ソレハラ。 「それはセクハラ」「パワハラになります」 匿名メールで相手に通知「ソレハラ」

セクハラにパワハラ、いいかげんにして! 匿名メールで「それ、ハラスメントです」: J

ソレハラ

連日のようにテレビやネットニュースを騒がせる「ハラスメント」にまつわる問題。 セクハラ、パワハラといった定番から、最近では酒の席での「アルコールハラスメント(アルハラ)」や、言葉や態度で精神的にダメージを与える「モラルハラスメント(モラハラ)」など、多種多様な訴えが日々生まれている。 その情勢を受けてか、Webサービスの開発や運用を手がける株式会社Quaerere(クアレレ)が、ハラスメント代理通知サービスとなる 「ソレハラ」を開始した。 登録不要、匿名でハラスメントを訴えられる ソレハラは会員登録不要で、すぐに使うことができる。 ソレハラのサイトから、ハラスメントの種類、受けたダメージの程度、相手方の連絡先メールアドレスを入力するだけだ。 早速、使ってみた。 まずはセクハラ、パワハラなど、受けたハラスメントを選ぶ。 次に「ハラスメントのレベル」を選ぶ。 カチンときたくらいの「おこレベル」から、世の中の耳目を集めてしまうかもしれない「裁判/告発レベル」まで、5段階が用意されている。 告発したい相手のメールアドレスと指名を入力する。 氏名は、告知メールにも表記されるため、誤りがないようにしたい。 自分しか呼んでいないようなあだ名を使うと身元が割れる可能性があるので注意だ。 メールを送る送信時間を「今すぐ」から「2ヶ月後」まで6パターンから選ぶ。 セクハラを受けてから通告するまでに時間差を設けることで、通告者の匿名性を上げる狙いがあるようだ。 すべて入力できたらプレビューを確認して…… 送信完了だ。 なお、送信すると、次回訪問時に相手からのリアクションを確認できる画面が設けられる。 加害者側からリアクションもできる ハラスメントを通告すると、送信先のメールアドレスにソレハラからメールが届く。 届くアドレスが「neko sorehara. com」なので、ともすると会社内のセキュリティサービスによっては迷惑メールなどに振り分けられないか、すこし心配ではある。 今回試してみたところ、筆者のフリーメール(Gmail)には通常通りに届いた。 メールを開くと、ソレハラからの通知内容が表示される。 今回は「おこレベル」を選んだが、文面には「もしかしたらセクハラをしているとの目撃情報が入りました」と伝聞体で書かれていた。 つまり、ハラスメントを受けた当事者からではなく、それを見た取り巻きからの通告という体をとっている。 当事者にしないのは、通告者の特定を避けるためだろう。 ソレハラのサイト上でも「見過ごせないと感じたら」という一文があり、周囲からの通告も推し進める表現が用いられていた。 メールには、「セクハラをしている恐れがあります」との表記と共に、「反省している」「こちらに非はない」と選べるボタンが設けられている。 いずれかを押すと、メールの送り主に対してリアクションできる画面に遷移する。 メールの送り主に対してのコメントと、告知をしてくれたことへの感想を選べる。 世代や上下関係を超えてハラスメントを教えるきっかけに セクハラを告知した相手がリアクションすると、ソレハラのサイトトップにある「受信者の反応を確認」ボタンから飛べる「ソレハラメモリ」に、その結果が表示されるようになる。 結果を開くと、相手がどのような態度をもって返答したのかがわかる。 ソレハラの開発経緯について、Quaerere代表取締役の吉田樹生さんは、下記のように説明している。 」と笑いながら言われたことがありました。 ハラスメント行為は、該当するかどうかがハラスメントを受ける側の価値観に委ねられます。 行う側は、実は普段の「当たり前・普通」と思っている言動が相手にとっては嫌がらせに感じるという場合が多くあります。 「どこまでがハラスメント行為なのか」を世代や上下関係の壁を超えて教え合うことで、被害者・加害者・会社が最悪な事態に陥るのを防げるのではないかという思いで、サービスの提供に至りました。 また、セクハラを受ける側が対面で伝えることが難しい、勇気がでないという人もいるだろう。 溜まったストレスから体調を崩してしまったり、エスカレートが過ぎたゆえに訴訟や裁判に発展したりする事例も起きる。 ソレハラはハラスメントのすべてを解消する魔法のサービスではないが、「声をあげにくい人々」の背中を押し、状況を変えるかもしれない一歩にはなるだろう。 加害者は通告を顧みて、通告者の詮索よりも自己の見直しに励んでもらいたいところだ。 闇のつらみ.

