ボディ コンバット 81。 ボディバランス曲・動画・効果

ボディコンバット 81 曲 試聴

ボディ コンバット 81

ボディコンバットのイベントで盛り上がるおすすめ曲リスト という事でさっそくボディコンバットで使用されてきた楽曲の中で、特にファンの間で人気の高いものを紹介していきましょう。 ボディコンバットの曲はイベントのときなど 特に古い曲が好まれる傾向にあります。 僕自身もやはり最近の(70番台)の曲よりも、60番台以前の曲の方が好きです。 それはボディコンバットの曲が 最近は原曲のものをそのまま使う傾向にあったり、ヒップホップ系の曲調にシフトしてきて変わりつつあるからです。 以前の曲はトランス系の音楽が多くて、より日本人がレッスンで盛り上がりやすい音楽が多かったように思うのです。 ということで 40番台、50番台、60番台に分けて人気のある過去曲をまとめてみました。 あなたのお気に入りの曲は入っているでしょうか? ボディコンバット40番台おすすめ曲 The Last Fight 48-7 この曲はボディコンバット48番の7曲目 「ムエタイ」に使用されている曲です。 疾走感あるギターサウンドと、ムエタイのアグレッシブな動きがマッチした曲です。 とてもカッコいい曲ですし、 ディセンディングエルボーや ランニングマンニーなどの代表的な動きも入ってます。 個人的にはお気に入りのムエタイソングですね! What Do You Want From Me 41-8 この曲はボディコンバット41番の8曲目 「パワートレーニング3」に使われている女性アーティストの曲です。 アップテンポなビートに合わせてたくさんパンチを打っていきます。 最近ではあまり見かけなくなった、 スピードボールなんかも入っている曲ですね。 この曲は、ボディコンバット49番の4曲目 「コンバット2」に使われていた曲です。 空手の型も多く使用されており、静寂の中で動きに集中する場面も多く盛り込まれています。 そんな空手の型に合わせた音楽が、スタジオをまるで映画の世界に引き込んでくれるように感じさせてくれる 『Lord of The Rings』を選ばせていただきました。 この 『See The Light』はとにかく 曲のイントロがヤバイんです!! 一瞬の静寂からこれから始まる最後の戦いを想像させてくれ、鳥肌が立ちそうになってしまうくらいの曲です。 動きが始まった後もカッコいい音楽がずっと続いて、レッスンに参加させてくれている全員を魅了してくれます。 ボディコンバット50番台おすすめ曲 続いて50番台のボディコンバットおすすめきょくに移っていきましょう! 50番台も名曲がたくさんあり、通常レッスンでも使われると楽しくなってしまいます! Hymn 56-3 この曲はボディコンバット56番の 「パワートレーニング1」から選ばせていただきました。 あまり足を使って移動することはない動きですが、その分足を止めて多くのパンチを打ちまくっていきます。 そんなまさに ボクシングの打ち合いに没頭できる、アドレナリン全開の音楽です。 非常にテンションが上り爽快感もマックスに達するこの曲をまだ知らない方は、 ぜひインストラクターにリクエストしてみてください。 パワートレーニング3あるあるで、 イントロで一度静けさを作り徐々に音楽が盛り上がっていく曲調になっています。 イントロの歌い出しが本当に素敵で、思わず歌いだしたくなってしまう曲ですね。 Let It Rock 55-7 この曲はボディコンバットの55番に使用されている7曲目 「ムエタイ」の曲です。 超アグレッシブな気分にさせてくれる音楽が特徴で、 曲の7割はニーを打ち続けるというクレイジーな動きにまさにぴったりです!