速度測定 google。 Google速度テスト

光回線のインターネット速度を測定できるスピードテスト5選【スマホOK】

速度測定 google

投稿日:2018-12-12 更新日:2020-05-15 パソコンやスマホ、ゲーム機でネットサーフィンやオンラインゲームなどを楽しむためには通信速度がとても重要です。 やりたいことに必要な通信速度が出ていなければ、読み込みが遅かったり対戦ゲーム中に動作が重くなって不本意な負け方をしてしまったりとイライラして楽しめません。 そのため、まずは 自身の利用環境の通信速度がどのくらいなのか把握する必要があります。 通信速度を知る方法としておすすめしたいのが「 スピードテストサイト」を利用した測定です。 たとえばGoogleで「」と検索すると「速度テストを実行」というボタンが検索結果に出てきます。 このボタンを ワンクリックするだけで通信速度を測定できてしまうんです! しかし、この速度が本当に自分の環境の速度なのか、自分がやりたいことの参考になる速度なのかわかりませんよね。 じつはスピードテストは、測定方法や接続する測定サーバーによって計測結果が変わるのです。 スピードテストを活用するには、まずは「高画質の動画を視聴できる通信速度を知りたい」「快適なネットサーフィンができる通信速度を知りたい」などのように利用目的を決めることをおすすめします。 そして、 利用目的に適した測定方法のスピードテストサイトで測定すれば、もっとも参考になる通信速度がわかるでしょう。 プロバイダ 特典付き窓口 【5月特典】通信速度でおすすめの光回線• 大手企業ソニーコミュニケーションズ社の独自高速回線!• 【web限定】余計なオプションなしで 2ヶ月後 45,000円キャッシュバック!• 高速WiFiつきで 月額4,743円!! 目次• スピードテストでわかること まずは基本的なことですが、スピードテストをすることでなにがわかるのかご紹介しますね。 その前に「スピードテストのことはだいたい知ってるから早くおすすめのサイトを教えてくれ」という人はからジャンプできます! スピードテストとは、文字の通り速度を測定することだというのはなんとなくおわかりでしょうか。 インターネット回線のスピードテストは大きく分けて「 通信速度」と「 応答速度」がわかります。 通信速度 通信速度は「ダウンロード(下り)」と「アップロード(上り)」の2種類があります。 アップロード値とダウンロード値の関係については山登りをイメージすると分かりやすいです。 上の画像を見てください。 ユーザーが山(インターネット)の頂上(アクセス先)と、ピンクの矢印と青の矢印でやり取りをしています。 まず、ユーザーからアクセス先に向かっているピンクの矢印(アップロード)についてご説明しますね。 アップロードとはメールやLINEの送信、データファイルなどを相手に送ることをいいます。 そしてアクセス先からはユーザーに青い矢印(ダウンロード)が向けられていますね。 ダウンロードは、サイトや動画の視聴、データファイルのダウンロードなどがあたります。 一般的に通信速度の速い遅いは、青い矢印(ダウンロード)の速度を指すことが多いです。 応答速度(Ping値) さきほど通信速度で大事なのはダウンロード(下り)の値だとご紹介しましたね。 ネットサーフィンのような通信量が少ないコンテンツであれば、ダウンロード値だけを気にしておけばいいものです。 しかし、 オンラインゲームやライブ配信のような通信量が多くなるコンテンツは応答速度(Ping値)も重要になります。 Ping値とはサーバーにコンタクトをしてから応答されるまでの速度のことで、 Ping値が高くなると応答速度が遅くなる=つまりラグ(遅延)が発生するということです。 また、スピードテストの結果で Jitter値という数値が出てくる場合もあります。 Jitter値は通信品質を意味していて、Ping値が高いためラグが発生したり処理速度が遅かったりするとJitter値も高くなります。 要するに、Ping値とJitter値は低いほうがいいということです。 オンラインゲームやライブ配信を視聴する人は、通信速度だけではなくPing値とJitter値も確認するべきですね。 