コロナ ウイルス 岡山 市。 岡山県で県立高校生徒を含む4人が新型コロナウイルスに感染【岡山】

岡山県在住の新型コロナウイルス感染者は誰?感染経路や入院先の病院は?│ひつまぶしブログ

コロナ ウイルス 岡山 市

岡山商工会議所:086-232-2266 岡山北商工会:086-724-2131 岡山西商工会:086-293-0454 岡山南商工会:086-296-0765 赤磐商工会瀬戸支所:086-952-0323• 岡山県事業継続特別支援金受付係:086-226-7924• 申請サポート会場情報は コールセンター:0120-115-570 IP電話専用回線:03-6831-0613• 申請サポート会場情報は 家賃支援給付金コールセンター:0120-653-930• 岡山労働局職業対策課 助成金事務室:086-238-5301• 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター:0120-221-276• 岡山労働局雇用環境均等室:086-224-7639• 岡山労働局雇用環境均等室:086-224-7639 補助金関係• 岡山商工会議所:086-232-2266 岡山北商工会:086-724-2131 岡山西商工会:086-293-0454 岡山南商工会:086-296-0765 赤磐商工会瀬戸支所:086-952-0323• 岡山商工会議所:086-232-2266 岡山北商工会:086-724-2131 岡山西商工会:086-293-0454 岡山南商工会:086-296-0765 赤磐商工会瀬戸支所:086-952-0323• 加点のための売上減少証明申請についてはをご確認ください。 岡山商工会議所:086-232-2266 岡山北商工会:086-724-2131 岡山西商工会:086-293-0454 岡山南商工会:086-296-0765 赤磐商工会瀬戸支所:086-952-0323• 岡山県産業振興財団 創業・販路開拓支援課:086-286-9691• 岡山県産業振興財団 小規模設備生産性向上支援事業補助金事務局:086-214-6302• 岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課:086-286-9676• コールセンター:0570-666-424 IP電話専用回線:042-303-9749 支援策パンフレット.

次の

岡山市職員陽性、県外で感染か 子ども引っ越しで3月下旬沖縄に:山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ ウイルス 岡山 市

岡山市は16日、市内の20代男性会社員と80代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 市は、いずれも市中感染の可能性があるとしている。 同市では3日連続の感染判明で、岡山県内では再陽性を除いて31人、同市内では22人となった。 市によると男性は、9日から発熱や頭痛があり、市内の診療所を受診。 LAMP(ランプ)法の検査で15日に陽性となった。 軽症で、16日に入院した。 同居家族はおらず、市は職場などでの濃厚接触者の有無を調べている。 女性は7日に発熱。 LAMP法検査でいったん陰性と判定されたが、症状が改善せず、15日に2度目の検査で陽性となった。 市内の病院に入院中で、肺炎の症状があるものの、命に別条はないという。 現時点での濃厚接触者は、同居の娘1人と、6日に利用したデイサービス施設で一緒に食事した利用者3人。 市は引き続き調査を進めるとしている。 また、14日に感染が判明した30代女性会社員の濃厚接触者には会社の同僚1人が新たに加わり、計8人となった。 検査の結果、全員陰性となっている。 岡山村田は15日夕方から17日朝まで操業を停止し、勤務フロアなどを消毒した。 村田製作所によると、男性は電子部品の生産オペレーターで、13日朝まで勤務。 常にマスクを着用しており、濃厚接触者はいないという。 同社は「地域の皆さまにご心配をかけ、心よりおわびする。 政府の方針に基づき、引き続き感染拡大防止に取り組む」としている。 介護施設など運営のアール・ケア(玉野市東高崎)も16日、感染の分かった80代女性がデイサービス施設「アルフィック平井」(岡山市中区平井)の利用者と発表。 同日から19日まで休業して消毒を行い、他の利用者、社員にPCR検査を実施するとした。 対象は少なくとも約50人に上る見込み。

次の

新型コロナウイルスで影響を受けている事業者への融資等のご案内

コロナ ウイルス 岡山 市

岡山市は24日、市内の30代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 岡山県内での感染確認は5月11日以来44日ぶり。 再陽性を除き県内25人目、市内では16人目。 男性は16日に発熱があり病院を受診。 その後、味覚障害も出たためPCR検査し、23日に陽性が判明した。 現在は市内の医療機関に入院中。 味覚障害は残っているが、軽症という。 市によると、男性は4月から主にテレワークで働き、最近は海外や県外などにも出掛けていない。 市は市中感染の可能性もあるとみている。 仕事で書類の受け渡しがあった同僚1人を濃厚接触者としてPCR検査し、既に陰性が判明している。 記者会見で大森雅夫市長は「この1例で市内に感染がまん延しているとは考えにくい。 感染対策を徹底しながら消費拡大などに向かってもらいたい」と述べた。 男性は5月27日以降、在宅勤務しており、顧客との濃厚接触は確認されていないという。 現在は微熱が続き、医療機関で療養中。 同支店は24日、オフィスを一時閉鎖して消毒作業を行った。 男性と濃厚接触の可能性がある従業員は自宅待機とし、25日から店頭業務を再開する。 同社は「自治体や関係機関の指示に従い、社内外への感染拡大抑止に努める」としている。

次の