日本 人 お断り ラーメン 屋。 日本人客お断りラーメン屋は閉店か?石垣島の幼児出禁の国籍差別店

日本人客お断り石垣島ラーメン店/炎上理由は店主か?接客態度まとめ

日本 人 お断り ラーメン 屋

スポンサーリンク 日本人お断りラーメン屋現在が客激減の理由!注文しない幼児を出禁で店がやりすぎ? 日本人お断りラーメン屋現在が客激減 日本人がマナー悪いと、日本人をお断りしたラーメン屋が話題になりましたが、 現在は日本人をお断りしたら客が激減したようです。 ただ、この対応を始めてから、状況が一変したそうだ。 「客が全然いないんですよ。 昨日も2人だけでした。 さすがに、いろんな人から文句を言われましたね。 経営的には困っていますが、体を休め店の掃除をするなどして、しばらく頑張ろうと思っています」 10月から通常営業を再開し、様子を見てから、店を会員制にすることも検討しているとしている。 引用: あの日本人お断りラーメン店が放送されたぞ 八重山 style) 日本客排除した結果激減し今は2~3組とのこと — Silver15 FOCUS Freeword07 (画像引用元:) 普通、迷惑な客がいなくなると店の雰囲気が良くなり、客が増えて売上が上がるはずです。 しかし、残念ながら日本人をお断りしたラーメン店は客足が減り、経営的に困っているようです。 日本人お断りラーメン屋の客が激減した理由 日本人差別しているから? 確かに日本人の多くがマナーが悪かったのかもしれませんが、「日本人お断り」と国籍差別をしたから客が入りにくくなったのかもしれません。 ラーメン店 の張り紙の件。 ワイドショーとかでも取り上げてるみたいね。 正直アホらしいけどな。 ドキュン客を出禁にするのはよくわかる。 しかしそれを「日本人」とでかくしたのは、日本国内であることを考えると極めて不自然。 事例であげられてたのも皆が皆許せんものでもない。 日本人にも外国人にも当然いろんな人がいる。 部屋を借りる場面など、戦後もまかり通った。 ただ、店頭で立ちすくむ客は、差別を疑似体験するだろう。 差別の不条理を当事者として考える人が増えれば、思わぬ副産物になる。 (阿部岳) 引用: 今は日本でも差別に敏感であり、国籍差別まがいでバッシングされると思います。 そもそも、日本人以外の方が、「日本人お断り」と母国を差別している店に行きたいと思わないと感じます。 乳児まで注文させるルールで店が厳しすぎる 日本人お断りラーメン屋は、「 一人一杯注文」で乳児まで注文させるルールを守らないと入店禁止する、店側のルールが厳しすぎるのが反感を買って客が激減したようです。 日本人お断りのラーメン屋 店長 カウンター8席の店だからか、ラーメンを注文しない 乳幼児の入店を禁止し、それを守らない客を追い出すらしい。 ラーメン、まぜそばの味は平凡で普通。 とりあえず9月までは日本人お断りだそうだ。 客商売に向いてない性格なのかな? — バーホッパー syge3 石垣島の日本人お断りしちゃったラーメン屋… 小さい店で回転率をあげなきゃいけないのは分かる。 私も飲食業だからね。 でも子供にまで一杯頼めとか乳児はお断りとか そもそも観光地に店を構えたのが大きな間違いじゃないの??? 味に自信が有るのかわからんけどラーメン注文できない乳幼児の家族連れは出禁とかどんだけだよ。 外国人お断り店もそうだがマナーを悪いと感じたらその場で退出、今後出禁とするでよくないか? — 独善読者 nohweatherhead 日本人お断りラーメン屋は「一人一杯注文」というルールが有り、乳児まで注文しないと出禁にしてました。 しかし、家族連れでお子さんが幼いと、一人一杯食べきれないので乳児と2人で一杯食べるケースが多いです。 ところが日本人お断りラーメン屋は「一人一杯注文」というルールに固執し、乳児を含む家族連れが乳児分の一杯を頼まないと入店禁止にしたのです。 確かにマナーが悪い客は排除するのは良いですが、こういった善良な家族連れすれも排除する頑固な姿勢が反感を買い、客を激減させてしまったのでしょう。 スポンサーリンク 日本人お断りラーメン屋が日本人を断った理由 日本人お断りラーメン屋は、日本人があまりにもマナー悪いと日本人をお断って話題になりました。 「日本人のお客様へ」。 このラーメン店「麺屋 八重山style」は、2019年7月1日から入口のドアにこんなタイトルの貼り紙を出している。 そこでは、日本人観光客のマナーが年々悪化しているとして、「日本人のお客様はお断りしています」などと背景を黄色く塗って強調されていた。 9月末までの3か月間の措置といい、「地元のお客様や毎年、来てくれるお客様には申し訳ありませんが協力お願いします」と訴えている。 それによると、カウンターに8席しかない店に客が増えてきたため、 「一人一杯、麺類の注文をお願いします」「乳児・幼児お断り」の貼り紙を出している。 しかし、これを伝えても、 2人で1杯しか注文しなかったり、飲食物を勝手に持ち込んで注意するとキレたりするマナーの悪い客も目立つようになった。 乳幼児連れで入店しようとして、「赤ちゃんにも1杯食わせるのか!」などとアルバイトに怒鳴りつけた夫婦もいたという。 アルバイトもストレスなどから店を辞め、店長1人で切り盛りするようになってしまった。 一方、店には、クルーズ船で来る台湾や香港などの外国人客も多いが、ルールを一度伝えると守ってもらえることが多かったという。 この状態では、接客が大変になり、その質も落ちると店長は考え、日本人客お断りの対応を採ることに決めたという。 引用: 日本人の客は比較的マナー悪い客が多いということで、日本人をお断りにしたようです。 しかし、やはり乳幼児連れで入店しようとして「赤ちゃんにも1杯食わせるのか!」と、怒鳴るのはやりすぎかもしれませんが、客の主張は間違っていないと思います。 日本人お断りラーメン屋現在が客激減の理由は国籍差別で店ルールが厳しい? 日本人お断りラーメン屋は、迷惑な客を排除したので売上が伸びると思いきや、客が激減して経営的に困っているようです。 確かにマナー悪い客を排除するのは良いですが、調べてみると、「一人一杯」を乳児にまで強要して家族連れを困らせたり、国籍差別したりと今回は店やりすぎな気がします。 実際に日本人お断りしたラーメン屋の結果は、客が激減して売上が下がっているので考え方を改めたほうが良いと思います。 果たして自分ルールでこのまま通してなんとかなるのか、日本人お断りラーメン屋の今後が注目ですね。 せばな~.

