太鼓 さん 次郎 ポセイドーン。 【太鼓の達人 グリーンVer.】キューティー☆デモニック☆魔人エモ!! / 溝口ゆうま feat.大瀬良あい【BNAM公式】

おに譜面

太鼓 さん 次郎 ポセイドーン

=あの映画の設定をあのゲームに取り入れてみた(1)= チャリン(コイン投入) 和田どん「あっ!コイン入れたドン!さあこのプレイヤーはどっちを選ぶドン?」 和田かつ「僕だと良いなド~ン。 」 コソコソ・・・ メタドン「フッフッフ・・・僕が主役の座を奪ってやるドン・・・(ニヤリ)・・・まずはやりやすい奴から、えい!」(押) 和田かつ「ん?うわっ!」 和田どん「おっ、僕を選んだドン!よし、参加だドーン!」 メタドン「・・・ガーン!」 6分後・・・ 和田どん「ふーっ、楽しんだド~ン!」 和田かつ「いででで・・・」 和田どん「かつ、どうしたんだドン?」 和田かつ「いや・・・誰かに押されたみたいなんだドン」 和田どん「全然気づいてなかったドン・・・おっ!またプレイヤーが来たドン!さあどっちを選ぶドン?」 和田かつ「今度こそ僕だと良いドン・・・。 」 和田どん「・・・おっ、また僕だd」 メタドン「おりゃーーー!」(押) 和田どん「ギャッ!」 和田かつ「に、兄さん!?」 メタドン「今度は僕が主役だドン!」 和田かつ「メ、メタドン!君はここのゲームに登場してないドン!」(小声) メタドン「もう違うドン!・・・遂に僕が輝く時が」 客「・・・店員さーん、このキャラの色何かおかしいですー。 」 メタドン「・・・ガーン!」 和田かつ「・・・そりゃ違和感あるだろドン・・・。 」 >>>次のページに続くよ。 [newpage] =あの映画の設定をあのゲームに取り入れてみた(2)= チャリン(コイン投入) ミミ「おっ!コイン入れた!・・・あれ、あのプレイヤーどっかで見たような・・・」 ニャミ「あ、この人昨日来た初心者だよ。 あの時キャラ選択の仕方分かったみたい。 」 ミミ「ああそっか!じゃこの人、今度はどのキャラを選ぶんだろう・・・。 」 ニャミ「うーん・・・あっ!スタンダードじゃないコスチュームだ!」 ミミ「だったら早く着替えよう!髪染める必要ある?」 ニャミ「・・・あ、ミミじゃなくて私だ。 」 ミミ(ドテーッ!) ニャミ「さあどの曲選ぶかな?」(小声、以下4行同様) ミミ「うーん・・・あれ?この曲・・・」 ニャミ「昨日やったやつだ!しかも・・・相手も私・・・」 ミミ「えっ!?じゃ、じゃあ・・・人形作戦実行!コスチュームは・・・これだね!」 ニャミ「よしやろう!」 十数分後・・・ ミミ「お疲れー。 」 ニャミ「ふぅーっ、やっと終わった~!」 ミミ「・・・あっ!次のプレイヤー来たよ!今度は常連さんだ!」 ニャミ「えっ?・・・あ、そんじゃあ・・・プレイヤーはタイマーだね!」 ミミ「タイマー!出番だよー!」 タイマー「よし!」 ニャミ「頑張れー!」 ミミ「実際、頑張るのプレイヤーの方だと思うんだけど・・・。 」(汗) ~続く~ =リデルと新しい角仲間(復活)(7)= リデル「あ、貴方ラミーにそっくりですね。 」 ウラミー「それが何?」 リデル「ウラミーさんも良い角してますね。 」 ウラミー「そう?ラミーのとどっちが良い?」 リデル「えっと、どっちも良いと思います。 」 ウラミー「ふーん・・・どっちか選んで。 」 リデル「ど、どっちかって言われても・・・」 ウラミー「どっち!」 リデル「・・・うっ・・・うっ・・・」(涙目) ウラミー「あっ・・・あ~ごめんなさい~何でもしますから~!」 >>>次のページに続くよ。 [newpage] =リデルと新しい角仲間(8)= リデル「貴方もその角良いですね。 」 カインズ「えっ、そう思います?」 