トランペット マウスピース おすすめ。 トランペットのマウスピースで音感を鍛える練習方法とは

ヤマハ

トランペット マウスピース おすすめ

トランペットのマウスピースを吹いてみよう まずは、トランペットのマウスピースの吹き方をおさらいしましょう。 マウスピースを吹くときは、顔の筋肉をリラックスさせる、トランペットを鳴らすつもりでしっかり息を吐く、息を吸うときのアンブシュアの崩れに注意をする、という3点を意識しましょう。 マウスピースの持ち方 マウスピースは正しい持ち方をしないと、唇に押しつけすぎてしまいます。 さらに、トランペット本体をつけたときとの違和感を感じることもあります。 特に押しつけすぎると、唇が痛くなったり、腫れてしまう原因にもなるので、注意しましょう。 マウスピースは、バックボアを人差し指と親指で軽く持つのが正しい持ち方です。 この持ち方でも、トランペット本体をつけたときの違和感を感じる場合は、利き手ではないほうの手で唇に当ててみてください。 バズィングの方法 バズィングは、トランペットで音を出すのに必要不可欠な唇の振動です。 唇の振動のさせ方、息の吐き方を確認しましょう。 息の出し方は、口角を横に伸ばし、唇を張ります。 その状態で息を1本真っ直ぐ吐き出してください。 同時に、唇を振動させ音を出してみましょう。 初心者の方は、バズィングだけで音を出すのは難しいかもしれません。 もしできない方は、息が真っ直ぐ出るように意識してみてください。 バズィングができなくても、マウスピースに唇を当てることで、唇を振動しやすくなります。 初めは、少しずつできるようになっていければよいです。 バズィングをしながらマウスピースに唇を当てると、マウスピースの音が出ます。 音感をつけるマウスピースの練習方法 マウスピースの練習は音を出すだけではありません。 マウスピースの吹き方がおさらいできたら、音感をつける練習方法を身につけましょう。 トランペットで音を変化させるときには、息のスピードや口の締め方を変化させますよね。 このコントロールができるようになると、トランペットでも正しい音程を楽に音を出せるようになります。 コントロールができるようになるための練習方法をご紹介します。 マウスピースは口と楽器本体をつなぐパーツなので、とても重要な練習になります。 頑張りましょう。 マウスピースで音程を変える まずは音程を変えるだけの練習から始めましょう。 マウスピースをどの低さでもいいので、出しやすい音から、自分が出せる高い音までを、少しずつ上がってください。 ポイントは急に高い音になるのではなく、音階を上がるように少しずつ高い音にしていくことです。 そして、これ以上高音は出ないというところから、再度低い音に向かって音階を下りていきます。 サイレンの音ようなイメージで行いましょう。 以下の動画の1:30~1:53までを参考にしてみてください。 マウスピースで音程を合わせる 音程を変えることができたら、出したい音をマウスピースだけで出せるようになりましょう。 まずは、マウスピースをトランペットにつけて、出したい音の音程を合わせます。 合わせるにはチューナーをつかいましょう。 何度か吹いて音程を頭でイメージできるくらいになったら、トランペット本体からマウスピースを外し、マウスピースだけで同じ音を出してください。 ポイントは、トランペットで合わせた 音程を頭でイメージをすることです。 カラオケで歌を歌うように、音を頭で覚えておくと、音程が合いやすくなり、音感も鍛えることができます。 例えば以下のフレーズを練習に使ってみてください。 まず、トランペットでこのフレーズを吹いたあとに、マウスピースだけで吹きます。 音感を鍛えるメリットとは ご紹介したマウスピースの練習には、トランペットの上達に重要な音感を鍛えることができるという効果があります。 音程を合わせようと、頭で音を覚えるというクセをつけると、狙った音を出すのにどのくらいの息のスピードが必要なのかを身体が覚えてきます。 その繰り返しをすることで、次第に音程が短い時間で合うようになっていきます。 この状態を音感がつくといいます。 音感がつくことによって、息をコントロールでき、 出したい音を狙いやすくなります。 ハイトーンもこの方法でまずは音程を覚えてから練習するとよいでしょう。 ピアノのように決まった音がすぐ出る楽器ではないので、音感を鍛えることはトランペットの上達において、とても重要な練習です。 マウスピースの練習をするタイミング マウスピースでの練習は、とても重要で効果のある練習方法だとご紹介してきました。 ただし、この練習ばかりをするのは偏りすぎています。 トランペット上達には、マウスピースをトランペットにつけた状態での練習も必要です、つまり、全体的に上手くなっていく必要があります。 また、マウスピースだけを吹いている状態は、演奏中の肺活量より多く息を使っているので、唇が疲れやすくなってしまいます。 マウスピースだけの練習は、 1日15分くらいを目安にして行うと調度いいと思います。 さらに、マウスピースだけを吹いている状態は、実際にトランペット本体を演奏する状態と異なるため、ウォーミングアップには向かないという意見があります。 マウスピースでの練習目的は、トランペット本体をつけないという抵抗感のない中で バズィングの感覚を養うということ、 音感を鍛えるということです。 この目標を達成するためにはウォーミングアップというよりは、基礎練習の途中や最後で取り入れてもいいと思います。 中には、この練習をどうしてもウォーミングアップに入れないと調子が掴めない、という状態になる可能性もあります。 以前からウォーミングアップで実施している方は、そのまま継続するという方もいます。

