シェン トウ ジャン。 ベジタリアン天国である台湾素食の定番朝ごはん。行列が絶えない人気メニューのとろふわ豆乳スープ『鹹豆漿(シェントウジャン)』の作り方

【カルディ】心とおなかに優しい朝ごはん「シェントウジャン」で始まる一日を

シェン トウ ジャン

たぶん日本初の 鹹豆漿( シェントウジャン)専門店、五反田の「 東京豆漿生活」に行ってきましたので、レポートさせていただきます。 鹹豆漿(シェントウジャン)について 台湾語で「鹹=辛味」、「豆漿=豆乳」、要するに「しょっぱい豆乳」です。 温かい豆乳に干しエビ・ザーサイ・ネギ・パクチー・油條(台湾風揚げパン)等が入っており、さらに酢・醤油・ラー油等も入っているので、ほのかに豆乳が固まっております。 参考までに 今まで台湾で食べてきた鹹豆漿はこちら。 しょっぱいのにまろやかで、程よい量の具で、ホント大好きです。 お店によって味が違うのも面白い。 五反田「東京豆漿生活」について 一緒に台湾にも行ったことのある友人から送られてきた下記のサイトで知りました。 台湾でしか食べられないと思っていたあの「鹹豆漿」が日本で食べられるなんて。 実際に行く上で参考にしたのは 東京豆花工房さんのinstagram。 東京豆花工房は2015年に神田にオープンした日本初の豆花専門店です。 五反田に出来た「 東京豆漿生活」は東京豆花工房の新店舗。 実際に行ってみた お店の場所は下記です。 五反田駅もしくは東急池上線の大崎広小路駅の近くで、山手通りから一本入った場所にあります。 お店に近づくに連れ、だんだん朝の台湾の香りがしてきました。 元は喫茶店か何かだっだのでしょうか。 そんな店構えでした。 まだプレオープンなのでひっそりと営業中。 開店5分後ぐらいに着いたのですが、店内には5組ほどの行列が。。。 全部で15席ほどの店内もすでに全て埋まっておりました。 まだプレオープン中なのにすごい。 店内の様子はこんな感じ。 列に並んでいる間に席も空きましたので、座っていただきました(光がすごい。。。 ) 鹹豆漿は、まろやかなのに味はしっかりしていて、とても美味しかったです。 個人的にはの鹹豆漿に似ているような気がしました。 固まり具合も結構好み。 中華揚げパン「油條(ヨウティアオ)」も美味しかったです。 以上になります。 家からも近いし、きっとちょこちょこ通うだろうなぁ。 諸々、参考になればと。 trblog.

