空母 コロナ。 米空母“コロナ艦内感染”で露呈、日本の水際対策を阻む「聖域」

米海軍、空母艦長を解任 新型コロナ対応で「信頼喪失」:時事ドットコム

空母 コロナ

しません。 アメリカの空母というのは中国だけを向いているわけではなくロシアへの牽制も行っていますので、少なくとも大西洋艦隊の空母をすべて参加させることはありません。 またそもそも「総攻撃」というのは「何を目的に」「どこまで」やるんですか? もし中国の生物兵器工場を叩くだけだったら太平洋艦隊の空母6隻と沖縄嘉手納基地、グアム基地の戦力とB-2ステルス爆撃機があれば十分可能です。 逆に中国軍を再起不能なまでに叩き潰すというなら、中国海空軍基地の数は膨大で空母11隻でも無理です。 また戦場となる周辺国の協力も不可欠で、米中戦争となれば真っ先に戦場となるのは他の誰でもない日本です。 沖縄は間違いなく戦場となりますし、佐世保や横須賀などの米軍基地にも中距離ミサイルが降り注ぐでしょう。 そして横田基地のある東京にも降り注ぐ。 同時に中国軍のサイバー攻撃が日本の民間ネットワークに襲いかかり、コロナで疲弊した経済は更に大混乱となるでしょう。 コロナウィルスでズタズタの日本経済にさらに戦争の被害が加わればもはや再起不能となって下手をすればそのまま日本は発展途上国へ格下げされてしまうかも知れません。 そもそも何を目的にする攻撃なのか?分からないような戦争はできませんし、そんなアメリカが何の目的でやるのか?さっぱり分からない戦争のために日本が犠牲になるのは日本人としては真っ平ごめんですね。

次の

米空母でコロナ感染拡大「加速」 艦長が支援要請 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

空母 コロナ

しません。 アメリカの空母というのは中国だけを向いているわけではなくロシアへの牽制も行っていますので、少なくとも大西洋艦隊の空母をすべて参加させることはありません。 またそもそも「総攻撃」というのは「何を目的に」「どこまで」やるんですか? もし中国の生物兵器工場を叩くだけだったら太平洋艦隊の空母6隻と沖縄嘉手納基地、グアム基地の戦力とB-2ステルス爆撃機があれば十分可能です。 逆に中国軍を再起不能なまでに叩き潰すというなら、中国海空軍基地の数は膨大で空母11隻でも無理です。 また戦場となる周辺国の協力も不可欠で、米中戦争となれば真っ先に戦場となるのは他の誰でもない日本です。 沖縄は間違いなく戦場となりますし、佐世保や横須賀などの米軍基地にも中距離ミサイルが降り注ぐでしょう。 そして横田基地のある東京にも降り注ぐ。 同時に中国軍のサイバー攻撃が日本の民間ネットワークに襲いかかり、コロナで疲弊した経済は更に大混乱となるでしょう。 コロナウィルスでズタズタの日本経済にさらに戦争の被害が加わればもはや再起不能となって下手をすればそのまま日本は発展途上国へ格下げされてしまうかも知れません。 そもそも何を目的にする攻撃なのか?分からないような戦争はできませんし、そんなアメリカが何の目的でやるのか?さっぱり分からない戦争のために日本が犠牲になるのは日本人としては真っ平ごめんですね。

次の

米軍の原子力空母でコロナ患者が激増、艦長がSOS書簡を公開

空母 コロナ

令和元年度の緊急発進回数は947回であり、昭和33年(1958年)に対領空侵犯措置を開始して以来、過去3番目の多さであった。 緊急発進の対象国は中国軍機が約71%、ロシア軍機が約28%であった。 昨年度の中国軍機の行動についてみてみるとH6爆撃機やY9早期警戒機が沖縄本島と宮古島間を通過し、太平洋に進出した飛行が5回に及んでいる。 また、昨年7月には中露軍機が編隊を組み、尖閣列島、対馬海峡を通過し、竹島上空にて領空侵犯をした飛行が確認された(防衛省4月9日)。 この結果により、中国軍機が東シナ海及び太平洋上での作戦能力の向上を目指していることが窺える。 その後、これらの艦艇が沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し、太平洋へ向けて航行したことを確認した。 中国海軍の空母がこの海域を通過したのは、昨年の6月以来のことであり、航行の目的を分析するとともに警戒監視を継続すると発表した。 そのような状況下、米海軍では世界に展開する複数の原子力空母において新型コロナウイルスの感染が拡大しているとの報道がなされている。 空母「セオドア・ルーズベルト」では、200名以上の乗員に感染が広まり、グアムのアプラ港において任務停止に追い込まれているとのことである。 現在米海軍では11隻の空母を運用しているが、そのほとんどが北アラビア海での作戦や定期修理中であり、北東アジアでの作戦行動に参加できる空母はない。 海軍作戦の要である原子力空母の戦線離脱により、地域の安全保障バランスに空白が生じ、我が国の安全保障が大きく脅かされる事態におちいっていることを認識しなければならない。 《SI》.

次の