10 の 秘密 マンション 名。 10の秘密 ロケ地ガイド

マンションの名前はどう決まる? 人気に直結するネーミングの秘密

10 の 秘密 マンション 名

「10の秘密」には原作はなく、 オリジナルストーリーです。 原作がなくオリジナルのため、どんな10個の秘密があるのか、始まる前から気になるドラマになっていますね。 原作があるなら原作をおさらいしてからドラマを見たくなりますが、「10の秘密」には原作がないので、最終回まで何が起こるか分からずドキドキするドラマです。 「10の秘密」の脚本家とこれまで手掛けた作品は? 「10の秘密」の脚本家と、これまで手掛けた作品をご紹介します。 「10の秘密」の脚本を手掛けるのは、後藤法子さんです。 PROFILE 名前:後藤法子(ごとう のりこ) 生年月日:1967年1月25日 後藤法子さんが過去に脚本した作品をご紹介していきます。 伝説の教師• ブラックジャックによろしく• 曲がり角の彼女• アテンションプリーズ• 肩ごしの恋人• チーム・バチスタシリーズ• 都市伝説の女• 銭の戦争• 家族ノカタチ• 嘘の戦争• 愛を乞うひと• イノセント・デイズ• チーム・バチスタシリーズも手掛けているなんて、すごく驚きました。 見ていたドラマが多くて、期待が高まりますね。 華麗なる一族。 二科家の貴重なオフショットです。 こんな風に 笑える日は来るのか・・・ 晃さんは 次回、泣いちゃいます。 無理心中をして妻と弟を殺した父親ですが、9歳だった少年は真犯人の顔を見ていて、父親が真犯人に仕組まれた罠であったことを知ります。 しかし、本当のことを話しても信じてもらうことができず、嘘つきと言われることになってしまいました。 少年は大人になり、父親を嵌めて家族を殺した真犯人に復讐するために詐欺師になり生まれ変わったのです。 復讐のために生きていた少年が大人になり、真犯人と再会したときにどんな反応をとるのか、嘘をついて人を騙す詐欺師になった男性は復讐に成功するのか、ハラハラドキドキを味わえるストーリーになっていました。 今回のドラマ「10の秘密」も嘘をついて過ごしている人達がたくさん登場するストーリーになっているので、どんな嘘、秘密が出てくるのか、期待大のドラマです。 主人公の白河圭太(向井理)は娘の瞳(山田杏奈)と二人で暮らしている。 14歳の瞳と仲が良く、瞳のことを一番に考えてきた圭太だ。 圭太と瞳の関係は友達からも羨ましがられるほど良好。 元妻の由貴子(仲間由紀恵)から離婚を切り出されてシングルファザーになった圭太。 瞳のために飲み代もケチり、貯金しながら頑張る圭太だが、ある日、娘を預かった、命が惜しければ元妻の由貴子を探せと電話が入ってきた。 圭太は瞳を探すことで由貴子がセレブな暮らしの裏で、隠れた秘密を知ることに。 さらに、瞳との関係は良好で、何でも話してくれると思っていた瞳にも秘密があることを知る。 由貴子はなぜセレブな生活をしていたのか、顧問弁護士をしているためお金に余裕はありそうですが、セレブな暮らしの裏で隠れた秘密とは一体何なのか、気になるポイントです。 さらに、娘の瞳にも秘密があるため、父親の圭太に言えなかった秘密とは何なのか、楽しみですね。 父親に相談しにくいことといえば、恋愛についてなどでしょうか? 瞳は隠さなければいけない恋をしているのか?それとも恋愛ではなく、もっと別のことなのか?気になります。 「10の秘密」初回放送のネタバレ 建築確認検査員の圭太は14歳の娘・瞳と2人で暮らしていた。 圭太は9年前に離婚していて以来、シングルファザーとして瞳を育てていて、親子関係は良好だった。 圭太の元妻・由貴子は弁護士をしていて上昇志向の強く、セレブで華やかな生活を送っていた。 由貴子は9年前、母と妻と弁護士全てを両立するのは無理と家を出て行ったのだ。 そんなある日、圭太のもとに瞳の誘拐をほのめかす電話がかかってくる。 「娘は預かった。 3日以内に仙台由貴子を探せ。 警察に行ったら娘は殺す」 電話の後、戸惑いながら圭太は由貴子に電話するも繋がらないのだった。 その後、圭太は急いで由貴子の職場へ。 しかし、由貴子はこれまで勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、行方をくらましたという。 その後、圭太は瞳の学校に連絡。 すると瞳は登校しておらず、2ヶ月ほど前から学校や部活を休みがちで塾もやめていたことが判明。 それを聞いた圭太は驚き戸惑うのだった。 圭太の幼なじみで保育士・菜七子にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察へ。 圭太が警察に事情を説明していると、瞳から着信が。 「お父さん、さっきは嘘。 しばらく帰りたくないの。 捜さないで」と、瞳は電話を切り、自分は無事だということを伝えるのだった。 帰宅した圭太は姿を消したヒントを探そうと瞳のタブレットを調べることに。 瞳のタブレットのパスコードは嫌っていたはずの由貴子の誕生日の番号だった。 「父親には本音は話せない」 瞳のSNSにはそう書き込まれ、ピアノを弾く謎の若い男と親しげにする瞳の姿が。 