扁桃炎 冷やす。 季節の変わり目は要注意!扁桃炎の原因と治療法|ベネッセ教育情報サイト

扁桃炎による高熱に負けない!

扁桃炎 冷やす

扁桃炎に効く食べ物 はちみつ のど飴にも多く含まれている はちみつには、ウイルスを殺菌してくれる効果があります。 そのため、風邪などのウイルス性疾患にかかっている喉の炎症を抑える働きもあるため、扁桃炎の痛みにも効果抜群の食材です。 はちみつは、のど飴やジャム、ジュースなど様々な商品で扱われているので、すぐに購入、摂取することが可能ですね。 また、はちみつそのものを使って料理や飲み物に混ぜるなど、色々な方法で摂取できますので、飽きがくることなく続けられそうですね。 玉ねぎ 玉ねぎは、「硫化アリル」という万能成分が多く含まれる食材です。 様々な効果がありますが、疲労回復や免疫力アップ、血液の流れを良くするとともに、抗菌や殺菌作用、そして喉の炎症を抑える作用もあります。 水溶性の成分ですので、調理する場合は長く水にさらすことは避けましょう。 サラダなどで生のまま、またはスープに入れたりすれば、余すことなく摂取できますね。 大根 大根おろしなどで出た 大根の汁には、実は喉の炎症を抑える作用があるんです。 そして大根は、免疫力をアップし、喉の痛みに効果のあるビタミンCも含んでいますので、消炎効果とともにおすすめです。 また最近では、はちみつに大根を漬け込んだ「はちみつ大根」とが注目されています。 喉によいはちみつと大根を使用したレシピですので、扁桃炎対策の効果はかなり期待できそうですね。 レモン レモンの殺菌作用と、レモンに多く含まれるビタミンCが、扁桃炎の悪化を防いでくれます。 みかんやグレープフルーツ、柚子などの柑橘系やマンゴーも、レモンと同じくビタミンCが豊富に含まれる食材なのでおすすめです。 ただし、柑橘類の酸味が喉への刺激になる場合があるので、摂取量には気を付けましょう。 ヨーグルトに混ぜるなどすると、喉の痛みがある場合でも摂取しやすくなりますよ。 カリン はちみつと同じく、のど飴で非常におなじみの カリンですが、咳や痰を鎮めるとともに、喉の痛みを軽減する効果が非常に期待できます。 のど飴が最も手軽ですが、カリンジャムとはちみつをお湯に溶かしたホットカリンは、炎症からくる喉の痛みに特におすすめです。 レンコン レンコンの葉を煎じてさまし、その汁でうがいをすると、喉の炎症が治まります。 また、レンコンに含まれるタンニンという成分が、唾液を分泌させ潤いをもたせてくれる作用があるので、昔からのどに良い食べ物だと言われています。 他にも、レンコンのおろし汁と生姜のおろし汁を合わせて塩コショウで味付けをした、レンコン生姜汁も良いでしょう。 煮物やスープなどでも十分効果は期待できますので、アレンジを加えて摂取しやすい食材ですね。 ビタミンB2が含まれる食材 ビタミンB2には、喉の粘膜を強くするだけでなく、傷ついた喉の粘膜を再生させる働きがあります。 そしてビタミンB2は、• 卵、牛乳などの乳製品• ウナギ• レバー• ほうれん草などの緑黄色野菜 これらに多く含まれています。 しかしビタミンB2は水溶性なので、調理の際には洗いすぎに注意し、煮汁もそのまま利用するように心がけましょう。 喉の粘膜の健康を維持するには欠かせない成分ですので、日頃から食事やサプリメントで取り入れていきたいですね。 まとめ 以上、扁桃炎に効く食べ物7選を紹介しました。 また食材ではありませんが、 緑茶に含まれるカテキンは抗酸化作用を含むので、高い殺菌効果がありますよ。 暖かい緑茶をゆっくり時間をかけていただくと、喉への負担をかけることなく殺菌できるのでおすすめです。 また 市販薬を併用したい場合は、下記記事を参考にしてみてください。

次の

扁桃腺の腫れの治し方。早く処置しないと危険かも!?

