プラス メッセージ 通信 料。 プラスメッセージの初期設定や使えない場合の対処方法、SMSとの違いを解説

ソフトバンクでプラスメッセージを使いこなす

プラス メッセージ 通信 料

3キャリアで利用できるメッセージアプリ プラスメッセージはデベロッパがNTT DOCOMO、KDDI、SoftBankとなっており、携帯大手3キャリアが共同して開発したアプリであることが分かります。 今後プラスメッセージを機会として共同で使えるサービスが増えてくると、乗り換えの場合など便利になりそうです。 電話番号だけでメッセージの送受信が可能 スマホのSMSを利用したメッセージ機能はこれまでもありましたが、メッセージが届く範囲が限定的でした。 ところがプラスメッセージでは3キャリアであればどこでもメッセージが送れるので、格段に便利になっています。 写真・動画・スタンプの利用もOK メッセージで写真や動画を送ろうとしても今までは難しかったと思いますが、プラスメッセージならば写真や動画、それにスタンプの送受信も可能です。 こうなるとほとんどLINEと変わらない感じで利用できそうです。 グループでのやり取りも可能です。 グループでの利用も可能 LINEのようにグループでの利用も可能です。 友達や会社の同僚と利用するときに便利です。 パケット通信料以外はかからない 電話料金などかかるのならば使うのをためらってしまいますが、パケット通信料以外はかからないようなので、安心して利用できます。 プラスメッセージとLINEは一緒? かわいいウサギのスタンプがあったりと、プラスメッセージがLINEを意識していることは明らかです。 ではプラスメッセージとLINEは何が違うのでしょうか? LINEはトーク機能以外も充実している トーク機能だけを見れば確かにプラスメッセージとLINEは似ています。 しかし今やLINEはトーク機能だけのアプリではありません。 ニュースを見たり、友達のタイムラインを見たりできますし、LINE PAYを利用してお金の支払や送金もできます。 もちろん3キャリアのスマホがあればLINE PAYに相応するサービスは利用できますが、トーク機能だけで判断して2つのアプリは似たようなものであるという断定は一概にはできません。 プラスメッセージは電話番号が必要 プラスメッセージは電話番号が必要というよりも3キャリアのいずれかで利用しなければならないものなので、必然的に電話番号がついてきます。 それに対してLINEはフェイスブックでの登録が可能なので、必ずしも電話番号を必要とはしません。 LINEの方がスタンプが豊富 LINEをなぜ使うかと聞かれたら「スタンプが豊富だから」と答える人が、かなり多いのではないかと思います。 プラスメッセージにもスタンプはあるものの、無料のものしかなく種類は少ないです。 だからLINEで購入したスタンプがたくさんある人などは、プラスメッセージに乗り換えようにももったいなくて乗り換えられないのではないでしょうか。 プラスメッセージにはIDがない プラスメッセージにはIDがありません。 プラスメッセージを誰かと利用しようと思ったら、電話番号をお互いに知っていることが前提です。 なので、LINEは教えてもいいけど電話番号は教えたくないなど微妙な関係の人がいれば、絶対にLINEを利用することになるでしょう。 プラスメッセージはDOCOMO、au、Softbank以外では使えない プラスメッセージはあくまでもDOCOMO、au、Softbankで契約をしている人のためのサービスなので、他サービスでの利用はできません。 なのでMVNOキャリアでスマホを使っている人は、LINEを使うより他なさそうです。 プラスメッセージなら既読を知られないようにできる LINEを利用している上で悩ましいのが既読の有無という方が多いと思います。 プラスメッセージならば既読をつけないようにすることも可能なので、既読が嫌で仕方がない人はプラスメッセージを利用してみましょう。 LINEの優位はゆらぎそうにない プラスメッセージがLINEを倒すということにはならなそうです。 LINEスタンプの豊富さは魅力的ですし、今や3キャリア以外でスマホを使っている人も多いため、3キャリアでしか使えないプラスメッセージはSMS利用の延長線上でしか使われないような気もします。 LINEがリリースされてから随分と経つのに、6月22日時点で未だにAPP内ダウンロード数10位というすごさ。 相手がプラスメッセージを使っていないとアプリを紹介したりしないといけませんし、LINEのように流行るかどうかは微妙なところでしょう。 ただお年寄りはほとんどが3キャリアのどれかを使っていますし、高齢者でスマホを利用している人を中心として流行する可能性は多いにありそうです。

