リーフィア 育成 論。 【ポケモン剣盾】リーフィアの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンソードシールド【リーフィアのオススメ育成論】やどみがバトン型

リーフィア 育成 論

高い防御により物理との殴り合いができるが、サブウェポン不足によりアタッカー性能はいまひとつ。 豊富なサブウェポンと優秀な専用技を持つやの壁が厚い。 物理受けとして見た場合はそれなりのスペックを持つが、低HPと特防の低さ、単草という多弱点な耐性がネック。 相変わらず高い採用率を誇るやも存在するため、これらを差し置いて採用する明確な理由を見つけたい。 第8世代では遂にやどりぎのタネを習得。 流し先にも一貫した負担が掛けられるようになり、耐久型の汎用性が大きく向上した。 アタッカーとしてはソーラーブレード・ウェザーボール等ようりょくそとの噛み合いが良い技を新たに習得し、ダイマックスの登場であなをほるやアイアンテールなどの実用性も向上。 一方ではたきおとすが過去作限定になり、おんがえしに至っては技ごと削除される事態に。 鋼タイプのトップメタであるナットレイやには打点に乏しく、依然として突破力不足は否めない。 他のブイズ同様、由来の有用な変化技をいくつか備えている。 あくび・バトンタッチのような技は草タイプの中でもかなり珍しく、差別化として有力。 素早さもガラル地方ではエルフーンに次ぐ草タイプ2位の数値であり、それらと高水準な物理ステータスを併せ持つのは自身のみ。 やどりぎのタネ習得で受け型が安定しやすくなったこと、ライバルが減ったことも手伝い、差別化・使いやすさともに以前より大きく改善されたと言える。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 リーフガード 晴れ時のみ状態異常を防ぐ。 混乱などの状態変化は防げない。 特性発動前に受けた状態異常を治す効果は無く、晴れサポートをしてまで発動させるにはメリットが薄い。 対策にはなるが、状態異常を防ぐだけなら他に類似特性が多々あり、基本的にそれらの劣化であることも魅力を欠く。 ようりょくそ 隠れ特性。 晴れ時に素早さ2倍。 ようりょくそアタッカーもこなせるが攻撃範囲の狭さがネック。 先制あくびなどが狙いやすくなるため、耐久型にしてひでり持ちアタッカーのサポートに回るのも一考。 リーフガードが活かしづらいこともあり、基本はこちら。 性能安定。 ソーラーブレード 草 125 187 100 - タイプ一致技。 晴れ下なら溜めなしで連発可。 威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。 4発以上ならリーフブレードを超えるが期待値は3発。 ギガインパクト 無 150 90 次ターン行動不能 ノーマル技最大火力。 ダイマックスさせるなら。 反動が痛い。 他のノーマル技の反動を嫌う場合にも。 タスキ潰しに。 こらえるとあわせて。 シザークロス 虫 80 100 - 対草。 あなをほる 地 80 100 溜め攻撃 対炎・毒・鋼。 相手のダイマックスのやり過ごしにも。 天候で威力2倍&属性変化。 晴れ下なら実質威力150の炎技に。 変化技 タイプ 命中 解説 やどりぎのタネ 草 - 新規習得。 草タイプには無効。 つるぎのまい 無 - 攻撃を強化。 ようりょくそとあわせて抜き性能の向上に。 あくび 無 - 流し技。 起点作りや、交代読みで。 草タイプでは唯一の習得。 あまえる 妖 100 物理アタッカーを弱体化。 耐久型で。 くすぐる 無 100 相手の物理面を弱化。 擬似的に攻撃・防御を補強。 のろい 霊 - 攻撃・防御を補強、素早さ低下。 居座って積めるが、素早さ低下が痛い。 バトンタッチ 無 - 積み技やみがわりとあわせて。 こうごうせい 草 - 回復技。 天候変化に注意。 ねがいごと 無 - 回復技。 主にサポート用。 にほんばれ 炎 - 特性の発動やソーラーブレード、ウェザーボールと併せて。 こらえる 無 - じたばたやゴツゴツメットとあわせて。 まもる 無 - ターン稼ぎに。 あくびやねがいごと、たべのこしとあわせて。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイソウゲン ソーラーブレード 140 210 グラスフィールド メインウェポン。 フィールド補正で2発目から威力1. 激戦区にいるので相手S低下が生きる機会は多い。 苦手な相手に多く刺さる。 特殊耐久も補える。 疑似特殊耐久補強。 物理受けに磨きをかける。 攻撃しながらの積み技として。 追加効果は微妙。 はたきおとすは過去作限定技。 かみつく 110 ダイウォール 変化技 - まもる状態 フェイントで解除されないが、ダメージは受ける 相手のダイマックスターン枯らしに。 追加効果でS上昇。 過去作技マシン。 ダイサイコ アシストパワー 130 サイコフィールド 特殊技のみ。 こおりのつぶてなどの先制技封じ。 悪技と範囲が被る。 追加効果は優秀。 ダイバーン ウェザーボール 130 天候:晴れ 特殊技のみ。 晴れ限定。 ダイストリーム ウェザーボール 130 天候:雨 特殊技のみ。 雨下限定。 ダイアイス ウェザーボール 130 天候:霰 特殊技のみ。 霰下限定。 ダイロック ウェザーボール 130 天候:砂嵐 特殊技のみ。 砂嵐限定。 ダイサンダー でんじほう 140 エレキフィールド 特殊技のみ。 過去作教え技。 一致草技と回復技は勿論、他の物理受け草タイプとの差別化になるあくびも確定。 