ゴアマガラ 混沌。 ゴア・マガラ

渾沌に呻くゴア・マガラ (こんとんにうめくごあまがら)とは【ピクシブ百科事典】

ゴアマガラ 混沌

ゴア・マガラ 別称 別称 蝕 登場作品• 01弾 き衣をう 02弾• Z のを飾る。 のに大きく関わる。 撃例が非常に少なく、の多い 「蝕(こくしょ)」。 前脚と後脚とは別に、にはなほど巨大なのが認められ、膜からは い毛状の鱗が生えている。 この毛状の鱗は常に抜け落ちており、まるで外套が棚引いているように見えるのが特徴。 外敵を察知した際には、この毛状の鱗に付着した い 鱗粉を撒き散らす。 この鱗粉は感知を強化しているものとされ、 これを吸着または吸引した他のの位置や熱量をしていると考えられている。 どうやらソナーや熱感知器のような機を持っているようだ。 この鱗粉を吸引したは 行動などにを来してしまうため、ではこの鱗粉を 狂、鱗粉によって発症した症状を 狂症 と呼びを警を要している。 弱点は火。 しかし下位だと戦える段階で手に入る火が限られてくるのが難点。 このゴア・マガラから作られる各は系で、防具は(上位はS)と呼ばれている。 防具のは版でまさにやを思わせる禍々しいもの、一方の版は淫魔のような露出の多い妖艶なで、上位と下位でそのには違いがある。 は悪臭・爆破やられを防ぐ「細菌研究」とが怒った時にの攻撃を上げる「挑戦者」、上位だとさらに狂症も合わさった「」に狂症の補正を引き上げる「」も追加される。 狂竜化 鱗粉をまき散らし、感知が高まっていくと体色の一部が変色していき、感知がピークに達するとのような感知器官を展開し 狂化する。 狂化とはいっても、自らの意思で狂化状態に移行することが出来るため、他のが発症するそれとは意味合いが大きく異なる。 狂化するとのを遮るほどの大量のを散布し、脚を展開、 6本脚状態となって襲い掛かってくる。 この脚は地形を自在に移動できるだけではなく、地面を揺るがすほどの破壊を誇り、更には強な攻撃も繰り出す。 狂化前とは大きく異なる行動で達を苦しめる。 なの状態では移動を行わない(未知の探索時の逃亡は除く)ため、狂化した次第ではかなり苦しい戦いを強いられることとなる。 なお、こちらの狂化したゴア・マガラは、後に「初のメント」として稼働した「」では通常のゴア・マガラとは別個体という扱いを受けている。 その上で「01弾 き衣をう」のとしてたちに立ちはだかることになる。 その大然とした禍禍しい外見とは裏に、 ゴア・ マの名前を取って「 」または「 さん」という称で親しまれている。 特にという称は「」等でおなじみの 太氏まで使用宣言をし出す程である。 表記は 「GORE・」。 ちなみに「GORE」には 「流血、血糊」 「殺、 戦い 」「(はぎ合せて・かさなどを作る細長いの布)、まち」 「(きば)で突く(突き刺す)」といった意味がある。 ののようなや、を突き出した狂化状態、狂の散布など、ゴア・マガラの生態はこの言葉の複数の意味に当て嵌まっているように思われる。 4ではなんと 撃船の甲らしきところで哮を上げている姿が確認された。 この衝撃的な、どこで挿入されるのかと思いきや、 実はこれが中でゴア・マガラと初めてする場面であった。 ここでは甲の上でゴア・マガラを相手にすることになり、、、そして撃を駆使して戦うことが出来る。 しかし、いかんせん場所が狭く、この時点でのもどの場合は貧弱なため苦戦を強いられた方も多いのではないだろうか。 、遺跡、原生、未知のそして撃船(上)と、広範囲にわたってその姿が確認されているが、を進めていくとこの行動範囲のが間接的にとなっていく。 4のでは、を問わず強なという認識がなされている を(直前のとの戦いでのがあったとはいえ)場にしてきて 首のをへし折りあっさりと仕留めた。 