シルヴァ ディ 育成 論 剣 盾。 【ポケモン剣盾】ナットレイの育成論と対策

【単体考察】タイプ電気シルヴァディの攻撃範囲

シルヴァ ディ 育成 論 剣 盾

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるシルヴァディの育成論と対策について掲載しています。 シルヴァディのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 自身のタイプと専用技である高威力のマルチアタックは持たせたメモリによってタイプが変わるため、相手に読まれにくい特徴があり、パーティに足りないタイプを補うことができます。 一致だいばくはつが強力 シルヴァディはノーマルタイプの高火力な自滅技であるだいばくはつを使うことができます。 ノーマルジュエルやつるぎのまいと合わせて使うことで、最後の仕事として大ダメージを与えることができ、相手の物理受けすらも突破することができます。 豊富な技で器用にに立ち回る とんぼがえりやすてゼリフを習得するため、自身の高耐久と合わせてサイクル戦でも活躍することができます。 豊富な攻撃技を習得するため相手に合わせて器用に立ち回ることができます。 物理技以外にも多くの特殊攻撃技を習得するため、特殊アタッカーとしても活躍することができます。 エレクトロメモリを持たせて 10まんボルトを一致技として使うなど一風変わった戦い方をすることもできます。 マルチアタックはダイマックス技としても反映されるためフェアリータイプであればミストフィールド、ひこうタイプであれば素早さ上昇などの追加効果を得ることができます。 相手の交換読みや有利な対面で、でんじはやとんぼがえり、つるぎのまいを使うことで有利に戦いを進めることができるようになります。 ノーマルタイプとして採用する場合には、変化技との相性が良いいのちのたまを持たせることができます。 好みのタイプにフォルムを変えることができるためパーティに合わせてサブウェポンを選択することができます。 つるぎのまいやでんじはをすることでだいばくはつが成功しやすくなり、 削れた相手にトドメを刺してから、死に出ししてくる相手にだいばくはつを入れることで 1: 2のトレードを狙うことができます。 メモリを持たせることでそれぞれの技を一致技として使うことができるため、他のポケモンでは真似できない範囲の一致技使いとして戦いに参加することができます。 多くのシルヴァディが物理型であるため、特殊型は読まれづらく、相手のサイクルや受けの隙きを突くことで一気に相手のパーティを崩すことができるようになります。 シルヴァディのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 マルチアタック ・思い出しで習得 ・メモリによってタイプが変わる一致技 ・威力120命中100 だいばくはつ ・思い出しで習得 ・高火力技による受けポケモンへの圧力 とんぼがえり ・で習得 ・対面操作、サイクル用 ほのおのキバ ・思い出しで習得 ・物理用はがねタイプへの打点 アイアンヘッド ・で習得 ・フェアリー、いわタイプへの打点 10まんボルト ・で習得 ・ひこうタイプへの打点 エアスラッシュ ・Lvで習得 ・ダイジェットとして活躍 ねっぷう ・で習得 ・はがねタイプへの打点 くさのちかい ・で習得 ・4倍弱点組への打点 ・御三家と合わせて誓いコンボも可能 れいとうビーム ・で習得 ・ドラゴンタイプへの打点 つるぎのまい ・で習得 ・攻撃2段階上昇の積み技 すてゼリフ ・Lvで習得 ・対面操作用 でんじは ・で習得 ・素早さ調整用 シルヴァディのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 各種メモリ ・シルヴァディのタイプ変更用 ・タイプ一致技の調整 ・広範囲に刺さる火力アップ用アイテム ・爆発のダメージを最大に シルヴァディの対策 注意点 持っているメモリによりタイプが変わるため、相手にする場合には相手のパーティを確認した上で柔軟な立ち回りが必要になります。 刺さっているタイプがあると感じた場合にはシルヴァディで対策されていないか確認するようにしましょう。 対策方法 まずは型を知る シルヴァディは攻撃と特攻、防御、特防が同じステータスのため、耐久なのかアタッカーなのか、また何タイプなのか、物理なのか特殊なのかは未知数です。 構築から役割を探すのが最も安全ではありますが、慣れが必要なので初ターンにまもるなどを使用してある程度の型を把握しておくといいでしょう。 弱点を突く 弱点を突けるポケモンを用意しましょう。 選出時にはタイプがわかりませんが、構築の穴や役割からタイプを予想して弱点を突けるようにしておきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻or攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 厳選の仕方 シルヴァディはバトルタワーでの受け取りを繰り返すことで厳選します。 3V以上は固定ですが、シンクロの効かない性格厳選と並行するのは非効率なのでミントや王冠を使用するのもいいでしょう。

次の

ポケモン剣盾のシルヴァディ育成論や考察!オススメの型はどれ?

