ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ。 ゾンビがいる世界のラブストーリー「ゾンビの中心で、愛を叫ぶ」(2019)

「目立ちたいだけの題名」ゾンビの中心で、愛をさけぶ Naakiさんの映画レビュー(ネタバレ)

ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ

「ゾンビの中心で、愛を叫ぶ」:あらすじ カレンとジョンの結婚生活は崩壊寸前。 一緒にいても刺激もなく、生ける屍のような暮らし。 ある日、人々がゾンビ化する伝染病が発生し、外では感染がみるみる拡大。 ふたりは感染しないようマンションの部屋に閉じこもり、救助を待つことに。 しかし、状況が悪化する中、ゾンビだけじゃなく、食料を狙った強盗や怪しい生存者たちがふたりに襲いかかる。 突如訪れたサバイバル生活に刺激され、ふたりの愛は再燃し始める…。 「サバイバル・ラブロマンス」とうたっているが、よくある 「ゾンビ物」に 「家族の物語」を入れた作品である。 テーマとしては、何度も繰り返し撮られたものなんで、やや食傷気味である。 序盤の展開は早い。 ジョン(教師)とカレン(警察官)は、冷めきって離婚間近の夫婦。 別れ話が切り出されそうな雰囲気の中、ゾンビパンデミックが起こる。 テレビニュースが伝える謎の伝染病、マンションを横切ってジャンボジェット機が墜落し、感染者が人々を襲い始める。 夫婦喧嘩はひとまず中断し、生き延びるために協力する二人。 感染者だらけになったマンションから食料と日用品を集めて籠城の準備をする。 さらには、ゾンビに備えて筋トレや格闘技訓練なんかも始める。 冷めきった夫婦仲が、ゾンビパンデミックのせいで良好な関係に修復。 この辺りの展開もお約束。 展開自体は早いが、画面にゾンビは出てこず、ニュース番組と二人の会話でゾンビパンデミックが起こっている事を表現している。 予算の関係か、そういったスタイルなため、画面に動きが少なくて退屈である。 描き方が、 「夫婦のドラマ」> 「ゾンビ」なため、何の映画を観ているか分からなくなる 笑 さらに、コメディタッチまではいかないが、物語のほとんどを軽いノリが占めているため、 シリアスさや、ホラー要素も薄い。 ついでに、住んでいるマンションがゾンビだらけという設定の割には、 ゾンビがいたりいなかったりと、脚本の都合のよさが目立つため、どうしても入っていけなかった。 空気を読んで、出て来たり引っ込んだりと、このゾンビたち空気を読む能力に長けている。 ついでに、夫婦そろってお堅い職業についている割には言動がDQNなんで、あんまり感情移入はできなかった。 中盤の、よその夫婦のとのやり取りも、 お互いアレなカップル同士のいざこざを見せられるため、 うんざりする。 ついでに、決着も拍子抜けである。 生々しい女の戦いを見せられても不愉快なだけである。 つーか、出て行けよ、お前ら…。 もしかして、 移民トラブルを遠回しに描いているのかと思ったが、その割にはあっさりしていた。 夫婦のイニシアチブも奥さんが握っているのが、今風と言えば今風だなぁ……。 テーマ:夫婦の破綻と再構成。 あんまり 「籠城もののゾンビ映画」として面白くない本作だが、テーマとしては 「子供が望めず、可能性が閉じてしまった夫婦の破綻と再構成」といったところか。 もう二度と子供が望めず、未来の展望が閉じてしまった二人。 絶望的な気分に浸っていたけれど、ちょっと視点を変えれば、全く違う明るい未来も見えていたわけで、それに気づかないのもただの偶然、ちょっと疲れていただけみたいな? 隣人トラブルを、変な手段で解決して落ち込んで薬で無理やり寝ていたら、救助を見逃した展開なんて、そういった事が言いたいんじゃないかな、と思ったり思わなかったり。 なめとんのか? いい話ふうに絞められてもなぁー。 なんだかなぁー……。 まとめ。 ゾンビ映画としてはサッパリ面白くないし、夫婦の絆の再構成を描いた作品としても、それほど新しい視点があるわけでもないから、 鑑賞はあんまりお勧めしない。 どうしても気になるなら、旧作になってからでもいいと思うよ。 ラスト20分までがシンドイ。 ・メインの夫婦に感情移入できるかどうかで決まる。 ・ゾンビを出さないで、ゾンビ映画を撮る意味不明さ。 ・ゾンビ映画なんだから、ゾンビ出そうよ! ・日本語吹き替えが残念。

