喘息 錠剤。 喘息の薬

モンテルカストとは?気管支喘息・花粉症への効果・副作用を解説

喘息 錠剤

ステロイド(抗炎症薬)• 気管支拡張薬(長時間作用型)• 気管支拡張薬(短時間作用型) 気管支拡張薬は何種類かあり、それぞれの薬に効果の発現に特徴があります。 発作時にも長期管理にも使われますが、発作時はいかに早く効果を発揮できるか、長期管理薬としてはいかに長く効果を持続できるかが重要で、違いを理解して正しく使い分けることが大切です。 それぞれの薬の特徴を以下で簡単にご紹介します。 長期管理薬の基本で、副作用の少ない吸入タイプのステロイドが一般的です。 代表的な薬はフルタイド、キュバール、パルミコート、オルベスコ、アズマネックスなど。 この薬だけでは気道の炎症を抑える効果がないのでステロイドと一緒に使います。 最初からステロイドと一緒になっている薬もあります。 錠剤や吸入、テープ剤など様々な剤形があります。 代表的な薬はメプチン、スピロペント、セレベント、オンブレス、ホクナリンテープ、アドエア、シムビコート(ステロイドとの合剤)など。 テオフィリン薬 気管支を広げるだけでなく、炎症を抑える作用もあります。 代表的な薬はテオドール、ユニフィルLA、テオロング、スロービットなど。 抗アレルギー薬の中でもロイコトリエン受容体拮抗薬と呼ばれる薬が、喘息に対して優れた効果があるためよく用いられます。 ロイコトリエン受容体拮抗薬 代表的な薬はオノン、シングレア、キプレスなど• 代表的な薬はメプチンエアー、サルタノールインヘラー、シムビコート(ステロイド合剤)など。 長期管理薬のテオフィリン薬とは異なり、早く効くタイプのものを使用します。 代表的な薬はネオフィリンなど。 上記以外にも喘息に使う薬があり、喘息の重症度によって使う薬や使用方法が異なります。 詳しくは医師、薬剤師に確認してください。

次の

[気管支喘息治療薬] 薬データベース

喘息 錠剤

テオドールは、1日2回朝と寝る前に飲むのが基本です 1。 ただし、場合によっては1日1回寝る前とすることもあります 1。 テオドールには、以下の4種類の製品が発売されています 括弧内は200mgあたりの薬価 3。 5円 「顆粒」と「ドライシロップ」は、どちらもいわゆる「粉薬」です。 違いはどこにあるのかといえば、顆粒の方が粒の大きさが揃っている他、ドライシロップは水に溶かして飲むことができる点などです 4。 シロップを除いた製品には、対応するジェネリック医薬品が発売されています 3。 しかし、シロップはドライシロップで代用することが認められているので、シロップが処方された場合にも、ジェネリックを使うことは可能です。 ともあれ、ICSは喘息における炎症を鎮める効果を、テオフィリンは気管支を広げて呼吸を楽にする効果を、それぞれ持っています。 つまり、これらは使う目的が異なるので、一緒に使うことは合理的といえます。 しかし、理屈の上ではよさそうな、ICSとテオフィリンの併用も、昨今ではかつてほど行われなくなっています。 それは、テオフィリンのライバルとなる薬が登場したからです。 テオフィリンは副作用を起こしやすい薬で、一例として次のような症状が挙げられます 1, 2。 こうした薬物濃度測定のことを「TDM Therapeutic Drug Monitoring 」と呼ぶのですが 4 、テオフィリンはTDMの対象となっている薬でもあります。 実際には手間もかかるため、そこまで厳密な管理をすることは稀ですが、これはひとえにテオフィリンが副作用を起こしやすいことから、過量にならないように注意が必要な薬であることのあらわれです。 テオフィリンは、飲み合わせに注意が必要な薬が比較的多いのも特徴です。 代表的なものを以下に列挙します 1。 また、飲み合わせ、というわけではありませんが、テオフィリンには相性の良くない嗜好品があります。 それはタバコです。 どうなるかといえば、テオフィリンが効きにくくなります 4。 これは、タバコによって体内でのテオフィリンの分解反応が促されるからです。 もっとも、先ほど述べたように、テオフィリンは肺や気管支が悪い人が使うものですから、そういう病気の人がタバコを吸うのはそもそもどうなの?という話です。 テオフィリンを使うことになった喫煙者の方は、この機会に禁煙することを強く推奨します。 このように、どうにも使いにくい印象が目立つテオフィリンですが、落ちこぼれの烙印を押すのはちょっと待ってください。 というのも、どういうわけか他の薬があまり効かず、代わりにテオフィリンとてもよく効く重症喘息が、少数ながら存在するからです 2。 つまり、テオフィリンが特効薬となるケースがあるということです。 そのため、やはりテオフィリンを選択肢から外すわけにはいかないのですが、現時点での問題は、どの患者がこうしたケースに該当するのか、事前に知る方法がないことです。 もし、今後の研究の結果、テオフィリンが特異的に有効な喘息を判別する方法が生み出されたなら、テオフィリンが再びスポットライトを浴びる日も来るでしょう。 期待したいところです。 1 テオドール錠 添付文書 田辺三菱製薬株式会社 2 Barnes PJ, Pharmaceuticals Basel. 2010 Mar 18;3 3 :725-747. PMID: 27713276 3 薬価基準点数早見表平成28年4月版 じほう 4 瀬崎仁 他 薬剤学第4版 廣川書店 5 Dennis RJ, et al. BMJ Clin Evid. 2011 Jul 13;2011. pii: 1512. PMID: 21749735 6 National Heart, Lung, and Blood Institute Expert Panel Report 3: Guidelines for the Diagnosis and Management of Asthma.

