ポケモン ドラ パルド。 ドラパルト

【ダブル】ドラパルトの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン ドラ パルド

本日からポケモン剣盾の育成論や構築記事を上げていくのでよろしくお願いします。 今回紹介するポケモンは「意地っ張り鉢巻ドラパルト」です。 ドラパルトは合計種族値600、いわゆる600族と呼ばれるポケモンの1匹で、現在のランクマッチ環境ではミミッキュに次ぐか同程度の圧倒的使用率を誇っています。 このドラパルトを使用したパーティで マスターボール級21位まで順位を伸ばすことができたので、ある程度信用できる型なのかなと思っています。 技構成に関しては、火力の出せる技としてドラゴンアロー、後述する意地っ張り鉢巻の強みを活かすためふいうち、ナットレイなどの鋼に対してダイマックスを切って打つ技として大文字までは確定でいいでしょう。 ラスト1枠はミミッキュやオーロンゲなどフェアリーに強く出るなら鋼の翼、シンプルに火力を求めるならゴーストダイブがおススメです。 ダイホロウのBダウンが強力 意地鉢ドラパルトの強み ・B4振りドラパルトに対して不意打ちで乱1 68. 現在のランクマッチではスカーフドラパルトが流行しており、ドラパルト同士の対面になった際には基本的にドラゴンアローで突っ込んできます。 もし倒せなかったとしても後続の先制技圏内に入っていますし、他の型のドラパルトがダイマックスを切ってきたとしても大きく削ることができ、良い展開を作ることができます。 例えば、上記のドラパルト不意打ちに加えて、意地A252オーロンゲに黒い眼鏡などの火力アップアイテムを持たせた不意打ちで叩くことで、ダイマックスを切ったドラパルトを確定で倒すことが可能です。 最速を取らないデメリット 準速ドラパルトの素早さ実数値は194で、これは 最速125族と同値です。 これに該当するポケモンは、 マニューラ、コオリッポ ナイスフェイス 、サンダース、ガラルヒヒダルマ ダルマモード 、カマスジョーの5体です。 ダルマモードのヒヒダルマはほぼ使われないので、実質4体と言っても過言ではありません。 また、スカーフ持ちやダイジェットといった素早さ1段階上昇についても考慮する必要があり、これに関しては最速66族と同値です。 こちらに関しては数は多いものの、最速で使われているのをよく見かけるのはウオノラゴン、パッチラゴンの2体ぐらいでしょうか。 ただし、この2体に関しては超火力を押し付けてくる要注意ポケモンなので、別途処理ルートを用意しておく必要があります。

次の

【ポケモン剣盾】対戦最強!ドラパルトの入手方法を紹介!