次の

映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』フル動画を無料視聴!夫婦の愛はゾンビによって取り戻される?|Force Cinema

ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ

Contents• 映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』の無料視聴方法 『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』を配信しているVODは以下になります。 動画配信本数が17万本以上(見放題14万本)とVOD業界全体で見てもトップの配信本数を誇る事に加えて、 電子書籍35万冊以上配信、 雑誌70誌以上の読み放題が利用出来るという優れモノの動画配信サービスになっております。 さらに我々男性には嬉しい事に、 見放題で視聴できる アダルト動画が3万5千本以上も配信されていると言う神としか言い様の無いVODで御座います! R指定映画なんてしゃらくせえ!もっとスケベな動画が見たいんじゃ!と思っているお父さんお兄さんも絶対に満足できる質と量が揃っている事を、チェリーボーイだけあってAVを滅茶苦茶見てる僕が保障します! また、 31日間の無料期間中でも600円分のポイントが配布されると言う大盤振る舞いを見せてくれています!このポイントは 映画・ドラマの最新作や電子書籍の購入に使えるので利用価値は非常に高いです!(有料会員になると毎月1200ポイント付与) 無料期間中に解約してしまえば月額費を払う必要は無くタダで利用できるので、使うだけ使ったらさっさと解約しましょう。 さらに会員には 毎月1300円分のポイントが配布されるのですが、 無料期間中でもMAXの1300ポイントを手に入れる事が出来ます!888円で1300円分のポイントでも凄いのに無料期間でも1300ポイント貰えるのは狂ってますね笑 ポイントは有料動画以外にも電子書籍に使えるので無駄になる事はまずありません。 また、フジテレビの番組はFODプレミアムが独占配信しているので、 月9の名作を見るにはここに登録する以外道はありません。 無料期間も2週間あり、ここで紹介している他のVODと同じく 無料期間中に解約すればタダなので気になったら登録してみてください。 返却も郵便ポストに投函するだけなので非常に簡単です。 VODは便利ですが、配信されていない作品も多かったりします。 その点TSUTAYA DISCASは日本のレンタルビデオを支配した TSUTAYAが運営しているサービスなので、 貸し出しされていない作品を探す方が難しいと思うくらいラインナップが充実しています。 TSUTAYA DISCASにも 30日間の無料期間がありますが、この期間内に解約すれば料金は掛からないので、興味がある人は試しに利用してみても損はしません。 そんな中、謎のウィルスが蔓延し、瞬く間に町は危機的状況に陥っていきました。 ジョンとカレンは外は危険だと判断し、マンションの自宅に待機して救助を待つことにします。 食料などの備蓄はほとんどなかったため、交代で探しに行き、誰も居ない家などから盗んできました。 食料を集め、自宅に閉じこもって救助を待つ2人の空気は重々しいものでした。 ふいに、カレンは昼間だというのに酒を出して飲み始めます。 さらに、隠し持っていた煙草やドラッグも持ち出してきました。 初めは驚いていたジョンでしたが、カレンに勧められるがままドラッグを使用します。 そして2人で身を守るためのトレーニングを始めました。 2人の距離は少しずつ近づいていきます。 自宅で救助を待って数日が経ち、唯一の情報源であったラジオもついに途絶えてしまいました。 そんな時、同じマンションの住人であるエミリー(アントニア・キャンベル=ヒューズ)とレオ(ヤン・ベイヴード)が助けを求めてやってきます。 無碍に追い払うこともできず招き入れますが、残り少ない食料の問題もあり、どうにか出て行ってもらう術を考えます。 また、エミリーとレオが自分達に危害を加えるかもしれないと思ったカレンは、身を守るために覚醒剤を入れたクッキーを焼き2人に食べさせます。 しかし覚醒剤の量が多すぎたため、2人はショック死してしまいました。 しばらくすると、死んだはずのエミリーとレオの体が動き出します。 2人はゾンビになってしまったのです。 カレンはドラッグなどと一緒に隠し持っていた銃で、2人を撃ち殺します。 