産経新聞 正式名称。 産経新聞東京本社

茨城空港の英文名称

産経新聞 正式名称

意外と知られていない大阪メトロの正式名称 実は「大阪メトロ」が正式名称ではないのです。 ちなみに大阪メトロは大阪市営地下鉄から2018年4月1日に民営化した鉄道会社です。 大阪メトロより 大阪メトロの正式名称はOsaka Metro 大阪メトロの正式名称は「Osaka Metro」というのが正式名称らしいです。 ではなぜOsaka Metroが正式名称なのか。 名前の由来について解説していきましょう。 大阪メトロ名前の由来は? 大阪メトロより 日本人にとっては大阪メトロの方が日本語なのでわかりやすく、馴染みやすいのになぜ英語表記にしたのでしょうか? 理由は国際化を見据えてのことらしいです。 確かに外国人にとってはわかりやすいかもしれませんね。 大阪メトロの担当者の方は名前の由来について「外国人も含めた誰にでも分かりやすく、王道感のあるネーミング」ということを話していたそうです。 (産経新聞のインタビューより) おまけですが、ロゴにも結構なこだわりがあるそうですね。 立体的に見ると大阪の「O」と地下鉄の「M」が見えるのはすごいですね。 ここまで考えているんだと感動しました。 意外にも定着しているのは日本語表記の大阪メトロ どうやら英語表記の「Osaka metro」ではなく、日本語表記での「大阪メトロ」が定着しているようです。 やはり、 一番の要因として東京メトロの存在が大きいでしょう。 東京メトロより 大阪メトロより先に東京メトロができていたというのは皆さん知っていると思います。 実は東京メトロの方は 「東京メトロ」の日本語表記が正式名称です。 ですから普通の人は大阪メトロの方も日本語表記が正式名称だと思うわけです。 報道機関でも大阪メトロの名称で定着 報道機関も原則として正式名称で報道するのが普通です。 しかし、大阪メトロのほうが日本人にとってなじみが深いので、 報道機関も「大阪メトロ」の日本語での名称を使用しています。 これはGoogle検索でも顕著で大阪メトロと調べてニュースを検索すると大手のメディアが出てきますが、対照的にOsaka Metroと検索すると大手のメディアは出てこないことが分かります。 ここからも 多くの人が大阪メトロの方が正しいと思っている証拠だと思います。 大阪メトロを運営する鉄道会社は珍しい会社名 実は大阪メトロの名称は他にも存在します。 大阪メトロの正式名称は「Osaka Metro」ですが、 大阪メトロを運営する鉄道会社は「大阪高速電気軌道株式会社」が正式名称だそうです。 少しマニアックな話ですが、 21世紀に設立された地下鉄を運営する会社としては非常に珍しい「電気軌道株式会社」を冠した名称です。 電気軌道株式会社を冠する大阪の鉄道会社は阪堺電気軌道株式会社が有名です。 こちらは路面電車を運営する会社です。 また全国的に見ても電気軌道株式会社を冠する名称を持つ鉄道会社はほとんど路面電車を運営する会社しかありません。 大阪高速電気軌道株式会社しか会社名が空いていなかった? 地下鉄を運営する会社で「電気軌道株式会社」を冠する鉄道会社は大阪メトロを運営する大阪高速電気軌道株式会社のみです。 つまり、日本の地下鉄の中で大阪高速電気軌道株式会社が 唯一地下鉄を運営する会社として電気軌道株式会社を冠する鉄道会社ということになります。 ちなみに これも間違いやすく大阪高速鉄道株式会社だと思っている方が結構多いみたいです。 ちなみに大阪高速鉄道株式会社は大阪モノレールを運営する会社です。 先に大阪モノレールに大阪高速鉄道株式会社の名前を取られてしまったから大阪高速電気軌道株式会社になったのかもしれませんね。 では大阪電気軌道株式会社ではだめなのかと思いますが、かつて存在したのちに近畿日本鉄道(近鉄)と合併した会社になります。 現在の近鉄大阪線や近鉄天理線、近鉄吉野線の他、生駒ケーブル線を保有していた鉄道会社でした。 近鉄の歴史を語るうえで重要な鉄道会社の一つですから、さすがにこの名称を使うわけにはいかなかったのでしょう。 朝日新聞社「新日本大観附満州国 レンズを透して見たニッポンのガイドブック」 のちに参宮急行電鉄とも合併しました。 大阪シティバスは日本語表記が正式名称 大阪メトロの子会社である大阪シティバスは日本語表記が正式名称だそうです。 なぜ、大阪シティバスは英語表記にしなかったのでしょうか? 市民の利用が多いからでしょうか?実際のところはよくわかっていません。 もしなにか知っていることがあればコメントしていってくださいね。