(笑) ひたすら打つニーと、 ジャンプニーがもう完全に理性を崩壊させトレーニングゾーンに突入させてくれる曲ですごく大好きな音楽です! Roll Over Beethoven 57-5 この曲は気分がとても楽しくなる 「パワートレーニング2」の使用曲です。 あの 「ビートルズ」が原曲のアーティストという有名曲です。 現在のボディコンバットとは全く違った内容のパワートレーニング2で、 イベントなどでやるとすごく盛り上がりますね! スピードボールや、前後左右の4方向に向けてパンチを打つ アラウンドザワールドなど、バラエティに富んだ動きが出てくるのも特徴的です。 水平に打つチョップや ディコイスイッチなどトリッキーな動きが出てくる曲です。 ピアノ伴奏で始まるイントロで空手の動きが入るところから、どんどんビートが上がっていくところがカッコいい曲ですね。 Someone Like You 62-1 この曲はボディコンバット62の1曲目 「ウォームアップ」で使用されていた曲です。 ウォームアップにふさわしく、聞くだけで 「これからレッスンが始まるんだぁ~!」という高揚感を与えてくれます。 後半の下半身のウォームアップでは 『Home Alone』という別の曲が使われますが、こちらも違った雰囲気のアグレッシブな曲で最高です。 拳と心の両方に火を点けてくれる曲ですね! Power Of Love 62-8 もう一度ボディコンバット62番から選曲です。 「パワートレーニング3」の曲に使われており、とても盛り上がる部分と少し落ち着いて独創的なピアノサウンドが入ってくる構成が大好きな曲です。 途中で音楽が止まって、その後音楽が徐々に盛り上がる形は本当にテンションが上ります! 思わずハイタッチがしたくなってしまうような音楽をぜひ楽しんでみてくださいね! ただちょっとだけ、楽曲の演奏時間が長いので動きを覚えるのは少しハードかも知れません。 今まで紹介してきた曲や、それ以外にも自分の好きな曲を実際のレッスンに使用してもらいたい場合には、 担当インストラクターに直接使ってもらえるように交渉するというのも良いかも知れませんね。 ただしインストラクターさんによってレッスンできる曲の数が違います。 経験の長いインストラクターの方が、過去曲を多く持っている場合が多いので、 ここ1・2年のデビューのインストラクターでは中々昔の曲は厳しいですね。 また聞いた話ですが、原則としてレスミルズのレッスン使用曲は可能な限り20番以内の曲を使用して欲しいというのがあるそうです。 そこも加味して選曲をお願いするようにしてみましょう。 皆さんそのくらいの情報はすぐに教えてくれるはずです。 その後メモしておいた曲名を、 動画サイトのYouTubeなどで検索してみてください。 ただしYouTubeで出てくる曲は、ほとんどが 原曲のまま出てきます。 ボディコンバットでは曲のテンポを早めてたり、シンセサイザー音などでアレンジを加えている楽曲がほとんどです。 それによってボディコンバットで聞いていた曲調と、原曲とではまた違った印象を受けるでしょう。 原曲の曲調で気に入ったら、 iTunesストアなどでその曲を探してみてください。 きっとあなたの気に入ったボディコンバットの曲が見つかることでしょう! ボディコンバットのイベントで盛り上がるおすすめ人気曲まとめ• ボディコンバットのイベントなどのおすすめ曲は40~60番台の曲がいい• お気に入りの曲はインストラクターにお願いして、レッスンで使用してもらうのもあり• 気に入った曲などあればインストラクターに曲名を聞いて、iTunesストアなどで検索してみると探しやすい 以上がボディコンバットのレッスンやイベントで盛り上がるであろう曲についての記事でした。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!.

