ハムスター 寝 て ばかり。 ハムスターが仰向けで寝るのは何故?その理由とは・・・

【ハムスターの寝方】仰向け・横向き・うつぶせの理由とは?

ハムスター 寝 て ばかり

ハムスターがずっとトイレにいる、その原因は? ハムスターを 飼い始めたばかりの方に多い悩みが、ハムスターがずっとトイレにいることです。 ハムスターが家にきて 最初の1週間はそっとしておくことが重要で、最低限のお世話だけ行うことがハムスターのためであることは知っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、ハムスターがずっとトイレにいるとなると掃除も満足にできませんね。 なぜハムスターはトイレにこもり続けるのでしょうか? ここでは、 ハムスターがずっとトイレにいる時に考えられる原因について見ていきましょう。 トイレが安心だから ハムスターがトイレで排泄を行っている場合では、 自分のニオイがして落ち着けることからトイレは 安心できる場所だとして認識し、ずっとトイレにいることがあります。 比較的 臆病な性格のハムスターに多く見られる行動で、環境に慣れれば出てくることもあれば、そのままトイレを巣箱にしてしまうこともあるため、 対策が必要となります。 また、排泄物で汚れてしまったハムスターを 自分の判断で洗ってしまうことは危険なので、洗う前に 必ず獣医師に相談してください。 トイレを安心できるる場所と認識してしまう原因としては、 掃除のしすぎであったり、ハムスターのニオイが消えてしまうような 消臭剤や部屋の 芳香剤なども考えられますよ。 トイレが巣箱より快適だから ハムスターがトイレの中で排泄はせずに 巣箱として利用している場合では、用意した巣箱よりもトイレのほうが丁度いいサイズであったり、過ごしやすい素材であったりと巣箱よりも 快適だと思っていることがあります。 ハムスターのトイレは、ハムスターが 落ち着いて排泄できるように作られているため、ずっとトイレにいるのは巣箱にしてしまっているのかもしれません。 トイレが巣箱よりも快適と思ってしまう原因としては、巣箱の素材や床材、広さが ハムスターに合っていないことが考えられます。 トイレの中は外から見えにくいから ハムスターが好む場所は、 静かで明かりの入らない落ち着ける場所です。 ハムスターがずっとトイレにいる場合、 外から見えにくいというトイレの性質を理解して、安心したいからかもしれません。 成長したハムスターでも トイレのほうが落ち着く子もいるため、排泄は他の場所で行っているならば、ずっとトイレにいること自体は特に心配する必要はありません。 家に来たばかりのハムスターに多い原因としては、ハムスターの巣箱を 頻繁に覗いていたり、まだ慣れていないのに 必要以上にスキンシップをとろうとしていることが考えられます。 Sponsored Link 砂浴びをしている ずっとトイレにいるハムスターに考えられるのは、 トイレの砂で砂浴びをしていることです。 トイレの砂に固まる砂を使っている場合は、 誤飲してしまうと危険なためトイレの砂の変更を考えましょう。 砂浴びできる場所をきちんと作っているにも関わらず、トイレにこもって砂浴びしている場合では、 砂浴びできる場所に問題があることも考えられます。 餌を食べている ハムスターがトイレにこもるのは、落ち着いて餌が食べたい、餌を取られたくない、と 餌をトイレに持ち込んで食べていることも考えられます。 ハムスターが落ち着いて餌を食べられる環境を作ってあげることが大切で、ハムスターが飼い主にまだ慣れないうちは、ケージの そばにいるだけでも警戒したり ストレスを感じてしまいます。 自分自身に置き換えて考えてみればわかることですが、知らない人にずっと見つめられていたり、見られているような気がしたら、落ち着いて食事なんてできませんね。 それと同じです。 ハムスターが 慣れるまでは、陰からそっと 見守ってあげましょう。 涼んでいる ハムスターがトイレにこもるのは、 夏場などの暑い時にもみられます。 自分で排泄した 尿で涼んでいるため、暑い時期にずっとトイレにいるようであれば、 室温調整をしてあげましょう。 ついつい電気代を気にして、エアコンをつけることをギリギリまで我慢してしまう方も多いです。 自分は我慢できても、ハムスターにとっては 迷惑な話となってしまうため、ハムスターが快適に過ごせることを 一番に考えてあげてくださいね。 実はエアコンは、1日中つけっぱなしにしても、切ったりつけたりを繰り返すよりも電気代は変わらないどころか 安くなることもです。 ハムスターに 直接エアコンの風が当たらないようにしてあげる必要はありますよ! ハムスターの環境を見直そう ハムスターがずっとトイレにいる場合やトイレにこもるのは、 ケージ内の環境がハムスターに合っていないことや、 飼い主の行動が少なからず関係しています。 もちろん、ハムスターの性格でトイレが大好きな場合もありますが、まずはハムスターの 環境を見直してみましょう。 ここでは、どんな 対策方法があるのか見ていきます。 ハムスターに合った環境を探してあげる ハムスターのケージの中は、トイレと巣箱を 対角線状に置くようにすることが基本とされています。 まずは 巣箱を変えてみて、それでもずっとトイレにいるようであれば、巣箱の 位置を変えてみましょう。 ハムスターにとって 動きやすい動線をつくってあげることが一番であり、基本にとらわれることはありません。 トイレと巣箱が ある程度離れていれば、どこに置いても問題はないため、トイレ、回し車、砂浴び場、吸水器、巣箱など、ハムスターが使いやすい場所に置いて、その ハムスターに合った環境作りをしてあげることが大切です。 飼い主の行動も ハムスターが飼い主に慣れるまでは 個体差があります。 気になって巣箱を覗き込んでしまいたい気持ちはわかりますが、ハムスターが慣れてくれるまでは 必要以上にかまうことはやめましょう。 だからといって、何もするなということではありません。 徐々にスキンシップの時間を増やしていくなど、 最初からいきなり慣れさせようと 無理をしないということです。 そっと様子を見ながら、 いつもと様子が違えば動物病院を受診させるなど、体調にも気をかけてあげてくださいね。