シルヴァ ディ 育成 論 剣 盾

剣盾ランクマッチシーズン1で使用したノーマルゴーストパーティのポケモンについて詳細を記載する。 今回はタイプ電気シルヴァディを紹介。 ノーマルゴーストパーティについてはこちらの記事を参照 タイプ電気シルヴァディの調整例 技:10まんボルト、かえんほうしゃ、れいとうビーム、くさのちかい 努力値:HP36、防御12、特攻252、特防4、素早さ204 素早さは最速ドリュウズ抜き、スカーフではないヒヒダルマやウインディとの同速勝負をしたければ最速で問題なし。 少し耐久に振ることでダイマックス状態でいのちのたまドリュウズのダイアースやトゲキッスのダイジェット+じゃくてんほけん発動後ダイフェアリーを耐える可能性が上がるメリットがある。 シーズン最終日に調整した内容なのでそんな状況に一度もなってないし、計算もサンムーンのダメージ計算ツールを使用しているので本当かどうかはよくわからん。 特徴 技をフルアタにすることで9タイプに抜群をとれる構成になっている。 タイプ一致技だけで9タイプに抜群をとれるポケモンがいた気がするが気のせいだと思う。 ヒートロトムには有効打が無い構成なのでそれが嫌ならなみのりを採用すればいい。 剣盾環境は種族値がデフレ気味なのでシルヴァディの種族値の高さからサンムーンの禁止伝説環境でのアルセウスみたいな運用ができる。 そこまでデフレにはなっていない くさのちかいについて このシルヴァディというポケモン、シングル環境においてすべてのポケモンの中で唯一くさのちかいを採用する可能性があるということ。 くさのちかいを覚えるポケモンはもっと威力の高い草技を覚えるためにこの現象が発生する。 バグでほのおのちかいとみずのちかいを覚えないらしいが、この2つについてはかえんほうしゃとなみのりを覚えるためシングルの場合では影響はない。 なんか昔作成した記事に同じこと書いたような気がする。 いままで使用してきたシルヴァディ ここからは以前使用してきたシルヴァディについて記載していく。 地面シルヴァディ サンムーンシーズン1で使用。 シーズン1で強い地面タイプがガブリアスしかいなかったため採用。 ガブリアスはカプ・コケコにタイプ一致抜群が通るのでカプ・コケコ対策として運用していた。 能力面では問題なくレート2000越えはできた。 ハガネシルヴァディ ウルトラサンムーン初期で使用。 過去に記事を書いていたのでリンクを載せておく。 タイプで有利なミミッキュやカプ・テテフに押し負ける時点で没案になった。 記録はレート1940くらい。 電気シルヴァディ1 ジャラハガネマンタ構築作成中に使用。 そのあたりの話は下記の記事に載っていたのでリンクを載せておく。 構築単位でメガバシャーモが重すぎたので解散。 記録はレート1600以下。 電気シルヴァディ2 ウルトラサンムーンで使用率の高いポケモンが使用不可になるスペシャルレートで使用。 上位使用率のポケモンがいない中で能力的には問題なさそうだったが、電気タイプなのにムクホークに押し負けそうになったのでいつの間にかメガフーディンに変わっていた。 最終的に完成したパーティはこちら。 電気シルヴァディ3 種族値が全体的にデフレした剣盾環境なら戦えそうということで3度目の挑戦。 ラプラスに押し負けたので解散。 電気シルヴァディ4 ラプラスに負けた理由がダイマックス相手だったので再び採用。 アーマーガアと水地面タイプの組み合わせだけ崩してくれれば良いという低すぎる期待の元使用していたが、想像以上の活躍をしていたのでシーズン最終日まで使用することにした。 使用感 剣盾環境では物理アタッカーに比べて特殊アタッカーが弱めに設定されている中でタイプを自由に変えれていろいろな特殊技を覚えるシルヴァディは強かった。 この型のシルヴァディは火力も耐久も平均より少し高い程度なので過度な期待をせず運用すべきだと思う。 タイプ電気シルヴァディはレンタルパーティにて公開中 tenku64.

