プロテイン ソイ ホエイ 違い。 ホエイプロテインとソイプロテインを飲み比べて効果の違いを比較をしてみた

ホエイプロテインとソイプロテイン、ダイエットにはどっちがおすすめ?

プロテイン ソイ ホエイ 違い

Contents• ホエイプロテインとソイプロテインの違いと効果 では、ホエイプロテインとソイプロテインの違いについて詳しく説明していきます😊 ホエイプロテインの特徴と効果 まずはホエイプロテインから! ホエイプロテインは、 牛乳を原料としています🥛 ホエイとは、ヨーグルトを食べたときにできる上澄みの液体を想像してもらえればわかりやすいと思います。 筋肉修復効果もあるので、筋肉痛の程度を抑えたりするのにも効果が期待できます💓 プロテインは摂取するタイミングもとっても大切です。 ホエイプロテインは飲んでから1時間くらいで消化&吸収されるので、トレーニングの終わり頃〜終わってからのタイミングで飲むと筋肉増強にも役立ちます。 大豆イソフラボンや大豆サポニンという栄養成分を含み、肌や髪への美容効果も期待できます💓 また、抗酸化作用も含まれているという話もあります💡 ソイプロテインは、吸収の早いホエイプロテインと違って、体内で消化に時間がかかります。 時間をかけてたんぱく質を吸収&消化するので、腹持ちもよく、このことからダイエットに向いているとも言われます。 摂取するタイミングは、ガッと吸収されるホエイプロテインと対照的にゆっくり吸収されるので、例えば寝る前など、 長時間たんぱく質を取れない時に飲むのがおすすめです。 味は水に溶けにくく粉っぽいので飲みにくいと感じる方が多いですが、価格が安く手に入れやすくなっています💰 美容効果を得たい人、腹持ちの良さを求める人、費用を抑えたい人におすすめのプロテインです😊 ダイエットにおすすめなのはソイプロテイン?? では本題の ダイエットにはどっちがいいの? ってことなのですが、一般的にはソイプロテインと言われることが多いようです。 美容効果がある、腹持ちがいいなどの理由から、ソイプロテインを飲む女性は実際多いです。 しかし、ホエイプロテインでも筋肉をつけることによって代謝が高まり、結果ダイエット効果に繋がることも十分考えられるので、一概にどちらとは言えないんじゃないかな?と個人的に思っています💡 筋肉痛・疲労回復が早くなることからも、トレーニングへの苦手意識が少なくなるなど、 また別の面からダイエットに効果があると考えられます。 一番良いのは、どちらも飲んで試してみることです。 まず最初は一つ選んで飲み続けてみて、効果を実感できたり合っていると感じたらそのままでいいですし、なんか違うなと思ったらもう一種類を飲んでみてください。 摂取するタイミングに気をつけながら、ホエイプロテインを飲んでいきます🥛💓 わたしが買ったのはこれ!👇.

次の

ソイプロテインとホエイプロテインの違い!ダイエット比較と併用!

