きめつの刃 無一郎 画像。 霞柱「時透無一郎」とは?魅力や強さについて紹介|兄である有一郎との過去

霞柱「時透無一郎」とは?魅力や強さについて紹介|兄である有一郎との過去

きめつの刃 無一郎 画像

概要 正式タイトルは 『 中高一貫!! キメツ学園物語 』。 『』の作者・により、単行本の各巻末や各話の間に描かれている、鬼滅キャラ達のセルフ・漫画。 主要人物はもちろん、原作で敢え無い最期を遂げた者や、悪逆非道を尽くした鬼に至るまで、ユニークな現代風設定が加えられており、好きのファンの間でも人気が高い。 度々ジャンプの書き下ろしやでその設定の話が収録されている。 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol. 3」でも 『密着!「キメツ学園」に通う炭治郎の一日』が袋とじで付けられた(こちらは現時点でコミック未収録)。 アニメ版では第14話、第17話の枠を使って映像化された。 登場人物 生徒• 変態鉄道オタク。 コイツのせいでよく電車が遅延する。 前科6犯。 剣術道場師範。 粗暴な性格でやさぐれている。 最近、門下生が減ってションボリしがち。 中学1年生。 優しい性格な事以外は、全てにおいて平均的な少年。 書道教室の先生。 表情が乏しいので、最初は怖がられがち。 キメツ学園の怪談。 延々とマウンティングしてくる。 カナエが赴任してからはぱったりと姿を消したらしい。 キメツ学園の怪談。 常に恨み言を呟いている。 無一郎に踵落としを喰らい、頭が腫れている。 本名年齢不詳の詐欺師。 悪名高いが証拠不十分で不起訴にされている。 に声をかけた後、制裁を喰らい行方不明になった。 余談 因みに、以下のようにの作品もある。

次の

【鬼滅の刃】時透無一郎は黒死牟の子孫!?明かされた衝撃の事実!命懸けで戦う時透の結末は!?

きめつの刃 無一郎 画像

おしながき• 無一郎 現在の最新話は186話。 無一郎が完全にお亡くなりになったのは、鬼滅の刃179話での事でした。 179話掲載のジャンプは、2019年47号。 発売日は10月21日です。 いわゆる命日は、ここになるのでしょうか。 まだ、現実を受け止め切れてない方もいらっしゃるでしょう。 今回は、無一郎が残した謎について、少し振り返ってみたいと思います。 それは「赫刀」についてです。 赫刀 無一郎が残した謎。 どうして無一郎は、最後に刀を赫刀にすることが出来たのか。 最後の最後で刀を赫刀にし、黒死牟に致命的なダメージを与えた無一郎。 あの赫刀がなければ、全員やられていた可能性もあります。 悲鳴嶼さんや実弥の赫刀は、致命傷を与えるまでには至っていませんでした。 なので「無一郎あっての黒死牟討伐」という事になります。 では、それぞれが刀を赫刀にする事が出来た発動トリガーは、一体何だったのでしょうか。 ある人物を元に、考えていきましょう。 縁壱 まずは、赫刀といえば縁壱という事で、縁壱と無一郎の共通点から考えていきましょう。 縁壱と無一郎の共通点。 まずは、二人とも痣者であるという事。 そして赫刀にできた時点では、透き通る世界を見ていたことも共通点となります。 さらに、黒死牟こと継国厳勝の子孫である無一郎は、継国縁壱の血縁となります。 以上が二人の共通点となるのですが、これはあくまでも最低条件。 悲鳴嶼さんや実弥は継国家ではないので、血縁は関係ないかもしれません。 つまり、痣と透き通る世界を条件に、あるトリガーを踏むと赫刀は発現する。 そういう事なのではないでしょうか。 では、そのトリガーは何か。 私の予想では「想い」のようなものが刀に伝わる事で、赫刀は発現するのではないか。 そう考えています。 想い 最後の最後、死ぬ間際の無一郎の想い。 それはとても、強い想いだったと思います。 「俺が何とかしなくちゃ」 「俺が死ぬ前に」 この強い想いこそが、赫刀を発現させたキッカケなのではないか。 無一郎は最後、悲鳴嶼さんも実弥も死なせてはいけないと、二人を守るという事も考えていました。 その「誰かを守る」という想いも、赫刀発現のキッカケの一つだったのではないでしょうか。 想いといえば、心からくるもの。 全ては、心にあるのかもしれません。 縁壱は厳勝から「太陽のような存在」と呼ばれていました。 そして、縁壱とよく似た痣を持つ炭治郎は、精神の核が太陽のようでした。 そしてこの二人の共通点といえば「優しさ」という点があげられます。 縁壱は母を想い、兄の事も守り、炭治郎は妹や鬼に対してまでも、優しい心を持つことが出来ます。 この優しい心こそが、赫刀に繋がるキッカケの一つ。 そう考えていくなら、最後の無一郎の「二人を守る」という想いがキッカケになっていたとしても、合点がいきます。 無一郎は元々優しい男でしたが、鬼に襲われ兄を失ってからは、無感情な状態が続いていました。 しかしそれも炭治郎に出会ってからは、少しずつ変わっていきました。 そして最後の最後、死ぬ間際に、本当の優しさや想いを手に入れた。 そういう事だったのかもしれません。 まとめ的なもの 時透無一郎。 まだ14歳の少年でした。 無一郎がいなかったら、黒死牟を倒せていなかったでしょう。 黒死牟と無惨がタッグを組んでしまったら、それこそ鬼殺隊は全滅していたかもしれません。 玄弥もそうですが、無一郎は英雄となりました。 私はこの先も、どこかで無一郎の登場はあるのではないかと思っています。 本当のクライマックスで、炭治郎が杏寿郎やしのぶ、玄弥や無一郎を思い出し、無惨にトドメを刺すような場面。 想像ができます。 ということで、今回は無一郎の赫刀について振り返ってみました。 無一郎に関しては、もう少し気になる事もあるので、また時間があるときに振り返ってみたいと思います。 無一郎よ、永遠に。