物理を流したあとの交代先に一貫して刺さり、バトンタッチと合わせれば対面操作も狙える。 今作ではやどりぎのタネを覚えたので回復と攻撃が同時に行えるように。 物理受けの役割を強めることが出来るあまえるも優先度高め。 あまえるの効果は自身が交代しても残るため、流されやすいリーフィアと相性がよく後続の補助になる点もポイント。 弱点の突かれやすさがネックだが、れいとうパンチなど4倍ピンポイントの物理技程度なら余裕を持って受けられる。 一方でだいもんじなど特殊役割破壊技は天敵なので注意。 まもるがあれば様子見できるほか、ダイバーンのダメージを軽減しつつ葉緑素発動が狙える。 B特化の耐久目安はA特化のすてみタックル、A特化のばくれつパンチで確3。 一致弱点でもA252のかえんボールが確2なので、対面ならあくびなど変化技を撃つ隙が作れる。 とは地面半減・炎2倍・格闘等倍の耐性の違いと素早さの差を活かしたい。 はコットンガードがあるがB種族値は1. 5倍以上の差があり、受け出し時のダメージはリーフィアのほうが余裕を持って抑えられる。 あくびやバトンタッチの存在も他にない個性なので、上手く利用すれば差別化は十分可能。 耐久型がダイマックスを使うのはあまり得策ではないものの、リーフィアはA110S95とアタッカー気質なうえ、ダイソウゲンの追加効果で火力・耐久とも補強できる。 ダイフェアリーでミストフィールドを貼ってあくびを無効化しようとする相手にも、後攻時にグラスフィールドに張り替えてあくびを通すことができる。 相性自体はそこまで悪くないため、状況や相手次第ではダイマックスで撃ち合いに移行し、素早く遂行するのも選択肢。 具体的な仮想敵はダイホロウによるBダウンで受けが安定せず、ダイフェアリーでミストフィールドを展開してくる可能性のある、 ダイマックス後ならつららばりを確3に抑えられる相手など。 ダイマックス中は怯まないので王者の印型にも強い。 ダイマックスによって、他のタイプの技でも高威力を3ターンの間出せるようになった。 とはいえ、相手を選ばずに高威力を出せるノーマル技は攻撃範囲が狭いリーフィアにとってまだまだ重要。 他のポケモンのように抜群が取れないからと言って気軽に外すわけにはいかない。 草+ノーマルで等倍範囲はそこそこ広いものの、一致技の威力が90止まりなため積まないと火力は控えめ。 また、晴れパ前提なので自然と牽制しやすいとはいえ鋼タイプには有効打が乏しい。 味方でカバーするか、あなをほるを利用するなど工夫したい。 対リーフィア 注意すべき点 高い防御とあまえる・こうごうせい・やどりぎのタネ等を活かした物理受け型と、 ようりょくそとつるぎのまい等を活かした晴れアタッカー型が存在し、判別しにくい。 対策方法 鋼への対抗手段があなをほる程度しかなく、安定して後出し可能。 あくびやあまえるなどには注意。 耐久型は補助技主体なので、上からのちょうはつで機能停止。 ようりょくそ型なら、晴れで威力の上がった炎タイプの特殊技が効果的。 天候を変えてしまうのも有効だが、天候始動特性を持つポケモンのほとんどはリーフィアに弱い。 もシザークロスでかなり削られるうえ、炎の多い晴れパには出しにくい。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技02 ネコにこばん 40 100 ノーマル 物理 20 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技10 マジカルリーフ 60 - くさ 特殊 20 技11 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技12 ソーラーブレード 125 100 くさ 物理 10 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技28 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 技29 あまえる - 100 フェアリー 変化 20 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技33 あまごい - - みず 変化 5 技34 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技46 ウェザーボール 50 100 ノーマル 特殊 10 技47 うそなき - 100 あく 変化 20 技50 タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技79 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技31 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技42 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10 技50 リーフブレード 90 100 くさ 物理 15 技59 タネばくだん 80 100 くさ 物理 15 技60 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技65 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技71 リーフストーム 130 90 くさ 特殊 5 技77 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 その他.

