ウイイレ ローター マテウス。 ローター・マテウス 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ローター・マテウス 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ウイイレ ローター マテウス

鳥肌が立つとはこのような瞬間なのだろう。 2000年3月8日22時37分、ミュンヘンにあるオリンピアシュターディオンは超満員だった。 このチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリード戦の試合終了直前、背番号10番の選手がピッチを去った。 会場内はカメラのフラッシュライトと共に歓声に包まれ、観客は「ありがとうローター」「君がいたことを光栄に思う」などと書かれたボードを掲げ、スタンディングオベーションで同選手に別れを告げた。 その試合はローター・マテウスにとってFCバイエルンで最後の公式戦だった。 マテウスは、ドイツマイスターのバイエルンで過ごした12年間で多くの成功を手にした。 同氏のサッカー人生の全てはFCヘルツォーゲンアウラハから始まった。 1979年、ボルシア・メンヒェングラートバッハ監督だったヨーゼフ・ハインケスが当時18歳だったマテウスを獲得。 その後、同氏は1984年にFCバイエルンに移った。 バイエルンでの多大なる功績 マテウスは7度のブンデスリーガ優勝 1985年-1987年、1994年、1997年、1999年、2000年 、3度のDFBポカール優勝 1986年、1998年、2000年 、そしてUEFAカップ優勝 1996 を果たし、FCバイエルンの歴史上、最も多く功績を残したプレーヤーの1人となった。 1988年から1992年の4年間、マテウスはイタリアのインテル・ミラノに所属したが、その後は再びバイエルン・ミュンヘンに戻っている。 同氏はインテル・ミラノ時代にスクデット 1989年 とUEFAカップ 1991年 を獲得した。 マテウスのキャリアにおいて最大の成功は、1990年イタリアW杯優勝である。 ドイツ代表最多出場とバロンドール マテウスはドイツ代表として150試合に出場したが、これほど多く出場した選手は過去に前例がなく、おそらく今後もその記録を超える選手は出てこないだろう。 FCバイエルンではブンデスリーガ302試合に出場し、85ゴールを決めた。 また、同氏はドイツの年間最優秀選手 1990年、1999年 、欧州年間最優秀選手 1990年 、そしてバロンドール 1990年、1991年 に選出されている。 ピッチ上でのマテウスは走力、洞察力、パスの精確さ、闘争心、シュート力と、どれをとっても超一流で、常にチームに対する責任を背負っていた。 彼は数年間、キャプテンとして常勝バイエルンを率いた後、2000年の春にバイエルンからニューヨークに本拠地を持つメトロスターズ 現レッドブル・ニューヨーク に移籍した。 1年後に、彼の偉大なキャリアに幕が下りた。