次の

ハムスターの行動ごとの気持ちは?

ハムスター 寝 て ばかり

しかし、そのどれもハムスターが巣箱から出てきて、様子が観察できるからこそ見れる表情や仕草…。 飼育し始めたのにハムスターが巣箱に入ってばかりで全然出てこない…。 と感じておられる方も多いのではないでしょうか? これはハムスターを飼った経験のある方の多くが感じる悩みです。 今回はハムスターが巣箱から出てこない原因を取り上げ、対処法を考えたいと思います。 スポンサーリンク ハムスターが出てこない…考えられる原因は? 野生で生活しているハムスターはとても警戒心の強い動物です。 それもそのはず。 小さな体で捕食者に立ち向かうこれといった特別な必殺技も持たないハムスターが身を守るためには、常に周囲を警戒するしかありません。 なるべく巣箱の中で過ごして、敵に見つからないようにするのが一番良い方法なのです。 でもせっかくハムスターを飼い始めたのに、家の中でも野生と同じ状態ではとても寂しいもの…。 ハムスターが警戒心を強めてしまう原因にはいったいどのようなことが考えられるのでしょうか? 環境に馴染めていない ペットショップから自宅に連れてきたばかりのハムスターの場合、環境に馴染めずに警戒心を強めて巣箱から出てこないことが考えられます。 ペットショップでは多くの他のハムスターと過ごしていたのに、新しい家に来たら一人ぼっち。 ハムスターにとってとても重要な自分の匂いも仲間の匂いもしない。 という状況では怯えてしまうでしょう。 環境に馴染めていない場合の対処法は? 新しく家に来たばかりのハムスターが巣箱から出てこないというのは環境の変化による当然の反応ですので、過度に気にしすぎる必要はありません。 逆にこのような時に巣箱から無理やり出そうとしたり、いきなり巣箱のふたを開けてハムスターを驚かせたりしないように注意が必要です。 そのような行動によって、はじめにハムスターに恐怖心を与えてしまうとハムスターは飼い主を敵として認識してしまい、今後仲良くすることがとても難しくなってしまいます。 一番の対処法はそっと見守り、エサを食べに出てきた時に飼い主から直接与えることです。 エサをもらえると分かればハムスターも飼い主を仲間として認識してくれるはずです。 根気強く待ってから少しずつ距離を縮めるようにしましょう。 しかし、飼い始めてからしばらく時間が経っているにも関わらず警戒心を強めて巣箱からでてこないという場合もあるかもしれません。 そのような時にはハムスターにとって大切な匂いが関係していることも考えられます。 嗅覚に頼って生活しているハムスターは自分の匂いがしなかったり、慣れない匂いがしていると警戒心を強めてしまう事があります。 巣箱やゲージの掃除をした時や新しくお家に連れてきた場合には、おしっこをした場所の床材をすべて捨ててしまうのではなく、巣箱の外にもおいてあげるようにしましょう。 巣箱の外でも自分の匂いがすると、そこも自分のテリトリーと考えて巣箱の中から出てきやすくなるはずです。 体調を崩している これまでは巣箱から出てきて元気に過ごしていたのに、突然巣箱から出てこなくなってしまうこともあります。 普段とは違う行動をしている場合は体調を崩していることが考えられます。 自然界では体調を崩して巣の外に出ることは直接命に関係する危険な行動ですので、飼育下でも同じように巣箱から出てこなくなってしまうことがあります。 体調を崩している場合の対処法は? 体調を崩している場合には症状を観察する必要がありますので、巣箱を開けて様子を見てあげましょう。 