年金 無職。 個人型確定拠出年金(iDeCo)、無職の方にはおすすめできません!

無職が国民年金の支払いを0にする方法

年金 無職

収入の減少や失業等により国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合の手続きをご案内します( 保険料免除制度・納付猶予制度)。 は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。 しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが困難な場合もあります。 そのような場合は、未納のままにせず、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。 保険料の免除や納付猶予が承認された期間は、年金の受給資格期間に算入されます。 ただし、将来の年金額を計算するときは、免除期間は保険料を納めた時に比べて2分の1(平成21年3月までの免除期間は3分の1)になります。 また、納付猶予になった期間は年金額には反映しません。 受給する年金額を増やすには、保険料免除や納付猶予になった保険料を後から納める(追納する)必要があります。 詳しくは、「」をご覧ください。 「 」を利用してください。 詳しくは「」をご覧ください。 機構における情報連携の実施については、「」をご覧ください。 具体的な手続きについては、「」をご覧ください。 老齢基礎年金の年金額を計算するときに、保険料免除・納付猶予の承認を受けた期間がある場合は、保険料を全額納付した場合と比べて年金額が低額となります。 全額免除 平成21年4月分からの保険料の全額が免除された期間については、保険料を全額納付した場合の年金額の2分の1(平成21年3月分までは3分の1)が支給されます。 納付猶予制度 納付猶予の期間は、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金を受け取るために必要な受給資格期間にカウントされますが、 老齢基礎年金額の受給額が増えることはありません。 【ねんきんネットによる届書の作成支援】 「ねんきんネット」の画面上で免除・納付猶予申請書を作成することができます。 必要項目を入力のうえ、印刷用ファイルをダウンロードし、届書の印刷をしてください。 印刷した届書の署名欄にご署名・ご捺印のうえ、住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口にお持ちいただくか、郵送にてご提出ください。 (メリット) ・届書の入力にあたり、「ねんきんネット」で保有している基礎年金番号等の基本情報が自動表示されるため、入力時の手間が省かれます。 ・入力項目のエラーチェックにより、入力の誤りも防止できます。 詳しくはをご覧ください。 なお、ご利用には「ねんきんネット」のIDが必要です。 (IDをお持ちでない場合には、から登録をお願いします。 をされている方はご利用になれません。 障害年金を受けている方や生活保護法による生活扶助を受けている方は「」となります。 保険料免除には、もあります。 震災・風水害等の被災者は、所得に関係なく該当する場合があります。 特別障害給付を受けている場合も、該当することがあります。 生活保護法による生活扶助以外の扶助その他の援助で、厚生労働省令で定めるものを受けている場合も、該当することがあります。 保険料免除・納付猶予の申請を行うと、市区町村長に対して申請者ご本人、配偶者、世帯主の前年又は前々年の所得状況の証明を求め、その証明内容を年金事務所長に提出することに同意したことになります。 保険料免除・納付猶予を申請する際には、通常、前年(または前々年)所得を証明する書類を添付する必要はありませんが、申請者ご本人・配偶者・世帯主のうち、前年(または前々年)の所得についての税の申告(確定申告や年末調整)が行われていない方がいる場合は、市(区)役所・町村役場の税務担当窓口にて市区町村民税の申告を行ったうえで、申請書を提出してください。 なお、市区町村民税の申告を行っていない方で、前年又は前々年の所得が57万円以下となることが見込まれる場合は、申請書の 「(12)前年所得」欄(「所得の申立書」として取り扱います。 (詳しくはをご覧ください。 お住まいの市区町村の条例により税の申告が義務づけられている場合は、この「所得の申立書」とは別に市(区)役所・町村役場にて市区町村民税の申告が必要となります。 申請書に記入した内容をご確認いただくため、「 」もご利用願います。 不慮の事故や病気が発生してから申請を行っても、障害基礎年金の受給資格要件に算入されません。 申請は、原則として毎年度必要です。 ただし、全額免除または納付猶予の承認を受けた方が、翌年度以降も全額免除または納付猶予の申請を希望する場合は、継続して申請があったものとして審査(継続審査)を行います。 (失業等による特例免除承認者は翌年度も申請が必要です。 継続審査を希望した方のうち、納付猶予を承認された方が、全額免除の審査を希望した場合は、翌年度において、1. 全額免除、2. 納付猶予の順に審査を行います。 また、継続審査を希望した方で、令和元年7月1日以降、婚姻により配偶者を有するに至ったまたは離婚・死亡により配偶者を有しなくなった方は、「」の提出が必要です。 保険料免除・納付猶予が承認される期間は、平成26年4月より、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1ヵ月前までの期間)について、さかのぼって免除等を申請できるようになりました。 学生納付特例申請も同様です。 (免除可能期間等はをご覧ください。 住民登録がない期間については免除等の申請手続きができませんでしたが、矯正施設に収容中の期間については住民登録がない期間であっても日本に住所があると認められることから、平成26年10月からは、矯正施設に収容中であって住民登録のない方であっても免除等の申請手続きが可能となりました。 (詳しくはをご覧ください。

