名 探偵 コナン 純 黒 の 悪夢 動画。 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の予告編・動画「予告編」

名探偵コナン【純黒の悪夢】声優一覧!キュラソーや公安風見は誰?

名 探偵 コナン 純 黒 の 悪夢 動画

言えない傷と、癒えない傷と、それらを抱えたふたりと。 閲覧には十分ご注意ください。 赤井さんとコナンくんが会話をするだけの、映画終了後の小話になります。 こんな会話があったらいいな、というご都合主義の妄想全開です。 緋色トリオの活躍が素敵すぎて、映画館に住みたいくらいです……! 突貫工事の殴り書きですので、いつも以上の乱文かとは思いますが、どうか広いお心でご覧いただければと思います。 【2016. 28追記】たくさんの評価・ブックマークをありがとうございます! 純黒効果の凄まじさに戦慄しております。 おかげさまで、2016年04月26日付の[小説]女子に人気ランキング82位、2016年04月27日付の[小説]デイリーランキング41位入りをさせていただいたようで恐縮です……!• [chapter:いえない傷] 「全身、傷だらけだな」 「赤井さんこそ」 見たままの感想を思わず漏らした赤井秀一に、ソファへ身を沈める江戸川コナンはそんな言葉を即座に返す。 先程から落ち着きなくぱたぱたと振られる白い足にも、半袖のシャツから覗く細い腕にも、痛々しい青痣や擦り傷を無数に散らしているというのに、だ。 「ボウヤ程ひどくはないさ」 「そんなことないってば。 同じくらいだよ」 探偵らしからぬ何の根拠もない推論には耳を貸さずに、赤井は救急箱を手に取る。 最近は忙しかったせいでろくに中身の補充は出来なかったのだが、果たして絆創膏は足りるだろうか。 とりあえず今日のところは彼の分があればいいか、と結論付けて当の本人の方を向けば、心配そうな眼差しに捕えられる。 「ボクにはむしろ、赤井さんの方がひどい怪我に見えるけど。 頬とか、腕とか……痛くないの?」 「…………」 まったく。 大の大人と幼い子供とでは、同じ傷痕でも視覚的な痛ましさが段違いだということを、どうやらこの少年は理解していないらしい。 山程浮かんだ言いたいことをひとまずは吞み込んで、代わりにため息を一つこぼす。 ついでに自身を見下ろせば、煤けた衣服が視界に映る。 改めて眺めると、随分とひどい格好をしていると思う。 そう、少年の指摘は誤っている訳ではないのだ。 あの男が冷静さを失う程こちらを憎悪する理由はわかりきってはいるのだが、それに対しての弁明の言葉を持たない以上、向けられる拳を受け止めるしかなかったのだ。 もちろん、こちらも目的がある為に黙ってやられてやることは出来なかったが。 頭を軽く振って気持ちを切り替える。 「……赤井さん?」 「生憎俺は頑丈に出来ているんでね。 さあ、傷をきちんと見せるんだ。 それじゃあ帰るに帰れんだろう」 「だから大丈夫だってば。 土埃がすごかっただけなんだよ。 ほら、さっきお風呂を借りて、服も着替えたからさ。 もう、平気」 「ほう……そうか」 「うん、そうだよ」 「…………」 「…………」 「…………」 「……ごめんなさい、手当、お願いします……」 無言の圧力に屈した少年を満足げに眺め、赤井は救急箱から入用のものを取り出す。 改めて傷の具合を診るに、絆創膏よりも湿布を必要とするものの方が多そうだった。 程度に見合った対処を黙々と続ける赤井を、少年はされるがままに大人しく見守る。 つい先程までとは違い、今は言葉がなくても気にならないらしい。 本来であれば居候している毛利探偵事務所へと帰らなければならない彼が、こうして赤井が潜伏している工藤邸で手当を受けているのには理由がある。 あの一件に多大な貢献をした彼はしかしそれを公にすることなど出来ない現状においては、ただの土埃にまみれた傷だらけの子供でしかなかった。 しかもどうやら彼は居候先に目的地を告げていなかったらしく、良い言い訳も思いつかないこの状態では帰れないと弱り顔を浮かべていた。 偶然来ていた毛利探偵たちに便乗するなど以ての外で、さりとて頼みの阿笠邸の主人は彼の小さな仲間たちを念のために病院へと送り届ける役目を負ってしまっていた。 となれば、彼がとり得る帰宅手段は限られてくる。 想像してほしい。 傷だらけの子供が若干ふらつきながら、スケートボードを片手に夜の闇へと消えて行こうとしている様を。 「…………」 「…………なに、赤井さん」 「……いや、気にするな」 いつの間にか止まっていた手を見て、詮索したがりの少年が怪訝な顔で首を傾げた。 普通は気にするって、と言う微かなぼやきは聞こえなかったことにして、適当な大きさの湿布を貼り付けていく動作を再開する。 小さな身体を埋め尽くすかのようなそれらは、果たして今回の一件の規模とその終局とを考えた場合に妥当と言えるものだったろうか。 車軸を離れ、いっそ面白いように転がる巨大な観覧車。 そこに居合わせた人間がFBIだろうが公安だろうが、どれほど有能だろうが優秀だろうが、こんな絶望的な状況を打開する術など知りえない。 緊急待避並びに避難誘導が取り得る最善策だっただろう。 大なり小なりの犠牲と損害は承知の上で、しかしこれこそが最善だと言い聞かせて行動しただろう。 運命の歯車のごとく絶望を振りまきながら残酷に廻り出したそれを見た瞬間に、彼ならば、と思った。 さも当たり前のように彼がとるであろう行動を考え、気が付けば動き出していた。 ふと、じっと手当の完了を待つ少年を見やる。 沈むようなその視線はもう、赤井の手など見てはいなかった。 聡すぎるその頭脳はきっと今でも、あるはずのない可能性を探り続けているのだろう。 湿布が剥がれてしまわないように医療用のテープを上から貼り付けながら、それでも、と赤井は思う。 組織に打ち込んだ楔は守られた。 ノックリストは秘された。 彼は拳をおさめた。 救われた人がいた。 こんな結末を、見ることが出来た。 