サーモス 水筒 600。 サーモス 水筒 600mlの通販・価格比較

サーモス 水筒 600mlの通販・価格比較

サーモス 水筒 600

5 【総評】片手で開閉ができて簡単に給水できるケータイマグです。 特に0. 6Lの絶妙な内容量がお気に入りです。 500mlペットボトルの清涼飲料水を入れて更に氷を入れても内容物が溢れません。 保冷のほか保温の効果も優秀だと思います。 フタ部を外せば広口ですので、洗浄なども簡単にできます。 本体表面のメタリックブルーの塗装もキレイです。 【仕様】品名 : 真空断熱ケータイマグ実容量 : 0. 6リットル保温効力 : 70度以上 6時間 保冷効力 : 10度以下 6時間 【材料の種類】本体 : ステンレス鋼 アクリル樹脂塗装 フタ・せん本体 : ポリプロピレン飲み口 : ポリプロピレンフタパッキン : シリコーンせんパッキン : シリコーン 5 3歳児には大きいけどすぐこれくらい飲むようになるだろうなと。 毎日の登園で入れるのは半分ほどなので小さい子も持てる重さだと思います。 この点で購入までとても悩みました。 分解後も戻しやすい。 カバーが少し重い気がしますが、底がクッションで丈夫そうです。 コップの口当たりが良いのも素晴らしい。 そして破損等の場合、付属品が購入できる安心感(他社もあるんでしょうか)。 これにしてよかったと思っています。 また外出時家族で使えるようもう一つコップが付けられたらすごくすごく嬉しいです。 サーモス、いいですね。

次の

【楽天市場】サーモスにぴったり ペットボトル 水筒ケース 保冷 ペットボトルカバー 500ml 600ml 水筒カバー トーン ペットボトルホルダー こども かわいい おしゃれ サーモス toneボトルカバー キッズ 子供 タイガー カバー のみ JNL