プロテイン ソイ ホエイ 違い

・太れるプロテインならフトレマックス 【売れ筋No. 1】 ・太れるサプリならプルエル 【人気商品!! 】 ・おすすめのプロテインランキング ソイプロテインとホエイプロテインとは? 冒頭にも書いたようにプロテインには ソイプロテインと ホエイプロテインがあります。 (一応カゼインプロテインもありますが省略) これらについてまずは見ていきましょう。 ソイプロテインとは何? ソイプロテインとは、その名の通り、 大豆(ソイ)を原料としたプロテインです。 大豆は畑のお肉と言われるくらい栄養価が豊富なことで有名ですが、 タンパク質も豊富に含んでおります。 大豆由来のタンパク質なので、 植物性タンパク質になっております。 ソイプロテインにはアミノ酸が複数個結合した大豆ペプチドが入っているのですが、 この大豆ペプチドはダイエットや 減量を促進したり、 筋力維持をする作用があります。 また、ソイプロテインは 腹持ちがよく吸収が遅いため、寝る前に飲んだり、 トレーニングオフ日などに飲まれることが多いです。 ホエイプロテインとは何? ホエイプロテインは、 牛乳を原料としているプロテインです。 ホエイプロテインはソイプロテインとは逆に、 吸収が早いのが特徴になっております。 牛乳と聞くと、お腹が痛くなる心配をされる方も多いですが、 最近のホエイプロテインは乳糖をカットしている商品も増えているので安心です。 このホエイプロテインは吸収が早いので、 運動をした直後に飲まれることが多いです。 また、食後の胃腸が活発なときに飲むのも効果的だと言われています。 筋肉を修復したり増強する作用があるので筋トレをする人にも向いています。 ソイプロテインとホエイプロテインの比較! ソイプロテインとホエイプロテイン、それぞれどんな人が飲むべきなのでしょうか? ソイとホエイで太りやすいのはどちら? ソイプロテインとホエイプロテイン、太りたいと思っている方はどちらを飲むと良いのかというと、 ホエイプロテインの方が太りたい人におすすめだと言えます。 動物性タンパク質が豊富ですし、ホエイプロテインは 糖質も豊富に含まれている商品が多いです。 糖質は体内でエネルギーとして使われ、余った分が脂肪へ変換されます。 そのため、より多くの糖質を摂ることが太る近道です。 糖質が豊富に含まれているホエイプロテインは太りやすいと言えます。 ソイとホエイでダイエット向きなのは? 先にも触れたように、 ソイプロテインはダイエット向きの植物性タンパク質です。 ホエイプロテインは体を大きくするために飲み、 ソイプロテインは 締まった体にするために飲まれることが多いです。 ソイプロテインには 代謝を上げる作用があります。 また、売られているソイプロテインには痩せるために効果があると言われる、 食物繊維が豊富に含まれている商品が多いです。 このことから、 ソイプロテインは痩せたい人が飲むものだと言えます。 とはいえ、ソイプロテインもタンパク質なので、 多く飲むことで筋肉を大きくすることは不可能ではありません。 筋肉を付けたいならホエイ?ソイプロテインじゃだめなの? 脂肪ではなく筋肉を付けたい人も多いと思いますが、ソイとホエイどちらが向いているのでしょうか? 筋肉を大きくしたいならホエイプロテイン ホエイプロテインに含まれる動物性タンパク質は、 傷ついた 筋肉を修復して回復させ、 大きくする作用があります。 筋肉はトレーニングで損傷し、回復する際に大きくなります。 回復するときにタンパク質が使われるのですが、 植物性に比べて動物性タンパク質の方が早く回復させます。 そのため、 ホエイプロテインを飲むことで筋肉が大きくなっていきます。 引き締まった体を作るならソイプロテイン 一般的に言われる「引き締まった体」を作るにはソイプロテインが向いています。 ホエイプロテインの筋肉を大きくする作用とは逆に、 ソイプロテインは 筋肉を維持したり、 脂肪を落とす方向の作用があります。 体を引き締めたいのであればホエイは避けてソイを飲むべきとされています。 このサイトをご覧になっている方は太りたい人や、筋肉を付けて増量したい人がほとんどでしょうから、 そういった方はホエイプロテインを飲むようにしたいところです。 おすすめのプロテインはどれ? ソイプロテインとホエイプロテインの違いはわかっていただけたでしょうか? 最後に、ソイプロテインとホエイプロテインのおすすめを紹介していきます。 ソイプロテインならボディウイングがコスパ最強 ボディウイングという会社のソイプロテインがコスパが良く人気になっております。 チョコレート味とストロベリー味もありますが、どちらも風味がするだけで美味しくはありません。 それなら無添加の方が牛乳などと飲むときに邪魔をしないのでおすすめです。 とはいえ無添加もあまり美味しいとは言えず飲みにくいです。 ザバスから出ているソイプロテインなど飲みやすいものもありますが、 コスパを追求するならこのボディウィングでしょうか。 ホエイプロテインならフトレマックスがおすすめ! ホエイプロテインでおすすめなのはでも書いているのですが、 フトレマックスというものがおすすめです。 この フトレマックスは太りたい人専用に作られたプロテイン(サプリ兼用)で、 低分子の 吸収率が高いプロテインや満腹感に影響を及ぼさない 果糖が入っています。 タンパク質や糖質が豊富で太りたい人にピッタリになっています。 そして、GABAやポリフェノールといった 精神安定成分も入っているので、 神経が繊細で食べられない人が多い痩せ型の人にも向いています。 このサイトからも 非常に売れており人気の商品になっており、非常におすすめなので、 是非詳細の記事をお読み頂けたらと思います。

