今までありがとう 幸せになってね。 第313号 気分でしているのではない

別れの時、「今までありがとう、元気でね、幸せになってね」と言う...

今までありがとう 幸せになってね

「ドラマチックであったとしても、嘘じゃないものを作りたい」 ーー葵を演じる上で「優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたい」というコメントが印象的でした。 石原:私自身、できない部分はあるのですが、どこまで相手の立場に立つのか、どう言葉を伝えるのかが大事になってくると思っています。 例えば、怒りを怒りのまま返すのではなくて、北風と太陽じゃないけど、暖かい方で気付かせたりする方が相手の心は変わりやすいというのは、経験としてもあって。 だから、相手を変えようとするよりも、自分自身がどう変わっていけばいいのかを考えるようにしています。 葵みどりには理想的な自分を少し投影できたり、こういう人になりたいというイメージを持って演じられたら幸せです。 ーーこのドラマを通して、世の中に伝えていきたいメッセージはありますか? 石原:「かかりつけ薬剤師」という言葉が浸透していないと聞いたので、広まったらいいなと思います。 それと、現実的には無理かもしれないけれど、カルテを全国統一して、このカードがあれば全国どこの病院に行っても、薬の処方から治療法、持病、飲んでる薬まで、それを読み取るだけで、その人の状態が全て分かるような仕組みができたらいいのにって。 震災のとき、『アンナチュラル』のときにも思ったことですが、遠い未来だとしても、そういう時代にいつかなったらいいなとは思うんです。 希望が溢れながらも、今はそうじゃないっていう現実もちゃんと伝える。 ドラマチックであったとしても、嘘じゃないものを作りたいです。 ーー現実をちゃんと伝えていきたいと。 石原:私、ドキュメンタリーとか対談モノがすごく好きなんです。 直接自分の目で物を見たり、人に会って話を聞いたり、インタビューのお仕事がすごく好きです。 ドキュメンタリーに関しても、インタビュアーの皆さんが自分のフィルターやカメラを通すにせよ、現実を100%伝えるということが正しいのかなと思っていました。 でも、それを直接受け取る人も、受け取らない場合もあって、100%のものを受け止めたくない人もいる。 実はドラマを通してとても現実的でリアルなものを描いていたというのは、私の中ですごく大事にしていることなんです。 大和田茉椰.