サーモス 水筒 600

5 我が家で水筒はサーモスがメインです。 中蓋・パッキン・コップ部分などのアクセサリー類が別途入手しやすく(ヨドバシでの取扱い多し)、長く使っていけるので、家族皆で、いろいろなタイプを愛用しています。 今回、酷暑で、私が現在使用中のJNL-352では容量が足らず 350ml 、容量アップのため、500mlの本製品を購入しました。 本体重量も軽く、飲み口の形態もJNL-352と同じパーツで、使い回しが出来ます。 もちろんパッキン部分も共通で、助かります。 2世代前までは、飲み口の形態が試行錯誤の状態だったためか、型番が変わるたびに微妙に異なり、清掃時にバラすと、妻の別のサーモスの部品と混ざり、パズル状態です。 3 以前、性能を比較したときに象印の方がよかったのと、600mlと水分を多く飲む私にとっては手軽に持ち歩ける最高量だったのもあって、象印の600mlのマグボトルを使用していました。 ほとんど毎日使用するので、ボロくなったので買い替えを考えていたところ、こちらの商品が廉価で売っていたのとサーモスも進化しているだろうということで購入。 ということは気密性も優れているのかな? と思ったりしてます。 ただ、ロックが開閉ボタンの上下構造で、ロック解除の状態だと、開閉ボタンに当たる。 これはちょっと使いにくいです。 また、開閉ボタンを押しても蓋が開かないことが結構ある。 最初、初期不良だと思い、交換してもらいましたが、使ってるとまたすぐに同じ現象が…特に温かいものを入れた時に多く発生する。 個人的には、バネ? 跳ね上げる力が弱いので、温かいものが冷めてくると内部に負圧がかかるためそれを跳ね上げるだけの力がないのかなぁと。 私が感じた一番の使いにくさは、デザインにもかかわりますが、外側底に近い部分 写真で見ると細い帯状部分 が、一回り大きい。 象印はほぼフラットかむしろくぼんでいる感じ。 このでっぱりのおかげで、車のドリンクホルダーに入りません。 なんでわざわざ底を広げる必要がある? そのままフラットなら、ドリンクホルダーに収まるのに…車移動が多いが多い私にとっては、すごく使いにくい点です。 ご参考になれば。 5 製品の特徴ですが、・容器の重さが270gと、とても軽いです。 75L入るので、飲み物を入れるとだいたい1kgほどになります。 今まで500mlタイプを持っていたんですが、ちょっと物足らず大容量のものを探していました。 これ以上になると大きくて重くなるので、バランス的にこちらを選択。 結果的にちょうどよかったです。 ・保温性がとても高く、朝7時に熱いお茶を入れて、午後5時に飲んでもまだ温かいです。 もちろん保冷用としても使えるので、これからの季節に大活躍しそう。 ちなみに公式サイトには、保冷 10度以下の場合 、保温 72度以上の場合 で、ともに6時間ほど温度を保持できるとあります。 ・材質は本体がステンレスで表面にアクリル樹脂塗装、蓋や飲み口部分はポリプロピレン、パッキンはシリコーンと表記されていました。 高温でも有害物質が溶け出しにくい材質なので安心です。 今まで500mLのを持っていて今回サイズが違うだけなので新鮮味がないですが、使い勝手は折り紙付きなので是非お勧めしたいです。 4 【総評】2. 口径7. 5cm。 どかんとでかい2lですよ。 保冷専用ですからお間違いなく。 熱いお茶などは入れませんので。 口径でかいから大きめな氷をぶち込めます。 コンビニで買ってきたロック氷でも入りますから。 氷を入れるときは先に飲み物を半ばまで入れてから、氷を入れましょう、直に氷を放り込むと底が傷つきますよ。 ただ、ハンドルがねぇ・・ハードタイプは使いにくいんですよ。 2リットルとはいっても、氷を大量に入れると・・・飲み物はほぼ半分になっちゃいますからね。 まあ、氷が溶けてくればそれが飲み物になるけど、薄まっちゃいますよね。 一人で持って行くなら丸々1日持ちますよ、量的にはね。 大量の氷なら全部は溶けないで持ってくれてますから。 サーモスの商品は、ながいあいだ、じつに、さまざまな、商品を使用してきています。 この真空断熱ケータイマグは、見た目のカラーがおしゃれですね。 そして、この真空断熱ケータイマグは、デザイン、形状が、カバンのなかに、いれるさいに、すぽっと、カバンのなかに、入れやすいかんじです。 そして、カバンのなかに入れたこの真空断熱ケータイマグをとりだすときも、すっと、かばんから、とりだすことができやすいです。 保温力や、保冷力は、サーモスらしく、保温力や、保冷力は、あります。 お手入れですが、一般的なおていれです。 ただ、ひとによっては、面倒におもえるひとも、いるのかもしれませんが、慣れれば、そんなに、面倒ではなくなってくるとおもいます。 とても、便利につかっています。 おさいふにも、やさしいです。 4 【総評】口径4. 5cmと小さいのです。 8lしか入りません。 スポーツボトルってことで、スポーツドリンク入れますけどね。 いや、別にお茶とか入れたっていいんですけどね。 うーーん、0. 8lってね、少ないんですよ・・・ときによってはすぐに飲みきってしまうし、氷も入れたらさらに飲み物が少なくなるし。 口が小さいから氷を入れるのも一苦労ですが。 悩みどころなんですよね、大きさが。 まあしかし、夏の短時間のあるいは半日程度の外出なら、この容量でも足りますけどね、丸1日なら足りないですよ。 半日程度なら冷えた飲み物がぬるくなることもありません。 容量を増やしたいならサイズがでかくなるし、そこが悩みどころではありますね。