次の

無職・ニート必見 申請書1枚で国民年金保険料を払わなくてよくなる方法があった

年金 無職

働いていた期間によって (=雇用保険料が給料天引きされていた期間。 無職になり、手続きを行った後いつから 「失業給付(基本手当)」をもらえるかは 退職した状況によって変わります。 ざっくり分けると 「会社都合退職」 「自己都合退職」の2択になります。 会社都合退職= 失業手続き後~7日間の待機期間の後「初回認定日」の後受け取れる 自己都合退職= 失業手続き後~7日間の待機期間+ 「初回認定日」以降 3か月 間の給付制限期間経過後 受け取れる 更に以下の条件を満たす必要があります。 「会社都合退職」の場合は 初回受給日までに最低1回~のハローワークでの転職活動実績• 「自己都合退職」の場合は 給付制限期間中に最低3回~のハローワークでの転職活動実績 自分の退職した状況によって 「失業給付(基本手当)」がいつから始まるのかは全く違うので、 失業の手続きを行うときに、ハローワーク職員の話をよく聴いてくださいね! 転職サイトや求人誌、新聞などの直応募や知人からの紹介での応募… これは「転職活動実績」に含まれませんので要注意です。 失業手続きはお近くの ハローワーク(公共職業安定所)で行います。 所要時間は混雑状況などで変わってきますが、おおよそ 30分~90分程度かかります。 必要な持ち物は以下3点です。 離職票・雇用保険被保険者証• 口座情報がわかるもの(通帳など)、金融機関届出印• マイナンバー通知カードorマイナンバーカード 自治体によって多少違いはあるかもしれませんが、私が住んでいる地域ではこれらが必要でした。 書類など準備が整ったら以下の流れで手続きを行います。 ハローワークの 窓口に行き、失業手続きをしたい旨伝える。 退職日を必ず伝えます。 窓口の人から渡される 「求職票」「アンケート用紙」に必要事項を記入• 求職情報をハローワークに登録してもらう• 雇用保険専用窓口に移動し、失業手当給付の手続きを行う 手続きはこれで完了ですが、 「失業給付(基本手当)」を受け取る為には 「説明会」「初回認定日」に参加することが必須になります。 ハローワークで行うため、うっかり別の予定を入れないようにしてください! 「説明会」で 「失業給付(基本手当)」を受け取る為に必要な書類を渡され 「初回認定日」から受け取れるようになります。 万一、参加を忘れてしまったら 「失業給付(基本手当)」の受給日が遅れてしまいます。 本当に本当に気を付けてください。 会社員の方は 「社会保険」に加入していますが、退職したら自動的に脱退扱いになります。 退職後すぐに転職が出来れば、社会保険から自動的に次の会社での社会保険加入になるので 特に手続きは要りませんが、 退職後、一定期間無職の期間がある場合は社会保険脱退後は自分で国民健康保険に切り替える必要があります。 「社会保険」と 「国民健康保険」の大きな違いは、 保険料が給料天引き(会社と労働者で保険料を折半)かどうかです。 住んでいる地域やその他の要因によっては保険料負担が大きくなります。 だからと言って、 手続きをしない、保険料を払わないのはNGです。 万が一具合が悪くなり、 病院に行くことになった時に全額が自己負担になってしまいますし 市区町村役所から 保険料支払の督促がいき、最悪差し押さえになる可能性もあり 大きな不利益を被ってしまいます! もしも保険料の払い込みが困難…な場合は窓口に相談しましょう! 状況によっては保険料の減額をしてくれる場合もあります。 (100%ではありませんが) 手続きは簡単です。 必要な書類などを揃え (離職票、身分証明書、マイナンバー、印鑑) 市区町村役所の「年金・保険課」窓口にて手続きを行うだけ! 支払う保険料の目安も訊けば試算してくれます。 (正確な金額ではありません) 国民健康保険の切り替えが終わった後、保険証が自宅に届きます。 手続き後~1、2日程で書留扱いで届くので在宅が必要です。 忘れずに!国民年金への切替手続き 支払いが困難な場合は免除も可能です 正社員や長時間勤務のパート等は 「厚生年金」に加入していて、保険料は給料天引きです。 会社を辞めて働いていない期間は 「国民年金」に切り替えたうえで、自分で保険料を納付する必要があります。 こちらも手続きは簡単です。 必要な書類を揃え (離職票、身分証明書、マイナンバー、印鑑) 市区町村役所の「年金・保険課」窓口にて手続きを行うだけです! 保険料の払い込みが困難な場合は、払込免除~減額が出来ます。 ただ、 免除すればするほど将来受け取れる年金の金額が少なくなります。 免除~減額は本当に余裕が無い場合のみにしておいた方が良いでしょう。 免除~減額をしてから10年以内であれば、保険料の追納が出来るので 再就職後、お金に余裕が出来てから追納を行っても良いですね! ちなみに国民年金は健康保険と違い 再就職後の手続きは不要です。 再就職先で厚生年金に加入すれば自動的に切り替わるそうです。