スピードテストの仕組み なんとなくスピードテストをするよりも、通信速度を測定する仕組みを知っておいたほうが、より測定結果に納得できるでしょう。 スピードテストはサイトによって測定方式が違いますが、おもに以下の3つの測定方式が使われています。 「ダウンロード方式」• 「Flash方式」• 「HTML方式」 それぞれの特徴やどのような仕組みで通信速度がわかるのかご説明しますね。 ダウンロード方式 ダウンロード方式は、実際にダミーファイルをダウンロードやアップロードしてその際にかかった時間から通信速度を算出します。 ダミーファイルなので実際にダウンロードはされないので安心してくださいね この方式はパソコンやスマートフォンの状態に影響されやすいです。 たとえば、端末を起動した直後や複数のタブを開いているときのように、パソコンやスマートフォンに負荷がかかっていると測定結果が遅く出てしまいます。 ダウンロード方式のスピードテストサイトで測定するときは、 ほかのタブを閉じて起動中のアプリなどを停止させてから測定するべきですね。 Flash方式 FlashとはAdobeという会社が開発したシステムです。 このシステムによって動画や音声、アニメーションやゲームなどをホームページ組み込むことが可能になり、それぞれのホームページに特徴が出せるようになりました。 Flash方式のスピードテストは、アニメーションやゲームのようにサイト上でスピードテストをおこないます。 動作の軽いシステムで、比較的手軽に測定できることもありこれまではFlash方式の測定が主流でした。 しかし、Adobe社はしており、Web業界全体がほかのシステムに移行しつつあります。 移行先として代表的なものが HTML5です。 HTML5はFlashのように動画や音声、アニメーションやゲームをサイトに組み込むことが可能で、スピードテストもFlash方式からHTML5方式に移行しているサイトがあります。 HTML5方式 まずHTML5について簡単に説明しますね。 HTML5はホームページを作るHTML言語の最新バージョンです。 これまでのHTML言語ではサイトや動画を組み込むことが難しくFlashを併用していました。 しかし、HTML5では動画や音声をHTML言語内で表示することが可能で、Flashサービス終了が発表されていることもあり多くのサイトでHTML5への移行が進んでいます。 もちろんスピードテストサイトも例外ではなく、 現在ではHTML5方式のスピードテストサイトが多くなっています。 HTML5方式の特徴は、Windows、Android、Mac、iOSなどの プラットホームを選ばずに測定が可能なところです。 なにかしらのトラブルや速度を調べたい事情があってスピードテストサイトを利用するとき、端末に制限がなく気軽に測定できるのは嬉しいですね。 なぜスピードテストが必要なのか なんとなく通信速度が知りたいからという人もいるかもしれませんが、わざわざ速度を調べる人は知らなければならない理由があるはずです。 その理由は、「高画質の動画を視聴したい」「オンラインゲームをやりたい」などの目的があり、それができるか調べたいからではないでしょうか。 そこで、動画やライブ配信の視聴、オンラインゲームプレイで推奨されている通信速度を調査したのでぜひご覧ください。 YouTubeの視聴の推奨通信速度 YouTubeの推奨通信速度は画質によって大きくかわります。 YouTube(参照:) 画質(フレームレート) 推奨通信速度 4K 20Mbps 1080p 5Mbps 720p 2. 5Mbps 480p(標準) 1. 1Mbps 360p 0. 7Mbps よほど混雑しているときでなければどの回線でも1Mbps以上は出ているはずなので、 標準画質で動画を視聴する場合はそれほど通信速度を意識しなくてもよさそうですね。 しかし、 4K画質になると推奨通信速度が一気に高くなります。 4Kで視聴したい人は光回線(平均最大通信速度1,000Mbps)か、高速通信のモバイルWiFi(平均最大通信速度150~440Mbps)の利用がおすすめです。 