さらに圭太が瞳の通帳を見ると貯金は全て無くなっていた。 すると圭太の元に瞳から着信が。 圭太が電話に出ると男の声が。 その男は圭太を尾行しているようで「仙台由貴子を探し出せ」と改めて要求を告げるのだった。 圭太は瞳を救い出すために由貴子が暮らす高級マンションへ。 するとマンションのエントランスで由貴子のクライアント・竜二と偶然会う。 実は由貴子は竜二と恋人関係だったのだ。 圭太は竜二に部屋へ案内してもらう。 由貴子は部屋のものはそのままで「探さないで」というメッセージだけを残し、竜二の元から姿を消したのだ。 その後、由貴子は株の投資に失敗し借金を抱えていたことが判明。 さらに由貴子は10年前のある出来事について脅されていたことを知った圭太は由貴子の地元へ。 近所の人の話では最近ヤバイと有名な金貸しと一緒にいる由貴子を見かけたという。 圭太はその金貸しに会いに行くことに。 どうならその金貸しも由貴子の行方を追っているようだ。 金貸しは、由貴子のセレブ生活は全て嘘だったと圭太に話すのだった。 その後、由貴子の行方について聞き込みを続ける圭太の元に犯人から電話が。 「必ず由貴子を見つけろ」圭太はそう釘を刺されるのだった。 圭太が帰宅すると、真衣と七菜子の姿が。 圭太は真衣に瞳このことについて聞くことに。 さらに、瞳は圭太が何か自分に隠し事をしていると気づき、それについて調べる為に由貴子と連絡を取っていたのだという。 実は10年前、圭太と由貴子は瞳のためにある事実を誰にも話さず隠し通そう決めていたのだ。 七菜子はその隠し事は何かと尋ねるも、圭太は「隠し事は無い」と言うのだった。 その頃、瞳はある部屋に監禁されていた。 「もしお前がここから逃げたら両親は殺される」 瞳は犯人から脅されるのだった。 そんななか、宇都宮は飛び降り自殺した矢吹のマンションの監視カメラに由貴子が映っているのを発見。 「由貴子はまだ近くにいる」 宇都宮は急いでその場所に向かうのだった。 誘拐から3日目… 圭太は由貴子の知り合いに一人一人会いに行き聞き込みをしていた。 すると突然由貴子から電話が。 圭太は瞳が誘拐されたことを話すと、由貴子は驚いた様子。 「私が行く。 私が行けば連中は瞳に手出しはしない」 由貴子は犯人に心当たりがあるようだ。 圭太は「何が起きているのか説明してくれ!」と由貴子を問い詰めるのだった。 この翼という謎のピアノ男は一体何者で、瞳との関係性が気になりますね。 まだまだ圭太が知らない瞳の外での姿が今後明らかになりそうです。 そのような生活を送っていたのは彼女の上昇志向が故だというが、なぜ由貴子はこのような考え方になってしまったのか気になります。 10年前に2人の間に何があったのか?2人が隠していることとは何なのか?非常に気になるポイントです。 竜二は本当に由紀子の恋人なのか、そして竜二が由貴子を探る本当の目的とは何なのでしょうか。 「10の秘密」2話のあらすじネタバレ 娘の瞳(山田杏奈)を誘拐されたことがきっかけで、元妻・由貴子(仲間由紀恵)のセレブ生活がすべて偽物で、多額の借金まで抱えていることを知った圭太(向井理)。 ようやく連絡が取れた由貴子は、瞳が誘拐されたと聞いて一瞬動揺するが、犯人の見当はついている様子で、自分に任せてほしいと圭太を諭す。 しかし圭太は、由貴子が仕事上のトラブルでは片づけられない、ただならぬ事態に巻き込まれていることを察知。 「10年前の、あの秘密と関係があるのか?」と、圭太と由貴子がこれまで胸の内にしまっていた過去こそが、事件の発端なのではないかと問いただす。 そんななか、以前に瞳が夜の繁華街にいたことを知った圭太は、自分の知らない娘の顔をまた一つ知り、救出を急ぐ。 一方、菜七子(仲里依紗)からは、瞳が誘拐された当日に、ピアニストの翼(松村北斗)と会う約束をしていたことを聞かされる。 瞳の誘拐に翼が関係しているとにらんだ圭太は、翼を見つけ出すため、菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始。 すると早速、ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが、圭太に声をかけられた翼は、突然走って逃げ出して……。 帝都建設の欠陥工事の証拠を持ち出そうとします。 途中で竜二が来て、ドキドキしましたね。 どうやら恋人だというのは圭太から情報を聞き出すための嘘のようですね。 圭太を見て急に逃げたりと、ただ瞳と仲良くなっただけではなさそうです。 彼の目的は何なんでしょうか。 竜二が由貴子を追っているのは、このことが関係しているようですね。 由貴子はこれで瞳を救い出せると言っています。 瞳の誘拐は帝都建設のしわざなんでしょうか。 「10の秘密」3話のあらすじネタバレ 誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すため、圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。 圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳の帰りを待ちわびるなか、そもそも、娘が誘拐された原因は、10年前に起きたある事件にあるのでは、という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、由貴子とともにこれまでひた隠しにしてきた、10年前の秘密について語り始める。 さらに、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた翼は、まるで何かを知っているかのように、圭太に執拗(しつよう)に探りを入れて……。 そんななか、仕事に復帰した圭太は、決して公にされたくない秘密を会社に知られてしまい、取り返しのつかない事態に。 翼は何者なんでしょうか。 本当に帝都建設が誘拐してたんでしょうか。 竜二は心当たりがなさそうでしたし気になりますね。 10年前圭太たちは家族で、友達の別荘に遊びに来ていました。 目を離したすきに瞳がいなくなり、気が付くと近くの家が燃えていて、その前には瞳がいてランプが落ちていました。 瞳が火をつけてしまったようですが、何か裏がありそうな気がします。 ただでさえ娘のことでダメージを受けているところに追い打ちですね。 なぜそんなにお金が必要だったんでしょうか。 必死で行動する圭太ですが、脅迫に不慣れな感じが見ていてハラハラしますね。 由貴子は誘拐犯とつながってました。 というか由貴子が指示して、誘拐させたんです。 瞳が可哀そうですね。 「10の秘密」4話のあらすじネタバレ 会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。 脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。 その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳( 山田杏奈)は、翼( 松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。 しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。 一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子( 仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二 渡部篤郎 のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。 そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。 純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。 由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!? 引用: 由貴子がひどいですよね。 自分で誘拐させておきながら、瞳に対していいカッコして。 真相を知った時の瞳の気持ちを考えるとやるせません。 仲間由紀恵さんがここまで自分本位な役をやるのも珍しいですね。 やはり圭太の不慣れな感じがバレバレでしたね。 いろんな修羅場をくぐってそうな長沼にはまったく歯が立ちませんでした。 翼は瞳を殺人犯にしたいのかなと思ってしまいました。 10年前の事件の関係者なんでしょうか。 由貴子の地元で聞き込み、誘拐犯が二本松という男に似ており、由貴子の知り合いであることを知ります。 たまたま家に来た圭太の母親である純子と会ってしまい、瞳の進路のことで相談に来たと嘘をつく由貴子。 しかし、純子にはあっさりバレてしまいます。 さすが名取裕子さん、カンがするどいです。 誘拐の真相がバレても悪びれない由貴子が怖かったです。 現地に行って確かめると圭太に言うと、本当は女性が一人亡くなっていたこと、遺族にお金を送っていたことを話します。 しかし、なぜ由貴子ともめていたのかについては言うことができず、圭太を信用できないと瞳は家を出てしまいます。 次々に秘密ができてしまい、どんどん親子の溝が深まっていますね。 もう由貴子のことも打ち明けちゃったほうがいいのではと思います。 「10の秘密」5話のあらすじネタバレ 帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹( 中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。 そのうち手帳はすでに由貴子( 仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太( 向井理)は、瞳( 山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。 金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。 一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。 仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。 しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。 その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。 引用: 翼の正体については、想像通りでした。 しかし、ラストにさらなる謎が出てきました。 圭太がどんどん悪い方に転がって行ってしまっていて、気になります。 ヤクザまがいの長沼と手を組み、3億を奪います。 瞳のために使うからと言いますが、由貴子への仕返しの気持ちが強いような気がします。 ここまでは正直予想通りでした。 しかし、翼は「火事を利用して母を殺したんだろ」と圭太に詰め寄ります。 ということは焼死ではなかったってことですかね。 こちらでも由貴子が関わっているんでしょうか。 翼の家に入る男性が目撃されているそうなので、由貴子が犯人ではないのかな。 一体どんな10個の秘密があるのでしょうか?予想しながら見ると面白そうですね。 「10の秘密」1つ目の秘密:瞳が学校にも予備校にも行かず、夜の街をうろついていた 圭太は瞳は真面目に学校に行き、バイオリンに打ち込んでいると思っていました。 しかし、実際は学校を休み、バイオリンの特別授業を受けると嘘をついて、圭太からお金をもらっていました。 というのも翼と出会ったことで10年前の記憶を呼び起こされ、探偵に調べてもらおうとしていたのでした。 「10の秘密」2つ目の秘密:帝都建設の欠陥工事 由貴子が自殺した矢吹から受け取ろうとしていたのが、帝都建設の欠陥工事の証拠でした。 この証拠を奪うために、竜二は由貴子を探していたのでした。 「10の秘密」3つ目の秘密:瞳誘拐事件の犯人は由貴子 帝都建設の欠陥工事の証拠を手に入れたい由貴子は、圭太を利用することを思いつきます。 そのために瞳を誘拐し、圭太に矢吹のデータを盗み出させたのです。 そして証拠を手に入れた由貴子は、帝都建設を相手に計6億ものお金をゆすりとろうとします。 由貴子は現在矢吹の手帳を渡して3億手にしていますが、圭太が取ってきたデータを売った3億円は圭太に奪われています。 由貴子の異常なまでのお金への執着はなぜなんでしょうか。 6億ものお金を手に入れて、何をしようとしているんでしょう。 今のところ怖い存在ですが、その目的次第では見方が変わるかもしれませんね。 「10の秘密」4つ目の秘密:10年前に瞳が火事を起こしていた まだ幼かった瞳が圭太たちが目を離したすきに、火事を起こしてしまいました。 圭太と由貴子はそれを隠し通すことを決め、今まで黙っていたのです。 翼に出会ったことで瞳が思い出し、圭太への不信を募らせてしまいます。 これも本当に瞳のせいなのか気になりますね。 「10の秘密」5つ目の秘密:翼は火事で死んだ女性の息子だった 瞳に近づき執拗に火事について聞き出そうとしてきた翼は、火事の時に亡くなった女性の息子でした。 さらに、圭太には火事を利用して母を殺したんだろと問い詰めます。 もし翼の母親の死が火事によるものではないとしたら、逆に殺したあと犯人が火をつけたとも考えられます。 圭太がその可能性に気づいて、犯人を捜そうとするのかもしれませんね。 翼の母親を殺した犯人は? 翼の母親を殺した犯人が、犯行をごまかすために火をつけたのではないかと予想します。 瞳が火事を起こしたのではないことを証明するために、圭太が犯人を探し出すのではないでしょうか。 そうすれば瞳との親子関係も戻れそうですよね。 今のところ、男性が家に入っていったことしかわかっていません。 今いる男性陣の中だと、竜二か社長の長沼が怪しいかも。 竜二が言っていた切り札とはこのことかもしれませんね。 もしくはここでも由貴子がカギを握っていると思います。 火事の回想シーンでは出てこないので、どこかで火事の一部始終を見ていて、利用できると黙っていたのでは。 娘に責任をかぶせたまま黙ってるなんて酷すぎる気もしますが。 家族の行方は 無事犯人を見つけ出して、圭太と瞳の親子関係は修復されると思います。 由貴子はよほどの理由がないかぎり、許されないと思うので、一緒には暮らせないんじゃないかな。 しかし、これからもまた秘密は増え続ける…という謎めいた展開で終わるのではないかと感じました。

次の

楽天ブックス: 10の秘密 DVD

10 の 秘密 マンション 名

