アンブロキソール 市販。 去痰薬「ムコダイン」と「ムコソルバン」の違いを解説【成分・効果・副作用】

せき・たんには、エスタックイブファイン 製品情報|エスエス製薬

アンブロキソール 市販

子どもの急な体調不良時に「市販の薬で対応出来ないか?」と考えたことはありませんか? 子どもが体調不良になることは日常茶飯事です。 「これぐらいなら受診しなくても良いと思うけど、少し症状は楽にしてあげたい」というケースもたしかにあります。 新型コロナウイルス流行以降は受診控えが起きていることを考えると、市販薬で対応されているケースも増えていることが想像されます。 しかし、 2歳未満の子どもは医師の診察が優先され、市販の薬を使用することは推奨されていないことは知っておきましょう。 自分で症状を伝えられなかったり、急変も少なくないため、特に注意が必要です。 もちろん、市販薬を使っていけないとは思いませんし、私も自分の子どもに使用したこともあります。 しかし、 日本で発売されている子ども用の総合風邪薬・咳止め・鼻水の薬などは、一般的に小児科で使用されている薬とは大きく異なります。 「昭和のころの治療薬かな?」とすら感じますし、子どもには推奨出来ないと個人的に感じている成分すらあります。 個別の症状によって適切な薬も変わるので「この成分は良くない」と言い切るのも難しいですが、「なんとなく」で選択することは注意したほうが良いでしょう。 リスクも含めて自己判断で使うので「市販薬」であり、個人的には「適切に選んで欲しい」と考えます。 前提として、咳・鼻水・下痢などは、身体からウイルスや細菌などを排出するための身体の正常な反応だという面があります。 症状によっては薬を使ったほうが良いかもしれませんが、少なくとも必須ではありません。 子ども用の市販薬について考えます。 子ども用の市販薬の問題点【前提】 子ども用の市販薬は成分が1種類しか含まれないものは少なく、複数種類の成分が配合されているものがほとんどです。 市販薬は重篤な副作用が出にくいような配合量にされていることもありますが、「不要な成分を飲んでいる」可能性が高くなります。 1つの薬で色々な症状を抑えれるというメリットがある一方で、1つの薬で様々な副作用が出ることも懸念されます。 小児科に受診した時に、風邪の診断に対して5種類以上の薬を出されることはあまりないと思います。 その点からも、なんとなく市販薬は配合成分が多いことが理解出来るのではないでしょうか。 「症状に応じて、リスクとベネフィットのバランスを考えた上で、最小限の薬を使用することが理想的」であることは誰もが納得出来ることだと思います。 たくさんの成分が配合されている小児用の市販薬には、言い方は悪いですが「数撃ちゃ当たる」的な印象も受けます。 医療や薬の知識がない人が最小限の薬を適切に選んで買うのが困難なことも事実なので、成分が複数になるのは仕方がない面もあると思います。 しかし、ドラッグストアにも薬剤師や登録販売者がいますので、しっかり相談した上で使用することが重要です。 市販薬服用前に添付文書をよく読んで、理解してから使うことも重要です。 子どもに使う場合は、保護者の方が確実に目を通してから使うようにしてください。 市販薬はリスクを軽減するため、同成分の医療用製剤よりも厳しく記載されています。 一方で、医師から処方される医療用医薬品は、「あなた個人」に処方されている薬なので、事前に色々聞き取りをした上での処方です。 「あなた」が使うための注意はされていますが、「あなたの家族」が使うことは一切想定されていません。 市販薬は「注意事項に当てはまらない人なら使える薬」で、医療用医薬品は「あなたが注意事項に当てはまらない(もしくは問題ない程度である)ことを医師・薬剤師が確認しているので、あなたが使える薬」なのです。 絶対に自己判断で自分以外には使用しないように。 