次の

【安い、、けど使える!】プラスチックトランペットのすすめ

トランペット マウスピース おすすめ

しかしながら、当店でご用意している様な完全な状態の最高のトランペットは、 かなり有名なトランペット専門店でもご用意出来ていない場合が多いですし、 また当店へお出かけが難しい方やお時間等の余裕のない方もいらっしゃるかと思いますので、 お店に出かけなくても、自分に合ったものがご購入出来る様に、 トランペットメーカー・機種比較を行っておきますので、参考にしてみて下さい。 1 総合楽器メーカーとして有名なヤマハではトランペットも作っています。 主力モデルは 初心者〜中級者向けの量産モデルとなっており、 特にスタンダードモデルのYTR-4335Gシリーズや、 ハイグレードモデルのYTR-800シリーズ、YTR-8000シリーズなどは、 学校備品等の多く導入されている等、一定の評価があります。 また他の管楽器に比べると、ヤマハのトランペットのラインナップは充実しておりますし、 いずれのトランペットも音程など定評があるので、ご検討の中心に置くとよいと思います。 2 総合楽器メーカーとして有名なヤマハ以外には、 トランペット専門ブランドのXO(エックスオー)トランペットなども定評・人気があります。 このブランドは 軽快な吹奏感・吹きやすさ・音程の取りやすさに定評があります。 特にリバース管タイプのRVシリーズは特に人気があります。 ヤマハのスチューデントモデルよりもさらにハイグレードなものをお探しの場合で、 軽快な吹奏感のトランペットを好まれるお客様にはおすすめのブランドです。 このブランドは 比較的しっかりとした吹奏感・響きに定評があります。 特に、TP-37シリーズなどは、往年のバックトランペットを彷彿させるバランスの良い楽器です。 ヤマハのスチューデントモデルよりもさらにハイグレードなものをお探しの場合で、 往年のバックトランペットの様な吹奏感・響きを好まれるお客様にはおすすめのブランドです。 4 トランペットブランドとして、老舗ブランドであるバックトランペットも、 新機種の182MLSPを投入するなど、新たなチャレンジをしています。 しかしながら、定番の180MLSP以外のモデルはかなり苦戦しており、 拡売キャンペーン等も行われておりますが、良い有効打が出ない状況です。 ただし、上記 180MLSPは現在も一定の評価の出来る良い楽器ですし、 優れた個体を吟味すれば、往年のバックに匹敵するものもございますので、 比較的しっかりとした吹奏感・響きをお好みになるお客様の場合、 幅広い商品構成のトランペット専門店に出かけてみると、 素晴らしい出会いがあるかも知れませんので、 ご検討してみてください。 5 特注カスタマイズ トランペットをお使いになるご用途やお使いになる状況等によっては、 各メーカーのレギュラー仕様よりも、 カスタマイズ品の方がおすすめになる場合があります。 マウスピースのカスタマイズはもちろん、各種チューンナップなども有効で、 より自分に合ったものを手に入れるという形も一つの方法です。 いずれにしても 『自分に合った』(万人に合うとは限らない)という部分が、 トランペット選びには特に重要な要素なので、 必要以上にメーカー・機種にとらわれる事なく、十二分に納得した上でご購入すれば、 より高いレベルでのトランペットの使いこなしが出来ると思います。 6 中古トランペット トランペットをお使いになるご用途やお使いになる状況等によっては、 あえて新品ではなく 中古品で1ランク上のものをご検討という形や、 メーカー・機種だけではなく、 調整・作り込みにもこだわって、 より自分に合ったものを手に入れるという形も一つの方法です。 また、とりあえずの入門機種をお探しという場合には、 安価でご提供出来る 入門用機種やレンタル品で様子を見ながらはじめてみて、 自信を持てた段階で新しいトランペットへの買い替えも考えるという形も良いと思います。 いずれにしても 『自分に合った』(万人に合うとは限らない)という部分が、 トランペット選びには特に重要な要素なので、 必要以上にメーカー・機種にとらわれる事なく、十二分に納得した上でご購入すれば、 より高いレベルでのトランペットの使いこなしが出来ると思います。 なお、トランペットの事をもっと詳しく知りたい、実際に触れてみたいという方は、 当店では、トランペットお試し会という 皆さんが楽しめる企画を随時行っておりまして、 いろいろなメーカーのトランペットをご用意・お取り扱いしておりますので、 初心者〜上級者に至るまで、一人一人のお客様にピッタリ合った楽器を、 十二分に納得していただいた上で、手に入れていただければと思っています。 はこちら。

次の

トランペットおすすめ5選|初心者の入門用から中級者向けをご紹介!

