ジンギスカン 起源。 チンギス・カン

ジンギスカンの名前の由来とジンギスカン鍋の起源とは?

ジンギスカン 起源

ジンギスカン料理が、北海道の郷土料理になったのはなぜなのでしょうか。 ジンギスカンを漢字表記すると「成吉思汗」になります。 ジンギスカンは、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を使った焼肉料理です。 焼く肉料理ではなくて鍋料理に分類されることもあります。 鍋料理と呼ばれていても、調理方法は鉄板を使った調理方法になります。 ジンギスカンは、北海道を代表する郷土料理だと一般的に思われていますが、岩手県や長野県などの一部地域でも盛んに食べられています。 北海道の郷土料理として有名なジンギスカンですが、発祥は東京・高円寺の店という説もあります。 現在では、日本各地にジンギスカン料理を出す飲食店があります。 また、家庭調理用の肉・タレも各種販売されています。 次に、ジンギスカンのこと・ジンギスカンの起源・ジンギスカンが北海道で食べられるようになったのはなぜか、などの紹介をします。 ジンギスカン ジンギスカンと呼ぶ焼肉料理(鍋料理)で使うのは羊肉です。 マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を、中央部が凸型になっているジンギスカン鍋で料理します。 ジンギスカン鍋を熱して羊肉の薄切りと野菜を焼いて、羊肉から出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食べる料理です。 北海道の地域によっては、中央部が凸型になっているジンギスカン鍋ではなく、中央が凹型のジンギスカン鍋(円板状)を使用する場合もあります。 ジンギスカンで使用する肉には、調味液漬け込み肉の「味付け肉」・冷蔵(チルド)の生肉・冷凍肉の「ロール肉」などがあります。 次に、ジンギスカンの起源・ジンギスカンが北海道で食べられるようになったのはなぜか、などの紹介をします。 ジンギスカンの起源 ジンギスカン料理が北海道でなぜ食べられるようになったかは、ジンギスカンの起源を知ることも大切です。 ジンギスカン料理の起源については諸説あります。 良く語られる俗説には、「かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が遠征の陣中で兵士のために作らせた」などがあります。 日本で食べられているジンギスカンは、実際にはモンゴルの料理とはかけ離れています。 羊肉を用いる中国料理が起源だとする説もありますが、中国の清真料理のカオヤンロウという羊肉料理は、日本のジンギスカンとは程遠い料理です。 只、ジンギスカン料理の起源は中国大陸にあると考えられています。 日本軍の旧満州(現中国東北部)への進出などを機に、清真料理のカオヤンロウから着想を得て日本人向けにアレンジされて、現在のようなジンギスカンの形式となったと考えられています。 次に、ジンギスカンが北海道でなぜ食べられるようになったのかを紹介します。 ジンギスカンと北海道 ジンギスカンが北海道でなぜ普及したのかは、滝川の「松尾ジンギスカン」が関係しているようです。 北海道で羊肉が食べられるようになったのは大正時代だとされています。 農家の副業として大正2年頃に、江部乙村で5頭の羊が飼育され始められました。 滝川町には大正4年(1915年)の羊の飼育記録があります。 羊を食べる習慣のない日本では「羊肉は臭くて食べられない」といわれていました。 現在では、ジンギスカンは北海道の郷土料理として人気があります。 ジンギスカンが、道民のソウルフードと呼ばれるほど道内各地に広まったのは、特有の臭みをタレで改善したからだと考えられます。 昭和31年(1956年)に「松尾ジンギスカン」がタレに漬け込んだ肉を焼く料理を提供しました。 滝川ではタレに漬け込んだ肉を焼くスタイルが定着したのは、「松尾ジンギスカン」の働きが大きいとされています。 松尾ジンギスカンの創業者・松尾政治氏は、滝川産のリンゴやタマネギをふんだんに使った独自のタレを開発しました。 当初は、羊肉専門店を開業してもなかなか売れなかったようです。 「松尾政治氏」は、七輪と炭を持って滝川公園へ出向き、5月の花見に集まった人々に食べさせてジンギスカンの普及をしました。 美味しいという評判から、タレに漬け込んだジンギスカンが飛ぶように売れるようになりました。 快くのれん分けをしたことから、昭和51年(1976年)には道内外各地に250店もの「松尾ジンギスカン」が存在したようです。

次の

日本はなぜ火葬?いつから始まった。その起源と歴史とは?

ジンギスカン 起源

ジンギスカンは北海道の生活そのもの! 札幌ラーメンに小樽の寿司、函館イカソーメンに利尻のウニ丼、そして最近は北のニューフェイス・スープカレーなどなど。 「北の美味いもん」数々あれど、やっぱりこれだべ、ジンギスカン! ……という事で、今回は北海道のソウルフード・ジンギスカンをご紹介します。 北海道民にとって焼肉と言えば、牛肉や豚肉のバーベキューというより「羊肉を焼くジンギスカン」を意味しますが、これを単なる食べ物と思うなかれ。 桜が咲けばジンギスカン、我が子の運動会にもジンギスカン。 ご近所の催し打ち上げや学生さんのコンパはもちろん、気の合う仲間や親戚が集まればジンギスカンと、何か行事があればすぐに焼き台を設置してジンギスカンの宴会が始まります。 気の合う仲間が集まれば、そくジンギスカン! このように、北海道民にとって ジンギスカンはソウルフードであり、生活にとっては切り離せない 「食文化」の一つ、というより 「生活そのもの」であると言っても過言ではないでしょう。 「北海道プライド!」ジンギスカン さて北海道遺産にも指定され、今や北海道のイメージとは切っても切り離すことができないジンギスカン。 そもそもジンギスカンという名称はモンゴルの初代皇帝・チンギス汗が戦いの最中に食べたのが由来であるとか、北海道の岩内や平取、本別にある義経ジンギスカン伝説、「源義経が蝦夷地から大陸に渡り、チンギス汗になった」というご当地伝説から羊の焼き肉をジンギスカンと命名したなど、様々な説があります。 この北海道特有の「羊食文化」は、昔牛肉が高価だったという事と同時に、明治以降の羊毛の殖産に伴って綿羊の飼育が北海道で広まったという時代背景もあったようですが、実はこのジンギスカン、北海道だけでなく岩手の花巻市や山形の蔵王、岡山の蒜山高原など、道外でも見受ける事ができます。 ただ、他府県の三倍と言われている羊肉消費量やジンギスカンへの思い入れも含めて考えれば、 やっぱり北海道は「ジンギスカン大国」と言い切っても間違いではありませんよね。 道産子にとってソウルフードであるこの食べ物、実は地元のプライドをかけてそれぞれの土地や家庭で 肉の素材や食べ方へのこだわりが見られます。 ジンギスカンの肉は マトンかラムか。 また、最初から タレ漬け込みの羊肉を焼いて食べるか、あるいは 生の羊肉を焼いてから自分好みのタレで食べるか。 さあ、あなたならどちらで食べますか?.

