エミ タス タクシー。 企業情報|東京葛飾区のタクシーならエミタスタクシー東京

エミタスタクシー柏株式会社の公式採用サイト

エミ タス タクシー

EMITASは、「皆様に喜ばれ安心して利用して頂けるタクシー」という千葉・三ツ矢グループの理念から生まれました。 「笑みを足していく、笑みを満たしていく」という思いが詰まったネーミングです。 その思いをロゴデザインにも反映させました。 そして、人の形をした真ん中の「I」と「T」で、 「人」と「IT(情報通信技術)」、つまり、高度な情報技術の導入を心がけ、その活用により、人と人とを繋いでいく。 笑顔が「ふっ」と湧くようなサービスでお客様の笑顔を満たす、コミュニケーションシンボルです。 グループ沿革 大正元年 三ツ矢エミタスグループの歴史は、大正元年10月頃、乃木希典大将の乗馬係として日露戦争に従軍した関口末吉が、乃木大将殉死後に払い下げられた馬を使って江東区大島に馬車屋を開業したことに始まります。 昭和10年 昭和10年には、末吉の息子である関口榮が墨田区横川に横川タクシーを創業し、馬車の時代から自動車の時代への転換を図りました。 昭和26年~38年 戦争も終わった昭和26年、江戸川区小岩で車両10両で「三ツ矢タクシー」を設立します。 その後、観光バスや航空運輸業、自動車学校、ガス会社、自動車整備事業など幅広い事業展開の後、昭和38年に千葉市の東洋タクシーがグループに加わることにより、現在の千葉での三ツ矢エミタスグループの基礎が築かれました。 昭和40年 昭和40年に関口勝利が社長に就任し、千葉で一番の会社を築き上げるとの思いから千葉市を始めとし、成田市、習志野市へと商圏の拡大を進めていきました。 平成6年 平成6年に現在の関口勝裕が社長の時代になると、富士タクシーと千葉タクシーがグループに加わり、千葉市内最大の車両数を誇るようになります。 平成19年 平成19年からは、現在のEMITASブランドによる営業を開始し、八千代市、白井市、船橋市、柏市と次々にエリアを拡大し、県内屈指のタクシーグループとして今も成長を続けております。

次の

千葉でタクシーを呼ぶなら三ツ矢エミタスタクシーHD株式会社

エミ タス タクシー

変革の時代 当社は昭和38年に創業し、今では60年以上の長い歴史を持つ会社となりました。 これも全て、質の高いドライバーが集まってくれたこと、何よりも地域のお客様に支えて頂いたおかげだと感謝しております。 ですが今、タクシー業界は変革の時代となりました。 様々な運送サービスが登場している現在、単なる移動手段として存在しているだけでは生き残ることはできないと考えています。 どうすれば、お客様が降りた後「やっぱりタクシーに乗って良かった」と感じて頂けるのか。 技術と初心 それは結局、タクシーの基本となる「お客様第一」のサービス・「安全第一」のプロドライバーとしての技術。 この原点に立ち戻り、当たり前のことを当たり前にこなすことなのです。 ですがこれを「完璧に」こなすことは、一朝一夕ではできません。 だからこそ、同じ気持ちを持ったドライバーに一人でも多く仲間に加わって頂きたい。 エミタスタクシー東京のHPをご覧になって頂き、少しでもご興味をお持ちでしたら、見学だけでもいらっしゃってみてください。 「お客様第一」「安全第一」の気持ちがある方なら当社は大歓迎です。 是非、一緒に今までの常識が変わるようなタクシー会社を築き上げていきましょう! Profile 会社概要• 昭和32年• 代表者• 関口 勝之• 資本金• 1,000万円• 車両数• 56台(2020年3月末現在)• 従業員数• 約120名• 東京都葛飾区奥戸4-23-9• 電話番号• 03-5654-6451• グループ会社• エミタスタクシー株式会社 エミタスタクシー柏株式会社 三ツ矢エミタスタクシー株式会社 エミタスタクシー成田株式会社• 関連営業所• 【千葉市中央区】千葉県千葉市中央区南町3-10-1 【千葉市中央区】千葉県千葉市中央区出洲港14-6 【千葉市美浜区】千葉県千葉市美浜区新港210 【千葉市緑区】千葉県千葉市緑区平山町468-79 【千葉市緑区】千葉県千葉市緑区古市場町474-47 【千葉市若葉区】千葉県千葉市若葉区加曽利町870-3 【稲毛区】千葉県稲毛区長沼原町656-4 【習志野市】千葉県習志野市東習志野6-19-14 【船橋市】千葉県船橋市高瀬町66-2 【浦安市】千葉県浦安市鉄鋼通り2-1-7 【八千代市】千葉県八千代市上高野1572-3 【成田市】千葉県成田市三里塚90 【白井市】千葉県白井市根60-60 【柏市】千葉県柏市光ケ丘2丁目18-18.

次の

千葉でタクシーを呼ぶなら三ツ矢エミタスタクシーHD株式会社

エミ タス タクシー

EMITASは、「皆様に喜ばれ安心して利用して頂けるタクシー」という千葉・三ツ矢グループの理念から生まれました。 「笑みを足していく、笑みを満たしていく」という思いが詰まったネーミングです。 その思いをロゴデザインにも反映させました。 そして、人の形をした真ん中の「I」と「T」で、 「人」と「IT(情報通信技術)」、つまり、高度な情報技術の導入を心がけ、その活用により、人と人とを繋いでいく。 笑顔が「ふっ」と湧くようなサービスでお客様の笑顔を満たす、コミュニケーションシンボルです。 グループ沿革 大正元年 三ツ矢エミタスグループの歴史は、大正元年10月頃、乃木希典大将の乗馬係として日露戦争に従軍した関口末吉が、乃木大将殉死後に払い下げられた馬を使って江東区大島に馬車屋を開業したことに始まります。 昭和10年 昭和10年には、末吉の息子である関口榮が墨田区横川に横川タクシーを創業し、馬車の時代から自動車の時代への転換を図りました。 昭和26年~38年 戦争も終わった昭和26年、江戸川区小岩で車両10両で「三ツ矢タクシー」を設立します。 その後、観光バスや航空運輸業、自動車学校、ガス会社、自動車整備事業など幅広い事業展開の後、昭和38年に千葉市の東洋タクシーがグループに加わることにより、現在の千葉での三ツ矢エミタスグループの基礎が築かれました。 昭和40年 昭和40年に関口勝利が社長に就任し、千葉で一番の会社を築き上げるとの思いから千葉市を始めとし、成田市、習志野市へと商圏の拡大を進めていきました。 平成6年 平成6年に現在の関口勝裕が社長の時代になると、富士タクシーと千葉タクシーがグループに加わり、千葉市内最大の車両数を誇るようになります。 平成19年 平成19年からは、現在のEMITASブランドによる営業を開始し、八千代市、白井市、船橋市、柏市と次々にエリアを拡大し、県内屈指のタクシーグループとして今も成長を続けております。

次の