ジブリ 作品 配信。 もののけ姫などのジブリ作品を無料視聴できる動画配信サイト

スタジオジブリ・アニメ映画の視聴で動画配信サービス(VOD)を比較

ジブリ 作品 配信

世界最大の動画配信サービスNetflix ネットフリックス で、スタジオジブリ作品の21作品が2020年2月より配信されることが決定しました。 これまで、スタジオジブリ作品が動画配信サービスで配信されたことは一度もなく、Netflixが初の権利を獲得したのです。 Netflixは日本でももちろん見られるのですが、今回のスタジオジブリ作品の配信は対象外になっており、悲しむ声がたくさんあがっています。 なぜ、日本では配信されないのでしょうか? その理由は? 今後、日本でもNetflixでスタジオジブリ作品が見れるようになるのでしょうか? 本記事では、配信されるスタジオジブリ作品の紹介を含め、日本で見られない理由を考察しています。 Netflixでスタジオジブリ作品の配信決定 2020年1月20日、動画配信サービスのNetflixでスタジオジブリ作品が配信されることが発表されました。 2020年2月以降、順次配信されていきます。 スタジオジブリ作品といえば、これまでDVDのレンタルや、金曜ロードショーでしか見ることができませんでした。 動画配信サービスでは一切の取り扱いがなかったのです。 しかし、日本のアニメをもっと海外に知ってもらおう!ということで、世界に配信ネットワークを持つNetflixと手を組みました。 日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信、28カ国語の字幕を追加、最大20カ国語で吹き替えも行われます。 Netflixのジブリ配信の21作品のタイトルは? 2020年1月時点で、スタジオジブリ作品は22作品あります。 そのうち、Netflixで配信されるのは21作品です。 タイトルは以下の通り。 火垂るの墓に関しては、原作の出版権をスタジオジブリが保有していないので、対象外になるようです。 日本でも海外でも人気だった千と千尋の神隠しを始め、21作品が見られるのはかなり羨ましいですね・・・。 ちなみに、作品はいっきに公開されるわけではありません。 2月1日に「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などの7作品。 3月1日に「もののけ姫」など7作品。 4月1日に「ハウルの動く城」など7作品を順次配信していきます。 Netflixのジブリ配信が日本対象外の理由は? Netflixでスタジオジブリ作品が見られるのはめちゃくちゃ朗報です!! しかし・・・。 日本、アメリカ、カナダなどのNetflixは配信対象外になっていました・・・。 これまでも、日本の数ある動画配信サービスで、スタジオジブリ作品が配信されたことはありません。 せっかくNetflixが権利を獲得したのに、日本では見られないのでしょうか? 理由1:金曜ロードショーでの視聴率が圧倒的な数値 明確な理由は明かされていませんが、日テレの「金曜ロードショー」が大きく関係していると考えています。 日本では、夏休みシーズンになると、金曜ロードショーでスタジオジブリ作品が放送されます。 その視聴率は圧巻! ・千と千尋の神隠し 46. 1% ・ハウルの動く城 32. 9% ・崖の上のポニョ 29. 8% 近年、テレビ離れは加速しており、ドラマの視聴率の低さも問題視されています。 そんな中で、スタジオジブリ作品だけは圧倒的な視聴率を叩き出しています。 千と千尋の神隠しに関しては、半数近くの方が見ていたことになりますよね。 日テレにとっても、Netflixで見られるようになったら視聴率に大打撃。 そういった点から、日本では配信されないのではないか、と考えています。 理由2:スタジオジブリ作品を知らない国に知ってもらう 日本のアニメは海外でもすごく人気があります。 スタジオジブリ作品は言わずもがな、日本人なら誰でも一度は聞いたことがある、見たことがあると思います。 アメリカやカナダでも人気が高く、韓国では知らない人はいない!というほど有名なんですね。 日本にとってアニメは主要な輸出品の1つです。 アカデミー賞、カンヌ映画祭、ベルリン国際映画祭等で多数受賞しているほどで、海外専門家の間でも評価は高くなっています。 一方で、アジア太平洋地域、欧州、中東、アフリカ、中南米方面では、スタジオジブリ作品を周知している人が少ないのです。 そこで、世界に配信ネットワークを持つNetflixを使って、スタジオジブリ作品を広め知ってもらおうという意向があるわけですね。 これを機に、色んな国でスタジオジブリ作品を知ってもらえれば、それもまた大きな収益となるのです。 日本のNetflixで配信しても、正直おいしいところはなく、むしろ視聴率が下がってしまう原因になってしまいますしね・・・。 Netflixのジブリ配信は今後日本も対象になる? 今回、Netflixでスタジオジブリ作品が配信されることが発表されましたが、日本では残念ながら見ることができません。 今後、日本も対象になるのかも気になるところです。 おそらく、今後も日本でスタジオジブリ作品が配信されることはないと考えています。 これまでずっと動画配信サービスで取り扱われていなかったですし、やはり金曜ロードショーの視聴率のことを考えると、配信されてしまったら地上波放送を見る人は激減してしまいそうです。 もちろん、テレビで見たい!という方もたくさんいると思いますが、それでも視聴率が下がってしまうのは容易に考えられます。 スマホやパソコンで手軽にいろんな作品が見られるのは本当に便利です。 しかし、テレビで家族や恋人と団らんしながら見られるという環境が減っているのも現状ですよね。 スタジオジブリ作品が今後も地上波放送を続けていき、少しでもテレビ離れが減っていけばいいなと思っています。