次の

セクハラ/パワハラの匿名通告サービス「ソレハラ」 裁判になる前に…

ソレハラ

仕事を効率化するサービス9選 1. Sunsama Sunsamaとは、カレンダー上で仕事のタスク管理ができるオンラインサービスです。 Sunsamaでは、スケジュール管理をするだけではなく仕事内容のタスク管理まで、看板式のUIで見やすく表示することができます。 また、Googleアカウントでログインするだけで使うことができるので、普段使っているグーグルカレンダーでそのままタスク管理を行えるのも便利。 仕事でマネジメントを行っている方やチーム体制の方に、Sunsamaを使うと便利にタスク管理できるでしょう。 Cassette Casseteとは、自動文章化機能を備えた音声録音サービスです。 魅力は何といっても、録音した議事録などを全て文章化することができること。 また、重要な内容など大切な部分はマーカーやブックマーク機能でまとめられる点。 Casseteを活用することで、議事録を書く必要がなくなります。 したがって、より効率的に会議内容をまとめることが可能になります。 Trickle Trickleとは、趣味やジャンルごとに分けてアイデアを書きとめられるサービスです。 Trickleでは自分のまとめたアイデア内容を、SNS感覚でユーザー同士共有することもできます。 自分のアイデアを整理するだけではなく、他のユーザーに意見を見たり返信をもらえることで、自身の考えをより深められるサービスになります。 MOSH MOSHとは、個人のプロフィールや予約ページなど、ホームページを簡単に作成することができるサービスです。 「ホームページを作成したいけど、知識や技術がない…」 そんな方でもMOSHを使うことで簡単にページを作成できます。 簡単にページを作成することで、仕事の依頼を獲得することが容易になるため、様々な人に注目されました。 Vein Veinとは、会社内やグループなどチーム体制の方に便利な情報共有サービスです。 VeinはChromeの拡張機能やアプリから気軽に情報共有することができ、仕事内容だけでなく、社内のコミュニケーション手段としても活用されています。 チーム体制で仕事をしている方や、コミュニケーションツールとして非常に便利なことから、様々な人に注目されるサービスとなりました。 myBridge myBridgeとは、LINEによって開発された名刺管理アプリです。 魅力と言うと、スマホで名刺を撮影するだけで情報を読み取りデータ管理できることや、着信時に相手情報の表示。 名刺検索までできるため、名刺管理を非常に効率化することができます。 無料で気軽の使えることからも、ビジネスマン必見のサービスと言えるでしょう。 meeemo メェーモ メェーモとは、仕事のメモやアイデアなどをオンライン上で共有できるサービスです。 ユーザーは共有したい情報を、メモや付箋感覚で気軽に共有することができます。 チーム体制で作業をする方に、ブレストや掲示板として活用しやすいと2018年話題となりました。 UIがよく、操作しやすいといった評判があることからも、これから様々な場面で活用が期待されるでしょう。 yagish(ヤギッシュ) ヤギッシュとは、ブラウザ上で簡単に履歴書の作成ができる無料サービスです。 アルバイトや転職、パート用などユーザーに合わせた6つのフォーマットが用意されており、データを入力するだけで簡単に履歴書が作成されます。 履歴書の書き方がわからない方や、効率よく作成したい方におすすめできる便利なサービスでしょう。 Asales Asalesとは、営業でなぜ「売れなかったのか・売れなかったのか」をAIが分析してくれるサービスです。 現代社会で会社が生き抜くためには、常に結果を残すことが大切です。 Asalesはそんな売り上げに関し、社内定性データの理解や、顧客・業界動向の収集を元に、営業の分析を行います。 これからの時代を生き抜く起業家や、ベンチャー企業に携わる人などにおすすめできるサービスでしょう。 サービスを作る側を目指す デザインをサポートするサービス8選 1. Cocoda Cocodaとは、UIデザイナーのために考案されたオンライン学習サービスです。 