次の

リーフィア育成論 : 葉緑素リーフィア【物理でいくぞぉ!】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

リーフィア 育成 論

はじめに 皆さん初めましてキタタクといいます 今回が初投稿となるので、拙い点があると思いますがご理解、ご了承ください 質問等あれば、コメント欄にてお願いします 注意点• 当育成論では、【努力値】や【種族値】などの非公式である呼称を用います また、ステータスはH(体力)A(攻撃)B(防御)C(特攻)D(特防)S(素早さ)の略称を用います• 他の物理アタッカーとの差別化はあまり意識せず、リーフィアの可能性を追い求めます(やってリーフィア使いたくない?) リーフィアについて 第4世代登場のブイズです 特徴はやはりのその高いB種族値で、以前ではその種族値をいかし、キノガッサなどのキノコのほうしを受けないことを利用した物理耐久型がリーフィアではメジャーであったと思います しかし、A種族値やS種族値も決して低いわけではなく、隠せ特性であるようりょくそによってかなりのSをだすことが可能であり、炎技のダイマックス技であるダイバーンにより天候を晴れにするのも容易になっています(同様に簡単に天候を変えられてしまいますが・・・) なので、決してアタッカーとして活躍できないわけではないのですが、技範囲が狭いのが苦しいところです けど、そこで敢えてアタッカーとして使うの楽しくない? そして、なんといっても 可愛いですよね それでは、本格的な考察に入っていきます 特性 当育成論はようりょくそ前提のものとなるので、ようりょくそ一択です 性格 いじっぱり 高火力アタッカーとしては物足りないAを補うため、当育成論ではこちらを採用しました ようきも選択肢としてはありですが、ようりょくそによってSの実数値はかなりのものとなりますので、いじっぱりをお勧めします(詳しくは努力値のところで) 持ち物 いのちのたま 火力を1. 3倍にする便利な道具で、ダイマックスしても恩恵を得られるのが強く、積み技である"つるぎのまい"を積めるのも良い点です こだわりはちまき もし、積まないダイマックスもしないのであればこちらもありっちゃありです 努力値 H:164 A:252 B:84 D:4 S:4 実数値 161-178-161-80-86-116("葉緑素"発動時 S:232) 火力が欲しいのでA252 "ようりょくそ"発動時、Sに4振りだけで陽気スカーフドリュウズを抜くことが可能です。 そのため性格はいじっぱりにしました 優先されるASに必要な分振っても252余ってるので、物理技を使う相手に出す、そこで積む、という感じになるのでHBにできるだけ振り余り4をDに振ったという形になります 技構成• 確定技 ソーラーブレード 受けで出てきた草や超に対しての有効技。 この技と"アイアンテール"は"つるぎのまい"を採用するかどうかで使うかどうかが大きく変わってきます。 この2つの技は共に"こだわりはちまき"で運用するならば、優先順位は"つるぎのまい"と入れ替わるので、持ち物と相談しながらとなります 相性のいいポケモン• キュウコン 隠れ特性が"ひでり"なため、出すだけでを活躍させれる場が整う また、地技を呼びやすい為を交代で出しやすく、さらに互いに苦手な相手を補管しあえます• ミロカロス "さいみんじゅつ"を覚えるので、当たりさえすれば安全に晴れにしたり既に晴れなら{リーフィア}を交代で出すことができます。 また、育成の仕方によりますが物理特殊両方に耐久することができるので、やでしんどいスカーフ持ちのサザンドラなどを引き受けることもできます• フライゴン この子でなくても、有効な岩技を打てるポケモンであれば大丈夫です(この子を例に出したのは 好きだから)。 というのもがだとかなりきついです。 