ライブ配信の視聴の推奨通信速度 ライブ配信の多くは、放送しているネットワーク回線にアクセスすることで視聴ができます。 複数のユーザーがリアルタイムで映像を読み込みアクセスが集中するため、動画視聴よりも推奨通信速度を高めに設定されていることが多いです。 今回は、サッカーやモータースポーツなどをライブ配信しているDAZNの推奨通信速度を見てみましょう。 DAZN(参照:) 画質 推奨通信速度 720p 5. 0Mbps 1080p 9. 0Mbps YouTubeと比較すると同じ画質でも約2倍も推奨通信速度が違いますね。 とはいえ10Mbps以上出れば視聴できるので、モバイルWiFiや無線ルーターを使用しても充分視聴できる範囲であるといえるでしょう。 しかし、ライブ配信は推奨通信速度が重要なのはもちろんですが、常にアクセスし続ける必要があるため 通信安定度も同じくらい重要です。 ルーターとの有線接続は通信速度が速くなるだけでなく、通信安定度も増すのでスポーツ中継を楽しみたい人はできれば端末と有線接続しての視聴をおすすめします。 動画配信サービス(VOD)視聴の推奨通信速度 最近は動画配信サービス(VOD)が盛り上がっていますよね。 ここでは定番の動画配信サービスの推奨通信量を公式サイトの情報からそれぞれご紹介します。 Amazonプライムビデオ(参照:) 4K Ultra HD 15Mbps~ ネットフリックス(参照:) 最低接続速度 0. 5Mbps 通常画質 3. 0Mbps HD画質 5. 0Mbps UHD画質 25Mbps Hulu(参照:) パソコン 下り速度 6Mbps以上 スマートフォン/タブレット 下り速度3Mbps以上 テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー 下り速度 6Mbps以上 推奨されている通信速度はそれぞれ違いますね。 ですが、やはり 画質が良くなるにつれて推奨通信速度が速くなるのは共通しています。 また、動画視聴の場合は端末に動画を保存してから視聴するダウンロード視聴も方法のひとつです。 もし、通信速度が低いので高画質の動画視聴をためらっている人は、 ネットワーク環境が整っている場所でダウンロードしておくのはいかがでしょうか。 オンラインゲームに必要な推奨通信速度 オンラインゲームの推奨通信速度はゲームによって違いますが、だいたい10~30Mbps以上といわれています。 しかし、10~30Mbps以上はプレイできる最低ラインといえるでしょう。 たとえば、ゲームなどのダウンロード販売を専門としている「」というサイトの日本人ユーザーの平均速度は、約83Mbpsです。 平均速度なのですべてのゲームでこの速度が必要というわけではありませんが、 通信安定度なども考えると80Mbps~100Mbps以上の通信速度はほしいところですね。 さらに、オンラインゲームはラグの発生に関係するPing値がとても重要になるので、Ping値が低くラグが発生しにくい光回線がおすすめです。 「光回線にしたいけど、どこがいいのかわからない」 そんな人は光コラボ比較ナビの利用がおすすめです。 光コラボ比較ナビは100以上の光回線のなかから自身にもっとも適した回線を無料で紹介してくれるので、どの回線がいいのか決められない人は利用してみてはいかがでしょうか。 スピードテストサイトはトラブル発生時にどこに原因があるのか解明するため 通信速度が遅くなる理由はさまざまなので、原因を特定するのは難しいです。 ただし、定期的にスピードテストをすれば、 トラブルの原因がわかりやすくなる場合があります。 もし、スピードテストの結果が普段と変わらないのに通信速度が遅くなったと感じたときはサイトに問題がある可能性が高いです。 また、逆にスピードテストの結果が普段よりも大きく低下している場合は、端末の故障や電波障害などの可能性が高くなります。 スピードテストをするからといって問題が解決するわけではありませんが、通信トラブルの原因を突き止めるのに役に立つので定期的に測定することをおすすめします。 目的別おすすめスピードテストサイト スピードテストサイトは多くあるので、どこで測定すればいいのか迷ってしまいますよね。 