にも3のにて歴代看と新看の対峙はあったものの、かつての看を倒す、しかもあっさりと絶命させてしまったのはこのゴア・マガラが初である。 ちなみににはこのようなは ない。 開始時点では詳しい生態や種別などのだが、四股二というやなどの古にしか見られない体をしており、の以来久しぶりに古がになるのでは?と囁かれていた。 しかし、開された別称は蝕「 」。 古ならば、こくしょく「」の表記が蝕「 」となる。 またこれまでのでは古に対しては効果がなかったが、ゴア・マガラはに掛かることが確認されている。 しかも捕獲できる。 これらの事から古とは別の、新種のとする見方が強まっていた。 渾沌に呻く ゴア・マガラ 『』にて初登場したゴア・マガラの特殊個体。 いわゆるではなく、原種が何らかの理由によりこの形態となったものである。 大老(G4版集会所)でのがに上がる頃になると登場。 左の腕がくなり頭部も片方のみ固形化したが生えているという異形ので、設定によると先に脱皮を果たした別ののまき散らした狂化物質を取り込んだゴア・マガラがそのでへの脱皮に失敗してしまい、このような中途半端な姿になってしまったとされる。 攻撃モーションは通常体のものをにしつつ、の動きも組み合わせたような動作が多いが、口からの偏向ブ弾の動きがに変わっていたり、突進後からの薙ぎ払いにつなげてきたりと、新しいモーションもいくつか追加されている。 さらにこちらが攻撃を加えていく内に原種の狂化移行に似た形態変化を行い、最終的にのみたいな広範囲ブを放ってくる。 一応こちらもも発生させたりするが、そもそも使用する頻度が低く、使ってもほとんど一箇所にしか出さないのでさほど気にする必要はない。 そのためとにかくなの全体にべてかに戦いのある良と見るも多い。 一方、で追加されたゴア・マガラが出るは全てこの渾沌に呻くゴア・マガラのものだけであり、通常の個体と戦うには探索か、そしてなどを利用するしかい。 MHF-Z にて第8の遷種として登場。 5(旧)では同時期にされたの、ではの頂上がとなる。 遷種としては初のであり、それまでの遷種のが元の作品のものになっていたようにはもちろん発覚・成功も4のものになっている。 また、のように名実ともに分類不明であり、のように不明扱いながら特攻シが発動するというようなことはない。 基本的な技ははなどと同様で、頻度は低いがホバや攻撃もしてくる。 をえた余剰会心を攻撃に転換できる転は有効と言える。 では哮が哮になっており頭の周りと前方広範囲にいると食らってしまうため、位置取りに気を付けるか辿異の強化を発動させるかしたい。 追加技としては素く体を横に向けからの3連ブ、のに似た狂弾、狂化状態で行ってくる脚薙ぎ払いからのブというものがある。 は出がく常に警しておきたい技であり、狂弾はする前の狂弾にも判定があることに注意して間を縫うか時の回転を回避するかして懐に潜り込めばとなる。 更に個体は狂化状態で長いチャージから自身を中心にして広範囲に向けての狂や、からの3を使ってくる。 前者は防御が機するが大でありで強制的に狂症を発症させられてしまう(はできるが同様に発症させられう)が、判定は一なのでチャージで本体に向かって集まっていくが収束しきったで回避しよう。 しかし何と言っても最大の特徴は個体が行う ・狂化である。 狂化状態のゴア・マガラにを与えていくとに舞い上がって更に狂をい、哮と共に・狂化して変貌を遂げる。 この際に通常の狂化時同様に哮でされる狂は攻撃となっており、からもゴア・マガラの周囲にのが降り注ぐ。 実は威が一番高く、狂同様に被弾すると強制的に狂症を発症させられるため上位技といった性質だが、・狂化に移行するときにしか行わず飛んでからまでは間があり後は隙ができるのでやり過ごして攻撃につなげよう。 