次の

【単体考察】タイプ電気シルヴァディの攻撃範囲

シルヴァ ディ 育成 論 剣 盾

高い崩し性能 剣舞+雷牙 ダイサンダー or大爆発 ダイアタック により等の受けポケに対して非常に高い崩し性能を持つ。 自主退場による起点回避 準速でもギャラドスを抜けるSからの大爆発により、のキョダイセンリツやのダイジェットを受けることなく後続の圏内に入れることができる。 よってダイマックス技による補助・能力上昇をさせずに削りを入れられるため、後続と併せてダイマックスとの1:1交換が取りやすい。 また、の欠伸ループを回避する1つの選択肢になる。 行動保証 球 のダイフェアリーを耐える耐久とある程度のSによりほぼ確実に1回以上の行動保証がある。 また、ダイマックスでの耐久は+1の雨ダイストリームを耐える程の耐久があり、例を挙げると以下のような立ち回りが可能である。 球 にダイジェットで味方が落とされた場合は耐えてダイサンダーで突破。 球以外のにダイジェット+ダイストリームで味方が落とされた場合にも耐えてダイサンダーで突破。 対面から 球 をダイアタックのS下降と併せて突破 死に出しから 球 を後続圏内に入れる。 タイマン性能 ダイマックスを切った際にはメインウェポンが威力150のダイアタックとなり、高火力S下降の追加効果ありと非常に強力。 Sの勝っている相手にはダイジェットでも抜かれず、Sの負けている相手に対してもダイジェットされなければ上から2発の攻撃ができる。 性格・努力値考察 等の多くのポケモンに対して確定数が変わるため特化。 を抜くために準速。 持ち物考察 剣の舞を採用しつつ崩し性能を確保する為命の球で確定。 ダメージ計算参照。 特化:29. にも削りを入れられる他、打点の足りないや壁展開でのダイホロウが強力。 終盤の抜きラス1爆発のムーブもよくある為必須。 これを採用するなら 最速 を抜ける陽気も一考。 蜻蛉返りはやにタイマンで勝てるポケモンが構築にいるなら一考。 基本的後続のSが足りない場面でしか打つ機会はない。 その他燕返しや捨て台詞、草の誓い等は未検証なので使用感が掴め次第追記する。 内容に問題はないと思うんですけど、書き方が駆け足になりすぎているのが気になります。 挨拶とかシルヴァディがどんなポケモンかとか、相手側に有効打がないポケモン 具体的にはドリュウズやハガネール、ドサイドン がいたら選出をどうするかとか何かしら書くことがあるではありませんか。 これじゃ対戦考察wikiと変わりません。 内容的には強いんでしょうから、もっと魅力的に見せる工夫をお願いします。 どうしても挨拶して欲しい人が多いようならば検討します。 また、シルヴァディについても対戦でどんなことができるポケモンかは書いてあります。 育成論なので「育成」に関しての記述は膨らませますが、その他の雑記は図鑑などを見ていただければと思います。 有効打のないポケモンがいたら引いてください。 初心者とは言ってもある程度対戦を行っている方向けに書いているので、このポケモンに限らない基本的な動きは他で学んで欲しいと思っています。 私は要点を抑えた見やすい論を書きたいと思っているのでポケモンの型に関する記述以外の事は正直書きたくないです。 育成論は人に見せるものだから可能な限り読者様を楽しませたりユーザーフレンドリーに作成すべきと思ってたものですが、価値観が違ったようですね。 お目汚し申し訳ありません。 とはいえシルヴァディの強さはわかりました。 ただ評価は本当に良い育成論 使ってみたい、強そう だと思って頂けたらで結構ですよ。 お気持ちは嬉しく思います。 これは論に直接関係の無いことになってしまいますが、私の論とは別にまだ評価の付いていない 古いものだと1ヶ月以上 論もあるので、そちらに評価を入れて頂けると投稿者のモチベーションにも繋がるのでより良いサイトになると思っています。 気が向いたらで結構ですので評価の付いていない論に目を向けていただけると幸いです。 ダイマックスにより確実に相手を消耗させつつ、時期を見てだいばくはつで自主退場することでダイジェットの起点やおにびによる起点作成の回避をし、そして最後っぺの大ダメージを与えるという、隙なくダメージレースに優位に立てる強力なポケモンだと思いました。 単ノーマルによる弱点の少なさとall95という固さや速さを誇るシルヴァディだからこそですね。 環境に多く処理しづらいや、それをメタったを初めとした球高火力ダイマックスエースに対して仕事が出来る優秀なポケモンだと思っています。 ぼくのシルヴァディが光を浴びることができそうです ヌルアントが流行った時に進化させたことを死ぬほど後悔したのでこの育成論で暴れまわりたいと思います。 で相手の自慢のエースや受けポケモンを処理できるとかなり気持ちの良い試合展開になるのでぜひ育成してみて下さい。 どちらが正しいorどちらでもよいのでしょうか。 私も、は火力が微妙に足りないので鉢巻で使いたいと思っていましたがですがダイマを切った時の火力や剣舞が魅力というジレンマがありました。 HP奇数ですし総合耐久を求めた方がいいのでH4が正しいですね。 前に書いたの育成論をコピペして書いていたのでB4はその名残ですね。 ご指摘ありがとうございます。 威力が120になった事を完全に失念しておりました。 細かいネタまで拾って頂きありがとうございます。

次の