次の

黒酢と豆乳の台湾朝ごはん 「シェントウジャン」の作り方

シェン トウ ジャン

台湾の朝食といえば、豆乳を思い浮かべる方は多いと思います。 私もそうでした。 私自身は豆乳があまり得意ではなく、日本でもほとんど飲んだことがありませんでした。 しかし、台湾には豆乳だけではなくいろいろな豆乳料理があります。 そのひとつが 【鹹豆漿 シェントウジャン 】です。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、 【鹹豆漿】 とは、 豆乳に酢を入れて分離させた柔らかいお豆腐のようなもので、塩味の豆乳と日本語訳が書かれているお店が多いです。 中にはザーサイやネギ・揚げパンなどが入っており、ラー油がかけてあります。 ちなみに、まったく辛くはないです。 これが・・・本当に美味しい😋 今まで食べた事のない、とっても優しい美味しさです😊 今回は、おいしい【鹹豆漿】が食べられるオススメのお店をご紹介します。 和記豆漿店 ~MRT麟光駅前すぐ~ 『和記豆漿店』は、MRT文湖線 Wenhu Line の麟光駅のすぐ前にあるのお店になります。 台北中心部からは電車で30分くらい離れたエリアになります。 台北市立動物園方面に行く途中にある駅で、観光客らしき人たちはあまり見かけないエリアかもしれません。 ただ、この『和記豆漿店』はものすごく美味しかったのでオススメです。 お店の外観 このローカル感満載の店構え!!! ちなみにこちらのお店にはオーダー表はなく、指差しで注文した記憶があります。 [你好ニーハオ][謝謝シエシエ][好吃ハオチー]の3つしか喋れない私たちでも、ジェスチャーを交えながら注文ができましたし、 何よりお店の人たちがお優しいこと😍 ほかのブログでも書いていますが、 とにかくお店の人たちがみなさんお優しい😍 毎日・毎回と言っても大袈裟ではないほど、実感しています。 この日に注文したのは・・・ 鹹豆漿 シェントウジャン と焼餅 シャオ ビン です。 思ったより小ぶりのカップでした 揚げパンにスープがしみしみ これが…激ウマ😋 写真ではまったくわからないと思いますが、以前食べた鹹豆漿よりも豆乳の塊… 豆腐のそぼろっぽい感じがより感じられました。 私的には、少しお豆腐感がある方が好みです🤩 何杯でも食べれそうだったので、二人でひとつは少なすぎました😢 焼餅 こちらの焼餅にはたまごが挟んでありました。 立地の良い場所なので、日本人観光客も多く訪れているのかと思ったのですが、Google MAPには日本人の口コミはあまりないようでした。 ローカル店としては、 そこまでハードルは高くないと思うのですが… このあたりの滞在日数が少し長かった事もあり、 リピート訪問もしちゃいました😃 お店の外観 台湾のローカル店に多い、入口に置いてあるオーダー表に書き込みをして注文します。 通常のメニュー看板 入口から見たお店全体 1度目に注文したのは・・・ 鹹豆漿 シェントウジャン と蘿蔔糕 ルォポウガオ と菜包 ツァイ バオ です。 鹹豆漿 これも…激ウマ😋😋 豆乳の豆腐そぼろ感がいい・・・ 豆乳とラー油の相性といい・・・ ザーサイの食感がアクセントになってこれもいい・・・ すべてがお優しくまとまっている感じ!!! 前日の夜市で食べたモノたちの罪悪感を、なかったコトにーーーはならないですが😅 やさしく包んでくれる感じがするのです🤣 私個人には、とても相性の良い味なんだと思います。 蘿蔔糕 蘿蔔糕 大根餅 は、大根のせん切りまたは荒くおろしたものをゆで、米粉と混ぜ合わせて蒸したものだそうですが、大根の味はほとんどわかりませんでした。 食感はモチモチしていて、味付けを何もしないと少し薄めの素朴な味がします。 菜包 中身はキャベツの炒め物が… こちらは菜包 野菜まん です。 キャベツの炒め物が入っていました。 皮はモチモチしていて、とても食べやすかったです。 そして、数日おいてリピート来店。 鹹豆漿 やっぱり…激旨😋😋 この日の鹹豆漿は前回よりも、 豆腐そぼろ感がとってもいい感じでした。 肉包 肉包 肉まん は、個人的には菜包の方が好みの味でした。 あとひとつ焼餅を頼んだのですが、見た目がシンプルすぎて写真は撮りませんでした。 が・・・ この焼餅がものすごく美味しかったです!!! パイに似た食感ですが洋風のパイとは違い、ゴマの風味と香ばしい感じがしました。 【李記豆漿】 住所:台北市大同區長安西路292號 No. でも、チェーン展開なのか個人経営店なのかがよくわからない為、お店を間違えないように気を付けてください。 『永和豆漿』は、早朝3時から10時半まで営業している 信義區エリアにある人気のお店です。 Google MAPの口コミ数もかなり多くあり、お店の前にはいつも人だかりができているようなので、近くまで行けばすぐにわかると思います。 閉店間際なのに、この人だかり!! 人気店なのでイートインとテイクアウトの列が分かれていたようですが、もちろん中国語は読めないのでキョロキョロしていると店員さんのおばちゃんが話しかけてくれたので、ジェスチャーでイートインと伝えると席を案内してくれました。 