分譲マンションに住んでいる方は必ず見たことがあるだろう。 マンション名を刷り込んであって「このマンションを買いたい人がいます」と大きく書かれたチラシ。 たいていは簡易印刷のような単色刷りだ。 あれは、ほぼウソだと思っていい。 この売るという行為に着目してみると、マンションは、買うよりも売却する方が数段難しいと言える。 市場相場で買うことは可能だが、所有者が適正価格で売るにもちょっとした困難を乗り越える必要がある。 都心に近い物件ほど売りやすく、つまり買い手が付きやすく、東京だったら山手線の内側か、都心から5駅以内。 横浜や川崎、浦和といった主要駅から徒歩10分以内のもの。 大阪も同様で環状線の内側や主要駅の徒歩圏内がベストになる。 そういう物件であれば、仮に売却しようとした場合、どんな業者に頼んでもだいたい売れる。 2~3社に声をかけて「一般媒介」という形式で仲介を依頼すればいい。 だが、名の通った業者の支店に仲介を頼むと、自社で買い手を見つけようとして囲い込もうとする。 そうすれば、売り手と買い手の両方から手数料を得られるからだ。 例えば、4000万円の物件の仲介手数料は消費税込みで138万6000円(上限)になる。 これを売り買い双方から得ると計277万2000円。 こんなチャンス、みすみす逃すのはもったいない。 だから、他の業者が買い手を見つける機会を与えないようにする。 こうした事実上の囲い込みは法律で禁止されている。 しかし、大なり小なりどこでもやっている。 むしろ、暗黙の社則でもある。

次の

ドラマ「10の秘密」制作の関西テレビ謝罪、実在のマンションブランドと酷似:スポニチ

10 の 秘密 マンション 名

「10の秘密」には原作はなく、 オリジナルストーリーです。 原作がなくオリジナルのため、どんな10個の秘密があるのか、始まる前から気になるドラマになっていますね。 原作があるなら原作をおさらいしてからドラマを見たくなりますが、「10の秘密」には原作がないので、最終回まで何が起こるか分からずドキドキするドラマです。 「10の秘密」の脚本家とこれまで手掛けた作品は? 「10の秘密」の脚本家と、これまで手掛けた作品をご紹介します。 「10の秘密」の脚本を手掛けるのは、後藤法子さんです。 PROFILE 名前:後藤法子(ごとう のりこ) 生年月日:1967年1月25日 後藤法子さんが過去に脚本した作品をご紹介していきます。 伝説の教師• ブラックジャックによろしく• 曲がり角の彼女• アテンションプリーズ• 肩ごしの恋人• チーム・バチスタシリーズ• 都市伝説の女• 銭の戦争• 家族ノカタチ• 嘘の戦争• 愛を乞うひと• イノセント・デイズ• チーム・バチスタシリーズも手掛けているなんて、すごく驚きました。 見ていたドラマが多くて、期待が高まりますね。 華麗なる一族。 二科家の貴重なオフショットです。 こんな風に 笑える日は来るのか・・・ 晃さんは 次回、泣いちゃいます。 無理心中をして妻と弟を殺した父親ですが、9歳だった少年は真犯人の顔を見ていて、父親が真犯人に仕組まれた罠であったことを知ります。 しかし、本当のことを話しても信じてもらうことができず、嘘つきと言われることになってしまいました。 少年は大人になり、父親を嵌めて家族を殺した真犯人に復讐するために詐欺師になり生まれ変わったのです。 復讐のために生きていた少年が大人になり、真犯人と再会したときにどんな反応をとるのか、嘘をついて人を騙す詐欺師になった男性は復讐に成功するのか、ハラハラドキドキを味わえるストーリーになっていました。 今回のドラマ「10の秘密」も嘘をついて過ごしている人達がたくさん登場するストーリーになっているので、どんな嘘、秘密が出てくるのか、期待大のドラマです。 主人公の白河圭太(向井理)は娘の瞳(山田杏奈)と二人で暮らしている。 14歳の瞳と仲が良く、瞳のことを一番に考えてきた圭太だ。 圭太と瞳の関係は友達からも羨ましがられるほど良好。 元妻の由貴子(仲間由紀恵)から離婚を切り出されてシングルファザーになった圭太。 瞳のために飲み代もケチり、貯金しながら頑張る圭太だが、ある日、娘を預かった、命が惜しければ元妻の由貴子を探せと電話が入ってきた。 圭太は瞳を探すことで由貴子がセレブな暮らしの裏で、隠れた秘密を知ることに。 さらに、瞳との関係は良好で、何でも話してくれると思っていた瞳にも秘密があることを知る。 由貴子はなぜセレブな生活をしていたのか、顧問弁護士をしているためお金に余裕はありそうですが、セレブな暮らしの裏で隠れた秘密とは一体何なのか、気になるポイントです。 さらに、娘の瞳にも秘密があるため、父親の圭太に言えなかった秘密とは何なのか、楽しみですね。 父親に相談しにくいことといえば、恋愛についてなどでしょうか? 瞳は隠さなければいけない恋をしているのか?それとも恋愛ではなく、もっと別のことなのか?気になります。 「10の秘密」初回放送のネタバレ 建築確認検査員の圭太は14歳の娘・瞳と2人で暮らしていた。 圭太は9年前に離婚していて以来、シングルファザーとして瞳を育てていて、親子関係は良好だった。 圭太の元妻・由貴子は弁護士をしていて上昇志向の強く、セレブで華やかな生活を送っていた。 由貴子は9年前、母と妻と弁護士全てを両立するのは無理と家を出て行ったのだ。 そんなある日、圭太のもとに瞳の誘拐をほのめかす電話がかかってくる。 「娘は預かった。 3日以内に仙台由貴子を探せ。 警察に行ったら娘は殺す」 電話の後、戸惑いながら圭太は由貴子に電話するも繋がらないのだった。 その後、圭太は急いで由貴子の職場へ。 しかし、由貴子はこれまで勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、行方をくらましたという。 その後、圭太は瞳の学校に連絡。 