たとえば正確な通信速度を知りたい人は、精度が高いスピードテストサイトで測定するべきですし、同じエリアに住む人と比較したい人は簡単に比較できるサイトがおすすめです。 「なぜ通信速度を測定したいのか」を明確にすることで、スピードテストの結果がより参考になるでしょう。 ほかの人の通信速度と比較したい人 通信速度は環境によって大きく変わります。 住んでいる場所や周辺の建物状況も通信速度に関する大きな要因となります。 また、モバイルWiFiやスマートフォンなどの場合は 電波塔からの距離も重要です。 そこでここでは周辺でスピードテストを実行したほかのユーザーが一目でわかるサイトをご紹介します。 みんそく 引用:みんそく(最終閲覧日:2019年10月11日) の特徴はなんといっても測定者情報の細かさです。 みんそくでは、測定したエリアだけでなく、 利用している回線やプロバイダ、端末などが記載されています。 「とにかく通信速度を測定してみたい人」、「同じエリアに住む人」、「同じ端末を使っている人」などと通信速度を比較したい人はみんそくがおすすめですよ。 より詳しく測定したい人 スピードテストを行う際はほとんどの場合、測定サーバーが東京になっています。 東京に住んでいる人はそれで構わないかもしれませんが、西日本在住の人などは「自分は東京じゃないのに本当にこの速度で合ってるのかな」と思ってしまうかもしれませんよね。 そこでここでは、測定サーバーを選べるスピードテストサイトをご紹介します。 速度測定システム Radish Networkspeed Testing 引用:速度測定システム Radish Networkspeed Testing(最終閲覧日:2019年10月11日) は 測定サーバーが大阪と東京の2つあるのでより正確な速度を測定できます。 また、測定品質などの情報から「安定した測定ができたか」わかるシステムが組まれています。 つまり、 通信速度だけではなく、測定自体の判定もしてくれる信頼度の高いスピードテストサイトといえるでしょう。 Speedtest by Ookla 引用:Speedtest by Ookla(最終閲覧日:2019年10月11日) では 日本だけでも10以上のサーバーから測定サーバーを選ぶことができます。 また、Windows、Mac、iPhoneアプリ、androidアプリ、どのプラットホームでも測定することができるのも嬉しいですよね。 端末の性能によっては通信速度に差が出ることがあり、たとえばパソコンだと速度が出ていたのにスマートフォンでは遅いと感じることもあるかもしれません。 通信速度を知りたい端末で測定することをおすすめします。 動画視聴をするために必要な通信速度を知りたい人 最近ユーザー数が増えている動画コンテンツは、 動画の読み込みやダウンロード時間影響するので通信速度が重要ですよね。 動画配信サービスを運営している会社が提供しているスピードテストサイトは動画視聴においてもっとも参考になるスピードテストサイトといえるのではないでしょうか。 Fast. com(ネットフリックス) 引用:Fast. com(最終閲覧日:2019年10月11日) は動画配信サイトの ネットフリックスの速度測定サイトです。 まずFast. comの測定方法についてご説明します。 Fast. comの測定方法についてFast. comの公式ブログに以下のような記載があります。 The endpoint supports a range parameter that allows requests for between a 1 byte to a 25MB chunk of content. comでは独自の運用サーバーを利用し25MBのダミーの動画ファイルをダウンロードし測定する」とあります。 つまり、実際にネットフリックスで動画を見るときと同じ環境でスピードテストをするので、この数値が高ければ快適にサービスを楽しむことができるのです。 ネットフリックス(参照:) 最低接続速度 0. 5Mbps 通常画質 3. 0Mbps HD画質 5. 0Mbps UHD画質 25Mbps ただし、Fast. comでは Ping値などの測定ができません。 