だから、これは誇るべきことで、喜ぶべきこと。 小さな身体が絆創膏と湿布まみれになったところで救急箱の蓋を閉じ、彼の頭にそっと手を載せる。 目を伏せたままの少年の顔を覗き込み、改めて称賛の言葉を紡ぐ。 「……今日は、本当によくやったな、ボウヤ」 「…………そんなことないよ。 そんなこと、ないんだよ、赤井さん」 しばしの静寂の後、微かな、しかしはっきりとした否定の言葉が赤井の耳へと届く。 震える唇はそれ以上何かを紡ぐことはなく、ただ沈黙を守っていた。 やはり、そうか。 少年の様子にひとり頷き、救急箱を元在った場所へと戻す。 これから先の手当には必要のないものだ。 それを終えた後で、赤井は少年の隣に腰を下ろした。 風呂に入り終わった少年はともかく、いまだ土埃にまみれた衣服に身を包む自分のせいで借りものである豪奢なソファは汚れてしまうだろうが、今日だけは詮無いことだと言わせてほしい。 目に見える汚れなら、落とせる。 目に見える傷なら、治せる。 「……な、に?」 治療を終えたとすっかり油断していた少年が、目に見えて動揺する。 隙とも呼べるそれを逃す自分ではなかった。 「ボウヤは聞いてなかったのか? 俺は、傷をきちんと見せるように言ったはずなんだが」 「……手当は、してもらったよ」 「傷は、目に見えるものだけではない。 ……だろう?」 隣から、微かに息を呑む気配が伝わってきた。 なんでもお見通しなんだね、と半ば諦めたような言葉がこぼされる。 こちらを見ようともしない彼は気付かないだろうが、赤井は頷き、その傷に触れられる時をただ待った。 かちり、かちり、と思考を阻害しない程度に、壁掛け時計が控えめに時を刻む。 ほとんど独り言のような、微かな声だった。 「東都スタジアムで電光掲示板が倒れた時は、ボクひとりでどうにかなったんだ」 俯く彼のその横顔には、常にあるような凛とした強さは無い。 けれど、見た目相応に幼い訳でも無かった。 浮かべるのは、ひどく大人びた、喪う痛みを知る表情。 「黒ずくめの奴らが東都タワーを襲撃した時も、ひとりだった」 途中途中で助けてくれる人は、頼りになる道具の類はあったが、結局はひとりだった。 「江戸川コナン」は誰かを守れる人間で、だから皆を守るためにひとりで奔走しなければならなかった。 それが当然だと、そう信じていたと彼は呟く。 「……でも、今日は」 幼い子供の顔が、自嘲で歪む。 小さな拳が真っ白になるほど強く握られる。 「今日は、赤井さんが居なかったら駄目だった。 安室さんが助けてくれなかったら無理だった。 ……彼女が、ああしてくれなかったら、きっと……」 爆弾は解体できなかった。 反撃の糸口は、突破口は見いだせなかった。 足は追いつかなかった。 手は届かなかった。 観覧車は、止まらなかった。 「……きっと、奴らの思惑通りに全てが進んで……そして……」 誰ひとり、救えなかった。 悔しいと、彼は言う。 ひとりで戦えない自分を、手を借りてなお救えなかった命を思い、無力だった、とただ責める。 助けられたのではないか、他に方法があったのではないか、と変えられるはずの無い過去を何万回と思い、人知れず心を擦り減らしていく。 嘘と強がりが上手な彼は、それを周囲に悟らせない。 いつか限界を超えて、立ち上がれなくなってしまうその時まで、きっと。 そうだとしたらこの少年は、なんて強くて、なんて脆い。 ねえ、赤井さん。 小さな拳を震わせたまま、彼は赤井に問いかける。 「ボクは、いつの間にか……弱くなったのかな。 ひとりじゃどうにも出来ないほどに、弱くなったのかな」 泣き出しそうな悲壮な顔で、いっそ血を吐くような悲痛な声で。 類稀な頭脳を持つ彼が、並外れた機知を備えた彼が、まだほんの子供である事実を突きつけられた気がした。 どうしてこの子供は、嘘と血に塗れた現実を知りながら、殺伐とした言葉を交わしながら、こんなにも綺麗な世界を見ていられるのだろう。 優しすぎるままで、いられるのだろう。 例えばここで、彼の機転と人脈が無ければ手遅れになっていたかもしれない楔のことや、彼に助けられた大勢の人々の話をしたところで、この傷は癒せない。 やむを得ないと割り切るほどが出来るほど、彼は大人ではないのだ。 それでも助けたかったと、生きるべき人だったと、そう言われてしまえば返す言葉など有りはしない。 だから赤井は、理想論を語らない。 大人の自分が言えるのは、この手に残る結果論だけだ。 僅かに戸惑いを浮かべた瞳が、赤井に向けられる。 やっと、彼の双眸を捉えることが出来た。 「何でもひとりで抱え込むな。 頼りにも出来ない人間と手を組んだなどと思われたくはないからな。 ……少しは当てにしたらどうだ」 ひとりでいるのは、強いからではない。 煩わしい詮索を避けるためだったり、信用に足る人物が居なかったり、身内を巻き込みたくなかったり、場面にもよるがそれには理由がある。 そしてそれらが無ければ手を組むのに躊躇など要らない。 赤井にとっては、長らく託せる相手が居なかったというそれだけの話だ。 強いも弱いもそこには無い。 今日は、誰ひとり欠けていたら、この結末には至らなかった。 その中で彼が果たした役割はあまりに大きく、だから彼を称賛する思いは心からのものだ。 大団円ではないその幕切れに、心を揺らす気持ちはわかるつもりだ。 いえない傷はお互い様で、時間が解決するのを待つか、それが嫌なら乗り越えていくしかない。 大人の自分には無視を決め込み、傷をなかったかのようにふるまうことも可能だが、彼にはおすすめ出来ないやり方だ。 なにせ、ティーンエイジャーは立派な子供なのだから。 でも、と食い下がる存外意固地な少年には説教を。 かつて幼いきょうだいがぐずった時のように、軽く頭を抱き込んで背中をさする。 「わ、あ、赤井さん?」 「ボウヤはよくやった。 それをただ、言葉通りに受け取るだけでいい」 「…………うん」 この小さな背中が、これ以上何も背負うことがないように。 その外見に不相応な協力者を、今だけは子供扱いしようと思った。

