米国 株価 先物。 株価指数先物【引け後コメント】米国市場の下落を想定したショート戦略に

サウジアラビア問題も加わり、米国株価指数先物が下落 執筆: img.directresponse.net

米国 株価 先物

「米年金リバランスや雇用統計など警戒、短期的なショート戦略に向かいやすい」 今週の日経225先物は、足元での保ち合いレンジ内(2万2000~2万2700円レベル)での推移が続く可能性が高そうだ。 ただ、米国における新型コロナウイルス感染者数の増加や、米年金による四半期リバランスによる需給要因、さらには米雇用統計といった重要指標の発表を控えていることを鑑みると、レンジ下限レベルから200日移動平均線が位置する2万1800円辺りが意識される相場展開になりそうである。 26日の米国市場では、 NYダウ、 ナスダック、S&P500などの主要株価指数が大幅に下落した。 NYダウは2. 84%の下落となり、一時2万5000ドルを割り込む場面もみられた。 NYダウは6月半ばに付けた直近安値水準まで下げてきており、この水準を割り込んでくるとチャート形状が悪化する。 また、S&P500が200日移動平均線を僅かに割り込んできたほか、高値更新をみせていたナスダックも支持線として機能している25日移動平均線まで調整している。 いずれも足元での転換ポイントまで調整してきているため、日本市場も米国市場の動向に大きく振らされる可能性が高い。 そのため、日中においてもグローベックスのNYダウ先物の推移に神経質にならざるを得ないだろう。 26日の米国市場については、下落要因が2つある。 1つは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていること、2つめは前日に金融セクターが買われた巻き戻しである。 米国では1日当たりの新型コロナウイルス感染件数が約2カ月ぶりに過去最多を更新している。 感染拡大は再び勢いづいており、経済の段階的再開が一部の州でストップしている。 新型コロナ感染の再拡大が景気回復を鈍らせるとの懸念が強まっており、これが最大の重荷となる。 一方で、ニューヨーク市では7月6日より第3段階の事業再開に移行する予定である。 事業活動再開といったニュースヘッドラインなどにはポジティブに反応しやすいこともあり、ショートポジションも積み上げづらいところだ。 また、金融セクターが買われた巻き戻しについては、前日に米監督当局が金融危機後に導入したボルカー・ルールの一部緩和を認めたことを受けて金融株を中心に買われていた。 しかし、取引終了後には米連邦準備制度理事会(FRB)が、米主要銀行に対し少なくとも7-9月(第3四半期)まで増配や自社株買い再開の禁止を指示しており、26日の米国市場ではこれが嫌気される中で、巻き戻しの流れとなった。 ただ、米金融株については、FRBの発表を受けて既に時間外で売られていたこともあり、織り込み済みの面はある。 そのため、週明けはシカゴ先物清算値(2万2245円)にサヤ寄せする形から売りが先行することになろうが、売り直される流れにはならないだろう。 需給面では、月末には米国年金による四半期リバランスが行われる。 S&P500の上昇率をみても、株のパフォーマンスが強かったことから相当数の株売りが出てくると予想されている。 リバランスに伴う売りが主要指数を押し下げる形となり、チャート形状を悪化させる可能性も意識され、週前半は手掛けづらくさせるだろう。 そのため、日経225先物においては、レンジ内での推移ではあるが、戻り売りといった短期的なショート戦略に向かいやすい。 リバランスも一服した7月から再び相場観を見直す流れとなりそうだ。 米国では7月1日に6月ADP雇用統計、2日には6月雇用統計の発表がある。 雇用統計は本来、週末発表となるが、独立記念日となる7月4日が土曜日のため、3日の金曜日が振替祝日となる。 そのため、雇用統計の発表が2日に繰り上がっており、日本においては週末3日の売買に影響を与える。 さらに海外勢は祝日の影響から参加者が限られるため、薄商いの中を短期筋による売り仕掛け的な売買に振らされやすくなる。 オーバーウイークでポジションを持ちにくいことを考えると、日中において荒い値動きが意識されやすいところであろう。 46 TOPIX 1550. 5 1579. 5 1566. 5 1572. 0 6月25日日中 1561. 5 1568. 5 1552. 0 1557. 5 -17. 5 6月24日日中 1583. 0 1584. 0 1572. 0 1575. 0 -11. 5 6月23日日中 1587. 5 1596. 0 1565. 5 1586. 0 6月22日日中 1571. 0 1584. 0 1568. 0 1572. 5 -13. 5 6月19日日中 1586. 5 1588. 0 1571. 0 1586. 0 6月18日日中 1577. 0 1583. 0 1562. 5 1572. 0 -19. 0 6月17日日中 1584. 5 1591. 0 1573. 0 1591. 0 6月16日日中 1564. 5 1594. 5 1557. 5 1582. 0 6月15日日中 1550. 0 1570. 5 1517. 0 1521. 0 -38.

