新型 コロナ ウイルス 喘息 薬。 新型コロナウイルスに喘息治療薬のオルベスコ(シクレソニド)!?入手方法は?類似薬は?|薬学なび

ぜんそく治療のステロイド薬で新型コロナの肺炎改善か 症例報告、不適切使用で耐性ウイルス出現恐れも

新型 コロナ ウイルス 喘息 薬

当院には喘息の患者さんが多数お見えになります。 喘息の患者さんが今心配されていることは、 喘息で新型コロナウイルスにかかりやすくなるのか?重症化するのか?といったことだと思います。 現時点(2020年4月16日時点)では、 喘息があることで、または喘息の治療をしていることで新型コロナウイルスにかかりやすくなるというデータはありません。 また 感染した場合に重症な新型コロナウイルス肺炎になりやすくなるということに関しては否定的な論文が1本出ており、それ以外にはデータがありません。 (Clinical characteristics of 140 patients infected with SARS-CoV-2 in Wuhan, ChinaAllergy. 2020 Feb 19. ) つまり 現時点では、通常の喘息が新型コロナウイルスの感染や増悪に関与するとは言えないとは言えると思います。 ただし 、 喘息の調子が悪くなる原因として一番に挙げられるのは風邪を始めとする感染症です。 そして 喘息の増悪は治療が不十分だとより起こりやすくなり、その増悪もより重症となりやすいことは以前からわかっています。 新型コロナウイルスに感染し呼吸状態が悪化した時、 同時に喘息発作を起こしてしまうと更なる呼吸状態の悪化につながるリスクはあり得ると思います。 ですので、 喘息の方にとって、今回のことで一番のリスクになりうることは、治療が不十分であったり、中断されていたりで(一見症状がないとしても)しっかりとコントロールされていないこと、 ということになります。 では「喘息がコントロールされている」、とはどのような状態をいうのでしょうか。 よく 「時々咳が出たりヒューヒューしたりすることがあるけど、我慢できるから大丈夫」とか、 「苦しくなることがあるけど発作止めを使えば治まるから大丈夫」などという方がいらっしゃいます。 また 「吸入薬を使ったら治ったから吸入を止めた」というようにお話しになる方も実に多くいらっしゃいます (喘息は基本的に治る病気ではなく、見えなくても気道の炎症は常に起きており、常に炎症を抑え続ける必要がある病気です)。 これらは すべて治療が不十分な状態であり、今回の新型コロナ禍でも十分ハイリスクになりうる状態です。 喘息のコントロールを簡単に把握する質問票として「喘息コントロールテスト(ACT)」というものがあります。 これは普段の症状や生活状況に関する5項目の質問票に答えることで判断できるものです。 25点満点で評価しますが、 基本は一年中25点であることが必要です (1点でも減点があると完全なコントロールとは言えず、増悪のリスクは高まります)。 喘息コントロールテスト(ACT:アクト) また喘息の治療の基本薬は 吸入ステロイド薬です。 これに関しても時々「ステロイド」との響きで怖がる方がいらっしゃいますが、ステロイド薬の副作用は 主に体内のホルモンバランスを崩すことで起こるものであり、これは全身投与(内服や注射)を長期に(約2週間以上)続けることで出てくるものです。 吸入薬ではステロイドの量が内服に比べて非常に少ない上に、薬剤は肺でとどまりほとんど血中には届かないため、通常の使用でまず問題になることはありません。 指示通りにしっかりと吸入治療を続けましょう。 なお、吸入ステロイドの中で、シクレソニド(商品名:オルベスコ)という薬剤が新型コロナ肺炎3例に対して有効であったという報告が日本から出されており、これを確認する臨床試験が日本と韓国で始まっております。 ただ この薬剤に予防の効果は検討も検証もされていません。 この薬剤は粒子径が非常に小さく、肺の末梢に喘息の炎症が強い方や声枯れの出やすい方に非常に有用な選択肢として使用されています。 しかし もともとそれほど流通量のある薬剤ではなく、需要が高まると容易に供給不足に陥り、本来必要とされる患者さんに届かなくなる危険性が高くなると考えられるため、 医療側も患者側も安易な薬剤選択は厳に慎むべきです。 他に注意すべき点としては、 現在ネブライザー治療はエアロゾルを広げるリスクがあるため、感染が蔓延している現在ではやや感染の危険度が上がります。 ご自宅でネブライザーを使用されており多少でも感染が否定できない場合は、可能なら薬剤を変更するか、どうしても症状をコントロールするために使用しなければならないときは 窓を開け換気をよくしてなるべく空気の流れを作り、 使用する方以外はできるだけ離れていたほうがいいでしょう。 また重症な喘息の方で、 内服のステロイドを連日使用している方は免疫力の低下を来すので、感染を起こすリスクは高くなるかもしれません(数日など短期の使用はそこまでリスクにはならないと思います)。 吸入など通常の治療を 「正しく」治療を行っていても症状がコントロールできていない場合は、 生物学的製剤や気管支鏡を用いた治療もあるので、ステロイド連日内服の前に検討すべきかもしれません。 専門医に相談しましょう。 喘息の治療はここ数年も常に進化を続けており、新しい治療も多く出ております。 また他の疾患と違い、薬の使用法のコツをつかむことが治療結果に大きく影響します。 ACTが常に25点でない方は、 現状の治療のままでも、何かしらの改善点を知り実行することで状態が良くなることが少なくありません。 少しでも気になる方は主治医の先生や、より喘息に詳しい呼吸器、アレルギー専門医に相談してみましょう。 投稿者: 加藤医院 院長 浅井偉信.