見逃しがちなケースとして、「喘息の人は使わないように」とされている貼り薬などもあります。 「風邪薬だから」、「貼り薬だから」といって、誰にでも使えるわけではないことは頭の片隅に入れておきましょう。 実際に「使ってはいけないと書かれている市販薬を使ってしまった」という相談を受けることは時々あります。 OTCを買うときにもお薬手帳を持っていって相談すれば、安全な選択の手助けになるのではないかと思います。 市販薬販売時の最重要項目は「受診勧奨すべきかどうかの判断」だと考えています(もちろん大変難しいですが)。 咳・鼻水・鼻詰まりの薬は注意 咳:薬以外の選択肢も検討 市販の子ども用咳止め薬は、咳止め効果があるという根拠が弱い成分がほとんどです。 そのため、 個人的には子どもに咳を止めるための市販薬の使用はおすすめしにくいです。 はちみつ はちみつは1歳未満は避けなければなりませんが、一般的な咳止めよりも副作用は少なく、かつ効果的という報告もあります。 参考: こちらのコクランレビューによると、咳の症状緩和としては「治療なし」や「ジフェンヒドラミン」よりも優れており、「デキストロメトルファン」よりは多少効果が劣る可能性があります。 「ならばデキストロメトルファンを使用すれば良い」という考えもありますが、個人的にはデキストロメトルファンは子どもには使いにくいと考えています。 なお、原因次第では下痢止めを使用しないほうが良いことがあります。 細菌やウイルスの感染による胃腸炎の場合には、下痢によって腸内の細菌・ウイルスを出そうとしています。 そこで下痢止めを使ってしまうと、下痢の原因をずっと体内に残すことになり、症状の持続や悪化の要因にもなりかねません。 受診せずに安易に下痢止めを使うのは控えたほうが良いと考えます。 ちなみに、うちの子が1日2回程度の下痢が2日続く程度であれば、受診もせず薬も使いません。 単発の下痢に対して、整腸剤をあえて常備しておく必要性は無いと感じます。 便秘:慢性の場合は受診を推奨 便秘は下痢のようにシンプルに考えるのが難しいため、市販薬を選択するケースは多くないと思います。 うちの子は慢性便秘と診断されていたので、処方された便秘治療薬を使用していましたし、浣腸を切らした際に市販のものを購入して使うこともありました。 ただし、 5日程度熱が長引く場合には、川崎病などの疾患を除外するためにも受診が重要です。 うちの場合は、40度近い熱が出たとしても、他の症状が軽く元気で食事なども問題なければ2~3日は様子を見ることが多いです。 解熱剤を使うかどうかの判断は「辛そう」や「夜寝れない」などで、熱だけで判断することはまずありません。 高熱が5日続くことも少ないので、発熱や咳鼻などを主訴とする受診は平均して年に1回もありません。 もちろん、受診したほうが良いと考える場合は受診させています。 とはいえ、 誰しも子どもに熱が出たら心配になりますし、軽症であっても「受診してはいけない」なんて事はありません。 心配であれば受診を検討しても良いでしょう。 ただし、子どもに処方される解熱剤はほとんどが「アセトアミノフェン」で市販の子ども用坐薬と同成分です。 2回分使っても解熱効果が2倍にはなりませんが、副作用頻度は2倍以上になる可能性があります。 病院に受診したとしても、使った瞬間平熱に戻るような夢の薬はありませんし、「点滴してもらったらすぐ治る」なんてこともありません。 早めの受診が重要な病気もあるので軽視もいけませんが、無理して受診するよりも家でゆっくり寝ていたほうが良いこともあります。 病院や薬局で他の患者さんから感染するケースもありますし、受診が遅れて重症化するケースも考えられます。 「大丈夫そうなら少し様子を見る」という選択肢も持てるようになると良いのではないかと思います。 「大丈夫ではなさそう」だと思えば、必ず速やかに受診してください。

