演歌男子人気投票。 【思わず涙しそう!】歌唱力の高い演歌歌手の曲まとめ — News

男性演歌歌手人気投票 桂(かつら)の間

演歌男子人気投票

昨年末のNHK紅白歌合戦に初出場を果たした山内恵介さん(32)や三山ひろしさん(35)を筆頭にイケメンの実力派歌手から、グループで歌謡曲を歌う若い男性歌手たちまで多士済々。 「ポスト氷川」世代の活躍に、演歌ファンだけでなく、興行主やテレビ関係者も熱い視線を送っている。 (安田奈緒美) 夢の紅白出場を果たし「育ててくれた」ファンに感謝 「大みそかの舞台に立つことは僕の夢でしたが、これまで育ててくださったファンやスタッフの皆さんの夢でもありました」と感慨深げなのは、昨年、紅白歌合戦にデビュー15年目で初出場を果たした山内さん。 「一人では到底、ステージに立てなかったと思います」とかみしめるように語った。 演歌歌手のファンとの関わりは密接だ。 山内さんのコンサートや新作CDのお披露目会などでは毎回、駆けつけたファンが長蛇の列をつくり、山内さんは丁寧に握手や写真撮影に応じている。 「演歌をお好きな方は、僕らの両親世代の方も多く、子供のように励ましてくださいますから」。 ファンサービスにも自然、熱がこもる。 実力派揃い、個性も豊か 変わりダネも 山内さんをはじめ若手男性歌手に注目が集まっている演歌・歌謡曲の世界では、歌謡曲をコーラスで表現するグループも出てきた。 平成24年にデビューした、白いスーツに身を包む男性3人のグループ「はやぶさ」。 メンバーのヤマトさん(22)は演歌・歌謡曲の魅力を「日本の風景の美しさ、人の感情をさまざまな形で美しく表すところですね」と話す。

次の

人気有名 演歌 歌手一覧(男性・女性)

演歌男子人気投票

【期間限定】演歌歌手人気投票への疑問質問ルーム このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザーが必要です。 PPPPPPPPP フレーム非対応のブラウザの方はご利用できません.