次の

anitube +アニメ無料動画 : め

名 探偵 コナン 純 黒 の 悪夢 動画

『劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』を無料で見る方法! 『劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』を見逃してしまった方やもう一回見てみたい方に、これから無料で視聴が出来る方法をご紹介します。 『劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』はU-NEXTで配信されていますので U-NEXTなら『劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』をフル動画視聴することが出来ます。 U-NEXTは、初回31日間無料キャンペーンをしています。 無料キャンペーンの期間内なら好きなだけ動画を見ることができます。 この機会に楽しんでみてください。 U-NEXTのおすすめポイントを紹介していきます。 U-NEXTのおすすめポイント!• U-NEXTは公式動画配信サービスの中でも国内最大級の動画数です。 U-NEXTは映画・ドラマ・アニメなどの動画を見ることができ、その他にも漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができます。 U-NEXTに登録すれば31日間無料で動画視聴し放題です。 31日間の無料体験期間中にU-NEXTを退会すれば料金は発生しないし解約金も一切かかりません。 U-NEXT初回登録時のみ600円分のポイントがプレゼントされます。 著作権法について 著作権法について調べてみました。 個人的または家庭などの限られた場所で利用する以外の目的で市販の音楽CDやDVDを無断でコピーする。 音楽や動画を権利者に無断でインターネット上で公開する。 (ダウンロードできる状態にする。 違法コピーされた著作物を「そうだと知りつつ」ダウンロードして録音・録画する。 この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。 これらは全て著作権法に違反した行為です。 著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。 「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。 公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

