舌 の 痛み。 舌の側面が痛い時は癌や大病のことも?見逃せない舌の緊急サイン

舌がヒリヒリ痛い!治らない場合の原因と治療は?

舌 の 痛み

口腔内のトラブル 舌が痛い むし歯 う蝕 で穴が開いたり、歯が磨り減ってとがったり、歯に被せたものが破れたり、義歯が合わなくなって舌が磨れたりする場合などの刺激で舌がぴりぴりすることがよくあります。 そのような場合は診察を受けその原因を取り除けばぴりぴりすることはなくなります。 神経質な方の場合歯科心身症ということも考えられます。 ストレスなどで無意識のうちに舌を噛んだり、こすったりすることにより引き起こされます。 あまり気にしないほうがよいかと思います。 そのほかに口腔乾燥症や肉眼的に異常をみとめない舌痛症なども考えられます。 いずれにしても症状が長く続くようでしたら受診されることをおすすめします。 関連疾患:歯科心身症 口腔乾燥症、その他の口腔粘膜疾患 舌痛をきたす疾患 1. 全身疾患に伴う舌痛• プランマービンソン症候群 鉄欠乏性貧血 - 赤い平らな舌 舌乳頭の著明な萎縮 、嚥下困難、口角亀裂、サジ状爪• 胃切除後あるいは悪性貧血 ビタミンB12および葉酸が欠乏 - 慢性表在性舌炎 メーラー舌炎、ハンター舌炎 舌乳頭が萎縮し白色斑、舌尖から舌縁にV字型の発赤、腫脹を認め舌痛や味覚障害• 亜鉛欠乏症 - 味覚障害の原因の一つ。 舌痛や知覚異常• 舌動脈硬化 - 不快な感覚• 舌下面の静脈瘤 4. 感冒時びらん性舌炎• カンジダ症• 単純性ヘルペス感染• 水痘、帯状疱疹ウイルス感染• アフタ性口内炎• 天疱瘡、類天疱瘡 - 自己免疫疾患 5. 悪性腫瘍 舌癌の浸潤により知覚神経を刺激 6. 神経痛 1 三叉神経痛 下顎神経に神経痛が生じると舌体部に舌痛 誘因:舌を動かすなどの動作 痛みの性状:発作性、放散性、瞬時的な鋭い痛み 2 舌咽神経痛 舌根部に疼痛。 舌痛症 舌に異常感を訴えるが、それに見合うだけの肉眼的な異常がないもの 局所所見、検査所見に異常のあるものを除き、心気症に近い病態で何らかの精神的要因が背景にあるもの.

次の

舌の付け根が痛い時の原因と対処法をものすごく簡単に。

舌 の 痛み

ここでは舌の側面が痛い時に考えられる原因や病気について、詳しく説明していきます。 舌の横、舌の側面が痛いと、舌を動かすたびにビリっと痺れたり食事の際に醤油などが沁みて涙が出たりすることもあります。 そのせいであまり食欲も進まず、精神的にもストレスを感じやすくなってしまうでしょう。 舌の側面が痛い場合に考えられる原因や病気には、どのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 sponsored link 【舌の側面が痛い原因】 舌の側面が痛い時に考えられる原因は様々です。 以下に挙げていきましょう。 それが頭痛や腹痛として現れることもあれば、舌の痛みとして現れることもあります。 また体の抵抗力も低下して感染症を起こしやすくなります。 またそれらを誘発するのがストレスです。 ストレスを感じることで無意識に噛み合わせが悪くなったり、歯の噛み癖があると舌の側面を知らず知らずのうちに傷付けてしまいます。 これが舌の側面が痛い場合の最も多い原因です。 ストレスの根本的な解決は現代社会に生きる上で、非常に難しい問題です。 ストレスと対峙した時、どう解決するかというよりもどう共存していくかということが重要なのかもしれません。 sponsored link このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。 次のページでは、舌の側面が痛い以外の舌の症状について詳しく説明しています。

次の

舌が痛い症状が続いてツラい!原因を知って治して行く対処法!

舌 の 痛み

舌が痛い時はまずは「内科」か「耳鼻科」 舌の病気や痛みについては、まずは 「内科」 か 「耳鼻科」に行くことをおすすめします。 初期診断は《内科》がおすすめ 舌は一応「消化器」のひとつなので、消化器全般を診てもらえる 「内科」が適切といえます。 舌の痛みに限らず、たいていの部位は迷ったら初期診断は内科でしてもらうのがおすすめですよ。 《耳鼻科》でも一応OK また、舌に限って言えば、「 耳鼻科(耳鼻咽喉科)」に行くのも良いでしょう。 耳鼻科の専門は「耳・鼻・のど」なので、一応、舌の痛みも診てもらえます。 ただ、 医師によっては舌の病気に詳しくなかったり、専門外と断られたりしてしまうそうです。 耳鼻科が近くにあるのなら初期診断にはよいかもしれませんが、二度手間になる可能性もあると思っていた方がよいでしょう。 《口腔外科》は…? 口の中の、歯ぐきや舌を全般的に診てもらえる「 口腔外科」という科もあります。 この口腔外科は口の中を専門的に扱っているので舌の痛みや病気に特に詳しいです。 ただ、専門的であるがゆえにメジャーではなく、普通の市内病院にはないことがほとんど。 大きな総合病院や大学病院に行く必要があります。 大学病院などは初診の患者さんをあまり好まない傾向があるそうなので、あまり、おすすめできません。 もしも気軽に行ける距離に口腔外科がある場合にはそちらで診てもらうのもよいですが、近くにないのなら、内科でも十分です。 ちなみに、最近では歯科と口腔外科が合わさっているところもあり、行きやすいのならそこでもよいですね。 舌の痛みの症状や病気別に見る 舌の痛みのほか、具体的な症状や病名が分かる場合には内科での診断ののち、処置のために専門の科をおすすめされることもあります。 例えば• そのほか、舌の痛みに虫歯や入れ歯が関係してくる時には歯科がおすすめされますね。 ただ、こういった具体的な舌の病気は自分で判断することはほぼできませんので、やっぱり最初は内科で診てもらう人が多いようです。 おわりに 「舌」は微妙な位置にあるもので病院に行く時には迷ってしまいますが、やはり、 内科に行く人が多いようです。 舌の痛みや病気といっても、一時的な軽いものから重い病気が潜んでいる場合までさまざまなので、できるだけはやく医療機関で診てもらってくださいね。

次の