リデル「はい!」 カインズ「うーん・・・君のがより立派だと思いますよ。 」 リデル「あ、ありがとうございま・・・へっ!?何で角の事知ってるんですか!?」 カインズ「だって角の先見えてるから・・・い、今の傷ついたらごめん・・・。 」 リデル「・・・からかわないなら、良いです。 」 カインズ「そうですか。 」 リデル「ところでその両腕どうしたんですか?」 カインズ「それですか?話せば長くなるけど・・・僕の腕、下手したら取れちゃいますよ・・・。 」 リデル「えっ!?」 カインズ「もしそうなったら・・・僕は気絶してしまいます。 」 (本当は死ぬなんだけどね・・・彼女子供だからあえて言わないでおこう・・・。 ) リデル「そ、そうでしたら・・・気をつけます。 」 ~続く~ =ナスグレイブの恋人募集(復活)(5)= ナスグレイブ「んー・・・やっぱり彼女欲しいナス・・・。 それとリスじゃなくてシマリスね。 」 ナスグレイブ「あ、ごめんナス・・・。 」 (ギグルスの彼氏設定:カドルス) ナスグレイブ「次はここのスカンクにするナス!彼女は悪臭がないから大丈夫ナス!おーい!」 ペチュニア「うん?」 ナスグレイブ「オイラと一緒に食事でも」 ペチュニア「今、ハンディん家行くとこなの。 ごめんなさいね。 」 ナスグレイブ「・・・そうだった!こっちも彼氏居たんだったナス!」(汗) ナスグレイブ「こ、これで今日は最後ナス!おーい!」 フレイキー「ひっ!?」 ナスグレイブ「オイラと一緒に」 フレイキー「フリッピー助けてー!」(逃) ナスグレイブ「・・・今思い出したナス・・・こいつオスかメスかも分かんないんだったナス!」(汗) (メスのハピツリキャラはそれ以外にラミーが居るのだが、この小説には登場してませんwww) ~続く~ [newpage] =重大発表その1= 慧音「えー、今ここに居る者たちに重大発表があります・・・。 」 よもぎまる「何なんだドン?」 妖蛾「ちょっと気になるでござるな。 」 びゃっこまる「おやつの時間増やすとか?」 メタル「それはない。 」 慧音「実は・・・数年前に予定していた時代劇はやらないということで」 よもぎまる「えっ!?」 妖蛾「どういうことでござるか?」 慧音「メタルさんが興味薄れたようなので。 」 メタル「そういうことだ。 」 よもぎ&妖蛾「そんな単純な理由カッ(でござるか)!?」 びゃっこまる「・・・おやつは?」 慧音「無い。 」 びゃっこまる「そんなーっ!」 メタル「お前はそっちの心配かよ!」 =重大発表その2= 四季映姫「えー、今ここに居る者たちに重大発表があります・・・。 」 銀香「何々?」 どん子「早く終わってどんちゃんとデートしたいな~。 」 桃香「何があるのかしらね。 」 ラフィーナ「私たちに何か問題あるとは思わないですわ。 」 ドラコ「あー暇・・・。 」 すけとうだら「いつ踊ってくれるんだい?」 ウィッチ「早く知りたい~!」 魔理沙「早く空飛びたい~!」 小町「皆静かにねー!」 四季映姫「コホン・・・実はダンス番組の放送を無期間休止にしました。 」 全員「えーーーっ!?」 小町「うるせーーーい!」 ボカッ! 小町「・・・ばたんきゅ~・・・」 四季映姫「実はある人物からのメッセージで、代わりに別のパフォーマンスの番組を放送してほしいらしいの。 」 銀香「ん・・・あ、そういや私その知らせ知ってたわ。 」(第3弾Area8を参照。 ) 魔理沙「そういや私も聞いてたのすっかり忘れてた。 」(上と同様) それ以外全員「知ってたんかーい!!!」 小町「うるせーーー!」(起) ボカッ! 小町「・・・2度目のばたんきゅ~・・・」 四季映姫「それに関してはまた次回伝えるわ。 