次の

今までありがとう。僕は女の子になる。

今までありがとう 幸せになってね

こんばんは。 パピーいしがみです。 2008年も始まって、いよいよ明日から仕事始め・・・。 と言われる方も多いと思います。 今日、ご紹介する内容は、のんちゃんさんです。 のんちゃんさんは、2人の娘さんのお母さん。 上の子は3歳。 でも、お母さんの言う事を全く聞かなかったそうで、平日、仕事でパパがいなくても「パパー」と大泣きする毎日。 「まあ、成長の段階なんだろう」と思ってはいたものの、お母さんはほとほと参っていたのです。 ところが、成長の段階?では無かったんですね。 それに気づいたのんちゃんさん、「これではいけない」と努力を始めます。 さあ、どんな変化があったのでしょうか? ココから・・・・ はじめまして、パピーいしがみさん。 ようやくメールを送ることができています。 ずっと、メールを送りたいと思っていたのですが・・・毎日夢の中でメールを送っていました(笑) はじめに、パピーいしがみさんに感謝です。 HP、そして講座にめぐり合い、今、私は幸せに子育てしています。 私は、3歳と10ヶ月の娘をもつ母親です。 たまたま、友人と一緒に遊んでいた時、いいHPがあるよ、と友人に言われ、帰って開いたことがきっかけでした。 そのころ、下に娘が生まれ、6ヶ月を過ぎ、動き回るようになって、とても手のかかる、でも、かわいさが出てきていた時でした。 上の子は、私の言うことを全く聞かず、パパがいないと、「パパに会いたい!」と大泣きする毎日で、私自身、上の子とうまくいっていないことを感じる、つらい日々でした。 その時は、「このパパっ子ぶりは、成長の段階なのだろう」と勝手に思っていたのですが、帰って、HPを読んでいた時、はっとしました。 そして、私の子育ての仕方が間違ってたんだと気づかされました。 私になかったもの・・・それは、ママの温かさ・・・「認める」「包む」ということでした。 それまで、私は、下の子に手がかかることを口実に、上の子には、何でも自分でやるように促していました。 もちろん、いろんな子育ての本に書いてあるように、褒めたりもしていましたが、怒ることも多かったのです。 そう、上の子が私に対して反抗したり、パパ大好きになっていたのは、私に『包まれる温かさ』がなかったから。 そう気づいたとき、涙が出てきました。 なんとひどいことをしていたのだろう・・・と。 なんてひどいママだったのだろう・・・と。 それから、私は、今までの子育ての仕方を変えました。 とにかく、笑顔で子供たちに接しました。 そして、子供たちと一緒に遊び、子供たちをハグし、子供たちのやっていることを否定しないで、何もかも肯定的に見るようにしました。 その日、あまりのママの変化に、上の子が戸惑いをみせました。 でも、ずっと続けているうちに、ママが気分でしているのではない、と気づいてくれたのか、上の子に笑顔が戻ってきました。 そして、「ママ、優しいから大好き!」って抱きついてくるようになりました!そのなんとうれしかったことか・・・。 そして、「パパ大好き!」の泣きはなくなったのです。 しかも、あれだけ渋々やっていた自分の身の回りのことを「自分でやる!」といい始め、やれるようになってきたんです! と、変化はそれだけじゃないんです。 旦那も、「最近のお前、俺、優しくて好きだよー!」って言ってくれたんです! しかも、仕事から帰ってきて疲れているだろうに、何も言わずに、家事の手伝いをしてくれたりするようになったんです。 たった一つ、心をいれかえただけなのに・・・。 ほんと、魔法にかかったように、今、私は幸せに子育てしています。 パピーいしがみさん、ありがとうございます! まだまだ、問題点はあるし、まだ器の大きなママ、とはいえませんが、少しずつ子供たちと成長していきたいと思っています。 昨日、CDをお願いしました。 これからも勉強していきたいと思っています。 長々しいメールに付き合っていただき、ありがとうございました。 ココまで・・・・ のんちゃんさん、メルマガへの掲載のご許可、ありがとうございます。 頂いたこのメールの中に、2つ、メルマガをお読みのあなたにお伝えしたい事があるんです。 1つは、ココです。 でも、ずっと続けているうちに、ママが気分でしているのではない、と気づいてくれたのか、上の子に笑顔が戻ってきました。 そして、「ママ、優しいから大好き!」って抱きついてくるようになりました!そのなんとうれしかったことか・・・。 子供達は、お母さんの印象が変わったことにすぐ気がつきます。 ところが、その変化をすぐに受け入れようとするのではなく、その変化はまず『戸惑い』となって現れるんですね。 私達は新しい事には躊躇するようにつくられている。 というお話をした事がありますね。 お母さんの決意によって作られる新しい雰囲気に「え?」と思うのです。 でも、その違った雰囲気が継続されることによって、その心地よさに満たされてきます。 そうなると、今度はその状態に安心をし、初めて心を開き、受け入れようとしだすのです。 私は、この「戸惑いを見せた」その後も、継続して頑張ったのんちゃんさんに、「よく続けてくださった。 偉かったな~」って思ったのですね。 継続できたのは、「気分でしているのではない!」という強い決意があったからだ、と思うのです。 これってすごく重要で、『決意や覚悟』を持たずに、テクニックだけを駆使しようとすると、私達にとって、それは大変なストレスになり、 そしてそのストレスは「こんなにやってやっているのに」という思いに変わり、次第に・・・「もうやめた」「どうせ私には・・・」になってしまうんです。 実は、ココで、諦めてしまう、という方はとっても多いのですね。 諦めれば当然、元に戻ります。 一度、改善しようとした事が元に戻ってしまえば、それは、子供にとっては「だまされた」という感覚と同じです。 一度「だまされた」という思いをしたら、どうでしょう?次は警戒しますよね。 そして「次はだまされないぞ」と思います。 何らかの問題行動を改善しようとして始めた事を「諦める」って「信頼」を裏切る事と同じで、とてもとても怖いことなんです。 だから『テクニックとしてやって欲しくない』と言うのですね。 でも、のんちゃんさんは継続されて、娘さんに笑顔が戻り、「ママ、優しいから大好き!」って抱きついてくるようになったとの事。 本当に良かったです。 それからお伝えしたい、もう1つは、ココです。 良かったですね~(^^)!! 今までも『善循環』という言葉を使ってもいますが、怒っている人や、人の批判ばかりしている人と一緒にいると、自分まで気分がめいってくるって事、とても多いです。 でも、喜びや笑顔の中に自分がいると、不思議と楽しくなりますよね。 お母さんと子供さんの関係が良くなると、家庭の中の雰囲気っていっぺんで明るくなります。 ご主人だってその雰囲気ってすぐに分かるんですね。 又、お母さんとお父さんが作る雰囲気も、子供達はすぐに察知するんです。 あ、わかりましたか?私が言いたいこと。 子供さんとお母さん。 お母さんとお父さん・・・。 お母さんって、家庭の太陽みたいな存在なんです。 『お母さんによって家庭は作られる』そう言い切ってしまって良いと思うほど、お母さんの存在って大きいと私は思っているんです。 だからこそ、お母さんに「幸せ」を感じて欲しいんですね。 最後にこの言葉で締めくくらせていただきます。 私にとっては、最大の賛辞です。 のんちゃんさん、嬉しいメールありがとうございました。 ご興味のある方はこちらをお読みください。

