ジャファー。 キャラクター/【ジャファー】

ジャファーやアブーも登場!タカラトミーアーツ「ディズニーキャラクター ちょっこりさん アラジン」

ジャファー

世の中ってマジでクソだ……私(中澤)が『アラジン』を見てそんな気持ちになった話をしたい。 ディズニー映画の代表作の1つ『アラジン』。 言わずと知れた大ヒットアニメだが、36歳である私(中澤)は本作を見たことがなかった。 理由は簡単で 「子供向け」だと思っていたから。 だが、先日、友人のが本作を激推ししてきた。 田代いわく「大人でも感動する」とのこと。 そこで初めて本作を見てみたところ…… 別の意味で泣いた。 ・ジャファーが可哀そうすぎる 私が涙した理由はただ1つ。 それは「 ジャファーが可哀そうすぎる」ということ。 順を追って説明しよう。 「愛は冒険を生む。 冒険が愛を育てる」というキャッチコピーの本作。 その言葉の通り、主人公・アラジンは、冒険の末に魔法の絨毯と魔法のランプを手に入れ、砂漠の王国アグラバーの王女と恋に落ちる。 そんな物語において、敵として登場するのがジャファーだ。 アグラバーの国務大臣であるジャファーは、魔法使いでもあり、王国を乗っ取るために画策する 分かりやすい悪役。 物語が動き出すのは、願い事を3つ叶える魔法のランプが登場するところから。 選ばれし者しか中に入れない洞窟にある魔法のランプが欲しいジャファー。 アラジン(選ばれし者)を探し出し、魔法のランプを取ってこさせる。 その魔法のランプから出てきた魔人・ジーニーの力などで、アラジンはジャファーと渡り合い、最終的にはやっつけて王女とも結ばれる。 めでたしめでたし…… といきたいところだが、ちょっと待って欲しい。 脇役含む登場人物の中で、 人間なのに魔法を使えるのはジャファーただ1人。 そんなレアな能力を、修行なしに身につけたということはないだろう。 目標のために血のにじむような努力をしたに違いない。 さらに、願い事を3つ叶える魔法のランプなんて存在さえ知られていないものを、ジャファーは 実際に隠されている場所まで特定しているのである。 噂段階から長い年月をかけて情報を精査する姿が目に浮かぶようだ。 アラジンを見つけだし連れてきたのもジャファーだし。 国家を乗っ取るために国務大臣にもなっている。 目標のために計画を立て地味な努力を惜しまない男。 それがジャファーなのである。 と言うと、「国家を乗っ取る思想が悪」という意見もあるかもしれない。 だが、アグラバーは王国であり、最後には法律を王様の独断で変えるシーンがある。 ということは、独裁の可能性が非常に高い。 そして王様は明らかにアホである。 アホの独裁者を倒すことは民衆にとって悪なのか? 私には分からない。 ・頑張ってるのに嫌われまくるジャファー 話がそれたので戻すと、そんな苦労人・ジャファーは、王女や王様、アラジン、ジーニーにまで 蛇蝎のごとく嫌われている。 特にジーニーはノリだけで嫌っているようにさえ見える。 オイ、ジーニー、せめてお前は嫌ってやるなよ。 ・「持ってる男」アラジンは違う 一方、アラジンは 生まれ持っての選ばれし者。 物語当初は盗みを働いているのに、イケメンだからか憎めない性格だからか、街の人にはある程度好かれているように見える(盗まれた店主はともかく)。 しかも、王女とは恋に落ち、王様にも好かれて、ジーニーともすぐに親友のようになり、全てがウマくいってハッピーエンドだ。 ・ジャファーの欲しいものを全て手に入れるアラジン 人に理解されない努力を積み上げて積み上げて欲しいものが手に入らないジャファーと、ほぼ何もせずにジャファーの欲しいものを全て手に入れるアラジン。 特に欲しがってもないのに。 これって、そんなに良い話? 私は逆に悲しい話だと思う。 「生まれ持ったものには敵わない」と言われているようにすら感じてしまい 泣いた。 悔しい。 世の中ってマジでクソだ……。 いつの間にか私もディズニーファンみたいになってるし。 それはさて置き、流し見のつもりがこれだけジャファーに感情移入してしまうのだから、『アラジン』はやはり名作なのかもしれない。 ヴィランズにもヴィランズの物語がある……か。 私にも私のア・ホール・ニューワールドがあれば良いなあ。 執筆・イラスト: Photo:Rocketnews24.