」 [newpage] =新アトラクション(1)= ミミ「MPアミューズメントパークへ・・・」 ニャミ「ようこそー!」 むぼうちゃん「すっごーい・・・!あたしここ初めてなの!」 ミミ「そうなんだ。 園内の地図はこの近くと、各エリアにあるよ。 」 むぼうちゃん「でもその前に、興奮するアトラクションとか無い?ジェットコースターとか!」 ニャミ「えっと・・・だったらこの2つがオススメかな?」 むぼうちゃん「どれどれ・・・最初はこれにしよう!」 和田どん「やあ、むぼうちゃん!ここはグルーヴコースターのジェットコースターver. だドン。 」 和田かつ「略称は『グルコス』だドン。 」 和田どん「名づけて、グルーヴジェットコースターだドン!」 むぼうちゃん「コースターつながりなのかな。 乗ってみよう!」 (このアトラクションは年齢制限付きという(勝手な)設定だが彼女の年齢分からないので無視w) 和田どん「その前にやり方説明するドン?一応音ゲー要素あるから。 」 むぼうちゃん「もしそうならまあ・・・」 和田どん「このゲームは・・・(説明中)・・・だドン。 」 むぼうちゃん「うんうん・・・」 和田かつ「難易度と曲は手前の画面から選べるドン。 曲によってレールが変わるドン。 」 むぼうちゃん「分かった!」 和田どん「それじゃ楽しむドン!」 むぼうちゃん「えっと曲は・・・『ナイト・オブ・ナイツ』にしよう!難易度は『HARD』!」 3分後・・・(その間は想像に任せます。 ) むぼうちゃん「遊んだ遊んだー!」 和田どん「クリアだドン!」 むぼうちゃん「え、何でクリアだって分かったの?」 和田どん「あっちの画面に結果が送られてくるんだドン。 」 和田かつ「クリアすると景品がもらえるんだドン!難易度が高いほど上質な景品が貰えるんだドン!」 むぼうちゃん「そうなんだ!・・・でも・・・」 和田どん「何カッ?」 むぼうちゃん「もうちょっと興奮するアトラクションが良いなっ!」 どん&かつ「あ・・・そうなんカッ・・・。 」 むぼうちゃん「まあ景品は貰っとくよ。 」 ~続く~ [newpage] =太鼓さん次郎が・・・(1)= どん子「銀香ちゃん!銀香ちゃん!」 銀香「どうしたの、また恋愛相談?」 どん子「ううん、違うの。 実は・・・」 銀香「実は・・・?」 どん子「太鼓さん次郎に私のスキンが登場したの!」 銀香「・・・えー!?それってどんちゃんの代わりに・・・?」 どん子「私が登場してるの!声も私!」 銀香「す、すごいね・・・で、かっちゃんのほうは?かっちゃんカラーのあんた?」 どん子「かつ子のこと?」 銀香「・・・そのかつ子とかいう子、あんたの何?」 どん子「ああそれはね・・・ヒソヒソ・・・」 銀香「・・・えーーーっ!?」 (何て言ったのかは読者の想像に任せますw) ~続く~ =ツタージャは誰のもの?(復活)(3)= ツタージャ「じゃ今度は貴方達の特技見せて。 一番良かった人は・・・まあ期待させてあげてもいいわよ。 」 サービィ「おう!頑張るぜ!」 カーバンクル「ぐっぐぐー!」 ナスグレイブ「今度こそ絶対に・・・!」 ツタージャ「じゃ最初は・・・カーバンクル。 」 カーバンクル「ぐ!ぐっぐぐーぐ(ファイヤー)!」 ナスグレイブ「・・・なかなかやるナス。 でもこっちだって!ファイアだナス!」 ツタージャ「あっ、ちょっと・・・」 カーバンクル「ぐ!?ぐっぐぐーぐ(ファイヤー)!」 ナスグレイブ「あちちちちっ!」 メラメラ・・・!(火炎) ツタージャ「・・・こうなるとは思ってなかった。 」 サービィ「あんな奴らほっといて一緒にパフェ食いに行こうぜ!」 ツタージャ「うん・・・まあ今は良いわよ。 」 他の2体「・・・!?」 ~続く~ [newpage] =もしもフリッピーに狙われたら(1)= ムーセイシャ教官「よーし!