遺体を片付けたジョンとカレンは人を殺してしまったという重大性に頭を悩ませました。 精神安定剤を飲んで眠りにつき、その夜、救助隊のヘリが生存者を探して飛んできた事にも気づかずに朝を迎えます。 ニュースでも、感染者は非常に危険であり絶対に接触しないようにと流れます。 次第に、救助隊が行くまでは外に出ないようにと警告されるようになっていきます。 ジョンとカレンは自宅で救助を待つという選択をします。 食料の備蓄もない中、2人は力を合わせてこの局面を乗り越えて行かなければなりませんでした。 ハイになってセックスしたり、筋トレしたり、非日常を満喫しているようにさえ見えてきます。 緊迫感がありそうでない、不思議なムード漂うゾンビ映画です。 すれ違っていた2人は自宅に閉じこもることで会話をするようになり、お互いの愛情を確かめ合う事ができました。 手を取り合い生き延びようとする姿、そして失った絆を再び取り戻していく様子に、2人を応援せずにはいられなくなります。 映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』予告編 映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』ネタバレ ジョンとカレンの結末は? 救助を待つ日々の中で、ジョンとカレンは絆を取り戻していました。 2人の関係に亀裂が入ったのはカレンの死産が原因でしたが、カレンは「生き残れたら養子を迎えたい」と言い、ジョンもそれに賛成します。 2人は新しい一歩を踏み出そうとしていました。 しかし、救助隊には気づいてもらえず、食料も底をつき、自宅の周辺にはゾンビが溢れているという窮地に陥っていました。 ジョンとカレンは意を決して部屋から出ることにしましたが、失敗に終わります。 そればかりか、カレンがゾンビに噛まれてしまいました。 カレンは時間が経つにつれて飢えが酷くなると訴えます。 ジョンを襲う前に出て行こうとしますが、ジョンは引き止め、自らの血を与えることでカレンの飢えをしのごうとします。 翌朝、カレンはゾンビに変貌していました。 ジョンに「殺してほしい」とメッセージを遺していましたが、ジョンはカレンを殺すことができず、自らもカレンと共にゾンビになることを選びました。 一足遅く駆けつけた救助隊によって発見された2人は、身体を縛り、お互いの腕をテープで固定した状態でした。 隊員達はその状況に疑問を浮かべますが、隊員の1人が「愛さ」と呟きます。 ゾンビになったカレンとジョンは、法律に定める処置の基、隊員により射殺されました。 映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』感想 ゾンビが繋いだ夫婦の絆 離婚寸前の夫婦がゾンビの出現で愛を取り戻していくという斬新なストーリーの映画でした。 世間が大変な騒ぎの中、カレンとジョンはなんだか幸せそうで、途中からゾンビ映画という事を忘れそうでした。 酒、煙草、ドラッグ、セックス三昧 笑 愛する人がいれば世界にどんな危機が訪れようとも平気なんだなぁと少し羨ましくもなりました。 ゾンビ映画でもあり恋愛映画でもあり 下手に出歩いたりせず、自宅に閉じこもることで シチュエーションホラーのような雰囲気が出ていて面白かったです。 安全な場所を求めてサバイバルしながら右往左往するゾンビ映画とは一味違うものを楽しめました。 そして夫婦だけの世界ができたことで、それまでの冷めた関係に変化が起こるのも良かったです。 夫婦のイチャイチャばかりだな、ゾンビなかなか出てこないな、と思わせておきながら、 最後にはしっかりとゾンビで締めくくられていたので満足しました。 丸腰夫婦やゴロツキが気軽に入ってこれるのに主人公夫婦がドア開くとちゃんといて攻撃力も高いご都合ゾンビ。 主人公が小沢真珠に見える。 心の離れかけた夫婦が何か非日常で何か絆を取り戻す話~ドア前に少量のゾンビを添えて~軍隊無能安定。 ラストは好き。 4 カレンとジョンの結婚生活が破壊寸前の中、ゾンビ化する伝染病が発生し拡大。 感染しないよう救助を待つ中、冷めきった夫婦生活が、サバイバル生活で愛が再発し始める。 ゾンビ映画というよりは恋愛映画のように感じた。 最後にはカレンがゾンビに噛まれたことで悲しい展開になりますが、ジョンが共にゾンビになった事で、2人の愛が貫かれた結末となりました。 ゾンビ映画と恋愛映画どちらも楽しめる、一粒で二度おいしい映画となっています。 * 紹介した作品の各VODの配信情報は2020年6月のものになります。