Cocodaでの学習方法は、架空の依頼に対してユーザー自身が考えデザインを作るというものです。 カリキュラムによる学習ではないので、依頼によって自分なりの考えや技術を育むことができます。 したがってCocodaを使うことで、UIデザインの基礎知識を網羅できるでしょう。 POMU. ME(ポムミー) ポムミーとは、自分の紹介したいSNSアカウントをひとまとめにプロフィールが作れるサービスです。 好みのデザインからボタンやカラーを選び、様々なSNSアカウントや自己紹介文を簡単に作成できることから、若者を中心に人気となりました。 SNS受けの良い個性的なプロフィールを作りたい方に、おすすめできるサービスでしょう。 Squoosh Squooshとは、Googleが開発したWeb上で使える無料画像圧縮サービスです。 圧縮したい画像をドラッグ&ドロップで気軽にできるシンプルさも、使いやすいと話題になっています。 また、圧縮だけでなく画像の色数調整やリサイズ機能もあり便利です。 Squoosh一つで様々な画像の変換・圧縮ができる点、様々なユーザーに人気のサービスとなっています。 Skeb(スケブ) スケブとは、Web上で有料のイラストやデザインの作成を依頼できるサービスです。 依頼者は作成して欲しいデザインを140字で説明し金額を設定するだけで、依頼を受けたクリエイターが案件を引き受けます。 スケブは100以上の言語にも対応しており、これからも世界的に広がる可能性のあるサービスでしょう。 ためしがき ためしがきとは、誰でも簡単にフリーフォントを探せるサービスです。 使い方は非常に簡単で、検索エンジンに文字を入力するだけで様々なフォントが表示されます。 好きなフォントを見つけたら、クリックするだけでダウンロードページまで進めます。 69種類ものフリーフォントを比較しながら探せる点が、非常に魅力的なサービスでしょう。 VRoid VRoidとは、誰でも無料で3Dデザインが作成できるサービスです。 Mac、Windows両者でも使えるアプリとして開発され、ペンツールを使ってテンプレのキャラクターをデザインできるのが魅力的です。 また、無料で使えることからも特別な知識が必要なく、3Dデザインを作れる点で2018年話題のサービスとなりました。 RADiCAL RADiCALとは、スマートフォンで撮影した動画を元に、簡単にモーションキャプチャを作れるサービスです。 モーションキャプチャとは、実物の動きをデジタルに変換する技術のことです。 本来、モーションキャプチャを作るためには特別な技術や機材が必要ですが、RADiCAL専用のアプリを使うことで誰でも簡単にモーションキャプチャを作成でます。 VRや3D技術に注目が集まっていることからも、2018年そしてこれからも注目されるサービスでしょう。 月文字ジェネレーター 月文字ジェネレータとは、月形の絵文字を使ってユニークな文章を作成できるサービスです。 非常にユニークで目を魅く効果があるので、YouTubeのコメント欄でもよく使われるなど話題となりました。 月文字ジェネレータでは、文章を入力し、文字の大きさや幅、色を選択するだけで誰でも簡単に作成することができます。 〇〇代行サービス3選 1. EXIT EXITとは、退職の際に必要な手続きを代行してくれるサービスです。 4万〜5万程の相場報酬を振り込めば、すぐに会社へ退職の連絡から手続きまでの全てを代行してもらえます。 「退職したいが、社員とのコミュニケーションや手続きが面倒だ…」 という方に、EXITを利用すれば退職までの全てを丸投げ。 会社とは一切連絡する必要なく退職を完了することができます。 このような手軽さから、2018年EXITは退職希望者に注目され依頼が殺到しました。 退職希望があり、手続きを面倒に感じている方におすすめできるサービスでしょう。 トリクル トリクルとは、売りたい物を出品代行してもらえるサービスです。 引越しなど、必要のなくなった家具をスタッフが自宅まで回収に来てもらえ、出品を代行してもらえます。 また、トリクルでのサービスは24時間体制で対応可能なため、忙しい方や夜間引越しをしたい方にもおすすめなサービスでしょう。 FREENANCE(フリーナンス) フリーナンスとは、フリーランスの方のために作られた収納代行・即日払いサービスです。 