今日もロッククライミングをしよう!今日こそ記録を更新するぞ!」 レトロ「イエッサー!ゼヨ!」 にとり「・・・キャーーーッ!!!」(逃) 里香「誰かーーー!」(逃) ムーセイシャ教官「ちょっ、お前達!何故逃げる!」 レトロ「・・・ハッ!」 ムーセイシャ教官「どうしたんだい?」 レトロ「フ、フリッピーゼヨォ!」 ムーセイシャ教官「何!?」 裏フリッピー「ウラワァァァアアア!!!」 2人「ギャーーーッ!!!」 ムーセイシャ教官「あ、アタイは登って逃げる!」 レトロ「え!?あっ、ちょっ・・・俺もそれで逃げるゼヨ!」 裏フリッピー「待てやゴルァーーー!!!」 サササササッ・・・!(登) ムーセイシャ教官「ハァ、ハァ・・・どうなった?」 レトロ「うーn・・・アッ!こっちに登ってくるゼヨ!」 裏フリッピー「ウラワァァァアアア!!!」 2人「ギャーーー」 ヒュ~・・・ドカァン!(大砲) 裏フリッピー「ウガァァァアアアッ!!!・・・」(命中&落下死) レトロ「・・・え?」 里香「助けに来たのですー!」 ムーセイシャ教官「ホッ、良かった・・・。 」 レトロ「なのにさっきは何で逃げたんだゼヨ・・・。 」 ・・・ゴゴゴゴゴゴ・・・! 2人「!?」 里香「あ、ごめん、威力強すぎた。 」 ムーセイシャ教官「・・・コラーーーッ!!!」 ドガドガドガァーン・・・!(壁が崩壊) (・・・それから10分後、2人は救助されました。 ) >>>次のページに続くよ。 [newpage] =もしもフリッピーに狙われたら(2)= 前ページから数日後・・・ 裏フリッピー「ウラワァァァアアア!!!」 ぴょんぴょんくん「うわあっ!また緑のクマがおかしくなっちゃった!誰かー!」(逃) 裏フリッピー「逃がすカアアア!!!」 ぴょんぴょんくん「うわーーーっ!!!」 ・・・ ・・・ ・・・ ピョンピョンピョン・・・ ぴょんぴょんくん「ウィ~!何だか分かんないけどピョンピョンしてるー!」 裏フリッピー「・・・!?」 (確かにナイフで刺したはずだが・・・) ぴょんぴょんくん「そんじゃさいなら~!」(ピョンピョンピョン・・・) 裏フリッピー「待てコラアアアッ!!!・・・ハァ、ハァ・・・何であいつ逃げ足速いんだッ・・・!」 ~続く~ =ディスコベアのナンパ(1)= ディスコベア「ヘイ!ユー!ミーと踊らないか~?」 どん子「あ・・・ごめん、私どんちゃんが居るの。 」 ディスコベア「あんな鈍感な奴じゃユーに合わないよ。 それよりイケイケなミーのほうがお似合いだ!」 どん子「いや、それでも貴方はちょっと・・・」 ディスコベア「そんな冷たいこと言うなって~!」 どん子「・・・バチで叩いちゃおうかなー?」 ディスコベア「おいおい冗談が上手いな~!」(微笑) ドカバキドカドコバキバチコーン!!! ディスコベア「・・・まさか本当にやるなんて・・・思わなかっ・・・」 ・・・チ~ン(昇天) ~続く~ [newpage] =引っ越したわけ= 銀香「で、今更聞くけど何でここに?」 サイナンちゃん「新しい家に住もうかなと思って・・・ちなみにあたしの最初の家は崖の上だった。 」 銀香「ふーん・・・じゃどうやってここに!」(汗) サイナンちゃん「あ、話の途中だった。 色々探し回ってたら穴に落っこちて・・・」 銀香「ここに来たんだね。 」 サイナンちゃん「うん。 」 (注:この小説の作者の勝手な設定です。 アニメとは一切関係ありません。 ) =日本に行ってみたらしたいこと= 銀香「あんた和風が好きなんだよね?」 しずかくん「うん。 」 銀香「日本は好き?」 しずかくん「まあ、好きかな・・・。 」 銀香「じゃ日本に行ってみたら何したい?」 しずかくん「うーん・・・やっぱ瞑想はするかな。 