また、・狂化状態ではが活性化しているのか全域で狂症になっているへのが発生するため、狂症になっていると体をどんどん削られてしまう。 ・狂化状態のゴア・マガラは触が更に前方に傾き頭部と一直線、膜は3つに分かれたように見えるほどにし、更に触含めた体の至る場所からが現出する等、やのような、よりじみた姿をしている。 あるいは未熟なゴア・マガラのまま成体であるのを使おうとしているために攻撃を受けると解除される不全な状態にしかなれず、姿も成体に近づくのではない異形のものとなっているのだろうか。 この件に関してもゴア・マガラの諸々同様にとなっているが、元々や転生という特殊な生態を持つゴア・マガラであればこのような変化も起こりうると言えるか。 時の全体的な特徴として、G後半特に遷種ではお染みとなっていた 被弾=BC送りの技や技がいことが挙げられる。 それどころか単発でも適正装備でも余裕でするような威の技はない。 これはへの時に行われた絶対防御態勢の変更を受けたものと思われる。 とは言え何発も耐えられる威というわけではなく、狂症を発症しているとで削られ攻撃のも増加するため油断は禁物。 他のにべるとわかりづらい部分もあるが攻撃には予備動作があるため、しっかりとを見て対処していくという基本が重要。 発表時はゴア・マガラと言えばとそれによる他の大の狂化であるため、それも追加があるのかという点が注されていたが、依頼文に「このままでは感染が広がる」とあるようにが際で食い止めているのか狂化するのはゴア・マガラとのみ。 は元々存在する12種に加えても新規にされて全種存在。 のは既にのものがあったからか、 闇を有する。 闇はと氷の複であるが、ゴア・マガラに氷要素はいため闇がピッタリなゴア・マガラのを優先したと思われる。 性としてはL0の攻撃に会心付きでれ味はも出るが短めと言ったところ。 ちなみにが同時でないため必要はゴア・マガラのもののみ。 集中は優先度が低いために発動が規をえるとすぐに弾かれてしまうという問題があったのだが、この防具で自動発動させることで解決できる。 また、GXはとして全部位で剛撃、溜め威(士)、穏射(ガンナー)を持ち、部位ごとに一や転を備えるなど自動発動の集中を含めて優秀と言える。 では秘伝装備以外行われないが一式装備すれば驚異の火耐性-となり火攻撃で倍のを受けるのはもちろん、一部位だけでも十分に悩みの種となるなので他の防具との兼ね合いや着ていく相手を考える必要がある。 関連動画 関連商品 これもい災厄なのか? 関連項目•

次の

【モンハンダブルクロス対応】ゴア・マガラの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ【MHXX】

ゴアマガラ 混沌

ゴア・マガラ 別称 別称 蝕 登場作品• 01弾 き衣をう 02弾• Z のを飾る。 のに大きく関わる。 撃例が非常に少なく、の多い 「蝕(こくしょ)」。 前脚と後脚とは別に、にはなほど巨大なのが認められ、膜からは い毛状の鱗が生えている。 この毛状の鱗は常に抜け落ちており、まるで外套が棚引いているように見えるのが特徴。 外敵を察知した際には、この毛状の鱗に付着した い 鱗粉を撒き散らす。 この鱗粉は感知を強化しているものとされ、 これを吸着または吸引した他のの位置や熱量をしていると考えられている。 どうやらソナーや熱感知器のような機を持っているようだ。 この鱗粉を吸引したは 行動などにを来してしまうため、ではこの鱗粉を 狂、鱗粉によって発症した症状を 狂症 と呼びを警を要している。 弱点は火。 しかし下位だと戦える段階で手に入る火が限られてくるのが難点。 このゴア・マガラから作られる各は系で、防具は(上位はS)と呼ばれている。 