モスコミュール レシピ。 モスコミュールとは?味・度数・カクテル言葉・レシピを解説

【モスコミュール】を銅製のマグカップで!作り方と楽しみ方

モスコミュール レシピ

マッシャー マッシャーがあると便利 よくカクテルを作るという方は「マッシャー」という材料をつぶす道具を購入しておくと便利です。 マッシャーがなければ、木の素材の細長いもので代用できます(木のスプーンの柄、菜箸、ごますり棒など)。 ハーブの苦味を出さないコツ ハーブをつぶす時には、軽くトントンと叩く程度で十分です。 ハーブはデリケートなので、軽く叩いたくらいでも穴が開き、そこからたっぷりの香り成分が流れ出します。 果汁と一緒にハーブをつぶせば、ハーブの香りがカクテル全体に回りやすくなります。 モスコミュールの作り方 モスコミュールはウォッカを使うカクテルです。 時には100%に近いウォッカが使われることもあり、強いカクテルとして知られています。 氷とラム、炭酸水を注いだらできあがり。 Variations ーモヒートの色々なバリエーションー モヒートには様々なバリエーションがあります。 レシピの材料は次のように変更できます。 オリジナルカクテルの参考にしてみてください。 ホワイトラム 代わりにダークラムやココナッツラムを使うことができます。 メキシコでは、ラムではなくテキーラを使ってモヒートを作りますし、ジンを使うモヒートもあります。 ライム果汁 ライムの他に、レモン果汁もよく使われます。 ペルーではグレープフルーツ系の果汁を使いますし、オレンジ、パッションフルーツの果汁も使われています。 ハーブ 伝統的にはミントを使いますが、代わりにローズマリー、セージ、タイムでも美味しく作ることができます。 珍しいものには、レモンバーム、ローズの花びらを使うモヒートもあります。 フルーツ モヒートにおすすめのフルーツはイチゴです。 その他には、ラズベリー、オレンジ、梨、ピーチ、パイナップルなど、色々な種類のフルーツを使うことができます。 おすすめレシピ マルガリータの作り方 マルガリータは、テキーラがベースのカクテルです。 オレンジリキュールとライム果汁が入っていて、グラスのふちについた塩が特徴的なカクテルです。 Ingredients ー材料ー.

次の

キティってどんなカクテル?|特徴やレシピ・おすすめ赤ワイン5選も

モスコミュール レシピ

「モスクワのラバ」と訳され、「ラバに蹴飛ばされたように効いてくる」という意味を持つカクテル「モスコミュール」。 ウォッカベースの最も有名なカクテルはモスコミュールで、世界中で愛飲されています。 アメリカの1946年のハリウッド・サンセット大通りに店を構えたレストラン・コックンプルで生まれたカクテルと言われていますが、これには諸説あります。 大量に抱えたジンジャービアの在庫を処分する為にハリウッドのバーテンダーであるジャックモーガンが考案した説、スミノフ社のウォッカの販売促進の為に製造元であるヒューブライン社が紹介した説、ジャックモーガンとヒューブライン社が協力して作った説等があり、真相は定かではありません。 作り方は、ウォッカを45ml、フレッシュライムジュースを15ml、ジンジャーエール適量を、氷の入ったタンブラーに注ぎ入れ、軽くステアしスライスライムを飾りつけすれば完成です。 ライムの風味とほのかな甘みが特徴で、アルコール度数も15度前後と低めで飲みやすいカクテルです。 でもご紹介したとおり、お酒にそんなに強くなく、甘めの味が好きな方に特にお勧めです。 分類としては、ロングカクテルに分類されます。 ジャックモーガンは銅製のマグカップで飲む方法を提案し、それが広まっていましたが、現在ではタンブラーで作る方が多くなっています。 元々はジンジャービアで割るカクテルですが、日本でジンジャービアを入手することが難しかったので、ジンジャーエールで割ることが主流になりました。 モスコミュールのアルコール度数とカロリー モスコミュールのアルコール度数は10~16度程度と幅があり、作り方によっては高いアルコール度数になります。 カロリーは1杯でおよそ160kcalほど。 中甘辛口でウォッカのパンチが効いていて、ライムの香りとジンジャーエールが爽やかでとても飲みやすいカクテルなので、飲み過ぎには注意です。 スポンサードリンク モスコミュールのアレンジ ゆずモスコミュール ライムの代わりにゆずの輪切りを沈めると、ゆずの香りが爽やかなモスコミュールを楽しめます。 基本的な作り方は同じです。 ゆずの搾り汁を入れても風味が増して美味しいです。 緑茶モスコミュール 普通に作ったモスコミュールに粉末の緑茶、もしくは抹茶を入れて作ります。 お茶に渋さがモスコミュールの甘さと相性が良く、大人な味わいのカクテルになります。 芋焼酎モスコミュール ウォッカの代わりに芋焼酎を使ってモスコミュールを作ると、香りが独特で面白い味わいになります。 ジンジャエールの甘さが芋焼酎の香りと相性が良く、そこにライムが爽やかさを加えて、美味しいカクテルになります。 ドライ目のジンジャエールで作ると大人っぽい味になっておすすめです。 スポンサードリンク.