次の

サーモス 水筒 600mlの通販・価格比較

サーモス 水筒 600

5 我が家で水筒はサーモスがメインです。 中蓋・パッキン・コップ部分などのアクセサリー類が別途入手しやすく(ヨドバシでの取扱い多し)、長く使っていけるので、家族皆で、いろいろなタイプを愛用しています。 今回、酷暑で、私が現在使用中のJNL-352では容量が足らず 350ml 、容量アップのため、500mlの本製品を購入しました。 本体重量も軽く、飲み口の形態もJNL-352と同じパーツで、使い回しが出来ます。 もちろんパッキン部分も共通で、助かります。 2世代前までは、飲み口の形態が試行錯誤の状態だったためか、型番が変わるたびに微妙に異なり、清掃時にバラすと、妻の別のサーモスの部品と混ざり、パズル状態です。 3 以前、性能を比較したときに象印の方がよかったのと、600mlと水分を多く飲む私にとっては手軽に持ち歩ける最高量だったのもあって、象印の600mlのマグボトルを使用していました。 ほとんど毎日使用するので、ボロくなったので買い替えを考えていたところ、こちらの商品が廉価で売っていたのとサーモスも進化しているだろうということで購入。 ということは気密性も優れているのかな? と思ったりしてます。 ただ、ロックが開閉ボタンの上下構造で、ロック解除の状態だと、開閉ボタンに当たる。 これはちょっと使いにくいです。 また、開閉ボタンを押しても蓋が開かないことが結構ある。 最初、初期不良だと思い、交換してもらいましたが、使ってるとまたすぐに同じ現象が…特に温かいものを入れた時に多く発生する。 個人的には、バネ? 跳ね上げる力が弱いので、温かいものが冷めてくると内部に負圧がかかるためそれを跳ね上げるだけの力がないのかなぁと。 私が感じた一番の使いにくさは、デザインにもかかわりますが、外側底に近い部分 写真で見ると細い帯状部分 が、一回り大きい。 象印はほぼフラットかむしろくぼんでいる感じ。 このでっぱりのおかげで、車のドリンクホルダーに入りません。 なんでわざわざ底を広げる必要がある? そのままフラットなら、ドリンクホルダーに収まるのに…車移動が多いが多い私にとっては、すごく使いにくい点です。 ご参考になれば。 5 製品の特徴ですが、・容器の重さが270gと、とても軽いです。 75L入るので、飲み物を入れるとだいたい1kgほどになります。 今まで500mlタイプを持っていたんですが、ちょっと物足らず大容量のものを探していました。 これ以上になると大きくて重くなるので、バランス的にこちらを選択。 結果的にちょうどよかったです。 ・保温性がとても高く、朝7時に熱いお茶を入れて、午後5時に飲んでもまだ温かいです。 もちろん保冷用としても使えるので、これからの季節に大活躍しそう。 ちなみに公式サイトには、保冷 10度以下の場合 、保温 72度以上の場合 で、ともに6時間ほど温度を保持できるとあります。 ・材質は本体がステンレスで表面にアクリル樹脂塗装、蓋や飲み口部分はポリプロピレン、パッキンはシリコーンと表記されていました。 高温でも有害物質が溶け出しにくい材質なので安心です。 今まで500mLのを持っていて今回サイズが違うだけなので新鮮味がないですが、使い勝手は折り紙付きなので是非お勧めしたいです。 4 【総評】2. 口径7. 5cm。 どかんとでかい2lですよ。 保冷専用ですからお間違いなく。 熱いお茶などは入れませんので。 口径でかいから大きめな氷をぶち込めます。 コンビニで買ってきたロック氷でも入りますから。 氷を入れるときは先に飲み物を半ばまで入れてから、氷を入れましょう、直に氷を放り込むと底が傷つきますよ。 ただ、ハンドルがねぇ・・ハードタイプは使いにくいんですよ。 2リットルとはいっても、氷を大量に入れると・・・飲み物はほぼ半分になっちゃいますからね。 まあ、氷が溶けてくればそれが飲み物になるけど、薄まっちゃいますよね。 一人で持って行くなら丸々1日持ちますよ、量的にはね。 大量の氷なら全部は溶けないで持ってくれてますから。 サーモスの商品は、ながいあいだ、じつに、さまざまな、商品を使用してきています。 この真空断熱ケータイマグは、見た目のカラーがおしゃれですね。 そして、この真空断熱ケータイマグは、デザイン、形状が、カバンのなかに、いれるさいに、すぽっと、カバンのなかに、入れやすいかんじです。 そして、カバンのなかに入れたこの真空断熱ケータイマグをとりだすときも、すっと、かばんから、とりだすことができやすいです。 保温力や、保冷力は、サーモスらしく、保温力や、保冷力は、あります。 お手入れですが、一般的なおていれです。 ただ、ひとによっては、面倒におもえるひとも、いるのかもしれませんが、慣れれば、そんなに、面倒ではなくなってくるとおもいます。 とても、便利につかっています。 おさいふにも、やさしいです。 4 【総評】口径4. 5cmと小さいのです。 8lしか入りません。 スポーツボトルってことで、スポーツドリンク入れますけどね。 いや、別にお茶とか入れたっていいんですけどね。 うーーん、0. 8lってね、少ないんですよ・・・ときによってはすぐに飲みきってしまうし、氷も入れたらさらに飲み物が少なくなるし。 口が小さいから氷を入れるのも一苦労ですが。 悩みどころなんですよね、大きさが。 まあしかし、夏の短時間のあるいは半日程度の外出なら、この容量でも足りますけどね、丸1日なら足りないですよ。 半日程度なら冷えた飲み物がぬるくなることもありません。 容量を増やしたいならサイズがでかくなるし、そこが悩みどころではありますね。

次の