防具のは版でまさにやを思わせる禍々しいもの、一方の版は淫魔のような露出の多い妖艶なで、上位と下位でそのには違いがある。 は悪臭・爆破やられを防ぐ「細菌研究」とが怒った時にの攻撃を上げる「挑戦者」、上位だとさらに狂症も合わさった「」に狂症の補正を引き上げる「」も追加される。 狂竜化 鱗粉をまき散らし、感知が高まっていくと体色の一部が変色していき、感知がピークに達するとのような感知器官を展開し 狂化する。 狂化とはいっても、自らの意思で狂化状態に移行することが出来るため、他のが発症するそれとは意味合いが大きく異なる。 狂化するとのを遮るほどの大量のを散布し、脚を展開、 6本脚状態となって襲い掛かってくる。 この脚は地形を自在に移動できるだけではなく、地面を揺るがすほどの破壊を誇り、更には強な攻撃も繰り出す。 狂化前とは大きく異なる行動で達を苦しめる。 なの状態では移動を行わない(未知の探索時の逃亡は除く)ため、狂化した次第ではかなり苦しい戦いを強いられることとなる。 なお、こちらの狂化したゴア・マガラは、後に「初のメント」として稼働した「」では通常のゴア・マガラとは別個体という扱いを受けている。 その上で「01弾 き衣をう」のとしてたちに立ちはだかることになる。 その大然とした禍禍しい外見とは裏に、 ゴア・ マの名前を取って「 」または「 さん」という称で親しまれている。 特にという称は「」等でおなじみの 太氏まで使用宣言をし出す程である。 表記は 「GORE・」。 ちなみに「GORE」には 「流血、血糊」 「殺、 戦い 」「(はぎ合せて・かさなどを作る細長いの布)、まち」 「(きば)で突く(突き刺す)」といった意味がある。 ののようなや、を突き出した狂化状態、狂の散布など、ゴア・マガラの生態はこの言葉の複数の意味に当て嵌まっているように思われる。 4ではなんと 撃船の甲らしきところで哮を上げている姿が確認された。 この衝撃的な、どこで挿入されるのかと思いきや、 実はこれが中でゴア・マガラと初めてする場面であった。 ここでは甲の上でゴア・マガラを相手にすることになり、、、そして撃を駆使して戦うことが出来る。 しかし、いかんせん場所が狭く、この時点でのもどの場合は貧弱なため苦戦を強いられた方も多いのではないだろうか。 、遺跡、原生、未知のそして撃船(上)と、広範囲にわたってその姿が確認されているが、を進めていくとこの行動範囲のが間接的にとなっていく。 4のでは、を問わず強なという認識がなされている を(直前のとの戦いでのがあったとはいえ)場にしてきて 首のをへし折りあっさりと仕留めた。 にも3のにて歴代看と新看の対峙はあったものの、かつての看を倒す、しかもあっさりと絶命させてしまったのはこのゴア・マガラが初である。 ちなみににはこのようなは ない。 開始時点では詳しい生態や種別などのだが、四股二というやなどの古にしか見られない体をしており、の以来久しぶりに古がになるのでは?と囁かれていた。 しかし、開された別称は蝕「 」。 古ならば、こくしょく「」の表記が蝕「 」となる。 またこれまでのでは古に対しては効果がなかったが、ゴア・マガラはに掛かることが確認されている。 しかも捕獲できる。 これらの事から古とは別の、新種のとする見方が強まっていた。 渾沌に呻く ゴア・マガラ 『』にて初登場したゴア・マガラの特殊個体。 いわゆるではなく、原種が何らかの理由によりこの形態となったものである。 大老(G4版集会所)でのがに上がる頃になると登場。 左の腕がくなり頭部も片方のみ固形化したが生えているという異形ので、設定によると先に脱皮を果たした別ののまき散らした狂化物質を取り込んだゴア・マガラがそのでへの脱皮に失敗してしまい、このような中途半端な姿になってしまったとされる。 