次の

アラジン【映画】ジャファーの最後は?衝撃のラストには続きがあった!

ジャファー

1、アラジン あまり知られていないが、アラジンは劇中では18歳という設定。 父親の名前はカシームで母親の存在は明らかにされていない。 アラジンがまだ赤ん坊のときに父親は彼と彼の母親を置いて家を出て行っている。 一方、アラジンの母親はアラジンがまだ2歳のときに盗賊に誘拐され、死亡したと考えられている。 つまりアラジンは子供のときから孤児だったのだ。 両親を失ったアラジンは学校にも行かず、アグラバーのストリートで盗みを覚えながら生活していた。 生き延びるために盗みはするものの、彼は自分の盗ったものを貧しい人に与えるなど優しい心の持ち主でもある。 2、ジャスミン ジャスミンはアグラバー王国のお姫様。 父親は国王のサルタンで、母親はほとんど物語りの中では触れられておらず、昔に亡くなったと考えられている。 ジャスミンは王国の生活に退屈し、外の世界に強い憧れを抱いている。 そんな中、次の誕生日までには父親から結婚するようにせがまれていて、頭を悩ませている。 お姫様となればもちろん相手にはそれなりの地位と名誉が求められるが、ジャスミンは愛のために結婚するのが本望だとずっと心に思っていた。 そんなタイミングで知り合ったのがアラジンだったのだ。 ちなみにジャスミンはディズニー映画で唯一のアラブ人プリンセスだ。 3、ジーニー ジニーは「アラジン」だけでなく、「アラジン ジャファーの逆襲」、スピンオフビデオ作品「アラジン完結編 盗賊王の伝説」に連続して登場するキャラクター。 声を担当したのはロビン・ウィリスアムズで、ほとんどが彼による即興の演技で行われ、そのあまりにも高いクオリティーが話題を集めた。 「」 原作「アラジンと魔法のランプ」でお馴染みのキャラクターでもあるジーニーはもともとは奴隷という設定。 彼を操るのは魔法のランプの持ち主であり、ランプを擦って自分を起こしたご主人様が願いごとをしたときのみ、魔法を使うことができる。 願いごとは3つまでで、アラジンが3つ目の願い事でジーニーを自由にしてあげる。 4、アブー アラジンのペットであり、パートナー。 アラジンと一緒に盗みを働くこともしばしば。 特に光るものには目がなく、すぐに盗ってしまう手癖の悪いところもある。 アラジンと知り合う前は盗賊団と一緒に行動していた。 ちなみにアラジンと出会ったのもアブーがアラジンのお金を盗もうとしたことがきっかけ。 5、ジャファー サルタンの右腕的な役割を果たす国務大臣で、物語の最大の悪役でもある。 権力者に媚を売る性格にも関わらず、ひそかに王位を狙うなどずる賢く、強い野望を抱いている。 ナルシストな性格で、サディスティックでもあり、悪役の要素が満載なのが特徴で、そのせいかジャーファーをメインキャラクターの一人に抜擢した続編「アラジン ジャファーの逆襲」まで制作された。 6、スルタン 一見優しそうな外見とは裏腹に娘のジャスミンを無理やり結婚させようとしたり、実は尊大で横柄な性格の持ち主でもあるアグラバー王国の国王。 一方でいい歳をしておもちゃと遊ぶのが好きといった子供っぽいところもある。 自分については人を見極める能力に長けていると信じているものの、ジャファーの悪巧みにまったく気づかないなど鈍感なところもある。 7、イアーゴ ジャファーの肩にいつも乗っているオウム。 主人に似て捻くれて、凶暴な性格をしている。 「アラジン ジャファーの逆襲」でジャファーがイアゴをマーケットで買ったことを話すシーンがある。 ちなみにイアゴという名前はシェークスピアの劇、「オセロ」の悪役から取ったもの。 そのためかイアゴには双子の兄弟、「オセロ」がいる。 8、カシーム アラジンの父親。 「アラジン完結編 盗賊王の伝説」で40人の盗賊の王として登場する。 もともとアラジンと彼の母親を置いて家を出て行ったのは「家族にもっといい暮らしをさせてやりたい」という思いからだった。 しかしいつの間にか盗賊団の首領となり、触れたものを金に変える秘法「ミダスの手」を探し求めて旅に出る。 「アラジン完結編 盗賊王の伝説」では数々の悪事に手を染めるが、その度にアラジンは父親の彼を助けようとする。