」 銀香「他には?」 しずかくん「そうだなぁ・・・華道とかもやってみたいし、本場で寿司食べるのも悪くないかもね・・・それから始めに旅行するとこは京都かな。 あそこ自然が多いみたいだし歴史的なお寺も・・・」 銀香「多い・・・。 」 (でも無理でもないかな。 全員が卒業してメタドンの例の力が元に戻せるなら・・・) =おしゃべりな2人の会話= おしゃべり好きちゃん「ジョーくんこんにちは!」 ジョー「よう!」 おしゃべり好きちゃん「貴方何処行くの?やっぱり豪華なとこ?デートに行くの?」 ジョー「サニーちゃんとこへ行くんだよ。 今日こそ彼女に認めてやりたいんだ!パラッパには絶対あっと言わせてやんないとな!まああいつのラップは正直好きだがな。 」 おしゃべり好きちゃん「彼のラップ聴いたことないけど何か有名そうだね。 それはともかく貴方ならどうかな。 だって結構話長いし、中にはどーでもいいこと話すだろうし、これじゃ女の子に気に入られないんじゃないかな?あたしも女の子だけど。 」 ジョー「あー・・・そう言ってるけどお譲ちゃんも結構お喋(しゃべ)りなんじゃないか?ちょくちょく細かいとこも言うし、たいていはお前のこと言ってんじゃないか?豆が嫌いだとかペット飼ってるだとか・・・」 おしゃべり好きちゃん「あたしは色々話すのが大好きなのー!あ、さっきの話に戻るけど、やっぱり別の可愛い子ちゃん探すか、自分の性格変えた方が良いかもよ?嫉妬深い男は嫌われるって言うし。 それと長話もやめたら?」 ジョー「だーーーっ!ゴチャゴチャ聞いてられっかーっ!とにかく俺は行く!じゃあな!」 おしゃべり好きちゃん「・・・大丈夫かな、今の貴方ならちょっと無理だと思うけど・・・まあでも頑張って~!」 [newpage] =意地っ張りなバカ2人の会話(1)= チルノ「あ~っ!何で宿題2倍なのよー!前のやつ一体どこが間違ってるって言うのよ!」 がんこくん「全くだ!あの先生(ここではランピー)はどうかしてる!実際あいつ見た目からしてどうかしてるからな!」 チルノ「本当ね!はぁ、とにかく一緒にやってくれる?」 がんこくん「俺に指図するな!自分でやれ!俺だって1人で出来る!」 チルノ「・・・あっそう!じゃそうする!」 5分後・・・ チルノ「ぐぬぬぬ・・・何これ分かんない・・・がんこくん、ちょっと見せてくれる?」 がんこくん「他人に頼るのはやめるんだな!自分で考えろ!」 チルノ「チェッ、良いじゃん別に・・・そっちはどうなのよ。 」 がんこくん「黙れ!俺は集中してるんだ!」 チルノ「はいはい・・・。 」 3時間後・・・ チルノ「・・・やっと終わった~・・・。 」 がんこくん「ぐぐぐっ・・・」 チルノ「あんたまだ終わってないの?」 がんこくん「ん!?見るな!」 チルノ「今日だけあたいの見せてやってもいいけど~?」 がんこくん「うるさい!俺が自分で解決す・・・うん?お前、この答え間違ってるぞ!」 チルノ「・・・は!?何処が!」 がんこくん「何でこんな答えが出た!他の所も間違ってるじゃないか!もう一度やり直せ!」 チルノ「ちょっと!・・・よく見たらあんたの答え間違ってるじゃない!バカじゃないの!?」 がんこくん「バカはお前だ!俺は正しい!」 チルノ「何よこのバカバカバカーーーっ!」 次の日・・・ ランピー「はい、2人とも間違い多し。 また宿題2倍だね。 」 チルノ&がんこ(・・・)(もはや何も考えてない) 和田かつ「あれ小学生でも普通に解けるはずだドン・・・。 」 トゥーシー「それに2倍でも1時間かからないレベルだと思うよ。 僕にとっては。 」 ~続く~ [newpage] =セリフのない2人の会話(1)= マイム(手を振る。 ) おもしろくん「プッ!」