攻撃モーションは通常体のものをにしつつ、の動きも組み合わせたような動作が多いが、口からの偏向ブ弾の動きがに変わっていたり、突進後からの薙ぎ払いにつなげてきたりと、新しいモーションもいくつか追加されている。 さらにこちらが攻撃を加えていく内に原種の狂化移行に似た形態変化を行い、最終的にのみたいな広範囲ブを放ってくる。 一応こちらもも発生させたりするが、そもそも使用する頻度が低く、使ってもほとんど一箇所にしか出さないのでさほど気にする必要はない。 そのためとにかくなの全体にべてかに戦いのある良と見るも多い。 一方、で追加されたゴア・マガラが出るは全てこの渾沌に呻くゴア・マガラのものだけであり、通常の個体と戦うには探索か、そしてなどを利用するしかい。 MHF-Z にて第8の遷種として登場。 5(旧)では同時期にされたの、ではの頂上がとなる。 遷種としては初のであり、それまでの遷種のが元の作品のものになっていたようにはもちろん発覚・成功も4のものになっている。 また、のように名実ともに分類不明であり、のように不明扱いながら特攻シが発動するというようなことはない。 基本的な技ははなどと同様で、頻度は低いがホバや攻撃もしてくる。 をえた余剰会心を攻撃に転換できる転は有効と言える。 では哮が哮になっており頭の周りと前方広範囲にいると食らってしまうため、位置取りに気を付けるか辿異の強化を発動させるかしたい。 追加技としては素く体を横に向けからの3連ブ、のに似た狂弾、狂化状態で行ってくる脚薙ぎ払いからのブというものがある。 は出がく常に警しておきたい技であり、狂弾はする前の狂弾にも判定があることに注意して間を縫うか時の回転を回避するかして懐に潜り込めばとなる。 更に個体は狂化状態で長いチャージから自身を中心にして広範囲に向けての狂や、からの3を使ってくる。 前者は防御が機するが大でありで強制的に狂症を発症させられてしまう(はできるが同様に発症させられう)が、判定は一なのでチャージで本体に向かって集まっていくが収束しきったで回避しよう。 しかし何と言っても最大の特徴は個体が行う ・狂化である。 狂化状態のゴア・マガラにを与えていくとに舞い上がって更に狂をい、哮と共に・狂化して変貌を遂げる。 この際に通常の狂化時同様に哮でされる狂は攻撃となっており、からもゴア・マガラの周囲にのが降り注ぐ。 実は威が一番高く、狂同様に被弾すると強制的に狂症を発症させられるため上位技といった性質だが、・狂化に移行するときにしか行わず飛んでからまでは間があり後は隙ができるのでやり過ごして攻撃につなげよう。 また、・狂化状態ではが活性化しているのか全域で狂症になっているへのが発生するため、狂症になっていると体をどんどん削られてしまう。 ・狂化状態のゴア・マガラは触が更に前方に傾き頭部と一直線、膜は3つに分かれたように見えるほどにし、更に触含めた体の至る場所からが現出する等、やのような、よりじみた姿をしている。 あるいは未熟なゴア・マガラのまま成体であるのを使おうとしているために攻撃を受けると解除される不全な状態にしかなれず、姿も成体に近づくのではない異形のものとなっているのだろうか。 この件に関してもゴア・マガラの諸々同様にとなっているが、元々や転生という特殊な生態を持つゴア・マガラであればこのような変化も起こりうると言えるか。 時の全体的な特徴として、G後半特に遷種ではお染みとなっていた 被弾=BC送りの技や技がいことが挙げられる。 それどころか単発でも適正装備でも余裕でするような威の技はない。 これはへの時に行われた絶対防御態勢の変更を受けたものと思われる。 とは言え何発も耐えられる威というわけではなく、狂症を発症しているとで削られ攻撃のも増加するため油断は禁物。 