かぼちゃ 仮装。 ハロウィンとは?由来や意味&起源は?なぜかぼちゃ?ジャックオーランタンの意味は?

ハロウィンのかぼちゃパイ 仮面や仮装で悪霊退散!! |文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

かぼちゃ 仮装

Contents• ハロウィン仮装の由来と理由 ハロウィンの仮装の理由は、現れた悪霊に魂をとられないために魔女やおばけの仮装で仲間のふりをして自分の魂が取られるのを防いだのが始まりです。 40代の私にとって、ハロウィンはあまりなじみ深いものではありません。 ちょっと気味の悪いオレンジ色のかぼちゃお化けを雑誌で目にすることはあっても、あくまで「どこかの外国のお祭り」くらいにしか思ってませんでした。 それが、子どもだけでなく大人も仮装して大々的に盛り上がるイベントになるとは・・・ 「どうしてハロウィンに仮装するの?」 もし子供に聞かれたとしても答えられない人がほとんどだと思いますし、わたしもハロウィンがどんな日なのかはいまいちピンと来ません。 もともとハロウィンは、古代のケルト人が収穫を祝うとともに死者の魂がこの世に戻ってくる日で、悪霊などを追い出すちょっと宗教的な意味合いが強いイベントでした。 9世紀頃のアイルランドの文献にはすでにハロウィンの記述があるようなので、ケルト民族の人達にとっては大切な、古くから続く風習だったことがわかります。 当時のケルトでは11月1日が新年の元旦の日にあたるので、ハロウィンの10月31日はいわば大晦日になるわけですね。 ハロウィンの日には、死者の魂がこの世に戻ってきて、一緒に悪霊がこの世に現れると言われていました。 死者が街中をうろつきまわるので、健康な人間はあちらの世界に連れ去られてしまう恐れがある・・・ だから、悪霊と同じような姿に変装して目立たないようにし、わが身を守ったというわけですね。 現代のようなハッピーなお祭りの日ではなく、当時のケルトの人達にとってハロウィンの日は死の世界への扉が開くとっても恐ろしい日であり、魔除けが必要な日だったのです。 今ではハロウィンの仮装のバリエーションも増えて、魔女やおばけとは関係ない仮装をしている人も多いですが、もともとは仲間のふりをするために仮装していたのです。 ハロウィンの仮装には、今では想像もつかないこのような由来があったんですね。 ハロウィンでお菓子をあげる理由とトリック オア トリートの意味は? 日本ではあまり行っていないようですが、本場アメリカだと子ども達がお菓子をもらいに家々をまわる風習がありますよね。 「死者の日」と恐れられていた当時、悪霊がやってきた時になにかお供え物を差し出さないと魂をとられるということから、お供え物がお菓子をあげるに変化して伝わったようです。 仮装と同じく悪魔を追い出す習わしから来ているんですね。 悪霊にふんした子どもたちが「(自分達が)いたずらするか(そっちが)お菓子を出すかどっちか選んで!」ということで、「trick or treat!お菓子くれないといたずらするよー!」という可愛らしい呼びかけ言葉だったんですね。 日本では、子ども達がお化けだけじゃなく好きなアニメキャラクターなんかにも可愛らしく仮装し、パーティなどでお菓子をもらって食べるということが多いようですね。 もしハロウィンの日にこうした子ども達がやってきて「trick or treat!」と呼びかけられたら、「Happy Halloween! Here you are. 」と答えてチョコレートやキャンディなどお菓子をあげてくださいね! ハロウィンのかぼちゃのお化けはなぜ? オレンジ色のちょっと怖い顔のかぼちゃのお化け、ハロウィンが近づくといたるところで目にしますよね? これは「魔除け」の意味があるんです。 ハロウィンに現れる悪霊を怖がらせるために、かぼちゃを怖いおばけの顔にくり抜いて灯篭として悪霊を追い払うために使っていました。 「ジャック・オ・ランタン」という呼び名があるのをつい最近知った40代ですが、なぜ「かぼちゃ」なのでしょう? かぼちゃの中身をくりぬいて灯りを入れ使うものなのですが、実は元々のアイルランドではケルト人がかぼちゃではなくターニップという「カブ」を使っていました。 