次の

基本のカクテル「モスコミュール」作り方にこだわってみよう

モスコミュール レシピ

「モスクワのラバ」と訳され、「ラバに蹴飛ばされたように効いてくる」という意味を持つカクテル「モスコミュール」。 ウォッカベースの最も有名なカクテルはモスコミュールで、世界中で愛飲されています。 アメリカの1946年のハリウッド・サンセット大通りに店を構えたレストラン・コックンプルで生まれたカクテルと言われていますが、これには諸説あります。 大量に抱えたジンジャービアの在庫を処分する為にハリウッドのバーテンダーであるジャックモーガンが考案した説、スミノフ社のウォッカの販売促進の為に製造元であるヒューブライン社が紹介した説、ジャックモーガンとヒューブライン社が協力して作った説等があり、真相は定かではありません。 作り方は、ウォッカを45ml、フレッシュライムジュースを15ml、ジンジャーエール適量を、氷の入ったタンブラーに注ぎ入れ、軽くステアしスライスライムを飾りつけすれば完成です。 ライムの風味とほのかな甘みが特徴で、アルコール度数も15度前後と低めで飲みやすいカクテルです。 でもご紹介したとおり、お酒にそんなに強くなく、甘めの味が好きな方に特にお勧めです。 分類としては、ロングカクテルに分類されます。 ジャックモーガンは銅製のマグカップで飲む方法を提案し、それが広まっていましたが、現在ではタンブラーで作る方が多くなっています。 元々はジンジャービアで割るカクテルですが、日本でジンジャービアを入手することが難しかったので、ジンジャーエールで割ることが主流になりました。 モスコミュールのアルコール度数とカロリー モスコミュールのアルコール度数は10~16度程度と幅があり、作り方によっては高いアルコール度数になります。 カロリーは1杯でおよそ160kcalほど。 中甘辛口でウォッカのパンチが効いていて、ライムの香りとジンジャーエールが爽やかでとても飲みやすいカクテルなので、飲み過ぎには注意です。 スポンサードリンク モスコミュールのアレンジ ゆずモスコミュール ライムの代わりにゆずの輪切りを沈めると、ゆずの香りが爽やかなモスコミュールを楽しめます。 基本的な作り方は同じです。 ゆずの搾り汁を入れても風味が増して美味しいです。 緑茶モスコミュール 普通に作ったモスコミュールに粉末の緑茶、もしくは抹茶を入れて作ります。 お茶に渋さがモスコミュールの甘さと相性が良く、大人な味わいのカクテルになります。 芋焼酎モスコミュール ウォッカの代わりに芋焼酎を使ってモスコミュールを作ると、香りが独特で面白い味わいになります。 ジンジャエールの甘さが芋焼酎の香りと相性が良く、そこにライムが爽やかさを加えて、美味しいカクテルになります。 ドライ目のジンジャエールで作ると大人っぽい味になっておすすめです。 スポンサードリンク.

次の