次の

もののけ姫などのジブリ作品を無料視聴できる動画配信サイト

ジブリ 作品 配信

NETFLIXのジブリアニメ配信発表に「日本を除く」の文字 日本はもちろん、世界でも人気のスタジオジブリによるアニメ。 その主要21作品が、有料動画配信サービス「NETFLIX」で世界190カ国に配信されることになりました。 これを武器に、ストリーミングサービス戦国時代を迎えたこの日本でもNETFLIXがいよいよ勝負をかけるのか?と色めき立ったのも束の間、プレスリリースには「 excluding US, Canada, Japan(米・カナダ・日本を除く)」の文字が。 肝心の日本では配信されないことが判明し、落胆の声が広がっています。 どうしてこのようなことになったのか?こうしたアニメの配信権をめぐる契約構造を理解するためには、 「製作委員会」と呼ばれる、資金調達と著作権コントロールのためのスキーム について理解しておく必要があります。 アニメの製作委員会方式と「窓口権」 アニメを見る側としては普段あまり意識することのない映画の著作権。 これを規定する条文として、著作権法にこのような条文があることをご存知の方も多いでしょう。 (映画の著作物の著作者) 第十六条 映画の著作物の著作者は、その映画の著作物において翻案され、又は複製された小説、脚本、音楽その他の著作物の著作者を除き、制作、監督、演出、撮影、美術等を担当して その映画の著作物の全体的形成に創作的に寄与した者 とする。 ただし、前条の規定の適用がある場合は、この限りでない。 この条文により、監督・作家・演出家・アニメーターなど、さまざまな権利者が関与する映画の著作物については、著作権は「映画製作者」に帰属することが決められています。 そして、近年製作されるアニメの多くが、製作費負担リスクの分散と広告キャンペーンの効果最大化を主な目的として、製作委員会を組成し、その委員会メンバー各社が組合に出資するかたちでお金を集めてアニメを制作しています。 この 製作委員会が、さきほどみた著作権法上の映画製作者となり、その委員会メンバーである各法人が、映画の著作権を共有する ことになります。 jpaa. pdf 2020年1月24日最終アクセス 製作委員会といっても、あくまでバーチャルな存在であって、中にいる会社はそれぞれ別々の会社です。 このような会社たちが、どのように映画の著作物で収益を得ているかというと、映像の配給・配信先やグッズ等の商品化に関しそれぞれ自分の得意分野で販売活動の分担をし、そこで得た収益を委員会メンバーとともにシェアする、という構造になっています。 このような、委員会メンバーの得意分野に応じて商流を分担する権利を、通称「 窓口権」と呼んでいます。 ここで言う 窓口権とは,法律上存在するものではありませんが,各事業の担当分野において対外的な窓口となり,契約や著作権処理を行う権利として運用 されています。 製作委員会の構成各事業者は,最初に各事業者の得意分野が生かされるような話し合いをもち,共同事業契約書といった契約書を締結し製作委員会を発足させ,事業を展開します。 アニメをTV放送する場合にスポンサーとなる企業が,同時に,製作委員会に参加することが多いようです。 参加企業による事業は,例えば,製作委員会に参加する映像出版社はDVD販売などの窓口権を取得し,同様に玩具メーカーは同アニメに関する窓口権を取得し,この契約書に基づいて商品を販売する,といった方式で行われます。 それぞれの参加企業は窓口権を有しているとはいえ,著作権使用料は別途,製作委員会へ支払われ,他のライセンサーから支払われた著作権使用料を合算したうえで,持分比率によって製作委員会の参加企業に分配されます。 —中川裕之ほか「 アニメの著作権」パテント 2008 Vol. 61 No. 8 著作権は製作委員会に参加した会社みんなのものではあるが、その共有財産を誰にどのようにライセンスし販売するかは、「窓口権」を持つ企業が分担した役割ごとに主導権を握るというのが、製作委員会方式のポイントです。 そして特にアニメやゲームなどエンタメ分野では、多くの場合「日本」と「それ以外」の地域で分け、配給・配信に関する窓口権を持つ企業を指定します。 実際ジブリについても、映画のクレジットをみると、ディズニー社や今回のワイルドバンチ社のような海外配給に強い企業を製作委員会メンバーに招き入れていることがわかります。 余談ですが、この「製作委員会」方式の名付けの親は、ジブリのプロデューサーとして有名な鈴木敏夫氏だと言われています(参考記事:)。 おそらく、映画の製作リスクを複数社でお金を出し合って分担するという方式自体は昔からあったはずですが、そこにわかりやすい名前をつけ、自社アニメの興行収入拡大に繋げた手腕は、さすがの一言です。 ワイルドバンチとジブリの関係 話を戻しましょう。 NETFLIXのリリースを見てもわかるとおり、今回のジブリ作品の配信契約にかかる交渉窓口は、フランスの配給会社「ワイルドバンチ・インターナショナル」となっています。 日本ではあまり知られていないワイルドバンチ、実はジブリとはかなり関係の深い会社です。 先ほどの製作委員会の話でいえば、配信対象の21作品の一部は、ワイルドバンチも自ら委員会メンバーとして製作にかかわり、直接窓口権を得ています。 とはいえ、ジブリの昔の作品は製作委員会方式を採用していなかったものもあるわけで、このような作品についてまでワイルドバンチがNETFLIXに提供できたのはなぜでしょうか? 実は、 ワイルドバンチが直接製作委員会メンバーには入っていなかった時代の作品についても、ワイルドバンチが海外配給にかかる窓口権を有していた ようです。 具体的には、2002年の『千と千尋の神隠し』以降の作品について、「北米とアジアを除いた海外の配給についてはワイルドバンチに任せている」ことを、ジブリの広報部長 西岡純一氏がYouTubeで語っています。 youtube. これについては、2005年に徳間書店からジブリに営業譲渡がなされたことから、ジブリはこの時点ですでに関係のあったワイルドバンチにこれらの作品群の海外配給を任せていたことになります。 もちろん、収益を最大化したい製作委員会としては、一番儲かるタイミングで日本のNETFLIXへの配信も検討しているはずです。 しかし、 ジブリ作品の製作委員会には日本テレビやディズニー等、NETFLIXと直接に競合するメディアが入っている ことも問題を複雑にしています。 というのも、先に述べたように実質的には窓口権者が担当する権利処理の主導権を握るとは言え、著作権法上、権利行使には原則全員の合意が必要となるからです。 (共有著作権の行使) 第六十五条 共同著作物の著作権その他共有に係る著作権(以下この条において「共有著作権」という。 )については,各共有者は,他の共有者の同意を得なければ,その持分を譲渡し,又は質権の目的とすることができない。 2 共有著作権は,その共有者全員の合意によらなければ,行使することができない。 3 前二項の場合において,各共有者は,正当な理由がない限り,第一項の同意を拒み,又は前項の合意の成立を妨げることができない。 ジブリ作品の著作権を共有する製作委員会の全員が合意し、日本市場でネットストリーミング配信を許諾する日はくるのでしょうか。