アメリカにその風習が伝わった時、アメリカではあまりカブは馴染みなくまだ珍しい野菜でした。 そこで収穫量も多く、身近にあって手に入りやすかったかぼちゃを使ってランタンを作ったとされています。 ジャックオランタンという名前も印象的ですが、ちょっと面白い由来をみつけましたのでご紹介します。 昔あるところにジャックというお酒好きの荒くれものがいました。 ハロウィンの日にも酒を飲んで酔っ払っていたところ、悪霊が現れます。 魂が欲しいという悪霊に「お酒と交換なら」とジャックはいい、持ち前のずるがしこさで悪魔をだましコインに閉じ込めます。 閉じ込められた悪霊はジャックに懇願し、「魂を10年間とらない」という約束で解放してもらいました。 10年後、ふたたび悪霊が「魂をくれ」とジャックの前に現れますが、またもやジャックのほうが上手で悪霊を木の上に閉じ込めてしまいます。 結局悪霊は「もう2度と魂はとらない」と約束されられ、木からおろしてもらいました。 ジャックの寿命がつきた後、数々の悪行のせいで天国に行けなかったジャックは地獄の入り口へ。 そこで悪霊に出合いますが「魂はとらない約束だったから戻れ」と追い返されてしますんです。 もちろん生き返ることなどできず、天国にも行けないジャック。 真っ暗で何もみえない中、ちいさな灯りだけを悪霊からもらうことができました。 ジャックはその灯りが消えてしまわないように、近くにあったカブをくりぬいて灯をいれました。 ジャックはその小さなカブのランタンをひとつ手に持ち、真っ暗で終わりのない道を今も永遠にさまよい続けているのです・・・ ハロウィンは世界の地域によって違う? ハロウィンと聞くとアメリカが民間行事として定着しているので本場のような感じますが、もともとはヨーロッパで始まったもの。 現代では世界の地域によってハロウィンの日の過ごし方は少しづつ違っているようです。 発祥の地であるアイルランドでは10月の最後の月曜日から1週間学校がお休みになる「ハロウィン休み」が存在します。 昔は「死者が蘇る日」だったハロウィンも、今ではお祭りとしてイベントを楽しむアメリカンスタイルが定着していますが、田舎のほうでは昔魔除けのために行ったたき火などを行う風習が今も残っているようです。 イタリアでは、お祭り騒ぎというよりも本来の「死者が戻る日」の意味合いが現代でも強いようです。 こちらも3日間学校がお休みになる「ハロウィン休み」がありますが、日本のお盆の感覚に近く、お墓参りに出向いたり、古くから伝わる「死者のお菓子」を食べたりして過ごします。 ドイツもイタリアと同様に「死者の日」としての意味合いが強く、お祭りを楽しむという感覚ではないようです。 興味深い風習として、ドイツでは10月31日に家の中の包丁を隠すというものがあります。 これは、戻ってきた死者の魂を傷つけないと同時に、家人が死者に切りつけられたりしないようにという意味もあるそうです。 このように「ハロウィンの日」といっても、世界によって意味合いや過ごし方が変わってきます。 別々の地域に伝わり長い年月をかけて定着していく間に、その国の人々の生活習慣や価値観、宗教観などによってさまざまに変化していったのだと思うと面白いですね。 ハロウィンの仮装の由来やお菓子をあげる意味など まとめ いかがでしたでしょうか? ハロウィンの仮装の意味や、子供にお菓子をあげる理由、ジャック・オ・ランタンというかぼちゃのお化けの由来、世界のハロウィン事情などをご紹介しました。 今回お話した他にも、ハロウィンの由来や意味については諸説あるようです。 今でもケルト人の文化が残っている地域だと、かぼちゃではなくカブの灯篭をつかっているところもあるとか。 意外と調べてみると奥深いハロウィン。 これまでは「オレンジのかぼちゃのお化け」「仮装」「こどもにお菓子」くらいしか知らず理由や意味も考えたことがなかったのですが、こうして歴史的な背景も調べてみると本当に面白いですよね。 ハロウィンの意味や由来を知って、ハロウィンを身近に感じることができました。 この記事が少しでもハロウィンを知る参考になれば嬉しいです。 ハッピーハロウィン、どうぞ楽しんでくださいね!.

