しらこい。 【お笑い峰打ちコラム】“しらこい”はすべらない 関西弁の不思議

小藪さんが「しらこい」って言っていたんですが、どういう意味ですか?どこの言葉ですか?

しらこい

通報する前にご確認ください! Sooda! は、ご利用者様同士の助け合いによって成り立つ知識共有サービスです。 多くの方に気持ちよくこのサイトを利用していただくために、事務局からのお願いごとがあります。 世の中には色々な考え方の方がいらっしゃいます。 自分と異なった考えや不快感を感じる投稿に対して過剰に反応することはやめましょう。 利用者の方のなかには、インターネット初心者の方もいらっしゃいます。 むやみに間違いを指摘したり非難したりせず、寛大な気持ちで接しましょう。 この投稿が、「禁止事項」のどの項目に違反しているのかを教えてください。 ご連絡いただいた内容がSooda! 事務局以外の第三者に伝わることはありません。 URLを正しく入力してください。 引用元・転用元のURLを入力: 個人情報を開示するような投稿内容 プライバシーの侵害につながる投稿内容 違法・犯罪行為を誘引するような投稿内容 自殺を誘引するような投稿内容 医師法等に抵触のおそれのある投稿内容 企業等の信用を毀損したり、業務の妨害となる恐れのある投稿内容 未成年者が閲覧する事への配慮に欠ける投稿 当サイトのサービスに関する問い合わせ・苦情、事務局の運営方針に対する疑問・要望などに関する投稿内容 利用者の過剰な反応や、特定の意見の押し付けを目的とした投稿 ポイント発行目的と思われる投稿、自作自演行為 迷惑行為と判断できる投稿内容 その他、事務局が不適切と判断される投稿.

次の

恋はつづくよどこまでもの最終話ネタバレ!佐倉と天堂は結婚する?

しらこい

「しらこいって、意味知ってる?」 金曜日の夜、突然、夫から聞かれました。 「ん~、白子とか関係ある? おいしいとか??」 「俺もそう思った!」 と、関西の方からすれば、トンチンカンな会話をしていたわが家。 わが家のような関西弁マスターではない方々、 【しらこい】とは、 「しらじらしいということ」 なのだそうです。 夫の会社で、「しらこい」の意味を知らないって言ったら びっくりされたのだとか。 (彼の部署は、ほぼ関西出身者) 大阪に住み始めて、もうすぐ6年。 まだまだのようです(笑) 関西弁独特のイントネーションは、すぐに慣れました。 単語の意味がわからないのは、久しぶりです。 意味がわからなかったといえば、 「おっちん」。 まだヨチヨチ歩きだった息子に、 保育士の先生か、どなたかが、言いました。 「はい、おっちんして」 「おっちん?」 母である私も、意味がわからず、息子ももちろんできず。 (まぁ、息子の場合は、日本語全般に意味があやしい時代ですけど) 「おっちん=おすわり」 関西弁の幼児語です。 かわいい響きなのですが、なかなか慣れず…。 言われるたびに、いちいち頭のなかで、 「あぁ、おすわりね」 と変換していました。 方言といえば、 自分は標準語だと思ってしゃべっていた言葉が、 実は住んでいたところ特有の言葉と知るときの、驚きといったら(笑) 岐阜弁なら、 しゃびしゃび=液体状のもので、うすいこと。 どかどかする=すごく蒸し暑いこと。 わが家は、熱が高い時も使っていました。 つる=持ち上げて、移動させること(例:机をつる) ケッタ(ケッタマシン)=自転車 他にもありますが、キリがないのでこれくらいに。 昔は、方言というと、 ダサい、かっこ悪いという風潮が強かった気がします。 しばらく前からは、 ぬくもりを感じるし、個性があっていいという感じになっていますね。 住んでいる場所の言葉を知ると、 もっとその土地に近づいたような気持ちになって、 うれしくなります。 「しらこい」のおかげで、 また少し関西人になれた(近づいた)気がします。 で、今日のオチは? そんなもん、あらへんて~。 (岐阜弁です。 笑) まぁ、日曜日ということで…。 お許しください。

次の

【お笑い峰打ちコラム】“しらこい”はすべらない 関西弁の不思議

しらこい

「しらこいって、意味知ってる?」 金曜日の夜、突然、夫から聞かれました。 「ん~、白子とか関係ある? おいしいとか??」 「俺もそう思った!」 と、関西の方からすれば、トンチンカンな会話をしていたわが家。 わが家のような関西弁マスターではない方々、 【しらこい】とは、 「しらじらしいということ」 なのだそうです。 夫の会社で、「しらこい」の意味を知らないって言ったら びっくりされたのだとか。 (彼の部署は、ほぼ関西出身者) 大阪に住み始めて、もうすぐ6年。 まだまだのようです(笑) 関西弁独特のイントネーションは、すぐに慣れました。 単語の意味がわからないのは、久しぶりです。 意味がわからなかったといえば、 「おっちん」。 まだヨチヨチ歩きだった息子に、 保育士の先生か、どなたかが、言いました。 「はい、おっちんして」 「おっちん?」 母である私も、意味がわからず、息子ももちろんできず。 (まぁ、息子の場合は、日本語全般に意味があやしい時代ですけど) 「おっちん=おすわり」 関西弁の幼児語です。 かわいい響きなのですが、なかなか慣れず…。 言われるたびに、いちいち頭のなかで、 「あぁ、おすわりね」 と変換していました。 方言といえば、 自分は標準語だと思ってしゃべっていた言葉が、 実は住んでいたところ特有の言葉と知るときの、驚きといったら(笑) 岐阜弁なら、 しゃびしゃび=液体状のもので、うすいこと。 どかどかする=すごく蒸し暑いこと。 わが家は、熱が高い時も使っていました。 つる=持ち上げて、移動させること(例:机をつる) ケッタ(ケッタマシン)=自転車 他にもありますが、キリがないのでこれくらいに。 昔は、方言というと、 ダサい、かっこ悪いという風潮が強かった気がします。 しばらく前からは、 ぬくもりを感じるし、個性があっていいという感じになっていますね。 住んでいる場所の言葉を知ると、 もっとその土地に近づいたような気持ちになって、 うれしくなります。 「しらこい」のおかげで、 また少し関西人になれた(近づいた)気がします。 で、今日のオチは? そんなもん、あらへんて~。 (岐阜弁です。 笑) まぁ、日曜日ということで…。 お許しください。

次の