流れ星 お願いの仕方。 流れ星に何をお願いしますか? : 附中NOW 令和より

流れ星に何をお願いしますか? : 附中NOW 令和より

流れ星 お願いの仕方

流れ星は宇宙空間のチリなどが、大気圏に突入した際の摩擦により発光する現象の事を指します。 流れ星と聞くと「流れ星が消える前に3回お願い事を唱えるとその願いが叶う」という言い伝えが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。 このように、日本では 流れ星は幸運の前兆だとされています。 また、キリスト教圏では 「流れ星は神が人間界の様子を覗き見した際にこぼれ落ちる天の光である」という伝説があり、中国やヨーロッパの一部では、「空の星は魂を表しており、流れ星は誰かの死を表している」と考えられています。 イスラム教では流れ星は 「悪魔に対する天使の光の矢」だとされており、世界中で古くから流れ星を見た時はスピリチュアル的に大きな意味があるとされてきたということがわかります。 流れ星は幸運の前兆だと言われていますが、どのような幸運を運んでくれるのでしょうか。 流れ星は見ようと思ってもなかなか見ることができない貴重な体験です。 見ることのできた人は、特別にラッキーだと言えるでしょう。 そのため、流れ星は個人的な幸運の前兆であるといえます。 では、具体的にはどのようないいことが起こる前兆なのでしょうか。 調べてみると、流れ星がもたらす幸運は以下のようなものが挙げられます。 妊娠する• 理想の相手と巡り合える• 悩みごとが解決する• 病気が治る• 臨時収入がある• 仕事運が上昇する• 長年の夢が叶う など 以上のように、流れ星を見たら個人的ないいことが起こる前兆だと言えるようです。