晴れを有効活用するのに、炎タイプはと共に選抜されやすいと思うので、そのポケモンでを対応しましょう については晴れ状態で水技が弱くなってるので、岩技や電技で落とすようにすれば問題ないですが、タイミングが遅れるとSを好きなだけ積まれて全突破される、なんてことが起こるのでよくタイミングを考えてやる必要があります ダメージ計算• 与ダメ(全て性格:いじっぱり、持ち物:いのちのたま A:252 A2段階上昇) ダイソウゲン(元ソーラーブレード) H252 B92ダイマックス124. 努力値について、数値の修正及び文言を加えました• 努力値変更のため、ダメージ計算を修正しました• HBSに振ったあまりをAに振ったのだと思いますが、上の方もおっしゃっている通りA個体値が31の場合248振りだと努力値4が無駄になります。 また、その肝心のHBの努力値振りの意図が読み取れませんでした。 調整意図があるのならば論中に記載していただけると幸いです。 自分も似たような型(HAぶっぱ)で運用してます。 この子で特殊受けつつ打ち合う必要があるのってドヒドイデの熱湯くらいかと思いますし。。。 (そもそもD低いのでまともに受けれない) 立ち回りについて: リザードンについては言及がありましたが、晴れパ運用するとそれ以外にギャラドス、トゲキッスあたりがきついです。 というかダイジェットがきつい。 特にギャラドスはキュウコンと対面状態を作ってしまうと、リーフィアで積むタイミングなくダイジェットで落ちます。 なのでPT単位で対策をする等の必要があると思います。 また、キュウコンで地面技を呼んで交代して起点とする、というシチュエーションがあんまり発生しないので(ギャラバンギリザあたりがこちらを起点にするため出てくる)、キュウコンの絡め手(鬼火や置き土産など)をもっと意識するといいと思います。 選択技について: 自分もすてみタックルで運用していますが、ダイアタックとして使うことを考えるとギガインパクトもいいのかなと思い始めています。 これだとダイマックスリザードンが低乱数1になりますので、積まれても後続の先制技圏内にいれられるかなと。 キッスは無理なのでダイスチル(アイアンテール)ですね。 あと、シザクロは使ったことないので役に立った場面あったら教えてほしいです。 おっしゃる通りで、ダイジェットを打つ相手などには基本他のポケモンで対応するのがいい(自分も実践ではそうしてる)のですが、そのことを書くのを失念していました。 キュウコンについても、ほんとにその通りでそのような型でリーフィアを出しやすくするのがセオリーになるかと思います 本当に言葉足らず説明足らずな育成論で申し訳ないです。 16n-1で砂などの定数ダメージも少なく出来るので。 天候を晴れにできてリザードンさんを見れる、となると物理耐久面が過剰に硬くなる気もしますが、がんせきふうじ等の岩技が自然に採用可能な上、キュウコンさん同様に鬼火なども使えるコータスさんはいかがでしょうか? 単純にタイプ相性も良いですし... ドリュウズに役割持てるのはとても強いですね。 思ったのですが技選択肢にブイズが得意な補助技をもっと入れてはどうでしょうか?あくびあたりはある程度不利対面のごまかしが効いて良いと思います。 他にもこの型には合うかわかりませんが色々有用な補助技覚えるらしいので是非考察してみてください。 長くなりましたがリーフィア愛をとても感じる育成論でした。 リーフィア可愛いですよね! しっかりと考察がされていて良い論だと思いました この調整で育ててみようと思います 他の方が仰ってるように、相性の良いポケモンに日照りがあるコータスはどうでしょうか?キュウコンと違いステロやあくびが出来たり、sが遅いため天候の取り合いにも強いです。 また、ダメージ計算のところにダイスチルの追記はどうでしょうか。 H244ダイマックス トゲキッスが確定1発です 他に打ちたいポケモンが居ないですが... 長文失礼致しました。

次の

リーフィア育成論 : 【晴パ大エース】ダイジェットも狩れる全抜きリーフィア【弱点保険】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