すると瞳は登校しておらず、2ヶ月ほど前から学校や部活を休みがちで塾もやめていたことが判明。 それを聞いた圭太は驚き戸惑うのだった。 圭太の幼なじみで保育士・菜七子にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察へ。 圭太が警察に事情を説明していると、瞳から着信が。 「お父さん、さっきは嘘。 しばらく帰りたくないの。 捜さないで」と、瞳は電話を切り、自分は無事だということを伝えるのだった。 帰宅した圭太は姿を消したヒントを探そうと瞳のタブレットを調べることに。 瞳のタブレットのパスコードは嫌っていたはずの由貴子の誕生日の番号だった。 「父親には本音は話せない」 瞳のSNSにはそう書き込まれ、ピアノを弾く謎の若い男と親しげにする瞳の姿が。 さらに圭太が瞳の通帳を見ると貯金は全て無くなっていた。 すると圭太の元に瞳から着信が。 圭太が電話に出ると男の声が。 その男は圭太を尾行しているようで「仙台由貴子を探し出せ」と改めて要求を告げるのだった。 圭太は瞳を救い出すために由貴子が暮らす高級マンションへ。 するとマンションのエントランスで由貴子のクライアント・竜二と偶然会う。 実は由貴子は竜二と恋人関係だったのだ。 圭太は竜二に部屋へ案内してもらう。 由貴子は部屋のものはそのままで「探さないで」というメッセージだけを残し、竜二の元から姿を消したのだ。 その後、由貴子は株の投資に失敗し借金を抱えていたことが判明。 さらに由貴子は10年前のある出来事について脅されていたことを知った圭太は由貴子の地元へ。 近所の人の話では最近ヤバイと有名な金貸しと一緒にいる由貴子を見かけたという。 圭太はその金貸しに会いに行くことに。 どうならその金貸しも由貴子の行方を追っているようだ。 金貸しは、由貴子のセレブ生活は全て嘘だったと圭太に話すのだった。 その後、由貴子の行方について聞き込みを続ける圭太の元に犯人から電話が。 「必ず由貴子を見つけろ」圭太はそう釘を刺されるのだった。 圭太が帰宅すると、真衣と七菜子の姿が。 圭太は真衣に瞳このことについて聞くことに。 さらに、瞳は圭太が何か自分に隠し事をしていると気づき、それについて調べる為に由貴子と連絡を取っていたのだという。 実は10年前、圭太と由貴子は瞳のためにある事実を誰にも話さず隠し通そう決めていたのだ。 七菜子はその隠し事は何かと尋ねるも、圭太は「隠し事は無い」と言うのだった。 その頃、瞳はある部屋に監禁されていた。 「もしお前がここから逃げたら両親は殺される」 瞳は犯人から脅されるのだった。 そんななか、宇都宮は飛び降り自殺した矢吹のマンションの監視カメラに由貴子が映っているのを発見。 「由貴子はまだ近くにいる」 宇都宮は急いでその場所に向かうのだった。 誘拐から3日目… 圭太は由貴子の知り合いに一人一人会いに行き聞き込みをしていた。 すると突然由貴子から電話が。 圭太は瞳が誘拐されたことを話すと、由貴子は驚いた様子。 「私が行く。 私が行けば連中は瞳に手出しはしない」 由貴子は犯人に心当たりがあるようだ。 圭太は「何が起きているのか説明してくれ!」と由貴子を問い詰めるのだった。 この翼という謎のピアノ男は一体何者で、瞳との関係性が気になりますね。 まだまだ圭太が知らない瞳の外での姿が今後明らかになりそうです。 そのような生活を送っていたのは彼女の上昇志向が故だというが、なぜ由貴子はこのような考え方になってしまったのか気になります。 10年前に2人の間に何があったのか?2人が隠していることとは何なのか?非常に気になるポイントです。 竜二は本当に由紀子の恋人なのか、そして竜二が由貴子を探る本当の目的とは何なのでしょうか。 「10の秘密」2話のあらすじネタバレ 娘の瞳(山田杏奈)を誘拐されたことがきっかけで、元妻・由貴子(仲間由紀恵)のセレブ生活がすべて偽物で、多額の借金まで抱えていることを知った圭太(向井理)。 ようやく連絡が取れた由貴子は、瞳が誘拐されたと聞いて一瞬動揺するが、犯人の見当はついている様子で、自分に任せてほしいと圭太を諭す。 しかし圭太は、由貴子が仕事上のトラブルでは片づけられない、ただならぬ事態に巻き込まれていることを察知。 「10年前の、あの秘密と関係があるのか?」と、圭太と由貴子がこれまで胸の内にしまっていた過去こそが、事件の発端なのではないかと問いただす。 そんななか、以前に瞳が夜の繁華街にいたことを知った圭太は、自分の知らない娘の顔をまた一つ知り、救出を急ぐ。 一方、菜七子(仲里依紗)からは、瞳が誘拐された当日に、ピアニストの翼(松村北斗)と会う約束をしていたことを聞かされる。 瞳の誘拐に翼が関係しているとにらんだ圭太は、翼を見つけ出すため、菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始。 すると早速、ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが、圭太に声をかけられた翼は、突然走って逃げ出して……。 帝都建設の欠陥工事の証拠を持ち出そうとします。 途中で竜二が来て、ドキドキしましたね。 