いざ わら んじゃ。 伊沢蘭奢の情報 (いざわらんじゃ) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

伊沢蘭奢

いざ わら んじゃ

2018. 29 昼神温泉冬の陣! 若手噺家の爆笑落語- 迫力の太鼓・和楽器演奏- 涙と笑いの創作音楽劇- 寄席と伝統歌舞伎が一度に楽しめる昼神温泉だけの演芸場「和来座」 開催期間:2019. 1金~2. 獅子舞・独楽など 二. 落語一席 三. ゲスト演奏 四. お囃子・神楽 五. 幕開けの芸 六. 落語一席 七. 昼神温泉だけの創作音楽劇 八.

次の

石灯篭(大田原神社)(いしどうろう おおたわらじんじゃ) 市指定有形文化財(建造物)

いざ わら んじゃ

松井須磨子亡き後、近代化著しかった日本の新劇界を支え、 その短い生涯を閉じた伝説の女優「伊沢蘭奢」。 紙問屋の次女として生まれ、歴史ある津和野の薬屋に嫁ぎ、 一児の母親であった彼女がいかにして女優の道を選ぶことになったのか…。 中国地方に度々訪れていた作者が、あるきっかけで蘭奢を知り、 細やかな取材のもと書きあげた事実に基づく中編小説。 知られざる伝説的な女優の半生を、実話の中にさりげないフィクションを織り交ぜて描かれている。 東京都出身。 慶應義塾大学卒。 昭和45年に『天使が消えていく』で作家として活動開始。 昭和48年に『蒸発』で、女性初の日本推理作家協会賞を受賞する。 平成元年には、仏訳の『第三の女』で第54回フランス犯罪小説大賞受賞。 他の作品に、『風の扉』『Wの悲劇』『白愁のとき』など。 津和野駅近くにある蘭奢の墓 「大正五年 1916 頃、女優になる以前の人妻伊藤シゲが、文字通りその若いエネルギーと脱出願望を持てあましていた家は、外も内もほとんど変わらない姿のまま、旧国道沿いの同じ場所にある。 市街の最も中心といえる本町通りの中ほどに、間口十五間 約30メートル 、奥行四十間 約80メートル の構えをもつ「伊藤薬局」である。 」 明治22年、津和野の紙問屋の次女として生まれた本名伊藤シゲこと、伊沢蘭奢。 少女時代、家業が傾いたため、実兄を頼って東京に上京していたシゲは、すでに演劇に対して関心を寄せていたが、周囲の勧めで津和野に戻り嫁ぐことになった。 それは自分の意思とは裏腹な結果だったようだ。 冒頭は、その嫁ぎ先である「伊藤薬局」で、シゲが鬱屈とした毎日を送っていた場面。 この後、シゲは離婚し、東京で芝居に没頭していく。 島根県の西端に位置する鹿足郡津和野町。 山陰の小京都と呼ばれ、島根県西部の観光のメッカとなっている町である。 城下町として歴史を育んできた津和野は、文豪森 や、近代日本の哲学の祖といわれる西周など、日本の近代化に多大な影響を与えた著名人の出身地としての側面も持っている。 森 、西周両氏の旧居は現在も大切に保存されている。 本文で登場する「伊藤薬局」は、いまも当時の面影をそのままに、津和野の町並みによく似合う古き佇まいを見せている。 津和野町郷土館に展示されている蘭奢の資料 錦鯉の泳ぐ堀割りは、津和野観光のシンボルだ 「津和野川がゆるく曲がりながら流れ、今通ってきた国道がそれに寄り添っている。 茶色い石州瓦と藁葺き屋根が入り混じる間に、うす緑の田がひろがる。 青野山と城山が向かいあい、ほかの山々が幾重にも町を取り囲んでいる。 まだどこにも花のない寂しい景色全体を、乳色の朝靄が被い包んでいた。 」 女優になる夢を捨てきれず、まだ幼かった我が子を残し、ひっそりと故郷津和野を去っていくシゲ。 嫁ぎ先で裁縫をしながらいつも眺めていた青野山 (あおのやま)や、牧歌的な津和野の景色に別れを告げる…。 津和野風景の中でもその形の美しさで知られる青野山は、対峙する津和野城跡、モリアオガエルの生息地である地倉沼とともに青野山県立自然公園に指定されている。 上京後、女優になるベく近代劇協会にはいったシゲはメキメキと頭角を現し、女優「伊沢蘭奢」が誕生する。 その後も活躍を重ねていき、日本の新劇を支える大女優へとなった矢先、突然の病で倒れ、この世を去る。 享年38歳であった。 蘭奢ことシゲが女優として上京してから11年目のことであった。 この波乱に満ちた蘭奢の半生は、津和野川のほとりにある津和野町郷土館に詳しい資料や写真とともに展示されている。

次の

「伊沢蘭奢:いざわらんじゃ」[人名](蘭が入る熟語)読み

いざ わら んじゃ

指定年月日 平成元年5月22日• 所在地 大田原市山の手2-2039 大田原神社境内• 所有者 大田原神社• 員数 1対• 製作年代 江戸時代• 大きさ 高さ 基礎から宝珠まで 180. 0センチメートル 台座周囲 縦45. 0センチメートル 横45. 0センチメートル 大田原神社の参道にある一対の常夜灯です。 宝珠 ほうじゅ ・笠・火袋 ひぶくろ ・棹(さお)・台座を具備し、火袋の台には麻葉の文様が刻まれた花弁があります。 棹に刻まれた銘文から、宝暦12年(1762)1月に、江州日野の商人中井光武が所願成就のために奉納したものであることがわかります。 近江商人中井氏が大田原を拠点にして商圏を北関東、東北に拡大し、行商中心の商法から、店舗中心の形態に移行していった過程を示す貴重な資料です。 近江商人は、鎌倉時代から江戸時代にかけて全国的に活躍した近江(滋賀県)出身の商人のことで、大坂・京都・江戸、さらに東北各地に進出して店舗を構えました。 大田原には中井光武が寛延2年(1749)に出店し、中井源左衛門光武と名乗り、綿織物や麻織物、小間物、薬などを扱いました。 なお大田原へは他に脇村宗吉が、佐久山へは島崎覚兵衛が出店しています。

次の