次の

ジンギスカンの歴史~ジンギスカン特集

ジンギスカン 起源

ジンギスカンとは? ジンギスカンは漢字で「成吉思汗」と書きます。 ジンギスカンは、羊の肉を用いた焼肉料理で、もやしや玉ねぎ、ピーマンなどの野菜と一緒に専用の鍋で焼きます。 タレに付け込んだ肉や、生のままの肉、冷凍した肉など、お店や家庭によって肉の状態はさまざまのようです。 「ジンギスカン」の名前の由来とは? 「ジンギスカン」の名前の由来は諸説あります。 チンギス・カンが由来という説 チンギス・カン(1162年~1227年)とは、モンゴル帝国の初代皇帝で、「チンギス・ハーン」や「ジンギス・ハン」ともいいます。 チンギス・カンが遠征中に、羊の肉を兵士たちの食事としていたことから、チンギス・カンの名前からジンギスカンとうい料理名になったという説があります。 しかし、モンゴル料理にこのような料理はないそうです。 駒井徳三が名付けたという説 東北帝国大学農科大学(現在の北海道大学)出身の 駒井徳三(こまいとくぞう・1885年~1961年)が「ジンギスカン」と名付けたという説があります。 駒井徳三は満州(現在の中国)の初代総務庁長官を務めていました。 そのときに身近にあった「鍋羊肉(カオヤンロウ)」という羊肉料理を日本風にアレンジした料理を「ジンギスカン鍋」と名付けたそうです。 ジンギスカンという名前は、羊=モンゴル、モンゴル=モンゴルの英雄チンギス・カンと連想し、さらに日本の武将である源義経(みなもとのよしつね・1159年~1189年)が、モンゴルに渡ってチンギス・カンになったという伝説にちなみ、名付けられたという説があります。 兜(かぶと)が由来という説 ジンギスカンに用いる鍋が、チンギス・カンが率いるモンゴル兵たちがかぶっていたモンゴル兜と似ていたことから「ジンギスカン」と名付けられたという説があります。 ジンギスカンの歴史とは? 羊の肉が日本で食べられるようになったのは、大正時代(1912年~1926年)になってからで、満州(現在の中国)へ進出していた日本人が、現地の人々が羊を煮たり焼いたりして食べているのを見たのがきっかけでした。 昭和(1926年~1989年)に入ると、軍服用として羊毛が必要になり、羊の飼育が奨励されたことで、羊の肉を食用にすることとなりました。 全国的に羊肉料理の講習会が開催されたそうです。 北海道に定着したのは、昭和7年(1932年)に、札幌市や滝川市などに種羊場(しゅようじょう・羊の飼育、研究機関)が出来たことで羊の肉が容易に入手できたためです。 そして、昭和11年には札幌にジンギスカン専門店の「横綱」が誕生し、昭和28年には札幌に「成吉思汗倶楽部(現ツキサップじんぎすかんクラブ)」、昭和31年には滝川市に「松尾ジンギスカン」が開店したことで北海道に広まっていったようです。 ジンギスカン発祥は北海道と考えられがちですが、岩手県や長野県、千葉県などにも種羊場が作られたことから、羊の肉を食べることが広まっていたため、発祥の地は複数存在しており、その土地のグルメとして現在も食べられています。 また、ジンギスカン専門店の発祥は昭和10年に松井初太郎という人が東京で開店した「成吉思荘」という店なのだそうです。 ジンギスカン鍋の起源とは? ジンギスカンは、専用の鍋を用います。 鍋がドーム状で、兜のように盛り上がっており、表面には溝が刻まれています。 兜のように盛り上がった中央部分で肉を焼き、鍋の外周部で野菜を焼くことで、羊の肉から出た肉汁が溝に沿って外周部へ流れ落ち、野菜が肉汁によって美味しくなる仕組みになっています。 しかし、専用の鍋ではなく、フライパンやホットプレート、焼き網などで代用しても、羊の肉を焼いた料理は「ジンギスカン」と呼びます。 ジンギスカン鍋の起源は、さきほど紹介した、東京の「成吉思荘」が発祥だと言われ、昭和11年に実用新案登録されたそうです。 ジンギスカン鍋は不思議なカタチをしていますが、そのおかげで野菜がよりおいしく食べられるようになっているのですね。 羊の肉は、牛や豚などほかの肉に比べるとヘルシーだということで女性に人気があります。 体のことを気にしている人にとって、ヘルシーな羊の肉と、たくさんの野菜を美味しく食べられるのは嬉しいことです! 関連: 関連: -.

次の