扁桃炎 冷やす

風邪を引いたときなどによく「 扁桃 へんとう 腺が腫れている」と言われることもあるように、は誰でもかかりうる病気です。 しかし、その原因となる病原体や重症度はさまざまです。 その原因は何なのか?どのようにしてうつるのか?など、医師が解説します。 咽頭とは、鼻の奥から食道までの空気や食べ物が通過するところです。 咽頭のさらに奥には喉頭があり、気管の入り口になります。 食べ物が気管に入りこまないように蓋(喉頭蓋)をしたり、発声に必要となる声帯があったりします。 咽頭は、空気も食べ物も通る部分であるので、外から入って原体を防ぐはたらきをします。 リンパ組織の集まりである扁桃には、鼻の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)、口の奥の両側にある口蓋扁桃、そして舌の付け根にある舌根扁桃の4つがあり、輪のようになって病原体を防ぐ関所の役目をしています。 *扁桃の語源…扁桃とは、もともとアーモンドの別名です。 リンパ組織が集まって丸くなった部分(口蓋扁桃)がアーモンドの種子の形に似ていることから、「扁桃」と呼ばれるようになりました。 「扁桃腺が腫れている」と言うこともありますが、近年では「扁桃腺」ではなく、「扁桃」と呼ぶことのほうが多いです。 急性扁桃炎とは? とは、免疫機能を持つ扁桃が感染症などの病原体に感染して、急激に炎症を起こしている状態です。 上述の咽頭扁桃(アデノイド)、口の奥の両側にある口蓋扁桃、舌根扁桃の4つのうち、特に口蓋扁桃(のどちんこの横のやや下、舌の付け根の両側にある丸く盛り上がった箇所)に炎症を起こすことが多いです。 症状は発熱やのどの痛みなどがあり、重症化すると飲食ができないほどのどが痛むこともあります。 また、急性扁桃炎は長引いたり繰り返したりする場合もあります。 そのほか、などの合併症を併発する場合もあり、注意が必要な病気であるといえます。 急性扁桃炎の原因は? の原因としては、口や鼻から病気の原因になる微生物が入ってきて、咽頭や扁桃の粘膜に取りつくということが考えられます。 や急性糸球体腎炎といった合併症が起こりうることから、重要な原因といわれています。 またウイルスでは、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルス、EBウイルスなどが知られています。 このほか、性行為で感染する病原体(、淋菌、、ウイルス、ヒトパピローマウイルス、HIVウイルス)なども、原因となることがあります。 こういった微生物は、いわゆる風邪の原因でもあります。 急性扁桃炎は、風邪を引いたときの症状のひとつとして生じることもあります。 急性扁桃炎はほかの人にうつるの? 原因が細菌であってもウイルスであっても、微生物を含んだ唾のしぶきが飛ぶといったことによってほかの人に感染が広がる可能性があり、主に飛沫感染もしくは接触感染をします。 また、空気感染が起こりうるとする説もあります。 原因となる細菌・ウイルスを同定するため、周辺でどのような感染症が流行しているかということも、診断のために重要な情報です。 急性扁桃炎の予防方法は? 身近にの人がいる場合、感染拡大を防ぐためには、よく風邪や予防で言われていることに注意しましょう。 手洗い、うがい、マスクの使用、咳エチケット、食器を共有しない、抵抗力をつける(しっかり栄養を摂り、睡眠・休養を心がける)、口や鼻を触る前には手を洗う(共有物を触った手で口や鼻を触らない)というようなことです。 仕事や学校は休むべきなの? に共通して、一律に「何日仕事(もしくは学校)を休まなければならない」というようなことは決まっていません。 ただし、に伴って急性扁桃炎が起こっている場合には、インフルエンザ感染症として出勤(出席)停止となります。 また、アデノウイルスに感染すると、のどだけではなく、目に(など)を起こすことがあります。 アデノウイルスによる結膜炎は感染力が強いため、感染性がないという診断を受けるまでは出勤(出席)停止になります。 同じ急性扁桃炎であっても、仕事ができる程度に症状が軽い場合もあれば、高熱で寝込むほどつらく、飲食できない、口をあけるのも痛いという場合もあります。 どの程度のつらさを感じているかについても、急性扁桃炎の重症度判断のために重要な情報になります。 最後に は、細菌・ウイルスが咽頭や扁桃に取りつくことで起こると考えられています。 予防のため、日頃から手洗いうがい、十分な栄養補給と休養を心掛けましょう。

次の

扁桃腺の腫れの原因?治し方?