メニューは日本語ではなく英語でしたが、写真入りだったのですごくわかりやすかったです。 英語メニューの表 英語メニューの裏 通常のメニュー看板は入口の上 オーダー表は無いようだったので、指差し注文をしました。 今回は、 鹹豆漿 シェントウジャン と饅頭 マントウ と 燒餅夾蔥蛋 シャオ ビン ジャ ツォン ダン を注文しました。 鹹豆漿 やっぱり…美味い😋 そして具沢山!!! こちらのお店の鹹豆漿は、 ザーサイやネギなど中の具材が多く入っており食べ応えがありました。 豆腐そぼろ感は少なめで豆乳に近い感じ。 ラー油少なめで豆乳により近い優しいお味でした😊 饅頭 こちらの饅頭は、蒸しパンです。 普段は、黒糖味的なモノの甘ったるさが好きではない為食べないのですが、コレはほんのり黒糖風味がする程度だったので、ものすごく美味しくいただくことができました😋 焼餅夾蔥蛋 こちらは焼餅夾蔥蛋。 すでに何度も登場している定番ローカルフードです。 中身の卵焼きにお店オリジナルの味が付いていることが多いのですが、こちらのは タマゴとネギのそのままの味を楽しむような感じでした。 私はそのまま、主人はテーブルの上にあった【自家製オリジナル醤油】的なモノをつけて食べていました。 本日は3種類食べて75元。 日本円で約270円!!! 二人で食べても腹八分目くらいにはなるので コスパの良さにビックリです😲 【永和豆漿】 住所:台北市信義區永吉路30巷73-1號 No. でも、チェーン展開なのか個人経営店なのかがよくわからない為、お店を間違えないように気を付けてください。 今回の『永和豆漿』は、MRT松山新店線 Songshan-Xindian Line の南京復興駅から微風廣場Breezecenter ショッピングモール 方面へ徒歩10分くらいのところにあるお店になります。 鹹豆漿とは、豆乳にお酢を入れることで少しずつ凝固して、柔らかい豆腐のようになるモノが多く、今まで食べてきた鹹豆漿は時間が経つにつれて固まり感が増していく感じだったのに… 今回の『永和豆漿』は ほとんど固まらない…まさに 塩味の豆乳という鹹豆漿でした!!! お店の外観 店内の様子 営業時間が早朝5:30~11:00まで、この日は10時前に到着したので店内は空いていました。 メニュー看板 メニューはこの看板のみで、オーダー表などはありません。 台湾語を覚えたメニューはカタコトで伝えて、分からないモノは指差しジェスチャーで注文をしました😅 そろそろ言葉をどうにかしなければと…改めて思わされた朝でした😓 店頭とレジ 料理名がないので、何が何だかわかりません🤣 今回の注文は、以下の通りです。 安定のコスパ良すぎやろー🤩 早餐に関しては、 安くて美味しい、 本当に素晴らしい文化だと思います😍 鹹豆漿:25元 こちらが固まらないサラサラの鹹豆漿です!!! 今まで食べてきた鹹豆漿は、 冷ましたいという理由もあり、少しの時間そのままにしておくと… おぼろ豆腐のように豆乳が柔らかく凝固するのですが、 こちらのお店の鹹豆漿は 待てど暮らせど固まらない…ほぼ豆乳と同じサラサラな感じでした😲 ザーサイや白エビなどとラー油がたっぷり入っいて、ほかのお店よりもしっかりめの味付けだったと思います。 これもまたウマし😋 当たり前なのかもしれませんが、お店によって味などいろいろ違いがあるので、 食べても食べても飽きることがないなぁーと改めて思いました😍 蛋餅:20元 蛋餅は、原味 オリジナル が一番好きなのでいつもこれです🙂 調味料がいっぱい 最近は、醤油のようなソースのような調味料を付けて食べるようになりました。 15, Lane 366, Section 2, Bade Road, Songshan District, Taipei City 大台北豆漿大王 ~南機場夜市周辺にある豆漿店~ 『大台北豆漿大王』は南機場夜市周辺にあり、MRT板南線 Bannan Line の龍山寺駅から徒歩で、15分~20分くらいのところにあるお店になります。 立地の良い場所ではなく、さらに龍山寺周辺は一般的にあまり治安の良くないエリアとされていますが、 南機場夜市グルメと共に、是非とも食べてほしいお店です!!! お店の外観 店内の様子 こちらのお店は夜18時半~翌朝10時半まで営業しているお店で、この日は閉店間際の朝10時過ぎに来店しましたが、まだまだお客さんで賑わっていました。 メニュー看板 どんどん作っていきます メニューはメニュー看板のみで、口頭注文方式でした。 またまた準備不足の私たちは…Google MAPで唯一日本人が書かれた口コミで見た「蒸餃子」を頼むのに一苦労…😵主人が、店員のおばちゃんに漢字を打ち込んだスマホを見せたのだが…📱なんと『老眼で見えない🙈』的なことを言われる始末🤣他の店員さんはもちろん、お客さんをも巻き込み、なんとか注文することができました😅 言葉って大切ですよね… 今回の注文は、以下の通りです。 鹹豆漿:30元 めっちゃウマい😍 が… む🙄 むむ🤔 このカリカリ…いつものザーサイではないゾ!!! このアクセントがいい🤩 青梅めっちゃウマーい😍 お出汁の効いた鹹豆漿やザーサイがたっぷり入ったものは食べましたが、青梅はお初!!!