次の

霞柱「時透無一郎」とは?魅力や強さについて紹介|兄である有一郎との過去

きめつの刃 無一郎 画像

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】黒死牟とのバトルが開始! 無一郎は 上弦の壱・黒死牟と対峙する。 無一郎は黒志望の得体のしれない恐怖を身をもって感じることになる。 黒死牟は闘いながら無一郎をほめたたえる。 そして無一郎が 自分の子孫であることを告げると、無一郎は驚愕する。 しかしすぐ立ち直ったことで、また黒死牟に褒められる。 霞の呼吸のこともなかなか良いと誉められるが、 黒死牟には全く通用しない。 黒死牟はさすが自分の末裔だとほめたたえますが、 時透は何百年も経っているのだから、黒死牟の血も細胞も自分にはひとかけらも残っていないと断固拒否します。 時透オリジナルの霞の呼吸を見て自分も刀を抜かなくてはと言います。 二人の技がぶつかり合い…その時 無一郎は左手首を切断されてしまう。 スポンサーリンク まとめ 時透無一郎はわずか14歳というのに刀を持ってから 2カ月で柱になったと言う天才剣士です。 その霞柱・時透無一郎が無限城で、上弦の壱である黒死牟と対峙した時、今まで闘ってきた上弦とはけた違いの強さを感じ、恐怖に手が震えてしまったのです。 その上黒死牟から、名前を聞かれ答えると、継国の名は途絶えたのだなと残念そうに言われ、 無一郎のことを継国家に自分が残してきた子供の子孫だと言いました。 その言葉に激しく動揺した無一郎ですが、すぐに冷静さを取り戻して黒死牟と闘います。 技や攻撃をほめたたえられますが、黒死牟には全く通用しません。 左手首を斬り落とされますが、止血をしてなお闘い続けます。 しかし今度は刀を奪われ、その刀で柱に串刺しにされてしまいます。 このまま殺されてしまうのかと思った時、黒死牟が 「 あの方にお前を鬼として使っていただこう」と言い出します。 しかし無一郎はそんな言葉には耳も貸さず、黒死牟と闘い続けています。 黒死牟は人間であった時、 日の呼吸の使い手でした。 その 子孫だとすれば、本当は無一郎も日の呼吸の使い手のはずですが、無一郎は霞の呼吸の使い手です。 黒死牟は月の呼吸を使っていますし、何か進化があったのでしょうか。 自分が瀕死の状態であっても、無惨との戦いが残っているから、みんなのためにも悲鳴嶼や不死川を生き残らせたいと願います。 そのためならば自分の命全部を使ってでも…自分が死ぬ前に何とかしたいと思った時に、黒死牟の体を貫いていた無一郎の刃が赤く染まります。 赤い刃は人間だった頃の黒死牟の弟縁壱と同じ色でした。 後継をどうすると言って心配していた黒死牟に、弟の縁壱は自分たちはそれほどたいそうなものではなく、長い長い人の歴史のほんのひとかけらだと言いました。 そして自分たちの才覚をしのぐ者が今この瞬間に産声を上げているかもしれない。 彼らがまた同じ場所までたどり着くだろう。 だから何の心配もいらない、私たちはいつでも安心して人生の幕を引けばいいと話していました。 いつかこれから生まれてくる子供たちが私たちを越えてさらなる高みへと登りつめていくと思えば、浮き立つような気持になりませんか?.

次の