ポケモン ドラ パルド

概要 ランクバトルでエースとして大活躍! 様々なポケモンを瀕死に追いやり…さぞかしいろいろなポケモンやトレーナーに妬まれていることでしょう。 中には呪ってやろう、って思っているポケモンもいるかもしれません。 だからあえてこちらが呪います。 逆ギレならぬ、逆ノロです。 高い素早さから壁(リフレクター、光の壁)を張り、後続をサポートする先発型です。 特徴5つ書きますと、 ・先制で壁が張れる ・壁が読まれにくい ・高い火力で先制攻撃できる ・壁ターン消費される相手の受けに対して呪いで牽制できる ・呪われボディで相手のメインウェポンを封じられる です。 性格・努力値• S:最速 最速ドラパルトを意識した最速です。 対ドラパルトを想定する型ではありませんが、ランクバトルでは最速ドラパルトも多く、対面しなくてはならない状況も多々あるので、火力や耐久よりも素早さが最優先です。 H・B・D H振りでそこそこの物理耐久・特殊耐久が確保できたのでHS型が安定します。 C 攻撃技を使う機会がそこまで多くはないので無振り 攻撃技1枠はシャドーボールが安定するので性格は臆病です。 細かい部分で努力値配分が複雑になる点、HP実質値が2下がるとその分定数ダメージ割合が増える、などの理由から確定欄はH252ベースにしております 特性 攻撃を受ける回数が多めなので、呪われボディ クリアボディは特殊型で威嚇もなく刺さる範囲は少なめです。 すりぬけも、相手の壁や身代わりに対し呪いがあるので優先度は低いです。 技考察• リフレクター、ひかりの壁 ひかりのねんどで後続のサポートが可能です。 のろい 受けに来たドヒドイデに打ち込んだり、自主退場して壁ターンを残すのに有効です。 シャドーボール タイプ一致で、先発ミミッキュのばけのかわを壊せます。 ドラパルトに後投げされ、シャドーボールが効かないノーマルタイプ(カビゴン、ヨクバリスなど)には呪いを刺さることが多いです。 ダメージ計算• スカーフミミッキュでも最高乱数以外は1回耐えます。 その他• 相性のいいポケモン1:相性補完 初手スカーフが怪しい、ヒヒダルマ、サザンドラや対面が辛いドラパルトを受けられるポケモンがいいです。 例えば、ドヒドイデ、ニンフィアなど。 一見スカーフには弱いですが、呪われボディが発動すればむしろ有利になることもあります。 相性のいいポケモン2:積みエース 壁を張った後に積み技をして相手を制圧できるポケモンと相性がいいです。 例えば、パルシェン、ギャラドス、トゲキッス、バンギラス 以上となります。 ほんとはドラパルトで壁を張った後、エース龍舞ドラパルトを使いたいです。 ドラパルト、強いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 陽キャラ??? ultratakagi 1 コメントありがとうございます。 陽キャラ??? ultratakagi 3 コメントありがとうございます。 配分案について、性格・努力値の欄に追記させていただきます。 努力値配分が複雑になる点、HP実質値が2下がる点を考慮し、確定欄はH252ベースの配分とさせていただきます。 陽キャラ??? ultratakagi 4 コメントありがとうございます。 技に関しては、環境とPTの構想次第でカスタマイズ可能です。 しかしながら、育成論記載の通り、単体のみで性能を考えるとシャドーボールの方が安定性があると思います。 例えばですが、ミミッキュに強いHBヌオーやHBドヒドイデと組む場合、PTの火力不足を補うためにドラゴンアローや流星群を採用する、という選択肢もあります。 (特にランクバトルシーズン2は時間制限が厳しくTODが多いので少しでも火力の高いドラゴンアローとの相性もよいと推測できます) 【シャドーボールのメリット】 ・フェアリーにも通る、ミミッキュのばけの皮をはがせる ・PPが多く、命中安定、2割の追加効果 ・受けにきたヨクバリス・カビゴンに呪いが通り、汎用性に優れている。 ・イカサマのダメージが小さくなる 【ドラゴンアローのメリット】 ・種族値・技の威力で火力が出る ・複数攻撃 以上となります、参考になれば幸いです。 陽キャラ??? ultratakagi コメントありがとうございます。 8 ドラパルトは先発で起用します。 相手がこうげきの高いポケモンであれば、1ターン目にリフレクター、2ターン目にひかりのかべを使います。 相手がとくこうの高いポケモンであれば、1ターン目にひかりの壁、2ターン目にリフレクターを使います。 3ターン目以降は、シャドードール、呪い、交代の選択になります。 一例を書かせていただきます。 ・シャドーボール 相手の攻撃をもう1回耐えそうな場合 シャドーボールが弱点だったりDが低く大ダメージが狙える場合 ばけのかわミミッキュなど、攻撃を当てると後の展開が有利になる場合 ・呪い 相手が受けポケモンで起点にしてくる場合(アーマーガアが鉄壁をしてくるなど) 残りHPが半分以下の場合(自己退場することで壁のターンを後続で使える) 相手がノーマルタイプでシャドーボールの効果がない場合 ・交代 対戦ターンが長くなると判断した場合(壁を張りなおすことを想定する場合) 相手の後続にゲンガー、パンプジンなど、ドラパルトのシャドーボールで処理したいポケモンがいると思う場合 例外も多くございます。 相手のPT的に初手のヒヒダルマがスカーフだと思う場合はドヒドイデに交代する、相手の選出が物理アタッカーのみだと思われる場合はリフレクターは使うがひかりの壁は使わない、など、 自分・相手のPTや初手の状況などで最適な選択は都度変わりますので、あくまでも参考程度にお考え下さい。 」とありますが、HPが高ければ高いほど耐久値が上がるわけではありませんよ。 あんまり変わらないとはいえ、前者の努力値振りにする必要の方がないと思います。