次の

ボディコンバット

ボディ コンバット 81

ニュージーランド生まれのヨガ系エクササイズ「ボディバランス」(Body Balance)の情報ページです。 ボディバランスは、音楽に合わせてヨガのポーズやストレッチ、体幹トレーニングを行う運動です。 太極拳やピラティスなどの動きも組み込まれています。 ジムで行われる通常のヨガよりもやや強度が高めで、消費カロリーも多めです。 コナミスポーツ、ジョイフィット、ジェクサー、ダンロップなど全国各地のジムでレッスンが行われています。 世界トップの運動プログラム開発会社「レスミルズ」(ニュージーランド)が3か月ごとに新しいメニューを考案しています。 当ページでは、ボディバランスの曲や動画、効果などを紹介しています。 新曲やバックナンバー(過去の曲)のYoutube動画の一覧もあります。 最新曲は2019年4月からスタートする「ボディバランス84」です。 ~MOVE ヨガ的なエクササイズ ボディバランス(BODY BALANCE)は、ヨガやピラティスを組み合わせた体幹トレーニングです。 ストレッチの効果もあります。 全世界に普及しており、日本ではコナミスポーツやジェクサー、ジョイフィットなど全国フィットネスクラブで行われています。 ニュージーランド発のレスミルズプログラムは世界で100万人以上の参加者がいますが、ボディバランスはその中の人気種目の一つです。 静かだが、けっこうハード ボディバランスは、ヨガ、太極拳、ピラティスの動きを組み合わせたトレーニングです。 音楽にあわせてポーズを取る、やや静かめなプログラムです。 いわゆる「調整系」のエクササイズになります。 動きがゆっくりなので、運動が苦手な人やシニアの方でも参加できます。 パワーヨガに近い ただ、レスミルズが作るだけあって、一つ一つのポーズや動きを真剣にやろうとすると、かなりハードです。 普通のヨガより難しい「パワーヨガ」に近いです。 類似プログラムとして、MOSSAの「グループセンタジー」、ラッディカルフィットネスの「オキシジェノ」などがありますが、ボディバランスのほうが強度・難易度が高いです。 効果 ボディバランスはコア(体幹)の筋力アップが期待できます。 脂肪が燃焼し、シェイプアップ効果を感じやすいです。 全身のストレッチ効果が高く、柔軟性を向上させることができます。 バランス力もつきます。 ドタバタした激しい動きがないのに、汗をたくさんかいてスッキリできます。 ボディヒーリング ボディバランスは、日本では以前「ボディヒーリング」と呼ばれていました。 その名の通り、様々な形のストレッチをすることで、リラックス効果が得られます。 ジムのスタジオで心地の良い音楽(曲)にあわせて、体と心を癒しながら鍛えていきます。 場所(店舗) コナミ ボディバランスは、日本最大のフィットネスクラブ「コナミスポーツ」が採用しています。 ジェクサー、ジョイフィット、ダンロップなど このほか、JR東日本系の「ジェクサー」、独立系の「ジョイフィット」、住友ゴム系の「ダンロップ」などでもボディバランスのクラスが毎週行われています。 レズ・ミルズ ボディバランスを提供しているニュージーランドの「レズ・ミルズ・インターナショナル」は、世界トップのエクササイズ開発会社です。 アジアや欧米、中東など全世界に普及しています。 ボディバランス以外にも、「ボディパンプ」「ボディコンバット」「ボディステップ」「ボディジャム」など様々な種類のエクササイズがあります。 ポーズ 世界中同じポーズ ボディバランスはあらかじめポーズや流れが決められていて、インストラクターの動きに合わせ、参加者みんなで同じ動きをします。 一体感があるので、家で一人でエクササイズするよりも楽しく体を動かせます。 太陽礼拝 「サン・サルテーション(太陽礼拝)」などのヨガの基本ポーズや、「スタンディング・ストレッチ」「ヒップオープナー」「ツイスト」といったストレッチが組み合わせています。 <基本動作> 名前 内容 タイチ 太極拳を意味する。 サン・サルテーション 太陽礼拝とも呼ばれる。 立つ、前に上半身を曲げる、反るを繰り返す。 ヒップ・オープナー 股関節を開くという意味。 立位、横位ともに様々なポーズがある。 ツイスト ねじりのポーズ。 主に体幹をねじり、硬くなった筋肉をほぐす。 フォワード・ベンド 前屈のポーズ。 股関節を軸に上半身と下半身を屈曲させる。 背面部全体、脚部を伸ばす。 メディテーション 瞑想のこと。 心身の疲れを癒すとともに、集中力を高める 45分と60分のクラス 初心者は30分クラス ボディバランスは、45分間と60分間のレッスンが主流です。 