銀河 鉄道 999 ゴダイゴ。 ゴダイゴ 銀河鉄道999 歌詞

楽譜: 銀河鉄道999 / ゴダイゴ : 合唱(混声3部) / 中級

銀河 鉄道 999 ゴダイゴ

ゴダイゴ歌詞の魅力!「銀河鉄道999」「テイキングオフ」は色あせない! ゴダイゴは、日本初のオリジナリティを持った本格バンドだった ゴダイゴは、バンドとしての高い音楽性をベースに、J-POPの幕開けと同時に、数多くのヒット曲を世に出しました。 特に1978年には、堺正章、夏目雅子が出演して大ヒットした、日本テレビ「西遊記」のエンディングテーマ「ガンダーラ」や、主題歌の「モンキー・マジック」が、翌1979年には、ユニセフ国際児童年協賛曲として「ビューティフル・ネーム」が、さらにアニメ映画「銀河鉄道999」の「テイキング・オフ!~銀河の彼方へ~」が空前の大ヒットを記録します。 今でこそ当たり前になった、英語歌詞や、英語と日本語を交えた歌詞は、当時とても新鮮でした。 しかも恋愛を歌うのではなく、若者の夢や希望を奏でる、スケール感の大きな楽曲は、日本の歌謡界にこれまでに存在しないタイプの楽曲でした。 ゴダイゴは、タケカワユキヒデとミッキー吉野という2人の天才の出会いによって誕生した ゴダイゴの楽曲は全て、ボーカルを担当した、タテカワユキヒデが作曲しています。 タケカワユキヒデは音楽家一族に育ち、東京外国語大学英米語学科を卒業した秀才で、作曲は、10歳の頃より始めていたそうです。 一方、ミッキー吉野は、グループサウンズ全盛時、「ゴールデンカップス」に参加。 その後、アメリカの名門音楽学校バークリー音楽院で学び、帰国してタケカワユキヒデと出会い、ゴダイゴを結成します。 この2人の高度な音楽性の融合が、ゴダイゴを生み出したのです。 J-POPと呼ばれる新しい音楽が一挙に登場する1980年代初頭。 それらより一足早く、シンプルなロックに飽き足らない、ジャズやクラシックなど、他ジャンルの音楽を融合した前衛的なロック、プログレシッブ・ロックを目指したバンドが、1976年にデビューした、ミッキー吉野率いるゴダイゴだったのです。 ゴダイゴのバンド名由来や西遊記主題歌「ガンダーラ」が仏教的! ゴダイゴというバンド名に隠された、深い意味 ゴダイゴというバンド名の由来は、この名を英語で綴ったときに分かります。 英語の綴りを分解してみると、Go・進む、 die・死ぬ、go・進むとなることから、永遠に輪廻する生命を表しているのだとか。 ゴダイゴの楽曲もまた、なかなか薀蓄深いものがあります。 「ガンダーラ」の曲制作においては、作詩が先行でした。 タケカワユキヒデと作詞家は、ともにエキゾチックな歌にしたいと意見が一致し、あれこれ考えていたところ、ガンダーラ美術のようなイメージに浮かび、そのままタイトルに採用したそうです。 ゴダイゴ「ガンダーラ」のエキゾチックで仏教的旋律は、海外でも大ヒット 「ガンダーラ」は、タケカワユキヒデらの狙い通り、どこか仏教の念仏を思わせる旋律で、アジア的哀愁が漂う楽曲に仕上がりました。 実際、三蔵法師もガンダーラ地方を訪ねたそうで、番組のエンディングで流れる、シルクロードやインドのイメージ映像と、「ガンダーラ」の旋律は実に番組にマッチし、大ヒットにつながりました。 また、テレビドラマの「西遊記」は、イギリスやオーストラリアでも放送され、「モンキー・マジック」や「ガンダーラ」は、イギリスとオーストラリアでもヒットを飛ばします。 ゴダイゴは、アメリカや中国・ネパールなど、海外でも全く支障なくコンサートを行っています。 1980年のネパールでのゴダイゴのコンサートは、首都カトマンズにあるネパール王立競技場で行われ、6万人の観客が集まったそうです。 ゴダイゴが、6人編成バンドとして再結成。 彼らが目指す音楽は? ゴダイゴは、1985年に解散後し、期間限定で、あるいは、イベント出演のため単発で、何度か再結成を行っています。 そして2015年11月、タケカワユキヒデ、ミッキー吉野を含む、オリジナルメンバー5名に、ベースの吉沢洋治が加わった6人編成のバンドとして、本格的な再結成を果たしました。 今から考えると、ゴダイゴの活動期間は、1975年から1985年の10年間。 人気のピークは、1978年から1980年のたった3年間でした。 一時代前には、レコード会社や芸能プロが仕掛けたグループサウンズブームがありましたが、その音楽性は日本の歌謡曲そのもの。 それに飽き足らなかった当時の若者たちは、自分たち自身のバンド結成を目指します。 しかし、それらの多くは、洋楽ヒットのコピーバンドにしかすぎませんでした。 洋楽に負けない、自分たちの音楽性を確立したバンドは、なかなか現れなかったのです。 そんな状況の中、登場したのがゴダイゴです。 ゴダイゴの音楽は、オリジナル性だけでなく、大衆性まで備えていました。 というより、そのように計算し尽くされた楽曲に仕上がっていたのです。 ゴダイゴは、その後続々と登場するJ-POPアーティストのお手本となります。 アーティストにとって、独自の音楽性、世界観の確立が最も大事なのだと。 しかし不思議なもので、ゴダイゴは、大衆受けするヒットが続くほど、バンドとしてのコアな人気が落ちていきました。 ゴダイゴは、歌謡曲の時代からJ-POPの時代への、偉大な橋渡し役だったのかもしれません。