次の

無職期間の国民年金未納は、支払わなければいけないのでしょうか?今年の3...

年金 無職

20歳から60歳までの日本に住んでいる人は年金の支払い義務があります。 その義務を果たしてなくて、何故支払わなくてはならないのでしょうか?との質問が出るのでしょうか? その方が私は疑問です。 又、退職したのなら無職になりますよね?その場合の救済措置として退職証明書を持って行けば免除になります。 その時は年金を全く納めずに未納にはなりませんし、年金を受給する時もその期間は半額ですが受給できます。 督促の通知が来た時に、年金事務所に相談さえすれば解決した筈です。 督促を無視していれば次に来るのは差し押さえです。 まずは預貯金から、預貯金が無く再就職したのなら職場に年金事務所から直接連絡が行き質問者さんの給与から未納分が引かれていきます。 厚生年金とは別にです。 なので、このまま払わないで済む手段はありません。 厚生年金喪失後は国民年金加入者となるため、保険料は納付することになります。 しかし、国民年金には免除制度がありますので、免除や若年制猶予が承認されれば納付する必要がなくなります。 なお、免除は前年所得が審査対象となるのですが、退職者は所得は本人所得を0円とする「退職特例」免除・猶予がありますので、市役所に申請してください。 申請の際には退職したことの証明として、雇用保険離職票もしくは雇用保険受給資格者証を添付してください。 免除の申請サイクルは7月であるため、現時点で申請できるのは25年7月以降で、6月以前は申請できないため納付するしかありません。 ことがおきたときは早めに相談するのがベストなのです。 とうわけで免除申請できるのは、7月分、6月前は納付・・・ということになります。

次の