扁桃炎 冷やす

は扁桃に炎症が生じている状態を指します。 一般的には、急性炎症を生じると、その症状が長く続く(繰り返される)があります。 どちらも、のどの痛みや発熱、 倦怠感 けんたいかん などの症状を伴うほか、食べ物や飲み物、場合によっては唾液まで飲み込めなくなるほどの強い痛みが現れることがあります。 日常でかかりうる病気ですが、その原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 また、人にうつることはあるのでしょうか。 この記事では扁桃炎の原因や感染経路、予防対策などの疑問について医師がお答えします。 扁桃炎の原因は? 急性扁桃炎 の原因はなどの細菌やウイルスです。 原因となるこのような病原菌は風邪や疲労、ストレスなどによる免疫力の低下によって増殖し、のどの乾燥や急激な気温の変化なども影響します。 子どもの急性扁桃炎で、発熱を伴うものはウイルス感染によるものが多く、とくに高熱になることもあります。 急性扁桃炎が繰り返される場合、の1種である習慣性もしくは反復性扁桃炎といいます。 このような習慣性扁桃炎は、1年に4回以上、2年に5~6回以上の頻度で繰り返されるものを指します。 炎症は深部まで達していることが多く、全身状態の変化によって炎症が広がることがあります。 発症のピークは、5~6歳前後であり、多くの事例で10歳までに改善しますが、成人まで病巣が残ることもあります。 慢性扁桃炎 慢性扁桃炎には慢性単純性扁桃炎、習慣性扁桃炎、扁桃病巣感染症の3つが含まれます。 単純性扁桃炎は成人に発症することがほとんどであるという特徴があります。 その原因としては急性扁桃炎から移行する場合と、や飲酒、刺激となる化学物質の吸入などによる持続的な刺激から引き起こされることが挙げられています。 感染の経路としては、くしゃみなどによって飛び散る飛沫感染と、手などで触れることによる接触感染があります。 原因菌のひとつであるアデノウイルスは非常に強い感染力をもち、プールの水も感染経路になります。 子どもに多い夏風邪の原因のひとつとされており、扁桃の炎症、発熱に加えて、目の結膜の炎症(目やに、目の充血)が症状としてみられます。 扁桃炎の原因はウイルスもしくは細菌であり、原因がどちらであってもほかの人にうつる可能性があります。 このためを患っている人だけでなく、周囲の方も感染予防のために手洗いやうがいを行うことが大切になります。 扁桃炎の予防対策って? はウイルスもしくは細菌によって感染するため、予防では手洗い・うがいが大切になります。 外出から戻った際は、肌に細菌が付着している可能性があり、人が多い場所では飛沫感染などの危険性があるので注意が必要となります。 そのため、手洗いとうがいを念入りに行うようにしましょう。 ウイルスや細菌が口や鼻から入ることを防ぐためには、マスクをすることも有効です。 マスクはこのような感染の経路を断つ効果に加え、自身の手が鼻周辺に触れることを防ぐ効果も期待できます。 ウイルスのなかでも、ウイルスは毎年冬に流行する傾向があります。 このため、特に冬期の感染予防が大切です。 予防には、体の免疫力を高めておくことも大切であり、栄養バランスのよい食事と十分な睡眠をとること、体を動かすこと、ストレスをためないことなども重要です。 急性扁桃炎への早期対応がの予防につながります。 このような急性からの移行に加えて、慢性扁桃炎は化学物質などの刺激から起こることもあり、刺激物の吸引を少なくして室内の換気を十分に行うことが予防につながります。 最後に の原因にはさまざまなものがあり、人にうつる可能性もあります。 日ごろから手洗い・うがいなどの予防対策をすることも大切です。

次の