病気にかかっていたり、ケガをしていることも考えられます。 いつもと違う行動をしている場合にはよく観察し、異常があればすぐに動物病院へ連れて行くようにします。 寒がっている 野生ではハムスターは乾燥した砂漠地帯に住んでいる動物です。 気温が下がる季節や朝晩には巣箱に入って寒さを過ごします。 四季のある日本では冬の時期はハムスターにとって寒すぎる室温となってしまいます。 ハムスターは寒すぎると冬眠してしまうこともありますが、それは野生で生き残るためのやむを得ない手段ですので、飼育下では冬眠させないように気温を調整します。 巣箱を暖めるためのヒーターなどが販売されていますが、巣箱だけを温めていると余計に巣箱から出てこなくなってしまうこともあります。 ハムスターが寒い冬の間でも巣箱から出てきて観察できるようにするためには、飼育しているお部屋全体を暖めるようにしましょう。 スポンサーリンク ただただ眠い… ハムスターが巣箱から出てこない原因で最も多いのはこの眠気のせいかもしれません。 ハムスターは基本的に夜行性の動物です。 日中は巣の中で敵に出会わないように静かに過ごし、気温が高過ぎず、敵にも見つかりにくくなる夜間にエサを探します。 これはハムスターの本能的な行動のため、急にその生活リズムを変えさせることは難しいものです。 また、無理に起こしたり生活リズムを変えさせてしまうとホルモンバランスを崩したりストレスが溜まったりしますので、寝ているハムスターを無理やり巣箱から出すことはやめましょう。 ただ眠くて巣箱に入っている場合には、よくあくびをしていたり、夜間には活発に回し車で遊んでいたりします。 そのような場合には健康に異常があるわけではありませんので、静かに見守ってあげるようにしましょう。 ただただ眠い場合の対処法は? 健康に異常があるわけでなければ安心できますが、いくら健康でも昼間全くハムスターと触れ合えないのは寂しいものです。 眠くて巣箱から出てこないハムスターを巣箱から呼び出すために、エサを上手に使いましょう。 ひとつの良い方法は、エサを与える時間をきちんと毎日決めて守ることです。 巣箱やエサ入れに常にエサが入っていると夜間にエサを運んだり、人のいない時間に巣箱で食べていたりして全く観察することができません。 そのため、エサ入れに入れておくエサの量は最小限とし、エサを与える時間を決めるようにします。 またその時ハムスターの名前を呼びかけるようにしましょう。 ハムスターは嗅覚と共に聴覚もとても敏感な動物です。 いつも同じ名前を呼びかけてからエサを与えるようにすると、その声に反応して巣箱から出てくるようになります。 音と時間でエサがもらえる時を覚えさせて、巣箱から出てくるようにすることができるでしょう。 また、巣箱に入って寝ているハムスターの様子を観察する良い方法もあります。 販売されているハムスターの巣箱の中には巣箱の一部分が窓のように開閉できる構造となっており、外から観察できるように設計されているものもあります。 急に窓を開いて驚かせないように注意が必要ですが、寝ている姿でもハムスターを観察できるのはうれしいものです。 まとめ 本来、夜行性の動物であるハムスター。 私たちの活動する時間には巣箱で休んでいるのが普通ですが、体調を崩していたり、怖がって出てこれない場合もあります。 また、少しの工夫でハムスターと触れ合う時間を増やすこともできます。 ハムスターにとっても飼い主にとってもストレスなく触れ合う時間が見出せるように工夫しましょう。 スポンサーリンク - , , , , , ,.