フリーナンスに登録することで、お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償や、即日払いを可能にします。 フリーランスでは、補償が乏しく自己責任とされる場合が多いですが、フリーナンスを使うことで、より安心して仕事をすることができるでしょう。 シェアリングエコノミーなサービス4選 1. Totte(トッテ) トッテとは、カメラなどの撮影機器をシェアできるサービスです。 最近では、SNSでの写真投稿に人気が高まった背景からも、カメラやドローンなど撮影機材にも注目が集まっています。 カメラなどの撮影機材を持っているが使っていない方や、旅行など期間限定で借りたい人を結びつけるサービスとして2018年人気となりました。 シェア畑 シェア畑とは、畑など空いた土地や農業機材の貸し出しができるシェアサービスです。 近年、土地が余っていることや農業従事者の現象などの背景から、農地の有効活用が注目されています。 シェア畑では、農地を借りられるだけでなく、農業体験や田舎暮らしの醍醐味としても活用されています。 土地が余っている方や、農業に興味がある方におすすめできるサービスですね。 nyatching nyatchingとは、飼い猫をご近所同士でシッターできるシェアサービスです。 旅行などで家を長期空ける必要のある方に、ペットホテルなどがよく使われていますが、最近では猫を預けたい人と引き受けたい人をマッチングできるサービスも人気となっています。 nyatchingでは登録したユーザー同士、近所で猫を預けられる家庭を気軽に探せるため人気となっています。 現在では、福岡市でのみ展開されているサービスですが、福岡市にお住いの方で猫を飼っている方におすすめできるサービスでしょう。 TABETE 「フードロス」削減のためのWebプラットフォームTABETE(たべて) フードロスが発生した店舗と、安くでごはんを食べたいユーザーをマッチング。 お店よし、食べてよし、地球にもよし、の三方よしのサービス。 素敵この上ありません。 早く流行って欲しいですね。 まだ、あまり大衆にとってメジャーではないですが、時間の問題で導入店舗も増えそうです。 日本の食料廃棄の問題が解決される日も、このサービスによって実現されそうですね…! マッチングサービス4選 1. ANGEL PORT(エンジェルポート) エンジェルポートとは、エンジェル投資家と起業家とを結びつけるマッチングサービスです。 エンジェル投資家とは、創業間もない企業に資金援助し、株主となる人のことを指します。 近年ではエンジェル投資家と起業家で考えの違いなどトラブルが絶えないことからも、両者の問題を解決するためにエンジェルポートが作られました。 このアプリを活用することで、エンジェル投資家は起業家の情報を収集することができ、起業家にとってもマッチングにより資金調達までの可能性を広げることができます。 企業や投資を考えている方におすすめできるサービスでしょう。 MENTA(メンタ) メンタとは、メンターになりたい人と、アドバイスが欲しい人(メンティ)を結ぶマッチングサービスです。 得意なことが一つでもあればメンターとなり、アドバイスが欲しいユーザーに教えることができる非常に優れた学習アプリです。 メンターになれば、メンティから報酬を受け取ることもできます。 なので、特別なスキルを持っている人はMENTAに登録しておくことで、人助けをしながら報酬を得ることができるでしょう。 CraftBank(クラフトバンク) クラフトバンクとは、大工や職人の方に仕事を依頼できるマッチングサービスです。 近年、DIYやリフォームが流行っている背景からも、大工の方や職人の方に気軽に仕事の依頼ができるサービスとして人気となっています。 住宅関係のトラブルを抱えている方や、オリジナルの家具などを作成して欲しいという方におすすめできるサービスでしょう。 ガクセイハンター ガクセイハンターは、日本最大級の学生限定チーム副業プラットフォームです。 隙間時間を利用して、ガクセイハンターに掲載されている案件を学生が取り組むことができます。 バイトルを運営する株式会社ディップが運営するので、求人実績があって安心ですね。 