次の

ジャファーやアブーも登場!タカラトミーアーツ「ディズニーキャラクター ちょっこりさん アラジン」

ジャファー

約70分。 『』の続編作品。 前作、ジャファーの手下だったイアーゴが仲間になることで『』のプロローグにもなる。 前者と本作を『』と合わせて「アラジン三部作」として扱われる。 のDVD化の際に原題が『 Aladdin The Return of Jafar』に変更された。 日本でのセルビデオ出荷本数は105万本。 ストーリー 前作のラストでアグラバーを乗っ取りランプの魔人の力を手に入れたジャファーだったが、相棒のイアーゴと共にランプに封印されて砂漠の果てまで飛ばされていった。 イアーゴはランプからどうにか抜け出すが、ジャファーの横柄な態度に嫌気が差してランプを井戸に捨て、アラジンに取り入って再び王宮暮らしに戻るためアグラバーに向かう。 アグラバーに着いたイアーゴは、アビス・マルら盗賊団に襲われていたアラジンを偶然救ったことで、そのことに感謝したアラジンと共に王宮に戻る。 その日の夜、アラジンはジャスミンとサルタン、世界旅行から戻ったジーニーと一緒に夕食を楽しんでいたが、イアーゴのことを中々言い出せずにいた。 そこに、ラジャーに追われたイアーゴが乱入し大騒ぎになる。 サルタンとジャスミンは、アラジンが自分たちに黙ってイアーゴを王宮に入れたことに怒ってしまう。 落ち込むアラジンだったが、ジーニーとイアーゴの協力を得てジャスミンと仲直りし、翌日にはサルタンと仲直りのために遠出することになる。 イアーゴもアラジンの人の良さやジーニーの底知れぬ明るさにあきれながらも、「いいヤツになるのも悪くない」と彼らと生活する中で心境が変わり始めていく。 一方、砂漠の井戸の中からランプを見つけたアビス・マルは、ジャファーを呼び出してしまう。 ジャファーはアラジンに復讐するため、アビス・マルを丸め込みアグラバーに向かう。 ジャファーは王宮でくつろいでいたイアーゴを見つけ、アラジンとサルタンをおびき出すように命令する。 イアーゴはジャファーに逆らうことができず、結果的にアラジンを裏切る。 それと同時に、ジャファーは復讐の邪魔になるジーニーを捕まえ水晶の中に閉じ込めてしまう。 イアーゴに案内された場所に向かったアラジンとサルタンは、そこで空飛ぶ馬に乗るアビス・マルに襲われ滝つぼに落ちてしまう。 サルタンとはぐれたアラジンは一人で王宮に戻るが、アラジンの部屋から八つ裂きにされたサルタンのが見付かり、ジャスミンは「アラジンが父親を殺した」として彼を逮捕し処刑を命令する。 しかし、ジャスミンの正体はジャファーの変装であり、本物のジャスミンやサルタンはジャファーによって監禁されていた。 アラジンはジャファーによって処刑されようとするが、裏切ったことに罪悪感を感じていたイアーゴによって水晶から解放されたジーニーに助けられる。 アラジンはイアーゴと和解し、ジャスミンたちと共にジャファーのランプを破壊しようとする。 一方、ジャファーは再びアグラバーの支配者になろうとするが、アビス・マルに「三つの願いを叶えろ」とせがまれウンザリしていた。 そこにアラジンたちが現れ、ランプの奪い合いが始まる。 ジャファーは魔人の姿に変身しアラジンたちを殺そうとするが、「人殺しは出来ない」というランプの制約に縛られ止めを刺せないため、彼が乗る岩を破壊し、溶岩に落とそうとする。 ピンチに駆けつけたイアーゴがランプを溶岩に落とし、溶かしたため、ジャファーはランプごと消滅する。 ジャファーを倒したアラジンたちはイアーゴを仲間に迎え、再び平和な暮らしに戻る。 登場キャラクター アラジン 本作の主人公。 アグラバーで暮らす青年。 ジャスミンと婚約し、サルタンからはジャファーに変わる国務大臣になるように頼まれているが、本人はそれを拒み、街での生活を続けている。 かつてジャファーに加担して悪事を働いたイアーゴを見つけ、下心見え見えの演技をする彼を捕らえようとしたが、盗賊団退治に協力したことで王宮に招き入れる。 それを言い出せず隠していたためジーニーとアブー以外からは一時的に不信感をもたれていたが、イアーゴの機転で和解し、ジャファーを消滅させる。 ジャスミン 本作のヒロイン。 