(ラッパ音、以下同様) (こちらも手を振る。 ) マイム(両手を自分の腹に当てる。 ) おもひろくん「プ~ッ・・・」 (舌を出す。 ) マイム(ハンバーガーを食べるかのように手で表わし、口をパクパクする。 ) マイム(バーガーショップに指をさす。 ) おもしろくん「プッ!」 (マイムと一緒にそこへ行く。 ) メタル「・・・こいつら通じてるな・・・。 」(汗) ~続く~ =アリvsアリハンター(1)= アリ導師「では・・・早速やろうか。 」(第9話一部の途中から) アント「そうしよう!」 しずかくん「うん・・・。 」 ガサガサ・・・(草の音) アードバーク「・・・遂にアントを見つけたぞ。 おまけにもう1匹アリが居るじゃないか。 」 スニッフルズ「でも約束ですよ?捕まえたら山分けだって。 」 アードバーク「ああ分かってる。 そんじゃ早速」 スニッフルズ「いや待って、闇雲にやるよりちゃんと知恵を働かせないと。 僕みたいに。 」 アードバーク「無理だ!お腹が空いて頭も働かない!」 スニッフルズ「だったらリンゴでも食べなさい、非常食として。 」 アードバーク「バカにしてるのか!俺はツチブタだ!それに今のはアリクイの言う言葉じゃない!」 スニッフルズ「何を~っ!?」 しずかくん「・・・」 アリ導師「・・・」 アント「・・・何してんの、君達。 」 アード&スニフ「あ・・・」(汗) 今回はチームワーク不足で失敗・・・ ~続く~ [newpage] =コピー能力対決!(復活)(2)= ユズ「勝負!」 カービィ「ポヨ!」 銀香「今回からはカービィの容姿は関係ないってことで。 」 ユズ「おk!」 銀香「今回のターゲットはルーイ。 」 ルーイ「・・・僕に大した能力ないと思うんですが・・・」 ユズ「何でルーイ?」 銀香「・・・何かちょっとしたことでもコピー出来るかなって。 」 ユズ「ふーん、まあやってみようか。 」 ルーイ「ちょっと(扱いが)酷いですよカービィさん・・・。 」 ユズ「・・・あれ、何か虫が好きになった気がする。 」 カービィ「ポヨポヨ。 」 ユズ「それに何だろう・・・腹減ってきた・・・チャッピーのステーキ何枚かいけそうだ・・・。 」 Metal「・・・うん?」 輝夜「そしてもう1つあるの・・・。 」 Metal「な、何ですか・・・?」 輝夜「何と私にお姉ちゃんが居たの!」 Metal「えぇっ!?誰なんですか!?」 輝夜「乙ひm」 Metal「なんて言わせませんよ?CMのかぐや姫扱いにはさせませんよー?」 輝夜「だ、だって私はかぐや姫本n(ry」 =小さな宇宙人から見る珍生物(復活)(5)= 森にて・・・ オリマー「随分変わった蛇が居るんですね。 」 ルーイ「それか太鼓ですかね?」 蛇どん「あー・・・両方だドン。 僕は蛇どんだドン。 」 オリマー「和田どんみたいなやつでしょうか。 」 ルーイ「それにしても美味しそう・・・」 蛇どん「食うなドン!」 オリマー「そ、そうですよ!」 ルーイ「良いじゃん、一口ぐらい・・・」 鷲どん「蛇どぉーーーん!!!」 オリマー&ルーイ「!?」 蛇どん「ギャーーーッ!!!」 ガシィッ!(掴む) 蛇どん「ヒッ!?」 鷲どん「へっへっへ・・・遂にお前を食う時が」 ルーイ「この鳥太鼓も美味しそう・・・。 」 鷲どん「・・・ヒッ!?」 オリマー「ル、ルーイさn」 蛇どん「こいつは食っていいドン。 」 オリマー「・・・どーぞ・・・。 」 ルーイ「ラッキー!」 鷲どん「やめろドーン!」 ~続く~ [newpage] =雪女なのに・・・?= ある日の放課後・・・ ウィッチ「えっと何だっけ・・・あ、そうそう、冬でもないのに何で居るんですの?」 レティ「うん、実はこれのおかげ。 」 ウィッチ「・・・傘?」 レティ「ええ、マーセリンから貰ったの。 