次の

【あつ森】流れ星の発生条件とメリット【あつまれどうぶつの森】

流れ星 お願いの仕方

流れ星に願いを込めて・・・・ 小説 **流れ星に願いを込めて・・・** 今日は11月12日・・・。 この日が別にどうとかではなかった。 その次の日だった。 11月13日は「流れ星」が見えるという・・・。 その「流れ星」を見ることは大変なことだった。 なかなか見ることができないからである。 「流れ星」はほんの一瞬見るのである。 その「流れ星」に「三回願いを言うと叶うと」と昔から言われている・・。 だからその星に願いを込めて・・・・。 お願いします、お星様・・。 」 いきなり快斗に誘われ戸惑う青子・・・。 快斗にとってはどうしても青子に来て欲しかった・・。 わがままかもしれないが・・・。 「どうする、青子?」 「今日じゃなきゃダメなの~・・・?」 「ダメ~!!」 その答えに青子は「困った顔」が余計困ってしまった・・。 青子は悩んだ末に、きめた。 「青子・・、行く!!!」 「大丈夫かよ・・?」 「うん、絶対に行く!!」 「・・じゃぁ、今日の夜迎えにいくからな!!」 「うん、待ってるからねvvvv」 そう約束し家まで送ってもらった青子は家の中に入りドアをそっと閉めて二階に上がっていった。 なぜかというと・・、父 銀三の問題であった。 そのことを考えると頭が痛くなってくる・・・。 お父さんを心配させるのはイヤでし、快斗といけないのはイヤだった。 「せっかく快斗誘ってくれたのに・・・。 どうしよう・・」 考えこんだままベットに顔を伏せてしまった。 (どうしたらいいの~!!!) バタバタしながらベットに寝ていたらその音が気になり、父が上がってきた。 「青子、なに騒いでるんだ?」 「あ、お、お父さん・・・?」 「バタバタと・・」 「それは・・・、って勝手に青子の部屋に入ってこない出よ~!!ノックぐらいしてよ~!!」 「悪かった、それは謝るよ・・。 」 「う~~~・・・」 困った顔をしながら父親の方を見る・・・。 「青子、今日どこかいくのか?」 「え、どこにも行かないよ?」 焦りながらも答える青子だった。 「わしは今日もKIDを捕まえに行きたいのだが、今日は予告状がきていない・・。 」 少ししぼんだ風船みたいになってしまった。 (今日は予告状がくるはずが無いよ・・。 だって快斗は青子と一緒にいるんだもん!!) 「青子、快斗君と出かけるのかい?」 「え、どうしてそんなこと知ってるの??・・・・。 あ・・・」 「そうなんだね、いったい何時に帰って来るんだ?」 「それは・・、きっと明日かな・・?」 「なぬー!!!明日だと~?!」 (まずかったかな~・・・) 大声を上げて青子に顔を近づける父銀三・・。 大切な娘が男に奪われる・・。 しかも、その男は青子の幼なじみの快斗ときた。 だんだん頭に血が上っていった。 顔が赤くなるのが分かる・・。 「お父さん・・、いいでしょ?」 「そんなの許すわけないだろ!!!」 「だって青子・・、快斗と一緒にいたいもん・・。 あんまり一緒にいる時間が少ないからいたいの・・。 お父さんにも心配かけたくないけど、だけど・・・」 下を向いたまま少し涙が出てきている瞳があった。 そんな青子の頭を撫でた・・。 「お父さん・・?」 「仕方がないよ・・。 おまえの泣いた所は見たくないからね・・。 だが、もし変なことがあったら必ずわしに言うんだぞ!!!その時はどんな事象があろうが別れてもらうぞ!!」 「ありがとう、お父さんvvv」 あやふやではあるが何とか許しを終えた青子だった。 そして待ちに待った夜がやってきた。 青子は外に出て快斗を待っていた。 向こうの方を見てみると走って来る人が一人・・・。 青子の顔を見ているとますます赤くなりそうでイヤだった。 その顔は凄く可愛かったから・・・。 恥ずかしながらも話し始める快斗・・。 「怖いでしょ?」 「オレの命ないよ、きっと・・」 そんな話題で盛り上がりながら丘の上の公園に着いた。 ベンチに座った。 「快斗、いったいここでいったい何を見るの?」 「見てからのお楽しみvvv」 それを聞いた青子は少しふくれた顔で向こうをむいてしまった。 そんな青子の機嫌を直すのに必死な快斗・・。 時間は流れていった。 「青子寒いからこれ着てな!!あと、ホットココア。 しかも甘口vv」 「ありがとう~vvv」 嬉しそうに飲む青子の姿を見てホッとした様な顔を見せた快斗。 青子はそんな快斗を見て訪ねた。 「どうしたの快斗?青子の方ばっかり見て・・・。 なんかついてる?」 恥ずかしいそうに快斗に問いかける。 「いや何もついてねーよ。 ただ・・、おまえに会えてよかったなって思っただけ・・」 「青子に会えて?」 「そう・・、おまえと会えたのはきっと奇跡としか言いようがなと思う。 空にある無数の星空にあるみたくその中で青子に出会えたなんてすげーなって思ったvv」 「そうだよね、凄いよね・・・」 それを聞き耳も顔も真っ赤になってしまった。 「青子、これからもずっと一緒にいようぜ?」 「うん!!約束vvv」 快斗は青子を優しく抱き込んだ。 そのとき、流れる星が見えた。 「あ、快斗!!流れ星だよ!!ほら!!」 「そうだな・・。 」 「もしかして青子にこれを見せるために?」 「そうだ。 おまえだけの特別なものだよ・・」 快斗を見たとき胸の高鳴りが消えることは無かった。 だからこんなに・・) 「大好きだよ快斗・・。 お願いします・・。 お星様・・。 そうでしょ?だってあなたと一緒なら何でも出来るような気がするから・。 無数の星に願いを込めて・・・。 「来年もまた来ようねvvv」 「星を見にか?」 「うんvvv」 ______________________ これはmikuzi様のリクエストですvvv いつみても下手くそです・・・・。 でも今回のリクは好きですvvv 流れ星は初めて書くお話だったので・・・。 凄く自分では気に入っていますvvv だって一途に星に願いを込めることは凄く素敵なことだから・・・。

次の

【願望実現】なぜ流れ星に願い事をすると、願いが叶ってしまうのか?

