古希祝い。 @古希祝い

古希祝いにおすすめのプレゼント人気ランキング10選【体験型ギフトも!】

古希祝い

古希祝いとは 古希祝いとは数え年で70歳の長寿のお祝いです。 古希の由来は唐の詩人、杜甫の曲江詩「人生七十古来稀」にちなんでいると言われています。 還暦祝いは満61歳ですが、古希祝いを含め、これ以降の長寿のお祝いは全て数え年で祝います。 これは昔は70歳まで存命するのは非常に稀なことだった為であると考えられます。 ちなみに、古希祝いの前の還暦祝いは60歳ですが、現役の方も多く、現代では古希祝いが昔の還暦祝いに当たると言われることもあります。 これは納得できる話ですね。 ご参考迄に長寿の祝いとは、還暦祝いが数え61才、古希の祝い 数え70才、喜寿の祝い 数え77才 、傘寿の祝い 数え80才 、米寿の祝い 数え88才、卒寿の祝い 数え90才 、白寿の祝い 数え99才、紀寿の祝い 数え100才 です。 古希祝の贈り物・プレゼント 長寿の祝い、古希の祝いに特に決まりはないといえますが、古希祝いの色は紫ですので、贈り物のどこかに紫を意識してもよいでしょう。 ただ古希になったからといって、老人扱いされるのは本意ではないはず。 古希祝いにふさわしいもの、というよりも、本人が望むものや食事などの意見を聞いて準備することが、楽しみになるのではないでしょうか。 品物を古希祝いに贈る場合、特に指定なく選ぶ場合は、少し若い感覚の明るくお洒落なお祝いが喜ばれると思います。 また人生の長い歴史を振り返り、家族の様々な時代の写真を選んでアルバムを作ってプレゼントするのもとても喜ばれる古希祝いの贈り物の一つです。 写真を持ち込むことで簡単に写真集やアルバムを作成してくれるサービスもありますので、当日の記念撮影も含め検討してもいいですね。 形式にこだわるより古希を迎えた方の気持を尊重し、喜んでもらえる品を選ぶのが古希祝いのプレゼント選びのポイントです。

次の

@古希祝い

古希祝い

今や70歳でお元気な方も珍しくなくなりましたが、杜甫の時代はまだまだ短命だったのです。 古希祝いのテーマカラーは「紫」 古希祝いでは、「紫」色のものをお祝いに贈るとされています。 ちなみに、数え年で77歳を祝う「喜寿祝い」も同じく紫色のものを贈ります。 熨斗(のし)は蝶結び、表書きは「祝古希(古稀)」 結婚祝いや快気祝いなど「一度きりにしたいお祝い」では結び切りの熨斗を使いますが、長寿のお祝いは何度繰り返してもめでたいものですから、蝶結びの熨斗を使います。 表書きは「祝古希(古稀)」または「古希御祝」、長寿祝い一般で使われる「長寿御祝」とすることもあります。 古希祝いのプレゼントは「まだまだ若い!」がポイント 昔よりも若々しい「現代の70歳」 杜甫の時代には珍しいほど長生きだった70歳ですが、時代の変化と共に徐々に若々しい方も増え「まだまだ現役」の年齢とされるようになってきました。 長寿祝いだからと言って不要に年寄り扱いせず、女性ならばファッションアイテム、男性ならば趣味のアイテム、家族旅行など「アクティブに楽しめる」プレゼントを選ぶのがおすすめです。 「自分で選べるプレゼント」もうれしい 70歳といえば、身の回りのものは一通りそろいつつある年代ですが、新しいものへの興味はまだまだ旺盛。 だからこそカタログギフトのように「自分で選べるプレゼント」は、手持ちの品と重ならず、興味のある品が手に入って喜んでいただけるはずです。 フォトフレームやフォトブック付きのカタログギフトもありますから、家族の思い出と共に贈ることもできます。 古希祝いプレゼント選びのまとめ 古希祝いのテーマカラーは紫色であり、紫色のものを贈るのが定番だといわれています。 そのため、品物を贈る場合は紫色が基調となっているものを選ぶようにしましょう。 ただし、古希祝いにおける決まりごとを重視するあまり、日頃の感謝を伝えるという本来の趣旨から外れてしまわないように注意する必要があります。 現代の古希祝いのプレゼントでは「まだまだ若い!」がポイントとなるので、趣味のものやファッション用品、家族の思い出として残る旅行などを選ぶのがよいでしょう。 また、カタログギフトであれば自分にとって興味のあるものを自由に選んでもらえるので特におすすめです。

次の

それぞれ何歳? 長寿祝いの基礎知識(古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿)

古希祝い

古希のお祝いの年齢はいつ?数え年? 古希は 数え年で70才を迎える年を指します。 数え年とは、生まれた年を1才として以後は元日に1才年を取ると考える年齢の表し方です。 これを、満年齢で年齢を数えることが多い現代に照らし合わせると、古希は69才を指すことになります。 還暦が数えで61才(満年齢で60才)なのに対し、古希は数えで70才(満年齢で69才)となります。 すなわち還暦から古希までは9年しか空かない、ということになります。 また古希は、その昔は「古稀」と書き、稀(まれ)という意味を含んでいましたが、現在は古希と記されることが多いようです。 これは、平均寿命が伸び、70才を迎えられることが稀ではなくなったことや、稀が常用漢字にはないため「希」に変わっていったとされています。 古希とは?お祝いにはどういう意味があるの? 古希は、元々は「古稀」と書き、中国唐代の詩人・社甫の曲江詩の中の「 人生七十古來稀」の一節によるもの、と言われています。 人生七十古來稀とは、人生を70才まで生きることは稀なことである、という意味があり、特に古くは人生50年と考えられ、にあたる60才を迎えられることが長寿の証と言われていました。 それが70才を迎えられるというのは、非常に稀(まれ)だという意味から、古稀がお祝いされるようになったと言われています。 まとめ 昔は「70才まで生きられることはとても稀」と考えられていました。 平均寿命が80才を越えている今の日本では考えられないことですが、それだけ医療が進歩し、衣食住が豊かになったことの表れでしょう。 このように、昔から使われてきた言葉を紐解くことで、その当時をより詳しく知ることができるのが言葉の面白いところでもありますよね。 長寿のお祝いの関連記事.

次の