 2. 乳首の上あたりでダンベルを持ち上げる。 息を吸いながらダンベルを真っ直ぐ下げる。 息を吐きながら(もしくは持ち上がり切るまで息を止めて)ダンベルを持ち上げる。 肩甲骨を真ん中によせる事を意識する。 手首を反らさないように注意。 肘の真上にダンベルを位置取りする。 胸のストレッチを意識する。 ダンベルベンチプレスは安定性も悪く、通常のバーベルで行うベンチプレスと違い器具を置くラックもありません。 しかしやり方さえ覚えたら非常に効果の高いトレーニングです。 ダンベルとベンチさえ購入すれれば、自宅でフィットネスジムと同じようにトレーニングもできます。 月謝もずっと支払う必要もないのでコストパフォーマンスも良好でしょう。 そんなダンベルベンチに皆さんもチャレンジしてみませんか? 逞しい胸は女性受けも良いので、明日からレッツトライです! 今回使用したダンベルの記事も貼っておきます。 購入を考えておられる方、参考にしていただけたらと思います。 くどいようですが、安全に注意しながらトレーニングを行ってくださいね それではまた。

次の