次の

新型コロナウイルスに喘息治療薬のオルベスコ(シクレソニド)!?入手方法は?類似薬は?|薬学なび

新型 コロナ ウイルス 喘息 薬

新型コロナウイルスの感染予防のため、マスク姿で通勤する人たち(写真:共同通信) 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 ワクチンや治療薬の開発も世界中で進むが、動物実験を経て臨床試験で安全性と有効性を確認する必要があり、量産体制の整備なども含め、実用化には年単位の時間がかかるだろう。 では、既に承認され、広く使われてきた医薬品をそのまま使うことができるならどうだろう。 有効性や安全性の検証はより速やかに行え、より素早く市場投入できる可能性が高まる。 そうした観点で、日本のある医薬品に対する期待が高まっている。 その薬とは、慢性膵炎(すいえん)の治療に使われているカモスタットメシル酸塩だ。 たんぱく質分解酵素の働きを妨げる作用を持つ薬で、小野薬品工業が創出し、1985年に「フオイパン錠」の名称で発売した。 既に物質特許は切れており、国内で多数の後発品メーカーが同じ成分の薬を販売している。 この薬が新型コロナウイルスの感染を妨げる可能性があると、3月初めにドイツの研究者らが著名な科学誌である「Cell」に発表し、注目されている。 研究者らは、新型コロナウイルスがヒトの細胞に感染する際に、細胞の膜上にあるACE2と呼ばれる受容体たんぱく質に結合した後、やはり細胞膜上にあるセリンプロテアーゼと呼ばれる酵素の一種であるTMPRSS2を利用して細胞内に侵入していることを突き止めた。 カモスタットはTMPRSS2を妨げる働きを持つことが知られており、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の原因となるコロナウイルスの感染を妨げることは、実験室レベルではこれまでにも報告されてきた。 今回の論文で研究者らは、カモスタットを使うと新型コロナウイルスでもSARSウイルスでも、細胞への感染を妨げられることを培養細胞などを使った実験で確認した。 ただ今回の論文によると、現在、医薬品として一般に処方される用量よりもかなり多くの量を投与しなければ、感染を防ぐ効果は得られないようだ。 しかし一方で、2016年に別の研究グループがマウスを使った動物実験によって、カモスタットがSARSウイルスの感染を妨げることを報告している。 このときマウスには、体重1キログラム当たり30ミリグラムが1日2回投与された。 マウスで効果のあった量をヒトに換算する計算式があり、それに当てはめるとヒトの場合は1日約150ミリグラムの2回投与で効果が得られる計算になる。 カモスタットは慢性膵炎に対しては、1回200ミリグラムを1日3回投与されている。 つまり、慢性膵炎に対して長年使われてきたのと同じ量で新型コロナウイルスに対する効果が得られる可能性があるのだ。 カモスタットは日本と韓国でしか承認されていないので、それ以外の国で開発するには動物実験などから行う必要がありそうだ。 日本でも、肺炎を対象に承認された薬ではないので、今後、重症肺炎患者などを対象に臨床研究を行い、安全性と有効性を検証する必要はある。 それでも実用化には、日本で使われている薬を用いて日本で臨床研究を行い、その有効性を検証するというのが最もスピーディーな道だ。 この論文について小野薬品は、「論文で効果があったのは臨床で使っているよりもかなり多い量なので、うちでは積極的には検討していない。 しかるべき機関から協力要請があれば前向きに対応するが、今のところは要請はない」(広報)としている。 ただ、アカデミアの中には期待を示す声もある。 大分大学医学部付属病院臨床薬理センターの上村尚人センター長は、「どのぐらいの量で効果が得られるのかは十分に検討する必要があるが、既存薬の転用で有効なら早期の実用化が期待できる」と話す。 また、別の国立大学では臨床研究の計画が動き出しているようだ。 既に国内で承認、流通している医薬品で、新型コロナウイルスによる肺炎への効果が期待される薬としては、米アッヴィの抗エイズウイルス(HIV)薬である「カレトラ」(一般名ロピナビル・リトナビル)や、帝人ファーマが販売している気管支ぜんそく治療薬「オルベスコ」(同シクレソニド)などもある。 シクレソニドは、神奈川県の県立病院が新型コロナウイルスによる肺炎患者3人に投与し、3人とも改善したと報告している。 帝人ファーマは3月10日に、厚生労働省からの要請を受けて、同製剤を2万本確保し、臨床研究などに供給すると発表した。 なお抗インフルエンザ薬の「アビガン」(ファビピラビル)も新型コロナウイルスに対する効果が期待されているが、アビガンの承認は備蓄用であり、臨床現場で広く使われた経験はない。 いずれにしても、既存薬からの転用で、新型コロナウイルスへの対抗手段がよりスピーディーに見つかることを期待したい。