次の

インターネットFAXならメッセージプラス

プラス メッセージ 通信 料

まず、SMSとは電話番号だけでメッセージのやりとりができるサービスで、ガラケーの時代から長く親しまれてきた。 今回登場した「+メッセージ」は、SMSの後継となるコミュニケーションサービス。 これまでのSMSと同様、IDやメールアドレスなどを登録しなくても電話番号同士でメッセージをやり取りできる。 従来のSMSというと簡易的な機能を思い浮かべる人も多そうだが、「+メッセージ」の登場でそのイメージはガラリと変わりそうだ。 「+メッセージ」では、LINEのように チャット形式でテキストやスタンプ、最大100MBまでの写真と動画、音声メッセージ、地図情報などを送り合える。 これまでのSMSでは最大70文字だったメッセージの長さは、なんと39倍にあたる最大2,730文字にまで拡張された。 すでにLINEやFacebookメッセンジャーなどを常用している人からすれば、「わざわざ『+メッセージ』を使う必要あるの?」と首を傾げてしまうかもしれない。 しかし、ここで思い出してほしいのが、「 LINEのIDは知らないけど、電話番号は知っている」という間柄の知り合いのことだ。 たとえば、商談で1〜2回顔を合わせた程度の取引先や、PTAの活動でしか連絡を取らないママ友には、LINEのIDやメールアドレスは聞きづらいもの。 そんなとき、電話番号だけでメッセージを送り合えるのは、ほかにはないメリットとなる。 実際に既存のSMSユーザーも、相手に応じてLINEなどと使い分けている人が8割以上を占める(通信会社調べ)。 かねてより改善を望む声の多かったSMSを進化させ、純粋に利便性を高めることが目的だ。 ほかにも「+メッセージ」にはこんな便利機能が! さらに「+メッセージ」特有の便利な機能もある。 順番に紹介していこう。 これだけならほかのメッセージアプリと同じだが、特徴的なのは 機能のオンオフを切り替えられることだ。 設定をオフにすることで、メッセージを確認しても相手に知らせないように変更できる。 連絡先の一覧で、名前の右側にアイコンがあるのは「+メッセージ」アプリを持っている人、逆にアイコンがないのはアプリを持っていない人。 そして、後者の人を宛先にメッセージ作成を選択すると、SMSを送受信できる画面になる。 つまり、このアプリひとつで 「+メッセージ」と従来のSMSをシームレスに使い分けられるのだ。 料金はパケット通信料に一新 さらには料金の仕組みも一新された。 SMSは1通ごとに各通信会社が設定する料金が課金される「通数課金」システムだったが、「+メッセージ」はデータ通信でやり取りされるため、ユーザーの契約する パケット通信量から消費される。 これにより、SMSだと料金の嵩む高頻度でのメッセージ交換も、気兼ねなく行えるようになった。 複雑な文字列を登録できるメールアドレスと異なり、11桁の数字のみで構成される携帯電話番号は、迷惑メール業者にとって格好の的になりかねない。 それに対し、「+メッセージ」の対策はふたつ。 ひとつは 迷惑ユーザーからのメッセージ受信を拒否できるブロック機能、もうひとつは 迷惑ユーザーを通信会社側に報告できる通報システムだ。 報告の方法は簡単で、どんな被害を受けたのかリストにチェックを入れて送信するだけ。 通信会社側は寄せられた情報を基に迷惑メッセージ送信者に対する処置を実施することで、迷惑メッセージの防止に努める。 「+メッセージ」の対応端末とインストール方法 さて、期待の高まる「+メッセージ」だが、気になる対応端末は以下の通りだ。 端末:KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクいずれかと契約したスマホ、タブレット端末 バージョン:iPhone/iPadはiOS 9. 0以降、AndroidはAndroid 4. 4以降 2018年5月以降に発売される機種には、「+メッセージ」は標準搭載される見込み。 一方で、過去の機種を使っている人は、アプリをインストールする必要がある。 auユーザーの場合、Androidなら既存SMSアプリをau Marketでアップデート、iPhoneとiPadなら別途アプリをダウンロードしよう。 大した手間もかからないので、サクッと済ませてSMSを一気に進化させてみてほしい。 今後はユーザーと企業を結びつけるプラットフォームに こうした進化の先には、将来への展望もある。 今後は「+メッセージ」を使い、ユーザーと企業のコミュニケーションを円滑化していく方針だ。 たとえば、「+メッセージ」を通じた商品購入の手続きや、ホテルやレストランの予約確認などのシステム構築を検討しているという。 電話番号と紐づくことによる本人確認の担保は、安心・安全なサービス利用に繋がるだろう。