次の

ハロウィンとは?由来や起源、かぼちゃや言葉・仮装の意味は?│

かぼちゃ 仮装

Contents• ハロウィン仮装の由来と理由 ハロウィンの仮装の理由は、現れた悪霊に魂をとられないために魔女やおばけの仮装で仲間のふりをして自分の魂が取られるのを防いだのが始まりです。 40代の私にとって、ハロウィンはあまりなじみ深いものではありません。 ちょっと気味の悪いオレンジ色のかぼちゃお化けを雑誌で目にすることはあっても、あくまで「どこかの外国のお祭り」くらいにしか思ってませんでした。 それが、子どもだけでなく大人も仮装して大々的に盛り上がるイベントになるとは・・・ 「どうしてハロウィンに仮装するの?」 もし子供に聞かれたとしても答えられない人がほとんどだと思いますし、わたしもハロウィンがどんな日なのかはいまいちピンと来ません。 もともとハロウィンは、古代のケルト人が収穫を祝うとともに死者の魂がこの世に戻ってくる日で、悪霊などを追い出すちょっと宗教的な意味合いが強いイベントでした。 9世紀頃のアイルランドの文献にはすでにハロウィンの記述があるようなので、ケルト民族の人達にとっては大切な、古くから続く風習だったことがわかります。 当時のケルトでは11月1日が新年の元旦の日にあたるので、ハロウィンの10月31日はいわば大晦日になるわけですね。 ハロウィンの日には、死者の魂がこの世に戻ってきて、一緒に悪霊がこの世に現れると言われていました。 死者が街中をうろつきまわるので、健康な人間はあちらの世界に連れ去られてしまう恐れがある・・・ だから、悪霊と同じような姿に変装して目立たないようにし、わが身を守ったというわけですね。 現代のようなハッピーなお祭りの日ではなく、当時のケルトの人達にとってハロウィンの日は死の世界への扉が開くとっても恐ろしい日であり、魔除けが必要な日だったのです。 今ではハロウィンの仮装のバリエーションも増えて、魔女やおばけとは関係ない仮装をしている人も多いですが、もともとは仲間のふりをするために仮装していたのです。 ハロウィンの仮装には、今では想像もつかないこのような由来があったんですね。 ハロウィンでお菓子をあげる理由とトリック オア トリートの意味は? 日本ではあまり行っていないようですが、本場アメリカだと子ども達がお菓子をもらいに家々をまわる風習がありますよね。 「死者の日」と恐れられていた当時、悪霊がやってきた時になにかお供え物を差し出さないと魂をとられるということから、お供え物がお菓子をあげるに変化して伝わったようです。 仮装と同じく悪魔を追い出す習わしから来ているんですね。 悪霊にふんした子どもたちが「(自分達が)いたずらするか(そっちが)お菓子を出すかどっちか選んで!」ということで、「trick or treat!お菓子くれないといたずらするよー!」という可愛らしい呼びかけ言葉だったんですね。 日本では、子ども達がお化けだけじゃなく好きなアニメキャラクターなんかにも可愛らしく仮装し、パーティなどでお菓子をもらって食べるということが多いようですね。 もしハロウィンの日にこうした子ども達がやってきて「trick or treat!」と呼びかけられたら、「Happy Halloween! Here you are. 」と答えてチョコレートやキャンディなどお菓子をあげてくださいね! ハロウィンのかぼちゃのお化けはなぜ? オレンジ色のちょっと怖い顔のかぼちゃのお化け、ハロウィンが近づくといたるところで目にしますよね? これは「魔除け」の意味があるんです。 ハロウィンに現れる悪霊を怖がらせるために、かぼちゃを怖いおばけの顔にくり抜いて灯篭として悪霊を追い払うために使っていました。 「ジャック・オ・ランタン」という呼び名があるのをつい最近知った40代ですが、なぜ「かぼちゃ」なのでしょう? かぼちゃの中身をくりぬいて灯りを入れ使うものなのですが、実は元々のアイルランドではケルト人がかぼちゃではなくターニップという「カブ」を使っていました。 アメリカにその風習が伝わった時、アメリカではあまりカブは馴染みなくまだ珍しい野菜でした。 