次の

新型コロナウィルス感染症と喘息〜もし喘息患者がコロナに感染したら〜

新型 コロナ ウイルス 喘息 薬

投与された患者の症状が改善したと、複数の医療機関が報告している。 一方で、早期からこの疾患の治療に携わり、8人ほどの患者にカレトラを投与してきた国立国際医療研究センターの忽那賢志(くつな・さとし)国際感染症対策室長は「既に使われてきた薬なので、投与法や副作用対策などが確立されている点は大きい」とした上で、「確かに投与により症状が改善した患者もいるが、投与後に劇的に症状が消えた、というような事例はなかった。 有効な治療薬になるかどうかの判断は、時期尚早だ」と釘を指す。 同時に「この薬のウイルス増殖を抑える作用は、肺炎などが重症化した患者よりも、重症化の兆候を示した患者に投与した方が有効と考えられる」としつつ、「薬を使って症状が改善した患者もいたが、薬の効果なのか、自然治癒だったのか見極めるためには、より多くの投与患者に対する長期にわたる研究が必要だ」と強調する。 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から8人の患者を受け入れた第2種感染症指定医療機関の神奈川県立足柄上病院(神奈川県松田町)は、酸素吸入などが必要でCT画像検査により肺炎が認められた患者3人にこの薬を投与して良好な経過を得た、と報告している。 投与された患者の一人は73歳の女性だ。 入院時から酸素吸入が必要で、強い倦怠(けんたい)感のためほとんど寝たきりの状態だった。 回復後に尋ねると「入院前後の記憶はない」と話した。 この患者は、さまざまな治療を施しても大きな効果はなく、抗HIV薬のカレトラも投与。 しかし、解熱や呼吸状況のある程度の回復はあった一方で、食欲は改善せず、倦怠感も強いままの上に、下痢など副作用も出て投与は中断された。 このためステロイド剤シクレソニドの吸入を開始したところ、2日程度で37.5度以上の発熱はなくなった。 呼吸の状況も良くなり、低酸素血症も改善。 食欲も大きく回復し、全身のだるさも消え、退院に至った。 残りの2人の患者も同様の経緯をたどって回復したという。

次の