初心者の方のため30分クラスもあります。 音楽は全部で12曲 ボディバランスは音楽が12曲用意されています。 60分のクラスだと、すべての曲を使います。 新曲は1月、4月、7月、10月の年4回 ボディバランスの曲は年に3か月ごとに新しいものに入れ替わります。 1月、4月、7月、10月の年4回、新曲がスタートします。 新曲が始まる前月くらいに、一部のスポーツクラブで新曲発表会が行われます。 オークションにDVDも ヤフオクなどのオークションには、公式DVDが出回ることもあるようです。 (JOY. Eden&Father Dude) サン・サルテーション 「トゥ・ビー・フリー」 (To Be Free) LDRU (エル・ディー・アール・ユー) スタンディング・ストレングス(立位筋トレ) 「プレイング」 (Praying) ケシャ (Kesha) バランス 「ビューティフル」 (Beautiful) ダン・オー、ファスター・ザン・ライト、カラーズ・オブ・ジュピター、エド・ワーカ (Dan Aux, Faster Than Light, Colours of Jupiter, Ed Waaka) バランス 「アイ・ライク・ミー・ベター」 (I Like Me Better) ラウヴ (Lauv) ヒップ・オープナー 「ユア・ソング」 (Your Song) リタ・オラ (Rita Ora) コア・アブドミナルマッスル(腹筋) 「ドント・テル・ミー」 (Don't Tell Me) ルーエル (Ruel) コア・バック 「セーブ・ユアセルフ」 (Save Yourself) バーディー (Birdy) ツイスト 「アウトロ」 (Outro) ジス・ペール・ファイア (This Pale Fire) フォワード・ベンド&ハムストリング(太もも裏の筋肉) 「ウォーキング・オン・エア」 (Walking On Air) スタントン・ラニアー (Stanton Lanier) リラクゼーション&メディテーション 「フェティッシュ」 (Fetish) セレーナ・ゴメス ft グッチ・メイン (Selena Gomez ft Gucci Mane) リラクゼーション&メディテーション <ボーナストラック> 「ワイルド・ソーツ」 (Wild Thoughts) DJキャレド ft リアーナ、ブライソン・ティラー (DJ Khaled ft Rihanna, Bryson Tiller) ヒップ・オープナー 「レイ・イット・オン・ミー」 (Lay It On Me) ヴァンス・ジョイ (Vance Joy) ヒップ・オープナー MOVE編集部による評価 ボディバランスは、ヨガとピラティスのそれぞれの良いところを採用した優れたプログラムだと思います。 ヨガ・ピラティス系のプレコリオプログラムでは最高級ではないでしょうか。 落ち着いてポーズする場面も 落ち着いてヨガのポーズができる時間が設けられています。 そこで自らの体の状態を見つめたり、呼吸をしながら屈伸を深めたりすることができます。 米国MOSSAのグループセンタジーのように一つ一つのポーズの時間が短すぎて、ドタバタすることが少ないです。 呼吸を意識しやすい しっかりと呼吸を意識するようにプログラムされているのも魅力です。 どのタイミングで息を吐き、どのタイミングで吸えば良いのかが、比較的分かりやすいです。 この点も、呼吸を調整する余裕を持ちづらいセンタジーよりも良い点です。 チャレンジング チャレンジングなポーズ(難しいポーズ)に挑戦する場面もあります。 そこで難しいと感じるときは、より簡単なポーズを選ぶことができます。 こうした強度の高いポーズや動きを繰り返すことで、大量の汗が出ます。 バランス感覚も養える バランス力をつけるポーズもあり、バランス感覚を養うことができます。 落ち着いた音楽 レッスンで使用される音楽は、静かで落ち着いた雰囲気です。 クラシックっぽい曲が中心です。 この点もポジティブに評価できます。 グループセンタジーのようにアップテンポな音楽で無理に勢いづかせるところがありません。 ヨガとピラティスの明確な切り分け また、前半の「ヨガパート」と後半の「ピラティスパート」がくっきりと分かれているのも良いです。 気分をしっかりと入れ替えて、心と体のモードを調節することができます。 バレエ的な動きも ボディバランスには、バレエ的な動きも採用されています。 指先までを意識しながら、美しさを追求できます。 太極拳 太極拳も中途半端でなく、しっかりとした形で取り入れています。