次の

【パワサカ】ローター・マテウスの評価とイベント【パワフルサッカー】

ウイイレ ローター マテウス

主にバイエルンやインテルミラノといったビッククラブでプレーし、両チームでリーグ優勝を経験、ヨーロッパリーグの優勝も2回経験しています。 ドイツ代表では5度のW杯の出場を経験し、1990年のイタリアW杯では主将としてチームを優勝に導きました。 基本的に中盤のポジションでプレーしていましたが、晩年はリベロとしてプレーするなどプレーエリアは非常に幅広いです。 強烈なリーダーシップの持ち主で、クラブ、代表問わずどんな場所でも常に活躍し続けた、1980年~90年台のレジェンド選手ですね。 (マテウスの過去のプレーを観たい方はこちら👇)• フライパス(90)• プレースキック(93)• ディフェンスセンス(91)• キック力(94)• ボディコントロール(91)• スタミナ(90) ほぼすべての能力値が80越えで、非常にバランスの取れたMFです。 特にオフェンスセンスとディフェンスセンスがどちらも高い選手は非常に稀ですね。 ビダルやサウール、パウリーニョといったタイプのMFに近いです。 また、キックの精度も非常に高く、正確なロングパスを出せたり、力強いミドルシュートが打て、更にフリーキックも得意。 レジェンド選手といえばマラドーナやクライフを思い浮かべる人が多いかと思いますが、マテウスは地味とはいえ超有能レジェンド選手だと思います。 ライジングシュート• ワンタッチシュート• バックスピンロブ• マンマーク• インターセプト• キャプテンシー• 闘争心 マテウスはライジングシュートのスキルを持っており、ボールが浮き上がる強烈なシュートを放つことができます。 またフライパスの能力値の高さを活かしたバックスピンロブもGOODポイント。 更にディフェンス系の能力地としてマンマーク、インターセプトを持ち合わせています。 ボール奪取、スタミナが高いので、チェイシングの選手スキルを追加するのを個人的におすすめします。 ネドヴェドの登録ポジションはCMFですが、OMF、DMF、そしてCBというセンターラインであればどこでもプレー可能です。 めちゃくちゃユーティリティ性が高いですね。 これだけ複数ポジションプレーできるとなるとどこで起用するか迷いどころですが、マテウスのプレースタイルは「ボックストゥボックス」です。 ボックストゥボックスフィールドの隅から隅まで動き回り、攻守に貢献するプレースタイル ピッチを縦横無尽に駆け回るマテウスのプレースタイルと守備センス、そしてキック力を活かすのであれば、CMFがやはりマテウスのベストポジションだと僕は思います。 他の黒玉MFと比較してみた 無尽蔵のスタミナでピッチ全体をカバーし、オフェンスもディフェンスも万能な闘将 「ローター・マテウス」。 ここでは毎度のごとく、他の黒玉選手と比較してマテウスの強みや弱みを更に分析してみようと思います! 今回比較するのはネドヴェド、ジェラード、スコールズというレジェンドCMFの3人です!👇 【能力値比較】 結論 他の黒玉選手と比較してみて、マテウスの特徴が明らかになりました。 マテウスの特徴• ディフェンスの能力値が非常に高い• フリーキックが上手い• ドリブルに難あり 3人と比べてディフェンスセンス、ボール奪取、ヘディングといったディフェンスに関する能力値が軒並み高いです。 それでいてオフェンスの能力値も低くはないので、やはりマテウスは攻守に万能なCMFであることが分かります。 一方気になったのがドリブルの能力値の低さ。 他のマテウスの能力値と比べても、他のレジェンド選手と比べてもここが極端に能力値が低いです。 そのためマテウスは自分でドリブルで持ち上がるというよりも、ピッチを縦横無尽に駆け回り、ボールを奪ったらすぐに味方に展開、といったようなプレーがベストですね。 まとめ.

次の

【ウイイレ2019】レジェンド選手 ローター・マテウス|能力値/スカウト/ポジション/プレースタイル/スキル【レジェンドオブレジェンド】

ウイイレ ローター マテウス

鳥肌が立つとはこのような瞬間なのだろう。 2000年3月8日22時37分、ミュンヘンにあるオリンピアシュターディオンは超満員だった。 このチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリード戦の試合終了直前、背番号10番の選手がピッチを去った。 会場内はカメラのフラッシュライトと共に歓声に包まれ、観客は「ありがとうローター」「君がいたことを光栄に思う」などと書かれたボードを掲げ、スタンディングオベーションで同選手に別れを告げた。 その試合はローター・マテウスにとってFCバイエルンで最後の公式戦だった。 マテウスは、ドイツマイスターのバイエルンで過ごした12年間で多くの成功を手にした。 同氏のサッカー人生の全てはFCヘルツォーゲンアウラハから始まった。 1979年、ボルシア・メンヒェングラートバッハ監督だったヨーゼフ・ハインケスが当時18歳だったマテウスを獲得。 その後、同氏は1984年にFCバイエルンに移った。 バイエルンでの多大なる功績 マテウスは7度のブンデスリーガ優勝 1985年-1987年、1994年、1997年、1999年、2000年 、3度のDFBポカール優勝 1986年、1998年、2000年 、そしてUEFAカップ優勝 1996 を果たし、FCバイエルンの歴史上、最も多く功績を残したプレーヤーの1人となった。 1988年から1992年の4年間、マテウスはイタリアのインテル・ミラノに所属したが、その後は再びバイエルン・ミュンヘンに戻っている。 同氏はインテル・ミラノ時代にスクデット 1989年 とUEFAカップ 1991年 を獲得した。 マテウスのキャリアにおいて最大の成功は、1990年イタリアW杯優勝である。 ドイツ代表最多出場とバロンドール マテウスはドイツ代表として150試合に出場したが、これほど多く出場した選手は過去に前例がなく、おそらく今後もその記録を超える選手は出てこないだろう。 FCバイエルンではブンデスリーガ302試合に出場し、85ゴールを決めた。 また、同氏はドイツの年間最優秀選手 1990年、1999年 、欧州年間最優秀選手 1990年 、そしてバロンドール 1990年、1991年 に選出されている。 ピッチ上でのマテウスは走力、洞察力、パスの精確さ、闘争心、シュート力と、どれをとっても超一流で、常にチームに対する責任を背負っていた。 彼は数年間、キャプテンとして常勝バイエルンを率いた後、2000年の春にバイエルンからニューヨークに本拠地を持つメトロスターズ 現レッドブル・ニューヨーク に移籍した。 1年後に、彼の偉大なキャリアに幕が下りた。

次の