チームを作ることも、参加することも可能です。 このサービスによって、フランクに学生が仕事を作れるようになると良いですね。 サービスを作る側を目指す 動画配信にまつわるサービス5選 1. YouTube Premium YouTube premiumとは、無料動画配信サービスYouTubeが開始した有料会員サービスです。 月額1180円で、• 広告の非表示• バックグラウンド再生• オフライン再生 など、YouTubeの動画の機能性が満載です。 普段YouTubeで動画をよく見るユーザーにとっては便利なサービスと言えるでしょう。 最初の3ヶ月は無料で使えますので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。 YouTube Music YouTube Musicとは、無料動画配信サービスYouTubeが新たに開始した音楽配信サービスです。 YouTube上にある様々なアーティストのミュージックビデオを鑑賞したり、画面をオフにして音楽を再生したりすることができます。 好きな曲のみをリスト化することもできるので、普段YouTubeで音楽を聞く方におすすめできるサービスでしょう。 SUGAR(シュガー) シュガーとは、芸能人やアーティストなどの有名人のライブ動画配信サービスです。 シュガーの魅力は何と言っても、配信者からランダムにLINE電話がかかってくる可能性があることでしょう。 現在では、ONE OK ROCKのTakaやメンタリストDaiGo。 俳優の佐藤健などテレビで見かけるあの有名人とコミュニケーションが取れます。 有名人の配信をリアルタイムでみることができるので、ファンの方にとっては嬉しいアプリでしょう。 ami amiとは、起業家が配信するサービスです。 起業家の配信する動画をリアルタイムで見聞きすることができるため、起業家にとってはファンを増やすことができ、見ている人にとっても勉強になるサービスでしょう。 起業家になりたい人や応援したい人におすすめできるサービスです。 エモモ エモモとは、誰でも気軽に動画配信者やゲーム実況者になれるサービスです。 アプリをダウンロードするだけで、スマホ一台で簡単にライブ配信がきると話題になっています。 エモモでは動画配信の際にオリジナルキャラクターを利用することができる点、キャッチーで人気の理由でしょう。 動画配信やゲーム実況を気軽にしてみたいという方に、おすすめできるサービスでしょう。 ライフスタイルサービス6選 1. LINE家計簿 LINE家計簿とは、LINEが始めた家計簿・資産管理サービスです。 このアプリ一つで、• クレジットカード• 銀行管理• レシート計算 など、気軽に資産管理ができる手軽さが話題となりました。 節約家の方や、資産管理を効率化したい方にとっておすすめできるサービスでしょう。 POTLUCK(ポットラック) ポットラックとは、月額制で様々なお店のランチをテイクアウトできるサービスです。 首都圏のサラリーマンなど、ランチタイムにお店が混雑してしまうことから、気軽にテイクアウトできるサービスの人気が高まっています。 利用頻度に応じて月額を払うことで、様々なお店のランチが気軽に選べるので、サラリーマンやオフィスでの勤務の方に便利なサービスでしょう。 MogMog(もぐもぐ) もぐもぐとは、メニューごとに店の検索ができるサービスです。 従来では、店名やイタリアン・中華などの大枠でしかお店を探せませんでしたが、もぐもぐでは「カツ丼」のように食べたい料理ピンポイントでお店を探すことができます。 究極の一品を探し求めたいグルメの方に、おすすめできるサービスでしょう。 CLAS(クラス) クラスとは、家具を月額でレンタルできるサービスです。 引越しなど、生活拠点を移す上で家具の輸送や買い換えにはどうしてもコストがかかります。 クラスでは、転勤などで引越しの多い人に向け、家具を月額利用できるレンタルサービスを行なっています。 転勤の多い人や、家具を頻繁に買い換える人にとっておすすめのサービスでしょう。 FILM MATCHING(フィルムマッチング) フィルムマッチングとは、夫婦で見たい映画を探せるサービスです。 3つのキーワードと一枚の画像から、夫婦で見るオススメの映画を選定してもらえます。 