次の

イケメンに胸キュン女子多数!? 話題の「演歌男子」の魅力に迫る

演歌男子人気投票

20代・30代の若手歌手の活躍が目立っている演歌・歌謡曲。 なかでもその人気をけん引しているのが、歌い手としての実力はもちろん、端正なルックス、親しみやすいキャラクターで女性を中心に多くのファンを虜にしている「演歌男子」だ。 昨年の『NHK紅白歌合戦』に山内惠介、三山ひろしが初出場を果たしたことをはじめ、各地で演歌男子にフォーカスしたイベントなどが行われており、ますます盛り上がりを見せている。 そこで今回、ORICON STYLEでは、ジャンルとしての「演歌男子」の火付け役であるCS番組『演歌男子。 』プロデューサーの話をもとに、最新の演歌男子事情に迫っていく。 若者にも訴求した「演歌男子」という言葉• 放送中の『演歌男子。 3』では演歌男子たちが様々なことに挑戦。 写真は料理に挑戦した(左から)はやぶさ、パク・ジュニョン、松阪ゆうき• しかし、氷川きよしがブレイクした2000年代以降は10〜30代前後の若い歌手の活躍が目立つようになってきており、若手だけで構成されたイベントや、ユニット企画なども増加。 従来の演歌・歌謡曲以外のファンを取り込むことで、CD、カセットテープが大御所にひけをとらない好セールスを記録する歌手も現れるなど、少しずつ人気を伸ばしてきた。 「若者ならではの目線で同年代の歌手の魅力を伝えていく」ことをポイントに、若手の男性歌手が普段着を着ておしゃれなカフェでフリートークをしたり、最新シリーズでは料理、手品など様々なことに挑戦。 従来の演歌・歌謡曲の番組とは異なるアプローチで歌手の魅力を伝えている。 同番組の一番の功績は、やはり「演歌男子」という訴求力の高い言葉を生み出したことだろう。 演歌男子に明確な定義はないが、概ね歌い手としての実力はもちろん、端正なルックスやユニークなキャラクターなど、様々な魅力を兼ね備えた若手の男性演歌・歌謡曲歌手といったところだ。 様々なメディアがこの「演歌男子」を取り上げたことで、演歌男子という枠自体が従来の演歌・歌謡曲のファンよりも若い人から注目を集めるようになった。 切磋琢磨する中での演歌男子の成長 ジャンル化が好影響• 8月に昭和女子大学 人見記念講堂で行われた『演歌男子。 LIVE』 イベントなどでも変化が起こっている。 石田氏は、「番組では1年目からライブイベント『演歌男子。 LIVE』を開催したり、私自身も演歌・歌謡曲の現場に足を運ぶ機会が増えたのですが、確かに歌手によっては小さな子どものファンがついていたりと、ファン層が幅広くなっているのを感じます」と話す。 また、長年、若い演歌・歌謡曲の歌手を応援している東京・浅草の老舗レコード店「ヨーロー堂」の店主・松永好司氏も、同店で実施するイベントで「以前より若いファンが増えている印象があります。 お店の売上も増えていますよ」と変化を実感しているようだ。 では、他のジャンルのアーティストにはない、演歌男子ならではの魅力とはどんな部分なのだろうか? 一番の理由は、今どきの若者らしい、ファンとの距離感の近さにある。 そのギャップもあって、ネットなどで大きなバズを起こした。 「『演歌男子。 』の台本は大まかな骨子だけ用意して、細かい部分は本人たちに任せているのですが、初期の頃と比べると、トークなども成長したように感じています。 複数の歌手がいるなかで役割を考えて発言しているというか、ここでこうしたら自分や他の人のいいところを引き出せる、というのを理解してきたんです」(石田氏)。 では実際、どんな演歌男子たちが若い女子たちを魅了しているのだろうか? ここからは、ORICON STYLEが注目する演歌男子7組にフォーカスしていく。 大江裕(日本クラウン) 祖父が歌う「北島三郎」の歌を子守唄として育ち、いつしか演歌歌手を志すように。 高校生の時、バラエティ番組『さんまのSUPERからくりTV』で、その個性的なキャラクターに注目が集まり、ついに憧れの北島と対面。 2009年、作曲・原譲二(北島の作詞・作曲時のペンネーム)による楽曲「のろま大将」で歌手デビューを果たした。 最近では『有吉反省会』(日本テレビ系)などのバラエティ番組にも出演し、そのキャラクターと歌声のギャップで新たなファンを獲得している。 黒川真一朗(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 1994年に出場した「五木ひろし歌謡コンクール」で優秀賞を受賞したことをきっかけに上京、一度は挫折も経験するが、2002年より作曲家・水森英夫氏に弟子入り。 2003年、「家族/山彦峠」で徳間ジャパンコミュニケーションズよりデビューを果たした。 デビュー12年目、甘いマスクと素朴なキャラクターで好青年ぶりを発揮しているが、様々な人気歌手を送り出してきた水森氏に鍛えられた歌手としての表現力、歌声は確かなもの。 デビュー12年目を迎え、ますますその魅力に磨きがかかってきている。 新曲「落ち葉舟」は王道の男唄となっているが、持ち前の表現力で力強くも優しく、しっとりと歌い上げている。 日々の出来事や思いをブログで綴っており、実直さが感じられる文章で、時にはファンを気遣ったりするなど、彼の人柄の良さがにじみ出る内容となっている。 純烈(日本クラウン) 元戦隊ヒーロー出身の俳優を中心に構成された、平均身長183cmの6人組ムード歌謡コーラスグループとして、2010年、「涙の銀座線」でメジャーデビュー。 戦隊ヒーロー出身の俳優が多いとあって長身のイケメン揃いで、甘いマスクでダンスを交えながらムード歌謡をドラマティックに歌い上げているが、いざトークを始めると近所のお兄さん的な気さくなキャラクターで、そのギャップも魅力のひとつ。 各地でのイベント出演などを通して他のグループにはない持ち味を浸透させている。 新曲「幸福(しあわせ)あそび」は、作曲家の故・中川博之氏が彼らに思いを託した渾身の作品となっており、本人たちも「僕たちは幸せです」と熱い想いを語っている。 パク・ジュニョン(キングレコード) 2012年に「愛・ケセラセラ」でデビューして以降、爽やかなルックスや歌唱力はもちろん、太陽のように周りを明るくする無邪気なキャラクターで、ファンからは「ジュニー」の愛称で親しまれている韓国・釜山出身の歌手。 日本人の心の温かさに触れ、日本の心を日本で歌いたい、と強い決意を抱くようになったという。 来日してから5年目を迎えるが、日本のアニメを見て覚えたという日本語はペラペラ。 はやぶさ(ビクターエンタテインメント) 水森かおり、氷川きよしらが所属する長良プロダクションが手がける新世代歌謡グループとして、ヒカル・ショウヤ・ヤマトの3人で2011年9月に結成され、2012年、「ヨコハマ横恋慕」でデビュー。 今の時代に敢えて昭和の歌謡グループの佇まいを踏襲し、スタンドマイクで歌謡曲を歌うという斬新さはもちろん、その楽曲の振り付けや、首都圏を中心に実施している早朝ストリートライブなど、様々な新しい試みで話題に。 こうした中、アニメ『デュエル・マスターズVSR F』(テレビ東京系)のOPテーマ「エボレボ!」(音楽プロデュースはヒャダイン)歌唱をきっかけに子ども人気を伸ばし、イベントでは親子の姿を見かける機会も増えている。 11月2日には新曲「流星のロマンス」を発売予定。 三山ひろし(日本クラウン) 昨年「お岩木山」がヒットし、若手の演歌歌手としては異例の10万枚を突破。 『NHK紅白歌合戦』初出場をはじめ、年末の賞レースでも数々の賞を受賞した三山ひろし。 上京後、作曲家・中村典正氏に弟子入り。 中村氏の妻・松前ひろ子の「LIVEレストラン青山」で働きながら、修行に励む。 2007年に行われた日本クラウン創立45周年記念新人オーディションで準グランプリを受賞し、2009年6月に「人恋酒場」でデビュー。 演歌の新人としては異例の日本レコード協会「ゴールドディスク」(10万枚)に認定された。 「お岩木山」で『NHK紅白歌合戦』初出場に至った。 しかし、北海道・風蓮湖を舞台にした2009年発売の「風蓮湖」が北海道地区がけん引(最高3位)するかたちでヒットして以降、セールスを伸ばし、2014年3月発売の「恋の手本」でついに総合TOP10入り。 昨年、「スポットライト」で夢だった『NHK紅白歌合戦』初出場も果たした。 今年3月発売の「流転の波止場」は、自己最高となる総合5位を記録している。

次の