そこで収穫量も多く、身近にあって手に入りやすかったかぼちゃを使ってランタンを作ったとされています。 ジャックオランタンという名前も印象的ですが、ちょっと面白い由来をみつけましたのでご紹介します。 昔あるところにジャックというお酒好きの荒くれものがいました。 ハロウィンの日にも酒を飲んで酔っ払っていたところ、悪霊が現れます。 魂が欲しいという悪霊に「お酒と交換なら」とジャックはいい、持ち前のずるがしこさで悪魔をだましコインに閉じ込めます。 閉じ込められた悪霊はジャックに懇願し、「魂を10年間とらない」という約束で解放してもらいました。 10年後、ふたたび悪霊が「魂をくれ」とジャックの前に現れますが、またもやジャックのほうが上手で悪霊を木の上に閉じ込めてしまいます。 結局悪霊は「もう2度と魂はとらない」と約束されられ、木からおろしてもらいました。 ジャックの寿命がつきた後、数々の悪行のせいで天国に行けなかったジャックは地獄の入り口へ。 そこで悪霊に出合いますが「魂はとらない約束だったから戻れ」と追い返されてしますんです。 もちろん生き返ることなどできず、天国にも行けないジャック。 真っ暗で何もみえない中、ちいさな灯りだけを悪霊からもらうことができました。 ジャックはその灯りが消えてしまわないように、近くにあったカブをくりぬいて灯をいれました。 ジャックはその小さなカブのランタンをひとつ手に持ち、真っ暗で終わりのない道を今も永遠にさまよい続けているのです・・・ ハロウィンは世界の地域によって違う? ハロウィンと聞くとアメリカが民間行事として定着しているので本場のような感じますが、もともとはヨーロッパで始まったもの。 現代では世界の地域によってハロウィンの日の過ごし方は少しづつ違っているようです。 発祥の地であるアイルランドでは10月の最後の月曜日から1週間学校がお休みになる「ハロウィン休み」が存在します。 昔は「死者が蘇る日」だったハロウィンも、今ではお祭りとしてイベントを楽しむアメリカンスタイルが定着していますが、田舎のほうでは昔魔除けのために行ったたき火などを行う風習が今も残っているようです。 イタリアでは、お祭り騒ぎというよりも本来の「死者が戻る日」の意味合いが現代でも強いようです。 こちらも3日間学校がお休みになる「ハロウィン休み」がありますが、日本のお盆の感覚に近く、お墓参りに出向いたり、古くから伝わる「死者のお菓子」を食べたりして過ごします。 ドイツもイタリアと同様に「死者の日」としての意味合いが強く、お祭りを楽しむという感覚ではないようです。 興味深い風習として、ドイツでは10月31日に家の中の包丁を隠すというものがあります。 これは、戻ってきた死者の魂を傷つけないと同時に、家人が死者に切りつけられたりしないようにという意味もあるそうです。 このように「ハロウィンの日」といっても、世界によって意味合いや過ごし方が変わってきます。 別々の地域に伝わり長い年月をかけて定着していく間に、その国の人々の生活習慣や価値観、宗教観などによってさまざまに変化していったのだと思うと面白いですね。 ハロウィンの仮装の由来やお菓子をあげる意味など まとめ いかがでしたでしょうか? ハロウィンの仮装の意味や、子供にお菓子をあげる理由、ジャック・オ・ランタンというかぼちゃのお化けの由来、世界のハロウィン事情などをご紹介しました。 今回お話した他にも、ハロウィンの由来や意味については諸説あるようです。 今でもケルト人の文化が残っている地域だと、かぼちゃではなくカブの灯篭をつかっているところもあるとか。 意外と調べてみると奥深いハロウィン。 これまでは「オレンジのかぼちゃのお化け」「仮装」「こどもにお菓子」くらいしか知らず理由や意味も考えたことがなかったのですが、こうして歴史的な背景も調べてみると本当に面白いですよね。 ハロウィンの意味や由来を知って、ハロウィンを身近に感じることができました。 この記事が少しでもハロウィンを知る参考になれば嬉しいです。 ハッピーハロウィン、どうぞ楽しんでくださいね!.