動画視聴に影響する通信速度だけのテストなので、通信速度をより詳しく知りたい人はほかのスピードテストサイトを利用した方がいいでしょう。 YouTube じつはYouTubeでもスピードテストができるのはご存知でしょうか。 まず動画画面を開くと右下に「 歯車のマーク」がありますよね。 この歯車のマークの上にカーソルを合わせて右クリックをし「 詳細統計情報」をクリックすると現在見ている動画の情報や環境が表示されます。 通信速度で見るべきなのは、動画との接続速度の「 Connection Speed」と、動画が止まる目安になる「 Buffer Health」です。 ただし、「Connection Speed」と「Buffer Health」は、 画質に合わせて数値が変わるため正確なスピードは測れません。 正確なスピードを測れないならYouTubeのスピードテストの使い道はなんなんだとなりますよね。 YouTubeのこの機能は 動画が止まらずに視聴するための目安なんです。 まず「Connection Speed」は、接続速度なので速度測定ほど数値を気にしすぎる必要はありませんが、できるだけ高い数値でなによりも 安定感があることが望まれます。 つぎに「Buffer Health」はスピードテストにおけるPing値のようなものです。 しかし、「Buffer Health」は Ping値とは逆に数値が小さいほどラグが発生しやすくなるので注意してくださいね。 まとめると「Connection Speed」が安定せず「Buffer Health」が5. もしこのような場合は 画質を落とすと改善する可能性が高いのでぜひお試しください。 特定のユーザーしか利用できないスピードテストサイト 今回ご紹介しているスピードテストサイトは、基本的にどのユーザーでも利用できます。 しかし、より正確な速度を知りたい人におすすめなのが「プロバイダが提供しているスピードテストサイト」です。 プロバイダが提供しているスピードテストサイトは、プロバイダ契約者しか測定できません。 しかし、プロバイダのスピードテストは 専用の測定サーバーを持っていることが多く、最も適切なサーバーで計測し正確な速度を割り出してくれます。 もし、契約しているプロバイダがスピードテストサイトを持っているならそのサイトで測定すれば間違いないでしょう。 スピードチェック(通信速度測定) 引用:スピードチェック(通信速度測定)(最終閲覧日:2019年10月11日) auひかりユーザー専用のです。 全国各地に設置されている測定サーバーで計測するので、測定エリアの誤差や通信速度低下の原因となる ノイズがほとんどなく正確な速度を測定することができます。 また、スピードテストサイトを持ってるプロバイダは、auひかり以外にも フレッツ光があります。 プロバイダ選びにスピードテストサイトがあるかどうかもプロバイダ選びの条件のなかにいれてみてはいかがでしょうか。 まとめ 「動画がカクカクして見れない」「オンラインゲームができない」とお悩みの人は通信速度が原因となっていることが多いです。 そんなときは、スピードテストサイトで計測すると自分の環境の通信速度がわかります。 しかし、通信速度がわかっても、その通信速度が利用したいコンテンツの推奨速度に達していないと、 結局やりたいことがやれなくなってしまいます。 「とにかく通信速度が速い回線に乗り換えたい」「できるだけ安くて4K動画が十分に楽しめる回線を利用したい」そんな人は 光回線(光コラボ)の利用を検討しましょう。 ですが光回線は数が多くてどれがいいのか迷ってしまいますよね。 そこでおすすめなのが、 自身の利用環境で光回線をもっとも安い料金かつ、通信速度が安定している回線を紹介してくれる「光コラボ比較ナビ」の利用です。 光コラボ比較ナビでは、100種類以上のプランのなかから最も適したプランをご紹介してくれるので、これから光回線にしたいという人におすすめのサービスです。 もっと通信速度が速い回線に乗り換えたい、光回線を利用したいけどどこがいいのかわからないという人は光コラボ比較ナビを利用してみてはいかがでしょうか。

次の

インターネット速度測定ツール9選!スピードテストを総レビュー!