他のにべるとわかりづらい部分もあるが攻撃には予備動作があるため、しっかりとを見て対処していくという基本が重要。 発表時はゴア・マガラと言えばとそれによる他の大の狂化であるため、それも追加があるのかという点が注されていたが、依頼文に「このままでは感染が広がる」とあるようにが際で食い止めているのか狂化するのはゴア・マガラとのみ。 は元々存在する12種に加えても新規にされて全種存在。 のは既にのものがあったからか、 闇を有する。 闇はと氷の複であるが、ゴア・マガラに氷要素はいため闇がピッタリなゴア・マガラのを優先したと思われる。 性としてはL0の攻撃に会心付きでれ味はも出るが短めと言ったところ。 ちなみにが同時でないため必要はゴア・マガラのもののみ。 集中は優先度が低いために発動が規をえるとすぐに弾かれてしまうという問題があったのだが、この防具で自動発動させることで解決できる。 また、GXはとして全部位で剛撃、溜め威(士)、穏射(ガンナー)を持ち、部位ごとに一や転を備えるなど自動発動の集中を含めて優秀と言える。 では秘伝装備以外行われないが一式装備すれば驚異の火耐性-となり火攻撃で倍のを受けるのはもちろん、一部位だけでも十分に悩みの種となるなので他の防具との兼ね合いや着ていく相手を考える必要がある。 関連動画 関連商品 これもい災厄なのか? 関連項目•

次の

武器/マガラ武器

ゴアマガラ 混沌

ゴア・マガラ 別称 別称 蝕 登場作品• 01弾 き衣をう 02弾• Z のを飾る。 のに大きく関わる。 撃例が非常に少なく、の多い 「蝕(こくしょ)」。 前脚と後脚とは別に、にはなほど巨大なのが認められ、膜からは い毛状の鱗が生えている。 この毛状の鱗は常に抜け落ちており、まるで外套が棚引いているように見えるのが特徴。 外敵を察知した際には、この毛状の鱗に付着した い 鱗粉を撒き散らす。 この鱗粉は感知を強化しているものとされ、 これを吸着または吸引した他のの位置や熱量をしていると考えられている。 どうやらソナーや熱感知器のような機を持っているようだ。 この鱗粉を吸引したは 行動などにを来してしまうため、ではこの鱗粉を 狂、鱗粉によって発症した症状を 狂症 と呼びを警を要している。 弱点は火。 しかし下位だと戦える段階で手に入る火が限られてくるのが難点。 このゴア・マガラから作られる各は系で、防具は(上位はS)と呼ばれている。 防具のは版でまさにやを思わせる禍々しいもの、一方の版は淫魔のような露出の多い妖艶なで、上位と下位でそのには違いがある。 は悪臭・爆破やられを防ぐ「細菌研究」とが怒った時にの攻撃を上げる「挑戦者」、上位だとさらに狂症も合わさった「」に狂症の補正を引き上げる「」も追加される。 狂竜化 鱗粉をまき散らし、感知が高まっていくと体色の一部が変色していき、感知がピークに達するとのような感知器官を展開し 狂化する。 狂化とはいっても、自らの意思で狂化状態に移行することが出来るため、他のが発症するそれとは意味合いが大きく異なる。 狂化するとのを遮るほどの大量のを散布し、脚を展開、 6本脚状態となって襲い掛かってくる。 この脚は地形を自在に移動できるだけではなく、地面を揺るがすほどの破壊を誇り、更には強な攻撃も繰り出す。 狂化前とは大きく異なる行動で達を苦しめる。 なの状態では移動を行わない(未知の探索時の逃亡は除く)ため、狂化した次第ではかなり苦しい戦いを強いられることとなる。 なお、こちらの狂化したゴア・マガラは、後に「初のメント」として稼働した「」では通常のゴア・マガラとは別個体という扱いを受けている。 その上で「01弾 き衣をう」のとしてたちに立ちはだかることになる。 その大然とした禍禍しい外見とは裏に、 ゴア・ マの名前を取って「 」または「 さん」という称で親しまれている。 