サルタンの一人娘でアグラバーの王女。 アラジンと婚約している。 当初はイアーゴのことをよく思っていなかったが、物語終盤に彼が命がけでジーニーを解放したことで認めるようになる。 アラジンの友人のランプの精。 ランプの制約から解放され自由の身になったが、そのため以前より魔力が落ちておりランプの魔人となったジャファーに圧倒される。 世界旅行に出かけていたが、一人ぼっちの旅に虚しさを感じ、アラジンのもとへ戻ってきた。 食事会の際、イアーゴが起こした悪事を話した結果、溝を作ってしまうがイアーゴと共協力し、和解させることに成功した。 魔法の絨毯 アラジンの仲間。 空を飛んで移動することができる。 終盤ではジャファーの魔法でバラバラになるもジャファーが消滅した後、復活した。 アブー アラジンの相棒のサル。 かつてのこともあり、イアーゴを最も警戒していたが、彼がアラジンに協力したことで次第に信頼するようになる。 『アラジンの大冒険』ではなんだかんだで一緒に行動しており、次回作、彼から別れを告げられた際、悲しんだらしい。 イアーゴ ジャファーの相棒だったオウム。 流暢に人間の言葉を話す事ができる。 前作でランプに封印され辛くも脱出したが、ジャファーの態度に腹を立て決別。 宮殿暮らしに戻りたいがために催眠術に操られていたと見え見えの嘘を吐き、アラジンを利用しようとしたが、結果的に助けたことで王宮から追い出されそうになった際、彼がかばってくれたことに恩を感じ、自分が原因で不仲になった周囲をジーニーとの協力で仲裁に成功。 信頼を取り戻す。 その後アビス・マルによって復活したジャファーに弱みを握られやむなく従うも、彼がアラジンを始末しようとしている隙にジーニーを救ったことで和解し、ジャファーを倒すために協力する。 エピローグではその功績が認められ、正式に仲間に加わる。 ジャファー アグラバーの乗っ取りを企んだ元国務大臣。 ランプの魔人となったため、自由になったジーニー以上の強大な魔力を持つ。 自分の野望を妨害したアラジンを憎んでおり、復讐のために暗躍。 アビス・マルに自由にしてもらうとするが失敗に終わり、執念でアラジンを殺そうとするもイアーゴの妨害で消滅した。 アグラバー国王にして、ジャスミンの父親。 誠実でアグラバーの危機を救ったアラジンを気に入っている。 一方でジャファーの手下だったイアーゴを「裏切り者」と呼んで快く思っていない(本人曰く「無理やり食わされたクラッカーの味が忘れられない」ため)。 以降の作品でも彼を毛嫌いしている。 アビス・マル 盗賊団を率いるリーダーだが人望はなく、部下からの信頼も皆無である。 ジャファーも呆れてしまうほどケチで、金銀財宝に目がない。 ジャファーとは「打倒アラジン」の利害一致から共闘するが最後の願いで自分を自由にするよう願わされた時も「宝が消える気がする」と躊躇ったため、結果的にジャファーを消滅させることになった。 その後『アラジンの大冒険』でも登場する。 スタッフ• 監督:トビー・シェルトン• 音楽:マーク・ワターズ 日本語制作• 演出:• 録音制作:スタジオ・エコー• 日本語製作:DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL,INC. 挿入歌• アラビアン・ナイト( Arabian Nights)• 助けはいらない( I'm Looking Out For Me)• 友達に勝るものはない!( Nothing In The World(Quite Like A Friend))• 恋など忘れて( Forget About Love)• 劣れる者よ( You're Only Second Rate) ビデオ版とDVD版の相違点 タイトルの文字がビデオ版ではスクリプトだったのに対し、DVD版では子供が読みやすい大きな書体に変更された。 また、終盤のジャファーの死亡シーンもDVD版で変更された。 ランプが溶岩で溶け、苦しむジャファーの骨格が透けてみえる部分も子供が怖がるという理由でDVD版の一部のシーンのみ身体が光るだけの控えめなものになった。 その他の話題 用ソフト『』のアラジンのワールド「アグラバー」のシナリオは、本作をモチーフとしている。

次の