速度測定 google

Google Home アプリまたは Google Wifi アプリからインターネットのダウンロード速度とアップロード速度をテストできます。 Google Home アプリを使ってインターネット速度をテストする• Google Home アプリ を開きます。 Wifi アイコン [ネットワーク] の [ 速度テストを実行] をタップします。 Google Wifi アプリを使ってインターネット速度をテストする• Google Wifi アプリ を開きます。 [設定と操作] タブ [ ネットワーク チェック] をタップします。 [ インターネット] をタップします。 結果の意味 インターネット速度のテストでは、ルーターまたはメイン Wifi ポイントからのダウンロード速度とアップロード速度が測定されます。 ダウンロード速度 お使いのネットワークが一定の期間にインターネット サーバーからデータを受信する速度を示しています。 「インターネットの速度」とは、通常、ダウンロード速度のことです。 接続が速ければ、より短い時間でより多くのデータを受信できます。 たとえば、ダウンロード速度が速いと動画のストリーミング、オンライン ゲーム、ウェブ ブラウジングがスムーズになります。 注意事項:• ダウンロード速度は、ISP(インターネット サービス プロバイダ)の契約プランによって異なります。 10 Mbps に制限されているプランもあれば、最大 1,000 Mbps まで可能なプランもあります。 スマートフォンなど、一部のデバイスではパソコンほどの速度が出ないことがあります。 端末の機種やバージョンによっても速度が異なります。 4K 動画を思う存分お楽しみいただけます。 50 Mbps 以上 高速 同時に複数のデバイスで 4K 動画のストリーミング、ビデオ会議、オンライン ゲームが可能です。 25 Mbps 以上 快適な速度 同時に複数の端末で、HD 動画の安定したストリーミングが可能です。 13 Mbps 以上 良好な速度 同時にいくつかの HD 動画のストリーミングが可能です。 家族の人数が多くても比較的安定しています。 少人数の家族に最適の速度です。 7 Mbps 以上 普通の速度 1 本の HD 動画のストリーミングが可能です。 複数の端末で同時に動画をストリーミングすると、バッファリングのために中断する可能性があります。 3 Mbps 以上 やや低速 1 台の端末で標準画質の動画を 1 本ストリーミングできます。 3 Mbps 未満 低速 ウェブ ブラウジングには十分ですが、動画の読み込みが遅くなる可能性があります。 ダウンロード速度を計算するために、Google Home アプリや Google Wifi アプリでは、一定の期間にルーターまたはメイン Wifi ポイントと Google のサーバーの間でどのくらいのデータを送受信できるかを測定します。 最寄りのサーバーではなく、よく利用されるサーバー(YouTube など)に対する速度をテストすることで、日常のインターネット使用に即した測定値が得られると Google は考えています。 ダウンロード速度が 45 Mbps の場合: YouTube サーバーから自宅へ 1 秒間に 45 メガビットのデータを転送できます。 注意事項:• 速度テストはダウンロード速度の 目安にすぎません。 インターネットを使用する時間帯や場所によって速度は異なります。 常に同じ速度で受信できるわけではありません。 ネットワークの輻輳は要素のひとつです。 操作の内容や時間帯、インターネット上の他のユーザーの操作状況によって、ダウンロード速度は速度テストの結果より速くなったり遅くなったりします。 アップロード速度 お使いのネットワークがサーバーへデータを送信する速度を示しています。 オンライン ゲーム、ビデオ通話や音声通話、YouTube への動画投稿や画像のバックアップといった大容量のファイルの送信の際にアップロード速度が重要になります。 全体的なパフォーマンスはインターネット速度によっても異なる 優れたルーターを使用していても、ISP が提供しているインターネット接続が遅ければ、パフォーマンスも落ちてしまいます。 