次の

カードショップカリントウ ポケモンカードゲーム買取表

ポケモン ドラ パルド

概要 ランクバトルでエースとして大活躍! 様々なポケモンを瀕死に追いやり…さぞかしいろいろなポケモンやトレーナーに妬まれていることでしょう。 中には呪ってやろう、って思っているポケモンもいるかもしれません。 だからあえてこちらが呪います。 逆ギレならぬ、逆ノロです。 高い素早さから壁(リフレクター、光の壁)を張り、後続をサポートする先発型です。 特徴5つ書きますと、 ・先制で壁が張れる ・壁が読まれにくい ・高い火力で先制攻撃できる ・壁ターン消費される相手の受けに対して呪いで牽制できる ・呪われボディで相手のメインウェポンを封じられる です。 性格・努力値• S:最速 最速ドラパルトを意識した最速です。 対ドラパルトを想定する型ではありませんが、ランクバトルでは最速ドラパルトも多く、対面しなくてはならない状況も多々あるので、火力や耐久よりも素早さが最優先です。 H・B・D H振りでそこそこの物理耐久・特殊耐久が確保できたのでHS型が安定します。 C 攻撃技を使う機会がそこまで多くはないので無振り 攻撃技1枠はシャドーボールが安定するので性格は臆病です。 細かい部分で努力値配分が複雑になる点、HP実質値が2下がるとその分定数ダメージ割合が増える、などの理由から確定欄はH252ベースにしております 特性 攻撃を受ける回数が多めなので、呪われボディ クリアボディは特殊型で威嚇もなく刺さる範囲は少なめです。 すりぬけも、相手の壁や身代わりに対し呪いがあるので優先度は低いです。 技考察• リフレクター、ひかりの壁 ひかりのねんどで後続のサポートが可能です。 のろい 受けに来たドヒドイデに打ち込んだり、自主退場して壁ターンを残すのに有効です。 シャドーボール タイプ一致で、先発ミミッキュのばけのかわを壊せます。 ドラパルトに後投げされ、シャドーボールが効かないノーマルタイプ(カビゴン、ヨクバリスなど)には呪いを刺さることが多いです。 ダメージ計算• スカーフミミッキュでも最高乱数以外は1回耐えます。 その他• 相性のいいポケモン1:相性補完 初手スカーフが怪しい、ヒヒダルマ、サザンドラや対面が辛いドラパルトを受けられるポケモンがいいです。 例えば、ドヒドイデ、ニンフィアなど。 一見スカーフには弱いですが、呪われボディが発動すればむしろ有利になることもあります。 相性のいいポケモン2:積みエース 壁を張った後に積み技をして相手を制圧できるポケモンと相性がいいです。 例えば、パルシェン、ギャラドス、トゲキッス、バンギラス 以上となります。 ほんとはドラパルトで壁を張った後、エース龍舞ドラパルトを使いたいです。 ドラパルト、強いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 陽キャラ??? ultratakagi 1 コメントありがとうございます。 陽キャラ??? ultratakagi 3 コメントありがとうございます。 配分案について、性格・努力値の欄に追記させていただきます。 努力値配分が複雑になる点、HP実質値が2下がる点を考慮し、確定欄はH252ベースの配分とさせていただきます。 陽キャラ??? ultratakagi 4 コメントありがとうございます。 技に関しては、環境とPTの構想次第でカスタマイズ可能です。 しかしながら、育成論記載の通り、単体のみで性能を考えるとシャドーボールの方が安定性があると思います。 例えばですが、ミミッキュに強いHBヌオーやHBドヒドイデと組む場合、PTの火力不足を補うためにドラゴンアローや流星群を採用する、という選択肢もあります。 (特にランクバトルシーズン2は時間制限が厳しくTODが多いので少しでも火力の高いドラゴンアローとの相性もよいと推測できます) 【シャドーボールのメリット】 ・フェアリーにも通る、ミミッキュのばけの皮をはがせる ・PPが多く、命中安定、2割の追加効果 ・受けにきたヨクバリス・カビゴンに呪いが通り、汎用性に優れている。 ・イカサマのダメージが小さくなる 【ドラゴンアローのメリット】 ・種族値・技の威力で火力が出る ・複数攻撃 以上となります、参考になれば幸いです。 陽キャラ??? ultratakagi コメントありがとうございます。 8 ドラパルトは先発で起用します。 相手がこうげきの高いポケモンであれば、1ターン目にリフレクター、2ターン目にひかりのかべを使います。 相手がとくこうの高いポケモンであれば、1ターン目にひかりの壁、2ターン目にリフレクターを使います。 3ターン目以降は、シャドードール、呪い、交代の選択になります。 一例を書かせていただきます。 ・シャドーボール 相手の攻撃をもう1回耐えそうな場合 シャドーボールが弱点だったりDが低く大ダメージが狙える場合 ばけのかわミミッキュなど、攻撃を当てると後の展開が有利になる場合 ・呪い 相手が受けポケモンで起点にしてくる場合(アーマーガアが鉄壁をしてくるなど) 残りHPが半分以下の場合(自己退場することで壁のターンを後続で使える) 相手がノーマルタイプでシャドーボールの効果がない場合 ・交代 対戦ターンが長くなると判断した場合(壁を張りなおすことを想定する場合) 相手の後続にゲンガー、パンプジンなど、ドラパルトのシャドーボールで処理したいポケモンがいると思う場合 例外も多くございます。 相手のPT的に初手のヒヒダルマがスカーフだと思う場合はドヒドイデに交代する、相手の選出が物理アタッカーのみだと思われる場合はリフレクターは使うがひかりの壁は使わない、など、 自分・相手のPTや初手の状況などで最適な選択は都度変わりますので、あくまでも参考程度にお考え下さい。 」とありますが、HPが高ければ高いほど耐久値が上がるわけではありませんよ。 あんまり変わらないとはいえ、前者の努力値振りにする必要の方がないと思います。

次の