どうやら恋人だというのは圭太から情報を聞き出すための嘘のようですね。 圭太を見て急に逃げたりと、ただ瞳と仲良くなっただけではなさそうです。 彼の目的は何なんでしょうか。 竜二が由貴子を追っているのは、このことが関係しているようですね。 由貴子はこれで瞳を救い出せると言っています。 瞳の誘拐は帝都建設のしわざなんでしょうか。 「10の秘密」3話のあらすじネタバレ 誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すため、圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。 圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳の帰りを待ちわびるなか、そもそも、娘が誘拐された原因は、10年前に起きたある事件にあるのでは、という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、由貴子とともにこれまでひた隠しにしてきた、10年前の秘密について語り始める。 さらに、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた翼は、まるで何かを知っているかのように、圭太に執拗(しつよう)に探りを入れて……。 そんななか、仕事に復帰した圭太は、決して公にされたくない秘密を会社に知られてしまい、取り返しのつかない事態に。 翼は何者なんでしょうか。 本当に帝都建設が誘拐してたんでしょうか。 竜二は心当たりがなさそうでしたし気になりますね。 10年前圭太たちは家族で、友達の別荘に遊びに来ていました。 目を離したすきに瞳がいなくなり、気が付くと近くの家が燃えていて、その前には瞳がいてランプが落ちていました。 瞳が火をつけてしまったようですが、何か裏がありそうな気がします。 ただでさえ娘のことでダメージを受けているところに追い打ちですね。 なぜそんなにお金が必要だったんでしょうか。 必死で行動する圭太ですが、脅迫に不慣れな感じが見ていてハラハラしますね。 由貴子は誘拐犯とつながってました。 というか由貴子が指示して、誘拐させたんです。 瞳が可哀そうですね。 「10の秘密」4話のあらすじネタバレ 会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。 脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。 その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳( 山田杏奈)は、翼( 松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。 しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。 一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子( 仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二 渡部篤郎 のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。 そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。 純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。 由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!? 引用: 由貴子がひどいですよね。 自分で誘拐させておきながら、瞳に対していいカッコして。 真相を知った時の瞳の気持ちを考えるとやるせません。 仲間由紀恵さんがここまで自分本位な役をやるのも珍しいですね。 やはり圭太の不慣れな感じがバレバレでしたね。 いろんな修羅場をくぐってそうな長沼にはまったく歯が立ちませんでした。 翼は瞳を殺人犯にしたいのかなと思ってしまいました。 10年前の事件の関係者なんでしょうか。 由貴子の地元で聞き込み、誘拐犯が二本松という男に似ており、由貴子の知り合いであることを知ります。 たまたま家に来た圭太の母親である純子と会ってしまい、瞳の進路のことで相談に来たと嘘をつく由貴子。 しかし、純子にはあっさりバレてしまいます。 さすが名取裕子さん、カンがするどいです。 誘拐の真相がバレても悪びれない由貴子が怖かったです。 現地に行って確かめると圭太に言うと、本当は女性が一人亡くなっていたこと、遺族にお金を送っていたことを話します。 しかし、なぜ由貴子ともめていたのかについては言うことができず、圭太を信用できないと瞳は家を出てしまいます。 次々に秘密ができてしまい、どんどん親子の溝が深まっていますね。 もう由貴子のことも打ち明けちゃったほうがいいのではと思います。 