夫婦で映画間でのコミュニケーションを大切にしたい方に、おすすめできるサービスでしょう。 TSUTAYA AI TSUTAYA AIとは、AIとビックデータの力によっておすすめの映画を探せるサービスです。 ツイッターと連動しており、アカウントを入力することで過去のツイートなどを人工知能が解析し、おすすめの作品を探します。 TSUTAYA AIを試した方の多くが、意外といい映画が見つけられたと評判になったサービスです。 サービスを作る側を目指す 旅行を豊かにするサービス3選 1. Deaps(ディープス) ディープスとは、AIが考案してくれる観光ガイドサービスです。 定番スポットだけでなく、知る人ぞ知るマニアックなスポットまで観光地・アミューズメント施設・飲食店までアプリ一つで網羅できることから人気となりました。 「今まで行ったことのない所に行ってみたい。 」 そんな方におすすめできるサービスでしょう。 mertrip(メルトリップ) メルトリップとは、物販サービスで有名なメルカリが開始した旅行情報が共有できるアプリです。 旅の写真や思い出を投稿したり、外の投稿者のストーリーを見ることもできるので、行きたい観光スポットを共有したり見つけたりすることができます。 定番観光スポットに飽きた人は、メルトリップで新たな観光地を発掘してみるといいでしょう。 ズボラ旅 ズボラ旅とは、LINEアカウントと会話をするだけで、旅行のプランを完成することができるサービスです。 ラインアカウントで友達登録を行い、簡単な二択の質問に答えていくだけで誰でも簡単にプランが決まります。 ひとり旅や、何も考えずに旅したい方に使うと便利なサービスと言えるでしょう。 その他話題になったサービス10選 1. PayPay Pay Payとは、ヤフーとソフトバンクによってリリースされた、スマホ一つで店頭での会計が簡単にできるアプリです。 アプリで事前に登録しておけば、お店でも簡単にQRコードでの支払いが可能です。 また、中国のAlipayとも連携しており、お店側もPay Payを導入することで外国人との対応が簡単になるでしょう。 100億円キャンペーンで言わずもがな話題になりましたね。 Money Tap Money Tapとは、銀行間での送金を気軽に行えるサービスです。 この技術には仮想通貨で有名なリップル社のブロックチェーン技術が採用されており、24時間365日体制で送金を行うことができます。 送金方法は非常に簡単で、QRコードや電話番号で行うことができ手数料も一定金額までは無料な点、便利なサービスとして注目されました。 住信SBIネット銀行• りそな銀行• スルガ銀行 などが対応可能となっています。 面倒な銀行間送金を手軽に行いたい方に、おすすめできるサービスでしょう。 ウェブ表彰 ウェブ表彰とは、Web上で気軽に表彰状(画像)が作れるサービスです。 オンラインで文字を入力するだけで誰でも簡単に表彰状を作れることから、SNSでも話題となりました。 SNSのちょっとしたメッセージに使ってみると面白いサービスでしょう。 コエステーション コエステーションとは、東芝によってリリースされた、自分の声を文章で人工的に表現できるサービスです。 アプリで事前に自分の声を登録することで、システムが声の特徴を学習。 そして、文章を打つことで自分の声を表現することができます。 とてもユニークな声を表現できることから、動画配信者にもよく活用されています。 テクノロジア魔法学校 テクノロジア魔法学校とは、ディズニーを通してプログラミングを学べる、オンライン学習サービスです。 ディズニーの世界で楽しくプログラミングを学べることから、子供に人気で、2020年には小学校の授業で利用される予定となっています。 楽しみながらプログラミングを学べるため、幅広い層に人気のサービスです。 音楽権利情報検索ナビ 音楽権利情報検索ナビとは、音楽関係の権利情報を一括で検索できるサービスです。 JASRACやRIAJなど音楽著作権管理団体が管理しており、検索した音楽の管理者情報や問い合わせなどを調べることができます。 近年、動画配信サービスでの著作権侵害などが問題となっている背景からも、注目されているサービスです。 音楽権利情報検索ナビの利用には会員登録が必要です。 