次の

ハムスターが仰向けで寝るのは何故?その理由とは・・・

ハムスター 寝 て ばかり

Sponsored Link 人間の睡眠サイクルとの違い 私達は眠る時、ある程度まとまった睡眠を取ります。 でもハムスターはちょっと違うんですよ。 15分ほどの短時間睡眠を、 1日の中で50回から60回も繰り返しているのです! 多くの動物は短時間の睡眠サイクル ハムスターに限らず、実は 犬や 猫などのペットを始め、 多くの野生動物は、本来上記のような 短時間の睡眠サイクルなんですよ。 野生では安心しきって長時間眠ってしまうと、 天敵に襲われやすくなってしまいます。 短時間の睡眠を繰り返すとはいっても、 昼間は夜中に比べると寝ている事のほうが多いんですよ。 関連記事: 昼間の睡眠は体力を温存する為のもの 元気に回し車を回したり餌を食べたり、 巣床を整えたり… 夜のハムスターはやる事がいっぱい! キッチンペーパーなど、巣材になるものを数枚入れておくと、 朝にはシュレッダー顔負けの細かさに破かれ、 ふかふかのベッドが出来上がっていたり…。 回し車を走らせては少し休み、また走らせる、という行為を 何十分にも渡って繰り返していたり…。 あんなに小さな体なのに、 一晩で使う体力やエネルギーは相当なものです。 夜中にたくさん活動する為に、 昼間は必要最低限のエネルギー消費でバランスを取っているんですね! Sponsored Link ハムスターが活発になり始める時間帯を選ぶ 上記の理由から、 昼間に積極的に小屋の掃除をしたり散歩に連れ出すのは、 ハムスターにとって 生活サイクルを乱され、 ストレスを与えてしまう事になりかねません。 日が沈んでから、20時以降を目安に 日が沈む頃、ハムスターは段々と活動し始めます。 出来れば20時頃までにお世話をするのが良いでしょう。 なるべく同じ時間帯にお世話するようにしましょう! お世話の時間が決まって来ると、 ハムスターの方でもそれを覚えます。 ハムスターの 平均睡眠時間は約14時間• その中で15分程度の短い睡眠を、 1日に50~60回ほど繰り返す 「短時間睡眠型」• ハムスターに限らず、多くの動物は「短時間睡眠型」• ハムスターは 夜行性。 お世話や散歩を行う際は 昼間の時間帯を避け、20時頃までに行うと良い• 仕事の都合などで20時を過ぎても構わないが、 その際は お世話をする時間がバラバラにならないように!• でも、• 夜中もあまり巣箱から出ている様子が見られない•

次の