トランペット マウスピース おすすめ

サッチモの愛称で親しまれるジャズにおける伝説的ミュージシャン。 1940年代のビ・バップから始まるモダンジャズが流行る遥か前から活躍し、1960年代ポップスが台頭しジャズが下火になってからも活躍し続けました。 サッチモは『この素晴らしき世界』のボーカルがとても有名ですが今回はトランペットを取り上げてますので『マック・ザ・ナイフ』の演奏をお聴きください。 この曲は『三文オペラ」というミュージカルの劇中歌でジャズのスタンダード曲として大ヒットし数々のジャズミュージシャンに演奏されてきました。 コード進行もシンプルなのでジャムセッションの初心者用の曲としても良く演奏されます。 モダンジャズ以降のジャズの歴史は彼の歴史と言っても過言ではないくらい影響力のあったミュージシャンです。 マイルスはトランぺッターとしても勿論ですがバンドリーダとしての手腕も確かで、彼に才能を見出されて彼のリーダーバンドに参加し、後に大成功したジャズミュージシャンは数知れず。 帝王と呼ばれる所以の一つです。 マイルスの演奏の特徴はクールそのもの。 研ぎ澄まされた音色で決して多くの音を奏でない演奏スタイルはシンプルに聴こえますが洗練されたカッコ良さも同時に感じます。 クールな演奏には夜が似合う・・・。 『ラウンド・ミッド・ナイト』でお楽しみください。 卓越した技術、歌心溢れるセンスを併せ持つジャズトランぺッターでモダン・ジャズ以降、トランペットの演奏で彼に並ぶ者は皆無と言われたほど。 また当時のジャズミュージシャンとしては珍しくドラック(麻薬)にも手を出さず人格者としても有名でした。 そんなクリフォード・ブラウンだったので交通事故で亡くなった時の衝撃は相当なものだったと察します。 盟友のテナー・サックス奏者のベニー・ゴルソンは彼を偲び「クリフォードの想い出」という曲を作り、現在でもスタンダード曲としてジャズファンに愛されています。 クリフォード・ブラウンはジャズドラマーのマックス・ローチとのバンドが有名ですが今回は初心者向けなので『スターダスト』の演奏をご紹介します。 『スターダスト』はピアニストであり作曲家のホーギー・カーマイケルの作曲。 演奏もカッコ良いのですが・・・。 私生活でも結構、派手に遊んでいたのかもしれません。 トランペットの演奏だけでなくボーカルとしても人気を博しました。 サッチモもガレスピーもそうですけどトランぺッターはボーカルも得意とする方が多いですね。 チェット・ベイカーの場合はジャズ特有のブルージィなボーカルでなく中性的な声でアンニュイな感じで歌います。 トランペットも歌も出来て、しかもイケメン。 1950年半ばまではマイルス・デイビスをも凌ぐ人気でしたが、1950年後半からはヘロインに溺れ、そこから転落人生を歩みます。 昨年、彼の人生を描いた映画が上映されてました。 チャーリーパーカーをはじめとした数多くの有名ジャズミュージシャンのサイドマンとして活躍しました。 クリフォード・ブラウンの死後、後継としてマックス・ローチのバンドに入ったのも彼ですね。 派手さはないが叙情的な演奏を信条とした「聴かせる演奏」をするトランぺッター。 作曲もしていてテナーサックス奏者のジョー・ヘンダーソンのアルバム『ページ・ワン』に収録された曲『ブルーボッサ』はジャズのスタンダード曲として有名です。 『Autumn In New York』を彼の哀愁漂う演奏で聴いてください。 モダンジャズの時代からジャズフュージョンが主流になる1970年代以降も末永く活躍しました。 どの時代でも彼の完璧なテクニックは際立っています。 本来はフレディのリーダーアルバムこそ、彼の真骨頂が堪能できるとは思うのですが、初心者の方向けに記事を書いてますので今回はジャズピアニストのビル・エバンスのリーダーアルバムから『あなたと夜と音楽と』を紹介したいと思います。 ビル・エバンスはインタープレイを信条としたミュージシャンなのでフレディは完全に主役ではないながらもきっと彼の演奏の素晴らしさも伝わるはず・・・。 演奏スタイルに派手さはないものの真面目な性格で真剣に音楽と向き合う姿勢から、他のミュージシャンからの信頼は厚く、1953年に初のリーダーセッションを行った後、1990年代まで末永く活躍しました。 今回、ご紹介するのはテナーサックス奏者ベニー・ゴルソンとの双頭バンド、ジャズテットのアルバムから『Killer Joe』。 この曲は以前、本ブログでご紹介したことのある映画『ターミナル』でも使われた、とてもカッコ良い曲です! この映画の最後のシーンでベニー・ゴルソンご本人が出てきました。 ジャズもできる、クラッシクもできる、作曲もできる・・・。 同年にジャズとクラシック両部門でグラミー賞をとるような凄い方なのですが・・・。 今回は『Caravan』を。 この曲は鬼教師とジャズドラマーを目指す若者との交流を描いた映画『セッション』の最後のシーンで演奏した曲です。 メロディーがキャッチーである• テーマは比較的、素直に演奏している• 「歌ごごろ」ある演奏をしている この辺りを留意して選定いたしました。

次の