次の

マナー悪い「日本人客お断り」の貼り紙 石垣島のラーメン店長が語った事情と影響

日本 人 お断り ラーメン 屋

正直なところ確かにお店にもお客を選ぶ権利はありますので マナーが悪い日本人を排除したいという気持ちも僕は否定しません。 私たちは常に誰かを差別し、そして常に誰かから差別される世界に生きていますから、 ヘイトだとか、非常識だとか、僕はそういう批判的な心は全く持っていません。 僕が持っているのは、マーケティング下手っぴすぎだろ…という不思議な気持ちです。 ですので自分の店もそういう注意書きをしちゃってもいいのかなと思いがちです。 しかし法律上、 もしくは自社の経営上、 「絶対に表示しなければならないお断り書き」以外は表示すべきでは無いのです。 例えば私は「反社会的勢力の方は絶対お断り」ですが、そんな事はわざわざホームページには書きません。 反社会的勢力お断りという言葉によって一般のお客には安心を与えることができますが、 これから反社会的勢力と関係を絶ち切って頑張ろうとしている人、 反社会的勢力の知り合いはいるけどすごく真面目な人、 全く反社会的勢力ではないけれどもルックスが反社会的勢力な人 などの潜在顧客が、ごっそり離れていってしまうことになるからです。 ですからあなたも自分のホームページやブログなどをチェックして、潜在顧客を不安にさせてしまう注意書きやお断り書きがないか確認してみましょう。 そしてそれが見つかったらすぐに削除してしまいましょう。 削除したって悪い事は何も起きません。 むしろお客さんがちょっと増えるだけです。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

日本のラーメン屋が日本人の入店をお断り・・・日本人は礼儀とマナーを重んじるのではないのか? (2019年7月15日)

日本 人 お断り ラーメン 屋

「お気持ち、察します」「言ってる意味がわからない」 「日本人のお客様へ」。 このラーメン店「麺屋 八重山style」は、2019年7月1日から入口のドアにこんなタイトルの貼り紙を出している。 そこでは、日本人観光客のマナーが年々悪化しているとして、「日本人のお客様はお断りしています」などと背景を黄色く塗って強調されていた。 9月末までの3か月間の措置といい、「地元のお客様や毎年、来てくれるお客様には申し訳ありませんが協力お願いします」と訴えている。 この店は、フェイスブックで5月3日、夏の繁忙期には観光客が増えて、マナーの悪い人たちの入店で営業しづらくなるとして、日本人客の入店をお断りすると告知していた。 実際に7月に始め、フェイスブックでも事情を説明している。 日本人客お断りが7月12日に沖縄の地元紙で報じられると、そのウェブ版ニュースのコメント欄やツイッターなどでは、聞いたことがないような内容に驚きの声が上がった。 その書き込みを見ると、「自分勝手で横柄な態度の客がいるのは事実」「お気持ち、察します」「お店側も客を選んでいいと思う」と共感の声も多い。 一方で、「言ってる意味がわからない」と疑問をぶつける意見もあった。 この店の店長(42)は7月13日、J-CASTニュースの取材に応じ、日本人客お断りの貼り紙を出した理由を説明した。 勝手に飲食物持ち込み、アルバイト怒鳴りつけ... それによると、カウンターに8席しかない店に客が増えてきたため、「一人一杯、麺類の注文をお願いします」「乳児・幼児お断り」の貼り紙を出している。 しかし、これを伝えても、2人で1杯しか注文しなかったり、飲食物を勝手に持ち込んで注意するとキレたりするマナーの悪い客も目立つようになった。 乳幼児連れで入店しようとして、「赤ちゃんにも1杯食わせるのか!」などとアルバイトに怒鳴りつけた夫婦もいたという。 アルバイトもストレスなどから店を辞め、店長1人で切り盛りするようになってしまった。 一方、店には、クルーズ船で来る台湾や香港などの外国人客も多いが、ルールを一度伝えると守ってもらえることが多かったという。 この状態では、接客が大変になり、その質も落ちると店長は考え、日本人客お断りの対応を採ることに決めたという。 ただ、この対応を始めてから、状況が一変したそうだ。 「客が全然いないんですよ。 昨日も2人だけでした。 さすがに、いろんな人から文句を言われましたね。 経営的には困っていますが、体を休め店の掃除をするなどして、しばらく頑張ろうと思っています」 10月から通常営業を再開し、様子を見てから、店を会員制にすることも検討しているとしている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の