次の

ハロウィンの仮装を子どもに手作り!男の子の衣装を簡単に100均で!

かぼちゃ 仮装

どんなハロウィンアイテムが手作りできる? ハロウィングッズを手作りしたいと思っても、何から始めたらいいのか分からない人も多いでしょう。 どんなハロウィンアイテムが手作りできるのか、2つピックアップします。 ハロウィンといえば、かぼちゃは外せません。 中身をくり抜いたり目・鼻・口を付けることで手作りおばけかぼちゃが完成します。 定番中の定番なだけに、できるだけオリジナル感を出すことが大切です。 くり抜き方や目・鼻・口の付ける位置等を工夫することで世界に一つだけの手作りおばけかぼちゃが完成します。 子供から大人まで手軽に手作り工作できる折り紙は、ハロウィンパーティには欠かせない存在になります。 画用紙等も重宝しますが、厚みがあることで細かい部分を折るのには適していません。 親子でおばけやキャンディを折り紙で折るのもコミュニケーションづくりに必要でしょう。 定番中の定番である 輪っかの飾りも金色や銀色折り紙で作ると部屋が華やかになります。 ハロウィンにぴったりな手作りお菓子レシピ ハロウィンといえば、子供たちも喜ぶおいしそうなお菓子でしょう。 ハロウィンのイメージにぴったりの手作りお菓子レシピを6つ紹介します。 定番のおばけクッキー• キュートなシュガーお絵描きラスク• みんなで食べれるおばけケーキ• 食べるのがもったいない!かぼちゃパン• 甘くておいしいかぼちゃマフィン• サクサクっとした食感がたまらないかぼちゃパイ ハロウィンの手作りお菓子は、定番中のクッキーからパンまで色んな種類があります。 では1つ1つ詳しく見てみましょう。 子供と一緒に作れるお菓子の定番といえば、クッキーは外せません。 プレーンタイプのクッキーとチョコやココアパウダー等を使ったクッキーを組み合わせることでおばけ・こうもり等作れます。 色んなおばけをかたどったクッキーをカラフルな袋に詰めて渡してあげると喜ばれるでしょう。 オリジナルデザインでかたどれば、世界に1つのお菓子が完成します。 サクサクっとした食感がやみつきになるラスク生地にシュガーでおばけイラストをお絵描きすれば完成になります。 見た目もキュートながら、かわいい袋に入れて贈ると喜ばれるでしょう。 とても女子力が高く、男の子に渡すと胸キュンされそうです。 ふっくらと焼き色が付いた手作りパンは、本物のかぼちゃのようなスタイルが人気のかぼちゃパンになります。 1人で1個食べたくなりますが、かぼちゃの特徴である切れ目があることでみんなで分けて食べれるでしょう。 中にチョコやジャムを入れて焼くとおいしいテイストになります。 ハロウィンは収穫祭であり、10月に採れるかぼちゃはお祭りのシンボル的な要素を秘めます。 程よい甘みは、甘味料を入れなくても甘くておいしいテイストに仕上がるでしょう。 かぼちゃの角切りを入れることで、ホクホクの食感に子供たちも喜ぶはずです。 裁縫が苦手な人でも、かぼちゃの被り物は簡単にできておすすめの仮装衣装になります。 オレンジ生地を巾着の要領でしぼった球体にし、あとはフェルト等で目・鼻・口・ヘタを縫い合わせれば完成です。 風で飛ばされないように、首かけもゴムで作っておくと便利でしょう。 上半身黒のTシャツ・スウェットにすると頭のかぼちゃが引き立ちますが、同色系のオレンジカラーにするのもおしゃれに見えます。 ハロウィン仮装で街を歩く定番といえば、ゾンビ風メイクは欠かせません。 白塗りベースの口裂けメイクは意外と簡単で、好きなように塗るだけで初心者でも容易にゾンビメイクが完成します。 髪にもグリーン系カラースプレーをかければ、あっという間にゾンビ仮装になれるのです。 目元はパープル系カラーにすることで死力感が出やすく、暗色カラーのスーツを着るとおしゃれさも出て注目度アップにつながります。 どんな部屋飾りが人気なのか6つ紹介しましょう。 