読書感想文、買います。 読書感想文、買います。 とは文字通り、読書感想文を買い取ってくれるサービスです。 読書感想文は最大数十万円で買い取られ、書籍の紹介ページや読者レビューとして使われます。 読書が好きで、文章を書くことも好きな方におすすめできるサービスでしょう。 フィッシュ フィッシュとは、魚の写真をアップロードするだけでAIが魚の種類を判別できるアプリです。 釣り人の間で、魚の判別や危険な種類出ないか、写真のみで判断できる優れたアプリとして話題になりました。 釣り人や、見たことのない魚を見つけてしまった方におすすめできるサービスでしょう。 ソレハラ ソレハラとは、社内などで嫌がらせ(ハラスメント)を受けた場合に、行為者に対し匿名で注意メールが遅れるサービスです。 近年は社内でのセクハラやパワハラが多く、被害を受けている社員も多くいます。 また、ハラスメント行為者をしている人も自覚がない場合も多く、改善のしようが無い問題も浮上しています。 そのような事態に、ソレハラでは匿名でハラスメント行為者に対し注意喚起メールが送れるため、被害軽減に務めることができるでしょう。 社内で嫌がらせを受けたことのある方に、おすすめできるサービスでしょう。 フリーランス戦闘力診断 「フリーランスになるための、再現性の高いやり方」が分かるようなwebサービスを作る、をコンセプトに、先日ツイッターの日本トレンド1位をとった話題のサービスです。 「これから独立したい!でも、どうすればいいか分からない」という層に向けて、「フリーランスとして生きていける基準」を提示したいなと思い開発しました。 正直、Twitterで勢いで独立して撃沈した人をたくさんみており、何か独立の目安となる指標を作りたいなと考えました。 そんな動機なので、現時点では特にマネタイズ等は考えておりません。 たしかに、会社を勢いで辞めてフリーランスになって後々苦しむ人は絶えないので、こうした指標があることで救われる人はいそうです。 個人的に期待しているサービスです…! 2018年も面白いサービスが登場しましたね.

次の

ハラスメント匿名通報アプリ「ソレハラ」が話題

ソレハラ

ソレハラの使い方 にアクセスして、「ハラスメント匿名通知入力フォーム」からメールを送信します。 まず、「ハラスメントの種類」を選びます。 ハラスメントの種類は以下から選択可能です。 セクハラ• パワハラ• アルハラ• モラハラ• スメハラ• ソノホカ 続いて、「ハラスメントのレベル」を選択します。 選択できるレベルは以下の通り。 おこレベル• 日常茶飯事レベル• 鬱寸前レベル• 犯罪の香りレベル• 入力したら[次へ]をクリックしましょう。 送信するタイミングを指定します。 時間差を設定することで身バレする可能性を少なくすることができます。 最後にプレビューが表示されるので、[ソレハラに頼む]をクリックすると、メールが送信されます。 〇〇さん突然のご連絡で失礼致します。 私はソレネコといいます。 実は〇〇さんがもしかしたらパワハラをしているとの目撃情報が入りました。 パワハラは自らの権力や立場を利用し、部下や周りの人の尊厳・人格を侵害する行為です。 何か心当たりはありませんか?〇〇さんの親切な周りの人がおおごとになる前に伝えてくれています。 〇〇さんはパワハラをしている恐れがあります。 さらに、「反省している」と「こちらに非はない」というボタンがメール内に表示されるので、メール受信者はボタンをクリックすることで自分の意志を表明することが可能です。 メールを受け取った人がどのような反応をしたかについては、ソレハラトップページの[受信者の反応を確認]から確認することができます。 反応があった場合は、以下のように内容を表示してくれます。 あとがき ハラスメントをしている側に自覚がないケースもあるので、これは良い取り組みですね。 少しでもハラスメントが減っていくことを願います。 ただ、5人とかのかなり小規模な組織だと、匿名でも身バレしてしまう可能性が高いので、その辺は悩ましいところですね。 Search 最近の投稿• カテゴリー• 144• 135• 847• 534• 252• 472• 126• 62 Tags 本日の人気記事• アーカイブ•

次の