次の

ゴダイゴ「銀河鉄道999」に見る作家性と商業主義の両立

銀河 鉄道 999 ゴダイゴ

浅野氏早すぎます…ご冥福をお祈り致します。 この曲のイントロもかっこいい、グレコのギターを 当時お茶の間で見た衝撃はすごかった。 ハットをかぶって大きな体を揺らしてオルガンソロをきめる リーダー、これまたお茶の間でローランドのシンセの音に びっくりした、ガンダーラのソロのポルタメントとか。 12弦ギターのイントロもきれい。 リズム隊は欧米か!ボーカルは英語で歌ってて名前はカタカナ? 、グループ名は後醍醐天皇? 輪廻転生・不死鳥? 神のエゴ? 当時小学校から中学校へ上がる頃の自分には刺激と謎が多い バンドでした。 いわゆる歌謡曲中心のテレビ音楽番組でのパフォーマンスは 衝撃でした。 銀河鉄道999はアニソンというより、かっこいいロックバンドだなという思いでザ・ベストテン等で見てました。

次の

銀河鉄道999 歌詞「ゴダイゴ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

銀河 鉄道 999 ゴダイゴ

この超名曲を、なぜに百名曲に選ばずに、500名曲としてしまったか。 あえて言い訳を述べるならば、まったくの個人的嗜好に行き着く。 短いフレーズをリピートしながらフェードアウトする曲が好きではないという、 そんな限りなく個人的な事情に、ただただ申し訳なく思う。 のスリーナイン、『』。 スピード感あふれるイントロにおいては、 まるでモールス信号のようなピアノの単音階弾きが、ドライブを加速させる。 そして前述のピアノや電子オルガンが、ところどころアクセントを加えてくれるのだ。 そんなバッチリ決まった演奏とは対照的に、 ひょうひょうと階段のステップを駆け上がり ジャンプ台からふわりと空へと舞い上がるような主旋律は、 いくぶん輪郭のはっきりしない不安定さがあり、 はてさて、次の音は同じ音階を踏んだ方がいいのか、 それとも次のステップに上がった方がいいのか、迷いながら進んでいるようにも聞こえる。 個人的に、カラオケなんか歌うときは、どこで足踏みしようが、どこで駆けあがろうが、 行きつく音が同じであれば大差ないだろうと開き直り気味で突き進むんだけど、 不意に街中で風にアレンジされた、このメロディを耳にすると そのメロディに結構違和感を覚えることがあるので、 音の階段を駆け上げるタイミングは案外重要なのかもしれない。 どこで上がってもいいと思っているのは、下手な歌を聴かせる本人だけのようだ。 作詞 ・、作曲 、編曲• 1979年7月1日、より発売• 最高位2位、年間14位 1979年• 歌詞はへ:• 曲にまつわる背景などはにくわしい: 知ったようなことを書いているが、実は映画の方は見ていないので の999は楽曲としての側面しか知らない。 たぶん、映画を見ていたら、また違った感想を持つのだろうが、 新たな旅立ち歌う軽快なに、物語の始まりのようなウキウキさを感じてしまう。 ここがいいんだ、という人も少なからずいるだろうし。 そちらの方がむしろ多数派であろう。 まあ、好みも人それぞれと思って軽く読み流してくださいませ。 1番、2番、エンディングとアレンジが全く変わらないことが 自分の中で引っかかっているのかもしれない。 製作過程における時間的制約があったみたいだけど せめてリピートの途中から16ビートにするなり、、、 ああ、自分の愚痴の方がよっぽどクドくなってきた。 やめよう。 と、不意にさきほどの思い付きが、実際のところどうなんだろうと気になりはじめた。 イントロのピアノの単音階弾きが、本当にモールス信号だったとしたら。 「地平線に消える瞳」を持つのも、「あの人」だろう。 そうしないと、「君」の瞳に「眩しい男」が写ってしまい、 なんだかすごくおかしなことになってしまう。 瞳に映ったまぶしい男は、実は「君」の成長した姿だったらイイね。 The Galaxy Express 999 will take you on a journey, a never ending journey, a journey tou the stars 翻訳する必要もなさそうだが、ほかに挙げる事項がないので書いておく。 まんま翻訳すると、 号は、永遠に続く星々への旅に君を誘うだろう。 現在入手可能な収録CD/視聴可能.

次の