あさり バター 酒 蒸し。 あさりの酒蒸しバター醤油にんにくキャベツの使い方

あさりのバター醤油のレシピ/作り方:白ごはん.com

あさり バター 酒 蒸し

あさりの酒蒸しのレシピ/作り方 酒蒸しはシンプルな調理法だけに、あさりから出るうまみをシンプルに楽しみたいものです。 あさり単体でも美味しいのですが、 長ねぎや三つ葉、水菜やせり、きのこ類、キャベツなどの野菜もいっしょに酒蒸しにするのがおすすめです!• 今回は家庭で用意しやすい長ねぎと三つ葉を合わせます。 長ねぎは斜め薄切り、三つ葉は2〜3㎝幅に切ります。 鍋に長ねぎを広げ入れ、あさりと分量の酒を加えます。 鍋に蓋をして強めの中火にかけ、酒が沸騰したら少し火を弱めます(ここで蓋を開けて確認してOK)。 蓋を戻して 目安としてあさりの口が開くまで2〜3分待ちます。 あさりが開き始めるとカチカチと小さな音が鳴りはじめます。 そうなれば蓋を取り、あさりの口がすべて開けば三つ葉を加え、軽く混ぜ合わせて完成です。 汁ごと器に盛り付けます。

次の

あさりの酒蒸しバター醤油にんにくキャベツの使い方

あさり バター 酒 蒸し

(1)あさりをフライパンに入れ、お酒をかけます。 (2)透明なフライパン蓋をして強火にします。 (3)ゆすりながらすべてのアサリの貝の口を開かせます。 (4)弱火にしてバターと醤油を入れ、ネギを散らして、火を止めます。 ね、とても簡単ですよね。 あさりの酒蒸しの注意ポイント ポイントは、貝の口が開いたら、あまり 火を入れすぎないことです。 火を入れすぎると、あさりの身がしまって固くなってしまいます。 ふっくら美味しい酒蒸しに仕上げるには、貝の口が開いたらすぐに弱火にして、火を入れすぎないようにしましょう。 また、あさりの貝はいったん開けば、あとは余熱で開いていきます。 フライパンの蓋は、透明ガラスがオススメです。 密封性もよく、中の様子が見えて便利です。 他の料理でもとても重宝しますので、フライパンの大きさに合わせたものを1つ用意しておくといいですね。 酒蒸しのお酒は、日本酒に限りません。 アサリのワイン蒸しも美味しいですし、お子様が小さいうちは お酒なしのバターだけで作っても美味しいですし、 逆に和風が好きな方には、 バターなしでお酒だけというのもイケマスね。 お醤油は入れすぎると辛くなります。 塩抜きをしていないアサリの場合、もともとが塩っ辛い場合がありますので、少量の醤油の味付けで1つ食べてみて、足りないようなら醤油を足す・・・とした方が間違いがありません。 (1)あさりとキャベツをフライパンに入れ、お酒をかけます。 (2)透明なフライパン蓋をして強火にします。 (3)ゆすりながらすべてのアサリの貝の口を開かせます。 (4)弱火にしてバターを入れ、塩コショウをしてネギを散らして、火を止めます。 こちらも要するに、 キャベツが加わっただけです。 水分は、キャベツを洗ったときに葉っぱについている水で十分です。 水気が足りないときには、30ccくらい足してもいいですが、あまり水分が多いとべちゃべちゃになります。 焦げない程度の蒸し焼きと思って作れば、ちょうどしんなり美味しいです。 お子様向けには、ハムやコーンを入れても美味しいです。 水分が多すぎたなと思ったら、逆にもっと足して、 スープ仕立てにしても喜ばれます。

次の

あさりのバター醤油のレシピ/作り方:白ごはん.com

あさり バター 酒 蒸し

(1)あさりをフライパンに入れ、お酒をかけます。 (2)透明なフライパン蓋をして強火にします。 (3)ゆすりながらすべてのアサリの貝の口を開かせます。 (4)弱火にしてバターと醤油を入れ、ネギを散らして、火を止めます。 ね、とても簡単ですよね。 あさりの酒蒸しの注意ポイント ポイントは、貝の口が開いたら、あまり 火を入れすぎないことです。 火を入れすぎると、あさりの身がしまって固くなってしまいます。 ふっくら美味しい酒蒸しに仕上げるには、貝の口が開いたらすぐに弱火にして、火を入れすぎないようにしましょう。 また、あさりの貝はいったん開けば、あとは余熱で開いていきます。 フライパンの蓋は、透明ガラスがオススメです。 密封性もよく、中の様子が見えて便利です。 他の料理でもとても重宝しますので、フライパンの大きさに合わせたものを1つ用意しておくといいですね。 酒蒸しのお酒は、日本酒に限りません。 アサリのワイン蒸しも美味しいですし、お子様が小さいうちは お酒なしのバターだけで作っても美味しいですし、 逆に和風が好きな方には、 バターなしでお酒だけというのもイケマスね。 お醤油は入れすぎると辛くなります。 塩抜きをしていないアサリの場合、もともとが塩っ辛い場合がありますので、少量の醤油の味付けで1つ食べてみて、足りないようなら醤油を足す・・・とした方が間違いがありません。 (1)あさりとキャベツをフライパンに入れ、お酒をかけます。 (2)透明なフライパン蓋をして強火にします。 (3)ゆすりながらすべてのアサリの貝の口を開かせます。 (4)弱火にしてバターを入れ、塩コショウをしてネギを散らして、火を止めます。 こちらも要するに、 キャベツが加わっただけです。 水分は、キャベツを洗ったときに葉っぱについている水で十分です。 水気が足りないときには、30ccくらい足してもいいですが、あまり水分が多いとべちゃべちゃになります。 焦げない程度の蒸し焼きと思って作れば、ちょうどしんなり美味しいです。 お子様向けには、ハムやコーンを入れても美味しいです。 水分が多すぎたなと思ったら、逆にもっと足して、 スープ仕立てにしても喜ばれます。

次の