次の

映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』フル動画を無料視聴!夫婦の愛はゾンビによって取り戻される?|Force Cinema

ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 あらすじ カレンとジョンは離婚寸前の夫婦。 カレンは過去に死産で子供を失って、それ以来自身も妊娠できない身体になってしまい、夫婦仲もギクシャクするようになりました。 ある日、ゾンビウィルスが蔓延し、彼らは運命共同体として、マンションの自室に閉じこもることになります。 食料を確保し、救助を待つまでの時間、二人は初めはぎくしゃくしていましたが、カレンは我慢することをやめ、昼間からワインを飲み、自身が押収保管庫から盗んできたドラッグをやりはじめます。 ジョンもたまらずドラッグをやります。 ドラッグでハイになった二人はこのまま助けを待っているだけではダメだと思い、自分の身は自分たちで守るため身体を鍛えはじめます。 そんな日々を続けていくうちに二人は失った夫婦関係を取り戻していきます。 ある日、二人の部屋にマンションの住人が訪ねてきます。 ジョンたちは彼らを招き入れますが、数少ない食料を分け与えたくなく、二人を追い出そうと策略を考えます。 映画ネタバレ感想 感想レビューのところでも触れましたが、とても面白い作品です。 ゾンビものはパニックものが主流であくまで個人が生き残りをかけるサバイバルものが多いですが、この映画の二人ジョンとカレンはサバイバルらしくないサバイバルを繰り広げます。 ゾンビ映画?恋愛映画? 通常ゾンビ映画というのは一つの場所にとどまることをしません。 災害時を含めて、ゾンビの世界でも基本的には動かないで安全な場所で救助を待つのが一番生存率が高そうですが、映画では生存率が高いシナリオでは盛り上がりに欠けるからです。 ですので通常は、街を移動したり、車に乗ったり、時にはショッピングモールにいったりと活発に活動して、無事? ゾンビに襲われるというのが王道なのです。 この映画の二人ジョンとカレンは部屋から動きません。 もちろん結果的に場面も動かず、状況も動かず、ゾンビの脅威にさらされるのは本編でも数回しかありません。 動くのは場面ではなく、二人の心の関係です。 この映画はゾンビ映画というよりは恋愛映画に近いものと言えます。 ゾンビの恋愛ものというと、ウォームボディーズがありますが、やはりゾンビと人間の恋愛ものはどちらかというと(笑)か(苦笑)なわけですのでこういうゾンビ環境下での恋愛映画というのも視点がとても面白いです。 二人の夜の営み 通常夫婦の仲というのは結婚とともに冷めていくもので、夜の営みを持つのは大半が子作りのためです。 ここで興味深いのは、子供が産めない身体になってしまったジョンとカレンにとって夜の営みは真の恋愛行為だったということです。 夫婦関係の改善というお題目の中で夜の営みが出てくるのは当然のように思いますが、これは結構うまいことできてるなと思った部分です。 むしろゾンビの蔓延する世界で子供を産むこと自体危険だと思いますので、子供が産めない身体になったカレンには結果的にプラスに働いたことだったとも考えられますね。 ラスト結末の評価 いいですよね、ラスト。 どうオチるのかなと楽しみにしていましたが、想定通りの納得の終わり方です。 これしかないですよね。 ジョンはやっぱりカレンを殺せなかった、むしろカレンのいない生活なんてありえないジョンは自らもゾンビになり、カレンと一緒にいることを選択したのです。 まさに我が人生に一遍の悔いなし、という感じでジョンもカレンも幸せだったと思いますね。 やはりそう考えると映画ミストのようなバッドエンドはやはりよくないな、と感じました。 最後に 見やすい映画で、ゾンビもののあたり映画と言っていいのではないでしょうか?タイトルで地雷臭がしてしまうのは少し損しています。 タイトルで地雷と言えばこちらのも危険な香りがしますが、見てみると大分まともなゾンビ映画なのでお薦めです。

次の