費用弁償 源泉徴収。 法第28条《給与所得》関係|国税庁

理事・評議員の実費弁償費の源泉所得税について

費用弁償 源泉徴収

スポンサーリンク 交通費は源泉徴収が必要か 例えば、個人事業主の方に講演を依頼する場合、講演料の他に会場までの交通費を支払うことがあります。 この交通費は源泉徴収の対象でしょうか。 答えは、源泉徴収の対象になります。 国税庁のタックスアンサーの該当箇所を引用しましょう。 2 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。 引用元: これは、車代として報酬料金に上乗せして支払った場合が該当します。 名目は車代ということですが、実質は報酬が増えているだけなので、 その分多く報酬を払っただけに過ぎないのです。 したがって、今回の例の講演料は源泉徴収対象なので、交通費相当額も源泉徴収の対象になるわけです。 スポンサーリンク 源泉徴収をしないで交通費の支払をしたい場合は? とはいえ、これではあまりにも税務当局有利、納税者である我々が不利なのではないでしょうか!? 講師の方が立替えた交通費を、報酬と一緒に支払っただけで源泉徴収されるのはあんまりです。 でも、抜け道はあるのです。 実は同じく国税庁のタックスアンサーに源泉徴収をしなくてもよい条件が書かれています。 2 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。 しかし、報酬・料金等の支払者が、直接交通機関等へ通常必要な範囲の交通費や宿泊費などを支払った場合は、報酬・料金等に含めなくてもよいことになっています。 引用元: 後半の赤い太字の部分がそうですね。 個人の方にお支払いをするのではなく、旅行会社などと通して航空券や切符を手配するという方法です。 こうすれば個人の方への支払ではないので、源泉徴収をしなくてもよくなります。 とはいえ、無制限ではなく、 通常必要な範囲とされているのであまりにも高額だったり、直接関係のない支出だったりすると認められないでしょう。 管理人の経験では、飛行機のビジネスクラスくらいならば特段問題はないと思われます。

次の

実費弁償(費用弁償)という名の媚薬

費用弁償 源泉徴収

スポンサーリンク 交通費は源泉徴収が必要か 例えば、個人事業主の方に講演を依頼する場合、講演料の他に会場までの交通費を支払うことがあります。 この交通費は源泉徴収の対象でしょうか。 答えは、源泉徴収の対象になります。 国税庁のタックスアンサーの該当箇所を引用しましょう。 2 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。 引用元: これは、車代として報酬料金に上乗せして支払った場合が該当します。 名目は車代ということですが、実質は報酬が増えているだけなので、 その分多く報酬を払っただけに過ぎないのです。 したがって、今回の例の講演料は源泉徴収対象なので、交通費相当額も源泉徴収の対象になるわけです。 スポンサーリンク 源泉徴収をしないで交通費の支払をしたい場合は? とはいえ、これではあまりにも税務当局有利、納税者である我々が不利なのではないでしょうか!? 講師の方が立替えた交通費を、報酬と一緒に支払っただけで源泉徴収されるのはあんまりです。 でも、抜け道はあるのです。 実は同じく国税庁のタックスアンサーに源泉徴収をしなくてもよい条件が書かれています。 2 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。 しかし、報酬・料金等の支払者が、直接交通機関等へ通常必要な範囲の交通費や宿泊費などを支払った場合は、報酬・料金等に含めなくてもよいことになっています。 引用元: 後半の赤い太字の部分がそうですね。 個人の方にお支払いをするのではなく、旅行会社などと通して航空券や切符を手配するという方法です。 こうすれば個人の方への支払ではないので、源泉徴収をしなくてもよくなります。 とはいえ、無制限ではなく、 通常必要な範囲とされているのであまりにも高額だったり、直接関係のない支出だったりすると認められないでしょう。 管理人の経験では、飛行機のビジネスクラスくらいならば特段問題はないと思われます。

次の

費用弁償ってなに?交通費が実費じゃなくて1日1万円貰える、そんな制度がいまだに存在するんです | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

費用弁償 源泉徴収

有価証券(商品券を含む。 国家公務員の公邸の無料貸与の利益相当額() 2. 従業員(役員を除く。 )社宅等の徴収家賃がその社宅等について計算した通常の賃貸料の額の50%相当額以上である場合のその差額相当額() 4. 残業又は宿直した場合に支給する食事() 6. 役員又は使用人に対して支給した食事(5の食事を除く。 )につき実際に徴収している対価が食事の価額の50%以上である場合には、その支給による経済的利益は非課税とする。 ただし、会社負担が消費税を除いたところで月額3,500円を超えるときは課税() 7. 警察職員、守衛等のように職務上制服を着用する者に交付した制服(刑事等の通常制服の着用を要しない特別の勤務に従事する者に支払われる被服料等は課税対象となる。 鉱山労務者の石炭の現物給付() 9. 雇用者負担のガス代、水道代等で従業員各人ごとの使用部分のわからないもの() 10. 雇用主負担の運動会、旅行等の費用。 ただし、不参加者にその費用相当額を支給しない場合に限る()。 永年勤続者表彰のための旅行等の招待又は金銭以外の記念品で受彰者の地位にてらして相当と認められるもの() 12. 従業員が雇用主からその取り扱う商品、製品等の値引販売を受けたことによる一定の要件を満たす経済的利益() 13. 無利息又は低い金利により従業員が貸付けを受けた場合の利益で年間5,000円以下のもの(災害、疾病等のときは合理的な期間内の利益)() 14. 単身赴任者が職務上必要な旅行に付随して帰宅のための旅行を行った場合に支給される旅費で一定範囲のもの(昭60. 役員又は使用人に支給した食事(残業又は宿日直をした者に支給したものを除く。 ) 食事の価額相当額を課税する。 ただし、使用人又は役員がその対価を支払っているときは、食事の価額から対価を控除した残額を課税する。 評価方法 主食、副食等に要する直接費(ただし、他から購入したものについては、購入価額)の価額相当額による()。

次の