「10の秘密」5話のあらすじネタバレ 帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹( 中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。 そのうち手帳はすでに由貴子( 仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太( 向井理)は、瞳( 山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。 金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。 一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。 仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。 しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。 その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。 引用: 翼の正体については、想像通りでした。 しかし、ラストにさらなる謎が出てきました。 圭太がどんどん悪い方に転がって行ってしまっていて、気になります。 ヤクザまがいの長沼と手を組み、3億を奪います。 瞳のために使うからと言いますが、由貴子への仕返しの気持ちが強いような気がします。 ここまでは正直予想通りでした。 しかし、翼は「火事を利用して母を殺したんだろ」と圭太に詰め寄ります。 ということは焼死ではなかったってことですかね。 こちらでも由貴子が関わっているんでしょうか。 翼の家に入る男性が目撃されているそうなので、由貴子が犯人ではないのかな。 一体どんな10個の秘密があるのでしょうか?予想しながら見ると面白そうですね。 「10の秘密」1つ目の秘密:瞳が学校にも予備校にも行かず、夜の街をうろついていた 圭太は瞳は真面目に学校に行き、バイオリンに打ち込んでいると思っていました。 しかし、実際は学校を休み、バイオリンの特別授業を受けると嘘をついて、圭太からお金をもらっていました。 というのも翼と出会ったことで10年前の記憶を呼び起こされ、探偵に調べてもらおうとしていたのでした。 「10の秘密」2つ目の秘密:帝都建設の欠陥工事 由貴子が自殺した矢吹から受け取ろうとしていたのが、帝都建設の欠陥工事の証拠でした。 この証拠を奪うために、竜二は由貴子を探していたのでした。 「10の秘密」3つ目の秘密:瞳誘拐事件の犯人は由貴子 帝都建設の欠陥工事の証拠を手に入れたい由貴子は、圭太を利用することを思いつきます。 そのために瞳を誘拐し、圭太に矢吹のデータを盗み出させたのです。 そして証拠を手に入れた由貴子は、帝都建設を相手に計6億ものお金をゆすりとろうとします。 由貴子は現在矢吹の手帳を渡して3億手にしていますが、圭太が取ってきたデータを売った3億円は圭太に奪われています。 由貴子の異常なまでのお金への執着はなぜなんでしょうか。 6億ものお金を手に入れて、何をしようとしているんでしょう。 今のところ怖い存在ですが、その目的次第では見方が変わるかもしれませんね。 「10の秘密」4つ目の秘密:10年前に瞳が火事を起こしていた まだ幼かった瞳が圭太たちが目を離したすきに、火事を起こしてしまいました。 圭太と由貴子はそれを隠し通すことを決め、今まで黙っていたのです。 翼に出会ったことで瞳が思い出し、圭太への不信を募らせてしまいます。 これも本当に瞳のせいなのか気になりますね。 「10の秘密」5つ目の秘密:翼は火事で死んだ女性の息子だった 瞳に近づき執拗に火事について聞き出そうとしてきた翼は、火事の時に亡くなった女性の息子でした。 さらに、圭太には火事を利用して母を殺したんだろと問い詰めます。 もし翼の母親の死が火事によるものではないとしたら、逆に殺したあと犯人が火をつけたとも考えられます。 圭太がその可能性に気づいて、犯人を捜そうとするのかもしれませんね。 翼の母親を殺した犯人は? 翼の母親を殺した犯人が、犯行をごまかすために火をつけたのではないかと予想します。 瞳が火事を起こしたのではないことを証明するために、圭太が犯人を探し出すのではないでしょうか。 そうすれば瞳との親子関係も戻れそうですよね。 今のところ、男性が家に入っていったことしかわかっていません。 今いる男性陣の中だと、竜二か社長の長沼が怪しいかも。 竜二が言っていた切り札とはこのことかもしれませんね。 もしくはここでも由貴子がカギを握っていると思います。 火事の回想シーンでは出てこないので、どこかで火事の一部始終を見ていて、利用できると黙っていたのでは。 娘に責任をかぶせたまま黙ってるなんて酷すぎる気もしますが。 家族の行方は 無事犯人を見つけ出して、圭太と瞳の親子関係は修復されると思います。 由貴子はよほどの理由がないかぎり、許されないと思うので、一緒には暮らせないんじゃないかな。 しかし、これからもまた秘密は増え続ける…という謎めいた展開で終わるのではないかと感じました。

次の