リーフィア 育成 論

リーフィアの特徴 ハクタイの森で進化する、イーブイの進化系、リーフィア。 そのステータスは、攻撃と防御が高く、素早さもそこそこあります。 ただ、特殊耐久面が弱かったり、特攻の種族値は期待できない事から、比較的アタッカーが多いです。 主な戦型は、攻撃型で、物理技と、「つるぎのまい」や、「のろい」等の積み技を使い、能力を上げてから攻撃します。 また、「つるぎのまい」を、「バトンタッチ」出来るので、攻撃型だけでなく、サポート型をこなす事も出来ます。 候補技 技名 特徴 リーフブレード 物理 タイプ一致で、威力90の技です。 50戦では使えない技ですが、使い勝手が非常に良い技です。 タネばくだん 物理 タイプ一致で、威力80の技です。 プラチナの教え技が必要な反面、Lv. 50戦でも使う事が出来る技です。 おんがえし 物理 ノーマルタイプで、最大威力102の技です。 サブウェポンの中では、技の威力が高い方の技です。 シザークロス 物理 虫タイプで、威力80の技です。 急所に当たりやすく、比較的使い勝手も良い技です。 つばめがえし 物理 飛行タイプで、威力60の必中技です。 「シザークロス」では、弱点が突きづらいポケモンに対して、比較的有効な技です。 でんこうせっか 物理 ノーマルタイプで、威力40の先制技です。 「きあいのタスキ」対策等に、オススメの技です。 あくび 補助 1ターン後に、相手をねむり状態にさせます。 相性が悪い相手等を、無理矢理交代させる時に使います。 つるぎのまい 補助 自分の攻撃を、2段階上げます。 単純に火力を上げたい時は、この技を使います。 のろい 補助 自分の攻撃と防御を、1段階ずつ上げる代わりに、素早さを1段階下げます。 攻防共に、使い勝手の良い技です。 あまえる 補助 相手の攻撃を、2段階下げます。 相手の交代を誘ったり、補助技を積みやすくさせるための技です。 くすぐる 補助 相手の攻撃と防御を、1段階ずつ下げます。 相手の攻撃を弱めるだけで無く、間接的に自分の攻撃を上げる事も出来ます。 こうごうせい 補助 自分のHPを、最大HPの半分だけ回復させます。 耐久型として使う場合に、使う技です。 にほんばれ 補助 場の天候を、晴れ状態にさせます。 「こうごうせい」や、特性「リーフガード」等と、組み合わせて使う技です。 バトンタッチ 補助 自分の能力変化を、味方のポケモンに引き継がせます。 積み型で、攻撃不能になった時や、サポート型で等で使う技です。 主な戦型 剣の舞型 努力値 攻撃252 素早さ252 HP6 持ち物 きあいのタスキ カムラのみ 等 性格 ようき 確定技 リーフブレード or タネばくだん つるぎのまい 候補技 シザークロス つばめがえし でんこうせっか こうごうせい バトンタッチ 等 一般的な、リーフィアの攻撃型です。 単純に、「つるぎのまい」を使うと、鋼タイプのポケモン等を出されるので、「バトンタッチ」で、能力を引き継がせる手もあります。 スカーフ型 努力値 攻撃252 素早さ252 HP6 or 攻撃252 素早さ調整 残りHP 持ち物 こだわりスカーフ 性格 ようき いじっぱり 確定技 リーフブレード or タネばくだん シザークロス つばめがえし バトンタッチ 「こだわりスカーフ」によって、素早さを上げてから攻撃します。 先制で使える「バトンタッチ」によって、相手のポケモンを見極めてから交代させる事も出来ます。 物理耐久型 努力値 HP252 防御252 特防6 持ち物 たべのこし 性格 わんぱく 確定技 リーフブレード or タネばくだん のろい こうごうせい 候補技 つばめがえし あまえる にほんばれ 高めの防御を利用した物理耐久型です。 炎タイプには、極端に弱くなりますが、「にほんばれ」を使うと、「こうごうせい」や、特性「リーフガード」を、最大限に生かす事が出来ます。 コラム 要注意ポケモン エアームド リザードン バクフーン 等 オススメの組み合わせ 晴れパーティー全般 対策方法 高い攻撃力と、物理耐久力を兼ね備えているので、物理型で攻めに行こうとすると、不利な状況に陥りがちですが、特殊耐久面は弱いので、素早さの高い特殊アタッカーで攻めるのが一番の対策です。 また、鋼タイプを出すだけでも、相手の攻撃を制限する事が出来ます。 主な対策ポケモンは、エアームドや、バクフーンで、エアームドの場合、「ふきとばし」だけで、完全に相手の行動を無効化させる事が出来ます。 バクフーンの場合、「こだわりスカーフ」からの、「ふんか」だけで、一撃を狙いに行く事も出来ます。

次の