次の

【GW明け】明日の日経平均株価を予想しよう。ダウ先物は微上げ、為替は円高気味

米国 株価 先物

大証9月限 日経225 22220 -240 (-1. 06%) TOPIX 1557. 5 -17. 5 (-1. 11%) 日経225先物は、前日比240円安(-1. 06%)の2万2220円で取引を終了。 新型コロナウイルス感染拡大が嫌気された米国市場下落の影響により、前日比250円安の2万2210円とシカゴ先物清算値(2万2225円)にサヤ寄せする形でのギャップスタートとなった。 売り一巡後は2万2360円まで下げ幅を縮めていたが、前場半ば以降、グローベックスのNYダウ先物の下げに連動する形で下げ幅を拡大。 前引け間際には2万2090円まで値を下げている。 日銀のETF買い入れへの思惑から後場は下げ渋る形とはなったが、今晩の米国市場の下げが警戒される中、戻りの鈍い展開となった。 グローベックスのNYダウ先物は現時点で280ドルを超える下落で推移しており、ナイトセッションでショートの動きが強まりそうである。 節目の2万2000円を下回ってくるようだと、下へのバイアスが強まる可能性には警戒しておきたい。 また、米国は月末に年金のリバランスを控えている。 売り需要によって月末に向けては調整が見込まれていることもあり、この点も注視しておく必要があるだろう。 一方で、本日のセクターの動向をみると、空運や不動産など、新型コロナ感染拡大で影響を受けていた業種の弱さが目立っていた。 一方でテクノロジー株の一角は底堅い値動きをみせており、グロース株優位の状況は変わらず。 2万2000円割れの場面では日経225先物買い、ヘッジでTOPIX先物売りでの裁定が働きそうである。 手口面では大きな傾きはなく、日経225先物では、野村が930枚程度の売り越しとなっており、レバETFの調整に伴う動きとみられる。 買い越しでは、ゴールドマンが870枚程度となった。 また、TOPIX先物では、大和が4500超買い越しており、日銀のETF買い入れに伴う売買と観測される。 株探ニュース• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

株価指数先物

米国 株価 先物

大証9月限 日経225 22220 -240 (-1. 06%) TOPIX 1557. 5 -17. 5 (-1. 11%) 日経225先物は、前日比240円安(-1. 06%)の2万2220円で取引を終了。 新型コロナウイルス感染拡大が嫌気された米国市場下落の影響により、前日比250円安の2万2210円とシカゴ先物清算値(2万2225円)にサヤ寄せする形でのギャップスタートとなった。 売り一巡後は2万2360円まで下げ幅を縮めていたが、前場半ば以降、グローベックスのNYダウ先物の下げに連動する形で下げ幅を拡大。 前引け間際には2万2090円まで値を下げている。 日銀のETF買い入れへの思惑から後場は下げ渋る形とはなったが、今晩の米国市場の下げが警戒される中、戻りの鈍い展開となった。 グローベックスのNYダウ先物は現時点で280ドルを超える下落で推移しており、ナイトセッションでショートの動きが強まりそうである。 節目の2万2000円を下回ってくるようだと、下へのバイアスが強まる可能性には警戒しておきたい。 また、米国は月末に年金のリバランスを控えている。 売り需要によって月末に向けては調整が見込まれていることもあり、この点も注視しておく必要があるだろう。 一方で、本日のセクターの動向をみると、空運や不動産など、新型コロナ感染拡大で影響を受けていた業種の弱さが目立っていた。 一方でテクノロジー株の一角は底堅い値動きをみせており、グロース株優位の状況は変わらず。 2万2000円割れの場面では日経225先物買い、ヘッジでTOPIX先物売りでの裁定が働きそうである。 手口面では大きな傾きはなく、日経225先物では、野村が930枚程度の売り越しとなっており、レバETFの調整に伴う動きとみられる。 買い越しでは、ゴールドマンが870枚程度となった。 また、TOPIX先物では、大和が4500超買い越しており、日銀のETF買い入れに伴う売買と観測される。 株探ニュース• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の