立体的でおしゃれな折り紙飾り• 大きいハロウィンキャンディ• 見ているだけで楽しいハロウィンツリー• 表情豊かな紙粘土かぼちゃ• トイレットペーパーの芯のおばけ• とてもキュートなかぼちゃのキャンディ入れ 手作りのハロウィングッズは、殺風景な部屋の空間を一気にハロウィンワールドに変身させます。 では詳しく見ていきましょう。 折り紙は色とりどりで、折り方によっては平面的にも立体的にもなります。 平面的な折り方であれば壁に飾ることができますし、立体的な折り方であればテーブル等に置くと華やかに演出してくれるでしょう。 蜘蛛の巣は黒い折り紙をカッターで切り込んでいくと完成します。 手作りのかぼちゃの目や口は、黒い折り紙で作るとオレンジのかぼちゃボディが映えるでしょう。 こうもり柄の生地とパープル系の無地の生地をつなぎ合わせた簡単な手作りハロウィン飾りになります。 飴が入った中央部分には綿を詰め、まるで大きなキャンディが入っている風に見えるでしょう。 部屋の天井に吊るしてもよいですし、テーブルやソファーに置いてもおしゃれです。 ツリーの葉の部分を5つ作り、立体的に飾ることができる手作りハロウィンツリーになります。 柄の違う布を使うことで豪華な印象に仕上がるでしょう。 頂上にリボンを付けて、かぼちゃにカットされたフェルトモチーフを飾れば完成します。 どんな料理が人気が高いのか5つ挙げてみましょう。 みんな大好き!おばけのカレー• サーモン&いくらのおばけ寿司• かぼちゃBOXのシチュー• おばけチーズインハンバーグ• 魔女の指ウィンナー 普段の料理にひと手間加えることで、ハロウィンムードに早変わりします。 では、作り方等詳しく見ていきましょう。 カレーは老若男女問わず人気が高く、パーティの席でも注目度アップにつながります。 中央におばけ型のごはんを盛って、目や口の形にカットした焼きのりを配置、周りにカレーを入れると完成です。 見た目から食欲をそそり、小食の子供でも率先して食べてくれるでしょう。 にんじんもおばけの足跡型にくり抜けば、1つの芸術作品になりそうです。 酢飯にサーモンを巻いて、目・鼻・口の形にカットしたのりを貼り付けます。 頭のてっぺんにきゅうりを刺し、いくらを混ぜた酢飯の上に置くと完成です。 ハロウィンカラーのオレンジが鮮やかで、見る人の食欲を増してくれるでしょう。 みんなで取り分けて食べられる為、手作りパーティにおすすめです。 ハロウィンの定番であるかぼちゃを贅沢にもくり抜いて、中にシチューを入れた豪華料理になります。 かぼちゃに目や口を彫ることで、よりリアルなおばけかぼちゃの完成です。 かぼちゃ自体もボイルするとシチューと一緒に食べられます。 又、くり抜いたかぼちゃも角切りにして手作りシチューに入れるとおいしいです。 普通のハンバーグの上に目・鼻・口を切り抜いたスライスチーズを乗せて焼くだけであっという間に完成します。 毎日食べている手作りハンバーグが、一気にハロウィンモードになるのが人気の秘密でしょう。 煮込んだ濃厚ハンバーグととろけたチーズのまろやかさが出ておいしく仕上がっています。 子供から大人までハロウィン気分を堪能できます。 バーガーから飛び出した魔女の手がリアルすぎると話題の魔女の指ウィンナーになります。 切れ込みを入れて魔女らしい指のしわをリアルに表現し、赤パプリカで爪を入れると完成です。 油で焼いたウィンナーはツヤがあって、本物の指のようで不気味でしょう。 初めて見た人は、あまりのリアリティにビックリすること間違いありません。 衣装の作り方の本1つ目は「ムック きれいに作れるCOS衣装」です。 女の子・男の子向けのおしゃれな手作りコスプレ衣装が掲載されています。 女の子向けにはワンピース・ジャケット・水着等が掲載されており、男の子向けとしてはナポレオンカラーコート・スタンドカラーコート等の作り方が載っていておすすめです。 ハロウィンだけでなくサマーイベントや学園祭でも重宝すること間違いありません。 女性用(S~LLサイズ)の実物大型紙が付いていることで、すぐに作成できて便利です。 カラーバージョンで分かりやすく説明している為、初心者でも簡単に手作りできます。 なりきりハロウィン.

次の