次の

【マスク不足の救世主 バクロン】産経新聞の感染症対策欄に、万能除菌・抗菌・消臭スプレー「バクロン」が掲載。天然由来だからマスクなどの除菌・消臭に活躍。室内・車内兼用の超音波ミスト器ビーパワーの紹介も。

産経新聞 正式名称

中国が尖閣周辺の海底命名リストとして沖縄本島沖の日本の排他的水域にも 命名リストとして公表していましたね。 これは沖縄県の石垣市議会で登野城(とのしろ)を石垣市登野城尖閣に変更することが 決まったからでしょうね。 まぁこの名称変更については同じ名前の地名があるから事務的な間違いを防ぐ目的で 偏向という事ですがまぁその名称変更に尖閣の文字が使われたことについて 中国が怒っている感じですね。 それにしても中国はもう70日以上も尖閣周辺で渡航していますよね。 これに関しては台湾も領有権を主張しているから怒っているようですね。 台湾とは仲がいいイメージですがこういった領有権では争っていたんですね。 このままほおっておけば中国は韓国が竹島を支配したように 尖閣にも乗り込むでしょうね。 この辺が対応あまりですよね。 尖閣にイージス艦を配備してやればいいと思うんですけどね。 こういう事に関しては普通は野党である立憲民主党や国民民主党が 政府を追及しないといけない立場なのになさけないですよね。 今日も産経新聞がズバリ菅官房長官に質問していましたね。 確かに尖閣周辺で中国公船が日本の漁船を追尾した映像公開を検討と言ってましたが 1ヶ月経っても公開していませんからね。 こういうニュースってテレビでは公開しませんよね。 ちゃんと映像を公開してもらいたいですね。 しかもいつもは政府に文句のツイートをしている芸能人とかも こういう行為に関してはだんまりですよね。 単なるビジネスツイートなんでしょうね。 ただつるの剛士さんは 尖閣周辺への中国船侵入に抗議しますとツイートしていましたね。 こういうのは右も左も関係なく抗議すべきなんですけどね。 それにしてもこちらも先手を打って尖閣周辺の海底油田開発とかそういう行為を すればいいと思うんですけどね。 今なら中国に対抗という意味ではアメリカが凄く協力的にやってくれるでしょうからね。 中国はそれにしてもコロナで世界に迷惑かけている意識が 全くないんでしょうね。 それどころかコロナをチャンスと思ってせめてきていますからね。 中国はインドとの国境でもインド兵20人が亡くなったっていうニュースもあったし 衝突していますからね。 下手に対抗すれば攻撃もしてきそうですね。 放っておけば韓国のように世界から見放されるって感じで思っているんですかね。 まぁ日本も少なくとも自分の国を守る意思を見せないといけないですね。