冬じゃなくても、日陰があれば私は大丈夫だから。 」 ウィッチ「そうなの~。 じゃマーセリンも日陰でも大丈夫ってことですわね。 」 レティ「傘があればね。 」 =病院へ(1)= ピーポーピーポー! 永琳「大丈夫ですか!?」 おにおん「オ・・・オ~ン・・・」(皮が大半剥かれている) 永琳(・・・とりあえず今のところ生命は確認できている・・・) 「もうすぐ着きますので待っててください!」 おに子「オン!」 永琳「早く病室に連れて行かなければ!」 おにおん「・・・オン・・・」 おに子「オンオン!」 永琳「お医者さん!この子をベッドに・・・」 おに子「・・・オン?」 医師どん「ウェヒヒヒw永琳ちゃん(写真)可愛いn・・・あ。 」 ・・・ 永琳「・・・何故仕事中に私の写真を・・・」 医師どん「いやこれは・・・」 おにおん「オ・・・ン・・・」(気絶) おに子「オーーーン!?」 ~続く~ ~第16話へ続く。

次の

総統閣下が太鼓さん次郎をしたようです 3 ニココメ

太鼓 さん 次郎 ポセイドーン

5~310. 5~310. 5~310. 今回のおに以外も暴れていると予想。 indir, 背景は慶良間諸島の海の映像です。 getuploader. 昨日アップしたものが... indir, Player:??? Camera:??? 協力:??? 使用機材: M ST DON. indir, この動画はACではありません M ST DONという太鼓の達人風シュミレーターを使用しています 動画提供:コーシー... indir, 定規で弾いてみた PoxeiDoon 達人3曲目 こんなに再生してもらえるならもっと練習してから出せばよかったなと今更ながらに後悔して... indir, ( indir, 簡単 indir, に見え)ないです。 画質悪かったりfps低かったり上の画面と下の画面が 合ってなかったりといろいろすみません... indir, 太鼓の達人グリーンの収録曲です 最後途切れ無し。 HDMIでキャプチャしてます. indir, 3回目のプレイ 無研究の正攻法. indir, 前回の真っ黒第六天魔王がなんか10万再生とか言ってたので去年の自分に便乗して作りました 太鼓さん次郎が落ちるので密度を落とす... indir, 人のお金で貯金したい。 youtube. indir, Player:下手くそ こんなの出されたらもう終わりですよ、終わり終わり、終了!退散〜!おつかれ! indir, 3コンボぐらい違うけどゆるして どうも! なんちゃらDXです! 動画をご覧頂き誠にありがとうございました! 主に太鼓の達人などネタ系の... indir,.

次の

【高音質】 poxei♦DOON 音源 poxei♦DOON ニコニコ動画のニコッター

太鼓 さん 次郎 ポセイドーン

関連動画• 再生回数:89437 コメント:394 マイリス:669• 再生回数:1119 コメント:5 マイリス:6• 再生回数:1105 コメント:9 マイリス:1• 再生回数:8278 コメント:429 マイリス:119• 再生回数:78444 コメント:3217 マイリス:153• 再生回数:31979 コメント:544 マイリス:79• 再生回数:40548 コメント:171 マイリス:161• 再生回数:9181 コメント:24 マイリス:228• 再生回数:36526 コメント:242 マイリス:526• 再生回数:169632 コメント:1664 マイリス:4811• 再生回数:16830 コメント:89 マイリス:30• 再生回数:6770 コメント:46 マイリス:13 タグ がついた人気の動画•

次の