次の

台湾の朝ごはんはお粥が人気!世界豆漿大王への行き方&世紀豆漿とお間違えなく!

シェン トウ ジャン

【カルディ】心とおなかに優しい朝ごはん「シェントウジャン」で始まる一日を• コーヒーと輸入食材のお店、カルディ。 世界のめずらしい食品を眺めていると、まるで外国を旅しているかのよう。 ところ狭しと並んでいる、普段目にしない食材に心が躍ります。 家にいる時間が多いこの頃、せっかくならば普段家で食べないものを食べて楽しみましょう。 今回はカルディで見つけた台湾の定番料理シェントウジャン。 温めた豆乳を注ぐだけで体に優しい朝ごはんが食べられます。 なんだか落ち着かない日々が続く今、気持ちまで柔らかくなりそうなおいしいメニューをどうぞ。 起きたての胃に優しい朝食は一日の始まりを穏やかなものにしてくれます。 そんな朝食を簡単に作れるカルディのシェントウジャンの素を試してみました。 日本のお豆腐みたいな台湾のメニューを実食ルポ! 目次• 台湾の朝ごはんシェントウジャン カルディには海外のメニューが簡単に作れる調味料がたくさんあります。 今回は台湾の朝ごはんの定番シェントウジャン、パッケージのお豆腐のような写真に惹かれて購入しました。 袋を開けてみると調味料が3パック入っていました。 一袋で3回シェントウジャンが楽しめます。 作ってみよう! 無調整の豆乳300gとシェントウジャンの素を用意します。 300gの豆乳は小さめのボウルに入れてみたら一杯分くらい、思ったより多めでした。 シェントウジャンの素は食べるときに使うお皿に入れて準備。 ここに豆乳を注ぐので深さのあるお皿が向いています。 真っ赤な調味料はお酢の匂いがします。 ますます体によさそうですね。 豆乳を鍋で沸騰直前まで温めます。 温めた豆乳をシェントウジャンの入ったお皿に注ぎます。 これで固まるまで待てばいいのですが・・・。 本当に固まるのか不安になって、ついかき混ぜてしまいました。 これは大失敗。 ドロドロになってきれいに作れませんでした。 気を取り直して、もう一度。 今度は固まるまでぐっと我慢。 3分〜5分くらいで固まります。 固まったら、トッピングをのせてできあがり。 今回はパクチーと桜海老をのせてみました。 実食! スプーンですくってみると、ちゃんと固まっていました。 一口食べてみると温かくて、ものすごく柔らかいお豆腐です。 シェントウジャンの素は真っ赤だったので辛いのかなと思いましたが、辛みはなく優しい酸味でほんの〜りオリエンタルな味わいでした。 なんだか空っぽのお腹に染み入る温かいメニュー。 レンジでも作れるの? 朝から鍋を出すのはちょっとめんどくさい・・・。 という人のために、電子レンジでできないか試してみました。 300gの豆乳を600W4分加熱。 豆乳がコポコポ泡立ってきたくらいで止めました。 時間はお使いの電子レンジの機種によって調節してみてください。 ザーサイをのせてもおいしいそうですが、今回は代わりに松前漬けをのせてみました。 スプーンですくったら、ちゃんと固まっていました。 松前漬けの塩気がよく合います。 レンジなら簡単に作れて楽チン。 こんな朝食で1日をスタートできたら、その日を穏やかに過ごすことができそう。 味も体にも優しいシェントウジャン、いろんなものと合わせて食べてみてください。 20 15:00 現在> 【営業時間】当面の間 平日11:00-20:00 土日祝11:00-18:00 [All photos by Mayumi.

次の