次の

ボディアタック・ボディコンバット・ボディジャム等の練習用の...

ボディ コンバット 81

ボディコンバットとは 全国スポーツクラブの格闘技プログラム ボディコンバット(BODY COMBAT)は、格闘技エクササイズです。 コナミスポーツやNAS、ジョイフィット、ジェクサーなど全国フィットネスクラブで行われています。 総合運動プログラム「レスミルズ」の人気種目の一つです。 キックボクシングやムエタイ、テコンドー、 ボディコンバットは、キックボクシングが基本です。 それに、テコンドー、空手、ムエタイ、ボクシング、太極拳、カポエイラなどの技や動きを組み合わせています。 ジムのスタジオに集まり、音楽(曲)にあわせて、インストラクターを見ながら、あらかじめ決められた振り付けで動きます。 パンチとキック 痩せる運動 ボディコンバットには、あまり複雑な動き(振り付け)はなく、パンチとキック、そしてガード(防御)を繰りします。 上半身と下半身の様々な筋肉を使うので、消費カロリーが高く、「痩せる運動」として人気があります。 ストレスが溜まっている人にも向いています。 場所(店舗) コナミ、NAS、ジェクサー、ジョイフィットなど ボディコンバットは、日本最大のフィットネスクラブ「コナミスポーツ」が採用しています。 全国のスタジオで定期的にレッスンを実施しています。 このほか、大和ハウス系の「NAS」やJR東日本系の「ジェクサー」、独立系の「ジョイフィット」も、ボディコンバットのクラスを行っています。 レズ・ミルズの代表格 ボディコンバットは、ニュージーランドの「レズ・ミルズ・インターナショナル」という会社がプログラムを作っています。 レズ・ミルズは、世界トップのエクササイズ開発会社で、アジアや欧米、中東など全世界に普及しています。 レズ・ミルズにはボディコンバット以外にも、「ボディパンプ」「ボディアタック」「ボディステップ」「ボディジャム」など様々な種類のエクササイズがあります。 コンバットは、ボディパンプに次いで人気が高いです。 「グループファイト」「ファイドウ」の原型 類似の格闘技プログラムに、米国MOSSA(モッサ)が提供する「グループファイト」や、アルゼンチンのラディカルフィットネスが提供する「ファイドウ」などがあります。 また、日本独自のプログラムとして、セントラルスポーツの「ファイトアタック」もあります。 これらのプログラムは、いずれもボディコンバットをモデルにして作られたとされます。 ボディコンバットはいわば元祖といえます。 で知られる、もともとレス・ミルズの販売代理店でした。 また、「エクストリーム55(X55)」などの開発元である南米アルゼンチンのラディカルフィットネスも、レス・ミルズの従業員が作ったものです。 つまり、レス・ミルズは、様々なジム用プログラムの大元であり、老舗です。 効果 消費カロリー「740キロ」 ボディコンバットは、最高で740キロカロリーを消費することができると言われており、ダイエットに最適なプログラムの一つです。 シザーズやクロスで下半身を鍛える パンチの動きで上半身(とくに腕と肩と腹筋)、ボクシングのフットワークやランニング、足を前後に動かす「シザーズ」、足を左右にクロスさせる「クロス」といった動きで下半身も鍛えることができます。 体幹の強化 パンチのときに体幹をしっかり回旋して打つ事を「ローテーション」といいます。 基本動作をしっかり意識して行わないと、なかなか出来ないローテーションですが、プログラム序盤に正しい姿勢と動きをインストラクターが教えてくれるので、その時に覚えてしまいましょう。 全部で10曲 ボディコンバットは音楽が10曲用意されています。 それぞれの曲で動作(振り付け)が決められています。 「コンバットトラック」「パワートラック」「ムエタイトラック」「コンディショニング」の4つから構成されています。 <構成要素> 要素 内容 コンバットトラック パンチとキック パワートラック パンチのみ ムエタイトラック ワイクルー(ムエタイの試合前に選手が披露する独特な踊り)、肘、膝 コンディショニング 身体調整 45分と60分のクラス 初心者OK ボディコンバットは、45分間と60分間のレッスンが主流です。 曲が全部で10曲あるので、60分のクラスだと、すべての曲を使います。 初心者の方は、最初は疲れるかも知れません。 45分のクラスは、8曲を使用します。 初心者でも十分に楽しめます。 新曲は1月、4月、7月、10月の年4回 ボディコンバットの曲は年に3か月ごとに新しいものに入れ替わります。 1月、4月、7月、10月の年4回、新曲がスタートします。 新曲が始まる前月くらいに、一部のスポーツクラブで新曲発表会が行われます。 オークションにDVDも ヤフオクなどのオークションには、公式DVDが出回ることもあるようです。 ウェアとグルーブ コンバットのクラスでは、格闘技用のグローブを着用して参加する人がけっこういます。 格闘技では、自分の拳(こぶし)を守るためグローブをつけたりしますが、それを模倣したもので、気分を高揚させる効果があるようです。 また、レスミルズが販売している公式ウェアを着ている人も多いです。 タンクトップに半ズボン(ハーフパンツ)のスタイルが目立ちます。 」 M.

次の