特にという称は「」等でおなじみの 太氏まで使用宣言をし出す程である。 表記は 「GORE・」。 ちなみに「GORE」には 「流血、血糊」 「殺、 戦い 」「(はぎ合せて・かさなどを作る細長いの布)、まち」 「(きば)で突く(突き刺す)」といった意味がある。 ののようなや、を突き出した狂化状態、狂の散布など、ゴア・マガラの生態はこの言葉の複数の意味に当て嵌まっているように思われる。 4ではなんと 撃船の甲らしきところで哮を上げている姿が確認された。 この衝撃的な、どこで挿入されるのかと思いきや、 実はこれが中でゴア・マガラと初めてする場面であった。 ここでは甲の上でゴア・マガラを相手にすることになり、、、そして撃を駆使して戦うことが出来る。 しかし、いかんせん場所が狭く、この時点でのもどの場合は貧弱なため苦戦を強いられた方も多いのではないだろうか。 、遺跡、原生、未知のそして撃船(上)と、広範囲にわたってその姿が確認されているが、を進めていくとこの行動範囲のが間接的にとなっていく。 4のでは、を問わず強なという認識がなされている を(直前のとの戦いでのがあったとはいえ)場にしてきて 首のをへし折りあっさりと仕留めた。 にも3のにて歴代看と新看の対峙はあったものの、かつての看を倒す、しかもあっさりと絶命させてしまったのはこのゴア・マガラが初である。 ちなみににはこのようなは ない。 開始時点では詳しい生態や種別などのだが、四股二というやなどの古にしか見られない体をしており、の以来久しぶりに古がになるのでは?と囁かれていた。 しかし、開された別称は蝕「 」。 古ならば、こくしょく「」の表記が蝕「 」となる。 またこれまでのでは古に対しては効果がなかったが、ゴア・マガラはに掛かることが確認されている。 しかも捕獲できる。 これらの事から古とは別の、新種のとする見方が強まっていた。 渾沌に呻く ゴア・マガラ 『』にて初登場したゴア・マガラの特殊個体。 いわゆるではなく、原種が何らかの理由によりこの形態となったものである。 大老(G4版集会所)でのがに上がる頃になると登場。 左の腕がくなり頭部も片方のみ固形化したが生えているという異形ので、設定によると先に脱皮を果たした別ののまき散らした狂化物質を取り込んだゴア・マガラがそのでへの脱皮に失敗してしまい、このような中途半端な姿になってしまったとされる。 攻撃モーションは通常体のものをにしつつ、の動きも組み合わせたような動作が多いが、口からの偏向ブ弾の動きがに変わっていたり、突進後からの薙ぎ払いにつなげてきたりと、新しいモーションもいくつか追加されている。 さらにこちらが攻撃を加えていく内に原種の狂化移行に似た形態変化を行い、最終的にのみたいな広範囲ブを放ってくる。 一応こちらもも発生させたりするが、そもそも使用する頻度が低く、使ってもほとんど一箇所にしか出さないのでさほど気にする必要はない。 そのためとにかくなの全体にべてかに戦いのある良と見るも多い。 一方、で追加されたゴア・マガラが出るは全てこの渾沌に呻くゴア・マガラのものだけであり、通常の個体と戦うには探索か、そしてなどを利用するしかい。 MHF-Z にて第8の遷種として登場。 5(旧)では同時期にされたの、ではの頂上がとなる。 遷種としては初のであり、それまでの遷種のが元の作品のものになっていたようにはもちろん発覚・成功も4のものになっている。 また、のように名実ともに分類不明であり、のように不明扱いながら特攻シが発動するというようなことはない。 基本的な技ははなどと同様で、頻度は低いがホバや攻撃もしてくる。 をえた余剰会心を攻撃に転換できる転は有効と言える。 では哮が哮になっており頭の周りと前方広範囲にいると食らってしまうため、位置取りに気を付けるか辿異の強化を発動させるかしたい。 