次の

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)の予告編・動画「予告編」

名 探偵 コナン 純 黒 の 悪夢 動画

解説 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版20作目。 原作でもいまだ明かされることのない「黒の組織」の内部に迫る物語が描かれる。 ある夜、スパイが日本警察に侵入し、安室透率いる公安が駆け付け、車で逃走を図ったスパイと安室たちによるデッドヒートが繰り広げられる。 一般車両を巻き込んだ大惨事になるかと思われたその瞬間、FBI赤井秀一のライフル弾によってスパイの車は撃ち抜かれ、道路の下へと転落していった。 翌日、水族館へ遊びにきていたコナンは、ケガをして独りたたずむ女性を発見する。 自分の名前もわからないほど記憶をなくしていた彼女は、「オッドアイ」と呼ばれる、左右の瞳の虹彩色が異なる目の持ち主だった。 彼女の記憶が戻る手助けをすることにしたコナンたち。 しかし、その一部始終を「黒の組織」のベルモットが監視していた。 2016年製作/112分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 推理するとか探偵の仕事をするって展開がほとんどなく、黒の組織対FBI、CIA、公安という図式に警察やコナンたちが関わってくるスリリングなストーリー。 もちろん、コナンと哀にとってはいずれ対決しなければならない強敵。 そんな黒の組織にはFBI、CIA、公安とも潜入捜査官を送り込んでいる。 定番の前説にも暗い影を落としているのだ。 心して鑑賞せよ!といった感じで。 冒頭から激しいカーチェイス。 身体能力も優れるキュラソーだが、記憶喪失となってMRI検査してみると中に黒い何かが・・・これも特殊な能力の一つで、CP以上の記憶装置を備えているに違いない!ノックリスト(世界各国の諜報員)をも記憶していたのだろう。 黒の組織のナンバー2とも言われるラムの存在も気になるところだった。 全然わからないのが安室=降谷=バーボン(なぜかポワロで働いている)と、FBI赤井の確執だ。 赤井は『異次元の狙撃者』にも登場してたけど、何だか声のイメージと違う。 そんなこんなで大観覧車のクライマックス。 爆弾処理は安室、射撃は赤井で、なんとオスプレイで攻撃してくるのだ。 どこから持ってきたの?などと考える間もなく、大停電をも併発させ、大混乱に陥った面々。 こんな中でもキュラソーと哀ちゃんの対面シーンが良かった。 「あんたシェリーじゃない?」って、よくわかったよね。 さすがキュラソー。 ベルモットも絡んでほしかったけど、ストーリーがぐちゃぐちゃになりそう・・・彼女も結構コナンを評価しているのがいいよね。 最近のコナンは映像に迫力があるけど話としてはう〜ん、が多く自分にはフィットしないと感じていた。 紺青のフィストはう〜んだった。 自分の好みは、時計仕掛けの摩天楼とか、瞳の中の暗殺者とか、ベイカーストリートの亡霊とか、ちょっと古いものになっていた。 自分は古いタイプの人間なのかな〜なんて思っていた。 これもそうなんだろう、と横目で軽く見ていたが、個人的には良かった。 そんなばかなというシーンもあり、途中だれてしまうシーンもあるが、こまめにハラハラシーンが含まれており、定期的に引きつける。 一人の心情をちゃんと追っていたところがよかった。 鬱エンドといえばそれまでだが、心に残るものがあった。 主人公も安室さんも赤井さんも良い活躍があったと思う。 見せ所も良かった。 冒頭からアニメじゃないと出来ないカーチェイスに大興奮! テーマパークの観覧車も「未来」という感じでドキドキワクワクしました。 アニメの世界ならではの実写なら不可能な演出に興奮したり、いくらなんでも…と思ったり。 これは人によってかなり差が出そう。 コナンもいつもに比べてちょっと考えが足りないのには残念。 記憶喪失の怪しい女性と一緒に行動する?!子供も連れて?と思いましたし、女性の明らかに超人レベルの身体能力見ても関心する程度で、そこはしっかりしてよ!!と思いました。 ラストが迫力ある割には、解決法がさすがにそれは無理じゃない…?と思えるレベル。 黒の組織もあれだけ派手な事するかな?自分たちの存在が世界中知れ渡るレベルよ? 派手な演出をするために無理やりこじつけてるのが垣間見れるので残念。 興奮の戦闘シーンで、これみんな人間は無理があるかな。 ファン大人気の二人の戦うシーンも。 ファンじゃなければ「今は!そんな事してる場合じゃない!!」という心境で、キャッキャなれませんでした…。 アニメはとてもきれいで迫力あるシーンもかっこよくて大満足でした。 Powered by• 2021年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2002年• 2001年• 2000年• 1999年• 1998年• 1997年 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー•

次の