次の

みんなの幸せ祈ってます≧(´▽`)≦

今までありがとう 幸せになってね

どーも、どもども!! ついににおいても 感染者が出てしまいました💦 どこまで拡散していくのか、 いつになればピークを迎えるのか、 国民は不安な日々を送っております… お手上げの ごっちです。。 今日の小さな幸せ… それは、、、 お世話になった先輩と別れを交わし、暖かい言葉をいただいたこと!! 春は別れの季節。 3月31日、私がお世話になった先輩が 職場から去ることとなりました💦 そして、本日4月1日、 職場に先輩の姿はありません…💦 昨日まであった風景がそこにはない。 とても、とても寂しい。。 右も左も分からない私に 手取り足取り教えて下さった先輩。 あたふたして一人ポツンとしていた私に 優しく声をかけて下さった先輩。 仕事の枠を超え、 プライベートでも仲良くして下さった先輩。 先輩がいなかったら、今の私はない。 そう言っても過言ではないくらい、 それはそれは大変お世話になった先輩です。 そんな先輩の姿はもうありません。 昨日までの風景とは全く違います。 寂しさを紛らわそうと仕事に向かうものの、 仕事を当たり前のようにこなすことができるのは、 全ては先輩が教えてくれたからなんです!! 環境の変化に、心が押しつぶされそうです。 そんな先輩から本日メッセージが届きました。 いつも全てにおいて支えてくれてありがとうございました。 結婚して、守るものが増えましたね。 奥さんを大事にしてください。 本当に楽しいひと時でした。 先輩…最後の最後まで泣かせますね、、、 私が先輩に支えられていたと思っていましたが いつしか私も先輩を支える存在になっていたんですね。 そして、今の奥さんと結婚できたのも、 先輩にたくさん相談に乗ってもらえたからなんです。 私だって、、 心の底から楽しかったです!! でも、これで先輩と縁が切れるわけではありません! 今度はプライベートを中心に 旅行に行ったり、飲みに行ったり、遊んだり、 いろいろお世話になりますからね!! 先輩!! 今までありがとうございました!! 他人にとって、はっ?そんなこと? …と思うことが、 自分にとって幸せと感じることもある!! 本日の 幸せレベル90(Maxレベル100) 今日の小さな幸せが、明日の励みになる! 今日の小さな幸せが、明日の幸せに繋がる! 皆さんも、小さな幸せ探してみては? yugo1025y.

次の