追加技としては素く体を横に向けからの3連ブ、のに似た狂弾、狂化状態で行ってくる脚薙ぎ払いからのブというものがある。 は出がく常に警しておきたい技であり、狂弾はする前の狂弾にも判定があることに注意して間を縫うか時の回転を回避するかして懐に潜り込めばとなる。 更に個体は狂化状態で長いチャージから自身を中心にして広範囲に向けての狂や、からの3を使ってくる。 前者は防御が機するが大でありで強制的に狂症を発症させられてしまう(はできるが同様に発症させられう)が、判定は一なのでチャージで本体に向かって集まっていくが収束しきったで回避しよう。 しかし何と言っても最大の特徴は個体が行う ・狂化である。 狂化状態のゴア・マガラにを与えていくとに舞い上がって更に狂をい、哮と共に・狂化して変貌を遂げる。 この際に通常の狂化時同様に哮でされる狂は攻撃となっており、からもゴア・マガラの周囲にのが降り注ぐ。 実は威が一番高く、狂同様に被弾すると強制的に狂症を発症させられるため上位技といった性質だが、・狂化に移行するときにしか行わず飛んでからまでは間があり後は隙ができるのでやり過ごして攻撃につなげよう。 また、・狂化状態ではが活性化しているのか全域で狂症になっているへのが発生するため、狂症になっていると体をどんどん削られてしまう。 ・狂化状態のゴア・マガラは触が更に前方に傾き頭部と一直線、膜は3つに分かれたように見えるほどにし、更に触含めた体の至る場所からが現出する等、やのような、よりじみた姿をしている。 あるいは未熟なゴア・マガラのまま成体であるのを使おうとしているために攻撃を受けると解除される不全な状態にしかなれず、姿も成体に近づくのではない異形のものとなっているのだろうか。 この件に関してもゴア・マガラの諸々同様にとなっているが、元々や転生という特殊な生態を持つゴア・マガラであればこのような変化も起こりうると言えるか。 時の全体的な特徴として、G後半特に遷種ではお染みとなっていた 被弾=BC送りの技や技がいことが挙げられる。 それどころか単発でも適正装備でも余裕でするような威の技はない。 これはへの時に行われた絶対防御態勢の変更を受けたものと思われる。 とは言え何発も耐えられる威というわけではなく、狂症を発症しているとで削られ攻撃のも増加するため油断は禁物。 他のにべるとわかりづらい部分もあるが攻撃には予備動作があるため、しっかりとを見て対処していくという基本が重要。 発表時はゴア・マガラと言えばとそれによる他の大の狂化であるため、それも追加があるのかという点が注されていたが、依頼文に「このままでは感染が広がる」とあるようにが際で食い止めているのか狂化するのはゴア・マガラとのみ。 は元々存在する12種に加えても新規にされて全種存在。 のは既にのものがあったからか、 闇を有する。 闇はと氷の複であるが、ゴア・マガラに氷要素はいため闇がピッタリなゴア・マガラのを優先したと思われる。 性としてはL0の攻撃に会心付きでれ味はも出るが短めと言ったところ。 ちなみにが同時でないため必要はゴア・マガラのもののみ。 集中は優先度が低いために発動が規をえるとすぐに弾かれてしまうという問題があったのだが、この防具で自動発動させることで解決できる。 また、GXはとして全部位で剛撃、溜め威(士)、穏射(ガンナー)を持ち、部位ごとに一や転を備えるなど自動発動の集中を含めて優秀と言える。 では秘伝装備以外行われないが一式装備すれば驚異の火耐性-となり火攻撃で倍のを受けるのはもちろん、一部位だけでも十分に悩みの種となるなので他の防具との兼ね合いや着ていく相手を考える必要がある。 関連動画 関連商品 これもい災厄なのか? 関連項目•

次の