次の

喘息(ぜんそく)治療は吸入薬が基本。吸入薬の種類と注意点を解説

喘息 錠剤

ここがポイント! ぜん息治療の基本は、気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬を基本とした「長期管理薬」です。 コントロール良好な状態を長く保つことができれば、徐々に薬の量や種類は減らすことができます。 吸入ステロイド薬は副作用も少なく、長期に安全に使うことができます。 気道の炎症を抑え発作を予防する「長期管理薬」 「長期管理薬」は2本だてです。 最も重要なひとつめの薬剤は「吸入ステロイド薬」です。 ぜん息の症状はが原因で起こります。 その炎症を抑え、発作を予防するのが「吸入ステロイド薬」です。 「吸入ステロイド薬」が普及してから、ぜん息で亡くなる人や入院する人の数が大幅に減少しました。 もうひとつの薬剤は、 気管支を広げる「気管支拡張薬」です。 ロイコトリエン受容体拮抗薬やテオフィリン製剤は、気管支拡張作用と抗炎症作用をあわせもっています。 症状に応じて、これらの中からひとつ、あるいはいくつかの薬剤を用います。 長期管理薬は長期間使ってはじめて本当の効果が現れる薬です。 使い始めてすぐに症状はおさまりますが、気道の中の炎症は続いています。 症状がないからと途中でやめてしまわず、医師の指示通りに続けることが重要です。 ただし、2~4週間使用しても症状が改善しない場合は、ぜん息でない可能性もあるため、主治医に相談しましょう。 長期管理薬の種類と働き 1. 副腎皮質ステロイド薬 1)吸入ステロイド薬 吸入薬 ぜん息治療の中心となる薬です。 薬を吸い込んで直接肺まで届けることで、炎症を抑えます。 に十分な注意が必要です。 長期管理薬として使う場合は、吸入ステロイド薬と併用するのが基本です。 ロイコトリエン受容体拮抗薬 飲み薬 気管支を収縮させる作用に深く関係しているロイコトリエンという化学伝達物質をブロックする働きがあります。 テオフィリン徐放製剤 飲み薬 ゆっくり溶ける作用時間の長い薬で、気管支を広げる働きがあります。 また、弱いながらも、抗炎症作用があることも報告されています。 長時間作用性抗コリン薬 吸入薬 気管支の収縮をうながすアセチルコリンという物質をブロックし、気管支の収縮を抑える働きがあります。 ロイコトリエン受容体拮抗薬以外の抗アレルギー薬 飲み薬 気管支の収縮を引き起こす物質の放出を抑えたり、アレルギー炎症を起こす物質の産生を抑えたりします。 (軽症間欠型相当)• 症状が週1回未満• 症状は軽度で短い• 夜間症状は月に2回未満• (軽症持続型相当)• 症状が週1回以上、しかし毎日ではない• 月1回以上日常生活や睡眠が妨げられる• 夜間症状は月2回以上• (中等症持続型相当)• 症状が毎日ある• 週1回以上日常生活や睡眠が妨げられる• 夜間症状が週1回以上• (重症持続型相当)• 治療下でもしばしば増悪• 症状が毎日ある• 日常生活が制限される• 夜間症状がしばしば• 治療ステップ1• 治療ステップ2• 治療ステップ3• 治療ステップ4• (喘息予防・管理ガイドライン2018を一部改変) (表2)治療ステップにあわせた治療薬の目安• 長期管理薬 基本治療 治療ステップ1 吸入ステロイド薬 (低用量) 上記が使用できない場合は以下のいずれかを用いる• ロイコトリエン受容体拮抗薬• 長時間作用性抗コリン薬• ロイコトリエン受容体拮抗薬• テオフィリン徐放製剤 追加治療 ロイコトリエン受容体拮抗薬以外の抗アレルギー薬 治療ステップ3 吸入ステロイド薬 (中~高用量) 上記に下記のいずれか1剤、あるいは複数を併用• 長時間作用性抗コリン薬• ロイコトリエン受容体拮抗薬• テオフィリン徐放製剤 追加治療 ロイコトリエン受容体拮抗薬以外の抗アレルギー薬 治療ステップ4 吸入ステロイド薬 (高用量) 上記に下記の複数を併用• 長時間作用性抗コリン薬• ロイコトリエン受容体拮抗薬• テオフィリン徐放製剤• 注2、注3• 経口ステロイド薬 注3• 注3 追加治療 ロイコトリエン受容体拮抗薬以外の抗アレルギー薬 追加治療 ロイコトリエン受容体拮抗薬以外の抗アレルギー薬(各治療ステップ共通)• 長期管理と発作治療を合わせて1日8吸入までとするが、一時的に1日合計12吸入まで増量可能である。 ただし、1日8吸入を超える場合は速やかに医療機関を受診すること。 (喘息予防・管理ガイドライン2018を一部改変) ぜん息治療における大きな目的は、症状や発作が起こらない状態(コントロール良好な状態)を保つことです。 該当するステップの治療を行い、症状が出ない状態が3~6か月持続すれば、治療をステップダウン(薬の種類や量を減らす)することも可能です。 症状が出なくなったからと自分の判断で治療を中止してしまわずに、医師の指示通り治療を続け、コントロール良好な状態を持続できるようにしましょう。 <対策>• 高血圧、糖尿病、 脂質異常症、感染症、骨粗しょう症などが起きていないか、定期的に検査(血液、レントゲン、骨密度検査など)を受けましょう。 ステロイド骨粗しょう症に関しては、服薬で予防する方法もあるため、主治医に相談しましょう。 体重増加はぜん息の悪化要因です。 体重を増やさないように、食生活を工夫しましょう。 吸入ステロイド薬の場合 ステロイド薬の副作用のリスクを減らす工夫を施された薬が、現在のぜん息治療の中心となっている「吸入ステロイド薬」です。 吸入ステロイド薬は、気道だけに作用する薬であるため、通常の投与量では全身の副作用はほとんどなく、長期に安心して、小児から高齢者、妊娠中の方でも使用できます。 吸入ステロイド薬の副作用としては、声がかれたり、口の中に残ると粘膜の免疫を抑制してしまい、カンジダというカビの一種が増えたりすることがあります。 <対策> 口の中のカンジダによる感染症を防ぐため、吸入後には必ずうがいをしましょう。 「ガラガラ」うがいが難しい場合は、「ブクブク」して飲み込んでしまっても大丈夫です。 それでも、患者さんによっては、声がれなどが出ることもありますが、その場合は、吸入ステロイド薬の使用をあきらめるのではなく、薬剤の種類を変えることによって対処できることが多くあります。 気管支拡張薬の場合 気管支拡張薬には、特有の副作用がいくつかあります。 抗コリン薬 口が渇く、男性の場合に尿が出にくくなるなどの症状が出ることがあります。 また、前立腺肥大や閉塞隅角緑内障のある方は、使用することができません。 テオフィリン薬 吐き気、頭痛、動悸などを認めることがあります。

次の