次の

<初心者必見>ソイプロテインは女性におすすめ?デメリットと失敗しない選び方を紹介

プロテイン ソイ ホエイ 違い

種類の違いは原料の違いから 店頭に並ぶさまざまな種類のプロテイン。 これらの大きな違いは原材料です。 大きく分類すると、プロテインには牛乳を材料とするホエイプロテイン・カゼインプロテイン、大豆を原料とするソイプロテインがあります。 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテイン、それぞれの特徴についてご紹介します。 ホエイプロテイン ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。 ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。 メリットとデメリット ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。 味は淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいというメリットがあります。 デメリットは、他のプロテインと比べると価格が比較的高いことでしょう。 商品によってはソイプロテインと併用したものや、プロテイン含有量を控えめにしたものなど、機能や価格面で工夫しているものもあります。 こんな方におすすめ ホエイプロテインがおすすめなのは、トレーニングで強い肉体を手に入れたい方です。 トレーニング後、効率的に筋肉の回復を促すためにはできるだけ素早くタンパク質を補給することが必要といわれています。 ホエイプロテインは吸収がスムーズであることからトレーニング直後の補給には最適とされています。 筋トレだけではなく、マラソンなどの持久系スポーツ、格闘技・コンタクトスポーツ(ラグビー・アメフトなど)と広い分野で強靭な体を作りたい方に適しています。 WPC製法 Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)、濃縮膜処理法とも呼ばれます。 原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法のため乳糖が残りやすくなってしまいます。 乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする原因となる場合もありますが、乳清に含まれるビタミンやミネラルをできるだけ多く残すことができるメリットがあります。 タンパク質含有率が約80%の製品はこの製法で作られていることが多いようです。 WPI製法 Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)、イオン交換法とも呼ばれます。 WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、タンパク質以外の成分はほぼ除去されて高濃度のホエイタンパクが作られます。 精製度の高いホエイプロテインを実現するために比較的多くの工数が必要となり、価格は若干高めです。 WPH製法 Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)の略称です。 加水分解ペプチドとも呼ばれ、微生物に含まれる酵素などを使いWPCをペプチド状態(アミノ酸が十数個から数十個つながった状態)に分離したものです。 ホエイプロテインは製法ごとにさまざまな特徴を持っています。 自分にあった製法のプロテインを選んでみてください。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするのがカゼインプロテインです。 ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いことに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、体への吸収速度がゆっくりであることが特徴です。 こんな方におすすめ ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、また就寝時におすすめです。 カゼインプロテインは体への吸収速度がゆっくりであることから満腹感の持続が期待できます。 ソイプロテイン ソイプロテインの原料は、その名の通り大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。 タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。 価格が比較的安いことも特徴の一つです。 メリットデメリット ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいです。 加えて、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。 一方で、溶かしたときに粉っぽくなってしまい、他のプロテインと比べて飲みづらくなることもあるようです。 少量のぬるま湯で溶いてダマにならないようにしてから水を加えるなど、飲みやすくする工夫が必要です。 最近では、溶けやすく改良された商品も多く発売されています。 こんな方におすすめ 満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康維持をしたい方にもおすすめです。 女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にもおすすめです。 まとめ プロテインは強靭な肉体作りにも、引き締まったカラダ作りにも役立ちます。 吸収速度や体に与える影響などが種類によって異なるので、自分の目的に合わせたプロテインを摂取してみてくださいね。 おすすめ商品.

次の