次の

新型ウイルスの病気、正式名称は「COVID

産経新聞 正式名称

詳細は「」を参照 東京本社所在地 [ ]• 東京都千代田区大手町一丁目7番2号 〒100-8077 ()• 自社系の不動産業者・株式会社が所有する「東京サンケイビル」に入居している。 最寄り駅である(東京メトロ)・()のとは地下通路で直結している。 の大手町駅の近辺には産経新聞東京本社だけでなく、や、がある。 だが産経新聞社からの広告費を受け、駅の副駅名は「サンケイ前」である。 東京本社の総局・支局 [ ] 総局 [ ]• (東北)、、、 支局 [ ] 北海道・東北• 、、、、、 関東• 、、、(東京都) 甲信越• 、、 静岡県• 、 過去には(東京都)、東京みなみ(東京都)、にも支局が所在していた。 東京本社の印刷工場 [ ]• いずれも「」が運営。 東北地方向けは、2015年3月までは産経本社と系列の、地元の印刷会社のユーメディアなどが出資する「仙台新聞印刷」が運営する工場で印刷していた(現在はにある仙台工場に印刷業務を委託している)。 ・・信越地方向けも、2019年3月まではにあった産経新聞印刷の工場で印刷していた(現在は読売新聞東京本社のとの2工場に印刷業務を委託している)。 東京本社管内の地方版 [ ]• 版(・・)• 版(・・・・・) 東京23区内は、かつて「東京版」と「下町版」の2つの版が存在していた。 また、など23区内の南部向けに「東京みなみ版」というのも一時期存在した。 神奈川県版は、「横浜版」、「川崎版」、「湘南版」、「相模版」とその地域別に分かれていたが、2002年に1つの県域版に統一された。 東北地方の県域版は、2006年に青森、岩手、秋田が「北東北版」、山形・福島が「山形・福島版」に統一された。 さらに9月にはこの2版と宮城版を統合し、東北6県のニュースを扱う「東北版」に改編された。 2007年9月1日に東京を含む1都3県と静岡が「首都圏・静岡版」に、茨城・栃木・群馬が「北関東版」に、新潟・長野・山梨が「甲信越版」に統一され、東京本社管内に於いての県域版は廃止されたが、読者から「地元の情報が少なくて困る」や「県域ニュースをもっと載せてほしい」との意見や苦情が多かったことから、付から、関東1都6県と静岡県に限り、元の県版に戻した(但し、に関しては従来通り各都県単位で掲載。 に関しても各都県ごとに内容が一部異なる)。 補足 [ ]• 北海道向けはのに発売を委託し、都内向け15版(朝刊最終版)を空輸し等道央向けには配達時、他は翌朝の配達時にそれぞれ宅配される。 テレビ面の差し替えや道内版掲載はされていない。 なお、本紙では制作していない北海道版(地域面)は、2016年12月1日から運用を開始した「産経電子版」で閲覧することが可能である。 1975年頃までは、青森版が配布されていた(当時は国鉄を使っての配送だったため、締め切りが18時ころの6版が配達されていた。 なお、大阪本社管内の一部を除く愛知県、岐阜県 では、現在でもこれとほぼ同じ時間の締め切りとなる6版が配達されている)。 テレビ・ラジオ欄 [ ] ここでは首都圏南部(東京・埼玉・千葉・神奈川)及び静岡の番組欄について記述する。 最終面 [ ] フルサイズ [ ] 首都圏版 [ ]• NHK東京• - 番組欄は黄色のトーンを掛けている。 静岡版 [ ]• NHK静岡教育• テレビ東京 ハーフサイズ [ ] 地上波番組表の下段• 中面 [ ]• BS・CSテレビ• 地上波テレビ(首都圏版)• 地上波テレビ(静岡版)• 日本テレビ• テレビ朝日• TBSテレビ• フジテレビ• tvk• ラジオ(首都圏版)• NHK東京• NHK東京• - 番組タイトルはで表記。 NHK東京• 放送大学ラジオ• ラジオ(静岡版)• NHK静岡ラジオ第1• NHK静岡ラジオ第2• SBSラジオ• TBSラジオ• 文化放送• ニッポン放送• NHK静岡FM• FM-FUJI• TOKYO FM• FMヨコハマ• ラジオNIKKEI• AFN 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• さらに九州・山口版が創刊される以前の九州地方も 外部リンク [ ]• (企業案内)•

次の