次の

Netflix、ジブリ21作品を世界配信へ 日本、米国、カナダは除外 : 映画ニュース

ジブリ 作品 配信

Netflix、ジブリ21作品を世界配信へ 日本、米国、カナダは除外 2020年1月21日 17:07 「魔女の宅急便」 C 1989 角野栄子・二馬力・GN [映画. com ニュース] 米Netflixが、日本、アメリカ、カナダを除いた世界約190の国と地域でのスタジオジブリ21作品の配信権利を獲得した。 2月から配信開始される。 スタジオジブリのプロデューサー氏は、「いまの時代は、映画を観客に届ける様々な手段があります。 我々はファンの声に耳を傾け、我々の作品をストリーミングするという決断を下しました。 これを機に、世界中の方々がスタジオジブリの世界を発見してくださることを期待しています」と声明を発表した。 一方、Netflixのオリジナルアニメ部門のディレクターであるアラム・ヤコービアン氏は、「今回の契約で、Netflixと数百万人の会員の夢がかなったような思いです。 スタジオジブリのアニメーション映画は伝説的であり、35年以上にわたり世界中のファンを魅了してきました。 この素晴らしいアニメーションの世界を、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアで、たくさんの言語でお届けできることを楽しみにしています」とコメントしている。 なお、2019年10月には、米ワーナーメディアの新ストリーミングサービス「HBO Max」がアメリカでのスタジオジブリと独占配信契約を締結している。 各作品の配信開始日は以下の通り。 2月1日 「」(1986) 「」(1988) 「」(1989) 「」(1991) 「」(1992) 「」(1993) 「」(2006) 3月1日 「」(1984) 「」(1997) 「」(1999) 「」(2001) 「」(2002) 「」(2010) 「」(2013) 4月1日 「」(1994) 「」(1995) 「」(2004) 「」(2008) 「」(2011) 「」(2013) 「」(2014) (映画. com速報)•

次の