嫌いな女子アナランキング。 桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)

女子アナランキング2016年版!好かれる人と嫌われる人の違いは?

嫌いな女子アナランキング

A 「週刊ポスト」(10月18. 今回のランキングで目立ったのは、「好き」「嫌い」双方のトップ10からフジの女子アナの名前が消えたこと、一方で「好き」に5位の桑子真帆、6位の井上あさひ、9位に和久田麻由子、19位に杉浦友紀と、NHK勢が躍進したことでした。 B 「週刊ポスト」さんは、女子アナに求められるものが、アイドルアナから実力派アナに変わってきた、という分析をしていましたが、どうなんでしょうね? C それは確かに言えますね。 ただ、付け加えるのであれば、フジの場合は局自体のパワーダウンが大きいのではないでしょうか。 カトパン(加藤綾子)が「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)のゴールデン昇格とともにブレイクしたように、女子アナの人気や注目度は番組の勢いがあって後押しされる部分が大きいわけですが、そういう気配のある番組がない。 B あと、フジにだけ言えることではありませんが、最近は働き方改革もあって、一部の女子アナに仕事を集中させるようなことができなくなっていて、彼女たちの個性がなかなか見えづらくなっている。 その中で、大食いの水卜麻美(日テレ)、毒舌の弘中綾香(テレ朝)、ぶりっ子の田中みな実(フリー)、運動音痴の川田裕美(フリー)など、強烈な個性を発揮してインパクトを残した女子アナが、人気上位に入っています。 A NHKの女子アナの人気が高い原因は、個性やキャラクターが発揮しづらい時代に、純粋なアナウンサーとしての力量の差が見えやすくなってきているせいかもしれませんね。 NHKの女子アナたちは、チヤホヤされない地方局勤務で揉まれ、鍛えられていて、東京に呼ばれて全国区の活躍をする頃には「女子アナ」というより「女性アナウンサー」として完成していますから。 〈座談会メンバー=A:女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B:番組制作スタッフ、C:夕刊紙デスク〉 (露口正義).

次の

桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)

嫌いな女子アナランキング

彼女たちの明暗は、いかに視聴者に愛されるかで分かれてくる。 本誌・週刊ポストの読者アンケート調査(994人が回答)では、そこに「異変」が見えてきた。 「好きな女子アナ」の女王に輝いたのは、人気ナンバー1の水卜麻美アナ(32・日本テレビ)だ。 「やれパワハラだ、セクハラだと殺伐とする世の中で『会社大好き』を公言し、24時間テレビでも必死にマラソンしている姿に癒されました」(50代・男性) など老若男女からの絶大な支持を受ける。 オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」でも2017年に5連覇を達成した人気は盤石だ。 さらに、同ランキングで殿堂入りした水卜アナに代わって2018年に首位となった元NHKの有働由美子アナ(50)は、本誌の調査でも3位に君臨している。 ところが、「異変」が起きたのは「嫌いな女子アナ」ランキングだった。 堂々の1位は「ぶりっ子キャラ」で圧倒的な知名度を誇り、2014年にTBSを退社した田中みな実アナ(32)だ。 フリーになってからはそのキャラを活かし、「悪女」役で女優としても活躍の場を広めている。 注目すべきは2位以下だ。 これまで抜群の好感度を誇り、「好きな女子アナ」常連の有働アナが2位に。 同じように、フジテレビ時代には絶対的エースだったカトパンこと加藤綾子アナ(34)が4位、そしてテレビ朝日の『報道ステーション』で報道系アナとして存在感を放っていた小川彩佳アナ(34)が6位と上位にランクインしたのだ。 3人に共通するのは、局アナとして全盛期に「フリー転身」を果たしたということだ。 そのため、「好きな女子アナ」でも上位にランクインしている。 元NHKの有働アナは日テレ系の『news zero』、元フジのカトパンは古巣の『Live News it!』、元テレ朝の小川アナはTBS『news23』で、それぞれメインキャスターを務めている。 芸能評論家の三杉武氏は「嫌いにランクインするのも人気のバロメーター」としながら、こう指摘する。 「フリーになると露出する機会が増え、局アナ時代とは違う立ち振る舞いが求められます。 そこでキャスターやタレント的な立ち位置に変わることでアンチが増えてしまうこともあるのです。 加藤さんと小川さんは新天地がまだ不慣れで自分の色を出し切れておらず、視聴者の不満が高まりやすい」 元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義氏は「クラブのママ」に例えて語る。 「3人ともフリー転身後に帯番組を持ちましたが、大金を積まれたクラブのママが常連客を連れて店を移ったようなイメージです。

次の

「嫌いな女子アナ」に変化 人気アナが続々ランクインのワケ(NEWSポストセブン)

嫌いな女子アナランキング

1位:弘中綾香アナウンサー(テレビ朝日)• 2位:久慈暁子アナウンサー(フジテレビ)• 3位:佐々木恭子アナウンサー(フジテレビ)• 4位:松村未央アナウンサー(フジテレビ)• 5位:島田彩夏アナウンサー(フジテレビ)• 6位:永島優美アナウンサー(フジテレビ)• 7位:三田友梨佳アナウンサー(フジテレビ)• 8位:田中萌アナウンサー(テレビ朝日)• 9位:相内優香アナウンサー• 10位:佐々木明子アナウンサー.

次の