流れ星 お願いの仕方

会いたい、でも会えない。 そんな気持ちを抱えながら、年越しの夜を過ごしていた。 ゴーン…。 静かな夜に響く除夜の鐘の音。 目を閉じ、静かにその音に耳を澄ます。 「夜はやはり寒いですね。 」 はぁーっと、吐く白い息。 悴む指を擦り合わせて、少しでも暖を取ろうとその息を吹き掛ける。 そして顔を上げ、夜空に浮かぶ星達を再び眺め始めた。 「翔」 いつだって、想い描く人は、呟く名前は彼しかいない。 病気持ちだった彼は、今外国に渡り手術とリハビリを受けている。 『寂しい』などと弱音を吐くつもりは無いのだけれど、こうして一人静かな時を過ごしている時はそんな言葉も口にしてしまいそうになる。 『あ!流れ星!!これを見つけたら、願い事しとかねーとな!ほら、トキヤも一様な?』 いつの日か言われた彼の言葉をふっと思い出した。 流れ星が願いを叶えてくれるだなんて、そんな迷信は信じてはないけれど。 トキヤは目を閉じ、両手を合わせ祈るように願いを掛ける。 彼が元気な姿で戻ってきてくれますように、と。 自分の力では叶えられない願い、こんな願いを持つようになるなんて、昔の自分では想像もしなかっただろう。 顔は勿論、耳まで真っ赤にしながら。 「着信?」 突然鳴り始めた携帯をポケットから取り出すと、画面に表示された名前にその目を丸くした。 『だーれだ。 よかった。 」 その言葉を聞けただけで幸せになる。 嬉しいと心から思い、翔のことが好きで好きで仕方がないということと嬉しさで涙が溢れてきた。 』 そういえば、電話の向こうで戸惑ってる声が聞こえる。 流石に困らせてしまったか。 でも、それでも本人にこの言葉は伝えたかったのだ。 「すみません、困らせてしまいますよね。 けれど、この言葉は貴方に言いたかった。 流れ星でも、他の誰かでもなく。 貴方に。 」 『そっか。 でも、俺もトキヤに会えなくて、本当に寂しい。 』 「翔、すみません。 」 そう、翔も翔で寂しい思いをしていた。 しかも翔は病気と一人で戦うことになった。 そんな時、側に居てあげられないというのは、自分でも悔しくて、ずっと後悔をしていた。 『はは、大丈夫。 お前は悪くないしさ。 それよりそのだから、な。 実は帰ってきちゃったんだよな。 一刻も早く。 急いでバルコニーから部屋に戻って外に出なければ、と慌て始めるトキヤに翔は電話の向こうでくすくすと笑う。 『はは、慌てんなよ。 それは、どうやら、携帯の明かりのようで暗がりではあるがトキヤが今一番会いたい彼の姿が目に映った。 「え、あ。 」 『トキヤは、俺のこと嫌いになったか? 』 とても不安げなその声に、トキヤは数回首を横に振る。 」 一つ違うとすれば、あの時は自分から告白をしていて、順番が逆であり翔の真似をしなかったということ。 でも、今回はそれでいいと思った。 あの頃よりもずっとずっと、翔のことを好きだと感じているから。 世界で一番、好きだと自分自身もそう言いたいとそう思ったから。 『トキヤ、たく、お前ってほんと可愛いよな?』 「ふふ、もう。 私は男ですよ。 」 『へへ!よーし!待ってろ?今そっち行く。 』 「え、行くって?!まさか。 また落ちますよ??」 そう言って、この木を登ってきた1年前も着地を失敗していた。 相変わらず過ぎる翔の行動力にオロオロしていると、直ぐに強気な言葉が返ってきた。 全く、貴方という人は。 分かりました、必ず受け止めますから、だからなるべく早く登ってきてくださいね。 」 『おう!後のことはお前に任せるからな!』 全く、そう呆れながらも 翔を受け止めるのは自分でなければ嫌だ、なんて。 そして今は、強く抱きしめたい。 器用にどんどん登ってくる翔を心配しながらも嬉しそうに見つめる。 そして、ちょうどいい高さまで登れば、翔はそこから頼んだぜ?いち、に、のさん!という掛け声とともにバルコニーへとジャンプした。 「トキヤ!!ただいま!!」 ザンっ!! 「しょ、翔!;」 こちらへと落ちてくる翔の身体を両手一杯に広げ、しっかりと受け止める。 ちゃんと受け止めることができて安心すると同時に、腕の中にある確かな温もりを優しくぎゅっと抱きしめた。 「お帰りなさい。 」 「おう!ただいま。 」 髪を優しく撫でられ、あぁこの手だと。 懐かしかったモノが現実へと変わっていく。 さっきまであんなに遠いと、離れていると思っていた翔の顔が、少し下を向くだけでとても近くて。 とっても幸せだと涙がまた、溢れていく。 「泣き虫だな?お前。 」 「翔こそ、泣いてるではないですか。 」 お互い、そんなことを言い合いながら最後はふふっと微笑みあう。 さぁ、今夜はお互いこの星が見えなくなるまで語り合おう。 ずっと話せなかったこの1年分を取り戻そう。 そして、飽きるくらい好きってお互い伝え合おう。 沢山の障害を飛び越えて、僕達はやっとこうして一緒にいられる様になったのだから。 end.

次の