現在地• サーバーがある場所 自動的に最寄りのサーバーを選択するテストもあれば、ユーザーが複数のサーバーから選択するテストもあります。 いずれの場合も、 距離によって結果が異なります。 現在地に近いサーバーであれば速くなり、遠いサーバーであれば遅くなります。 このように条件が変わると、毎日の使用状況で実感している速度とテスト結果が一致しないこともあります。 そこで、Google では、Wifi 拡張ポイントと Google のサーバーとの間の速度を測定します。 最寄りのサーバーではなく、よく利用されるサーバー(YouTube サーバーなど)に対する速度をテストすることで、日常のインターネット使用に即した測定値が得られると Google は考えています。 関連記事•

次の

Googleスピードテストでインターネットの回線速度を測定!おすすめ測定サイト6選も|生活110番ニュース

速度測定 google

Wi-Fi接続したスマホ、もしくはパソコンでを開きます。 検索フォームに、「スピードテスト」と入力して、検索します。 検索結果の一番上に、インターネット速度テストという項目が表示されます。 枠の右下に「速度テストを実行」のボタンがあるので、クリック(タップ)します。 約30秒ほど待つと、速度テストの結果が表示されます。 上記の手順で、Googleのインターネット速度テストが表示されない場合は、を参考にして下さい。 Googleの速度テストと他の計測サービスとの違い 一般的なスピードテストサービスの計測方法とくらべ、Google速度テストは、一つのWebサーバーにしかアクセスしないため、より現実的な速度テストが行えます。 他のスピードテストサービスは複数のサーバーにアクセスするので速度が高くなる傾向があります。 もちろんどちらが正しいということはありません。 普段ご利用のインターネット接続で使うWebサーバーは分散処理を行っているものと行っていないものがあるからです。 WiFiが遅い原因 Google速度テストでWi-Fiの速度が遅い場合、いくつかの原因が考えられます。 テスト用の接続先サーバーが日本以外になっている 速度テスト結果の画面でサーバーの横に書いてある文字列を確認します。 まれにTaipei(台北)などにつながるケースがあります。 サーバーまでの距離が遠ければそれだけ応答が遅くなります。 ベストエフォート方式の仕様 インターネット回線がベストエフォート方式の場合、接続する時間帯や曜日、地域などによって速度が異なります。 平均速度と大きくかけ離れていたとしても、異常ではないことがほとんどです。 環境要因 家庭用Wi-Fiで例えると、自分以外の家族が大きなファイルをダウンロードしているため速度が分散されている可能性があります。 また、大量のWi-Fi接続機器がご家庭にあった場合、ルーターの処理が追い付かず速度が低下することもあります。 公共Wi-FiやWi-Fiスポットを使う場合、周囲のWi-Fi 電波が干渉しあっている可能性もあります。 パソコンやスマートフォンではアプリのバックグラウンド実行が行われていることがあります。 Windows UpdateやiTunesのアップデートファイルのダウンロード、ゲームのパッチファイルのダウンロードが考えられます。 ルーターはWi-Fiの電波を発信しますが、届く距離というものがあります。 ルーターから遠くなればなるほど、電波の届きが悪くなるため速度低下の原因となります。 特に金属はよく電波を反射するので注意が必要です。 ルーターは周辺機器の中ではデリケートな部類にはいる機械なので、保証期間内であろうと不調を起こしやすいのです。 端末の不調 パソコンやスマートフォンそのものが、長期使用や複数アプリの同時使用などで、不安定になっている可能性があります。 不安定になった端末は様々な不具合を引き起こすため、Wi-Fiの通信速度が遅くなることがあります。 ファイヤーウォールに通信を阻害されている パソコンだけではなく、スマートフォンにもセキュリティ対策アプリを入れて使うケースがあります。 セキュリティ対策アプリはファイヤーウォール機能があり、端末を悪意のあるユーザーからの不正アクセスから守ってくれます。 ただし強力な機能なため、Wi-Fi通信が遅くなることがあります。

次の