次の

+メッセージ

プラス メッセージ 通信 料

スマホでは、ウェブサイトの閲覧の他に動画を見たり、音楽を聴いたりなどさまざまですよね。 そしてもう一つ、大きな役割なのがメッセージのやりとりです。 LINEや メール、 Skype、そして 通話など、 メッセージアプリを利用するという方は非常に多いのではないでしょうか。 そこで気になるのが、これらにかかる通信量です。 この記事では、 メッセージアプリの通信量について解説していきたいと思います。 LINEや通話、メッセージアプリの通信量は? データの種類 通信量 文字データ 0. 02MB/300文字 画像データ 2~4MB程度 音声通話アプリ 3MB/分 ビデオ通話 36MB/分 メッセージアプリの通信量は少ない 始めに結論から述べますと、メッセージアプリはほとんど通信量がかかりません。 何故かというと、メッセージアプリで主にやりとりするのは文字のデータです。 これはガラケーの時代であればそれなりの通信量となっていましたが、様々なデータ通信を行う現代ではほとんど0に近い扱いとなっています。 例えばメールの場合、300文字の文章を送ってもわずか0. 02MBです。 文章を送る分には、例え1GBや500MBといった低容量プランを契約していたとしても全く気にすることはないでしょう。 LINEの場合は一度に送る文章がメール以上に少ないのではないでしょうか。 スタンプというものはありますが、そちらもそれほどの通信量ではありません。 画像を送ったり受信したりするのにはそこそこ通信量が加算される メールやLINEなどに画像を添付すると、カメラで撮影した画像であれば1枚の通信量は2~4MB程度です。 これが何十枚にも及んでくると、やがて通信容量を圧迫してくることも考えられます。 週一程度旅行写真を送るのであれば問題ありませんし、毎日3MBの画像を送ったとしても30日で90MB。 まだまだ気にするほどではないでしょう。 しかし、 何十枚も画像を頻繁にやりとりしていくのはちょっと危険ということになりますね。 また、メールやLINEなどには動画や音声データも送れますよね。 音楽データ(ボイスメッセージ)は画像1枚とそれほど変わらないのでそれほどではありませんが、動画は長いものになると通信量が大きくなってしまうかもしれませんので注意しましょう。 【PR】LINEモバイルのサービスがスタート!LINE通信量がノーカウントで使える格安simです! twitterもインスタもだなんてすごいね! SkypeやLINEの音声通話はそこそこ通信量がかかる 続いて、音声通話についてです。 アプリで通話をすることができるというサービスが増えてきており、その魅力はなんと言っても通話料がかからないということですよね。 しかし、かからないのはあくまでも通話料。 こういったアプリで通話をすることによる通信量は、また別にカウントされるので注意が必要となります。 Skypeの音声通話は、 1分間に大体3MBほどの通信量がかかります。 LINEも同じ程度と考えて良いでしょう。 1分間の通話であれば3MBで済みますが、わざわざこういったアプリから通話をするのであれば長電話をしたいという人も多いですよね。 10分間であれば30MB、60分間の通話なら180MB。 もしも2時間通話したら、360MBということになります。 毎日のように通話を行っていると、いつの間にか毎月の通信量を使い切ってしまうということも起こりうるので、この点は気をつけなければいけません。 自宅にWi-Fiがあるのであれば、そちらから通話をした方が安心ですね。 ビデオ通話はさらに通信量が多い ビデオ通話は映像のデータもやりとりするものですので、さらに通信量が増えます。 なんと 1分間に36MB程度になる場合もあります。 画質が上がれば上がるほど、通信量は増えていきます。 もしも1分間36MBの通信量ならば、ビデオ通話を1時間=60分行うと、2GB以上になってしまいます。 ビデオ通話の長電話には、注意が必要ですね。 通話はデータ通信には含まれないが、IP電話は通信量が加算される 通常の通話は、データ通信には含まれませんので、とくに通信量が加算されることはありません。 しかし、IP電話の場合はネット回線を利用して電話をするというシステムなので、通信料がかかるということに注意しましょう。 こちらも 大体1分間に3MBと考えて良いですが、さらにそれに加えてIP電話の通話料がかかります。 通話にはそれほどお金はかからないIP電話ですが、通信量も合わせると結構な出費となってしまいますので、長電話には注意した方が良いでしょう。 FREETEL SIMならメッセージアプリの通信量が無料 FREETEL SIMの場合、LINE、WhatsApp、WeChatといったアプリの通信量が無料になります。 ただし全てが無料になるわけではなく、LINEの場合はメッセージ、画像、スタンプが無料になるという仕組みです。 それ以外は通信量が加算されますので、注意しましょう。 画像が無料で送れるのは非常に魅力的ですね。 写真をよく送るという方は、 FREETEL SIMがおすすめです。 データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量 299円~ 948円~ 100MB 最低利用期間の縛りなし! 使った分だけ安心プランがおすすめ! 使い方しだいで最安クラスの維持費に抑えられる! アプリの通信量解説まとめ メッセージアプリでの文章のやりとりにはそれほど気を遣うことはありませんが、 画像や音声、動画といった大容量データを伴う通信には注意しましょう。

次の