次の

ムコサール錠(アンブロキソール)の効果と特徴

アンブロキソール 市販

トラネキサム酸、アンブロキソールによるスティーブンス・ジョンソン症候群 2014年6月掲載 薬剤 トラネキサム酸 血液・体液用薬 アレルギー用薬 アンブロキソール 呼吸器官用薬 副作用 スティーブンス・ジョンソン症候群 概要 41歳、男性。 発熱、倦怠感、口内炎が出現し、市販の感冒薬を服用したが改善しないため、夜間救急診療所を受診し、アセトアミノフェン、アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸を処方された。 口内炎の急激な悪化、摂食障害、四肢の皮疹を自覚し、当科を受診した。 皮膚科で臨床経過および臨床所見よりスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)と診断され、プレドニゾロンの経口投与が開始された。 眼病変は指摘されず、入院29日目に軽快退院となった。 薬剤誘発性リンパ球刺激試験を施行したところ、アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸に陽性反応を示した。 アンブロキソール塩酸塩、トラネキサム酸によるSJSと診断した。 退院1ヵ月後発熱などの感冒様症状が発症し、初診時と同様に口唇、舌、口蓋粘膜にびらんおよび水疱が出現し、腹部に皮疹がみられた。 血清学的検査ではHSV IgG抗体価が56. 5と高値であった。 SJSの再発と診断し緊急入院となった。 皮膚科でプレドニゾロン、眼科で眼瞼充血を指摘され点眼薬による加療、口腔外科では口腔内ケアが行われた。 再入院6日目で症状の軽減を認め、再入院32日目に軽快退院した。 スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)は、発熱、皮膚粘膜移行部の粘膜疹、皮膚に多発する多形紅斑様発疹などを認め、予後不良例では眼や呼吸器官等に重篤な障害を残すことがある。 また、中毒性表皮壊死症に移行した場合では、死亡率が5-15%とされる重篤な疾患である。 SJSの原因としては、抗菌薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗てんかん薬などの薬剤およびウイルス感染などの感染症が報告されている。 本症例ではHSV感染によると考えられる口内炎が先行し、その後の歯科での治療後にSJSを発症した。 一般に歯科では重症あるいは難治性の口内炎患者に遭遇する機会が多く、SJSの可能性も留意して診察にあたる必要がある。 薬剤名から探す• 日本商品分類から探す• 神経系および感覚器官用医薬品• 器官系用医薬品• 代謝性医薬品• 組織細胞機能用医薬品• 生薬・漢方薬• 病原生物に対する医薬品• 治療を目的としない医薬品• その他• 掲載年月から探す• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• 2020•

次の

アンブロキソール塩酸塩錠15mg「日医工」

アンブロキソール 市販

ムコダイン(カルボシステイン) ムコソルバン(アンブロキソール) ビソルボン(ブロムヘキシン) と同じ市販の薬を紹介します。 これらの薬は「去痰薬」と呼ばれ、たんを出しやすくする効果がある薬となり、その効果の高さから風邪などで病院を受診した時に医師から処方された事がある人もいるのではないでしょうか。 そして中には風邪の時に 「ドラックストアやネットでムコダインやムコソルバンは買えないのか?」と考える人もいると思います。 その答えをズバリ言いますと ムコダインやムコソルバンやビソルボンと同じ成分の薬は市販でも購入可能 ですので、もし風邪や咳で「痰が絡んで仕方がない!!」という人はぜひ参考にしてみてください。 ムコダインやムコソルバンやビソルボンと同じ市販薬 冒頭でムコダインやムコソルバンやビソルボンと同じ市販薬があると言いましたが、実は 「単独」でムコダインやムコソルバンやビソルボンと全く同じ市販薬は発売されていません。 これはどういう事かと言いますと実は ムコダイン カルボシステイン +ビソルボン(ブロムヘキシン) この形で両方を配合した薬が市販では発売されていたり、ムコソルバン(アンブロキソール)を配合した風邪薬などが発売されているんです。 ムコダインとビソルボンを2種類配合する意味 では、そもそもなぜ2種類の去痰薬が配合されているのかその効果の違いも併せて簡単に説明します。 ・ムコダイン(カルボシステイン) 気道分泌促進作用と痰の溶解作用があります。 気道分泌促進というのは簡単に言えば、 痰の滑りを良くして痰を出しやすくする効果。 一方痰の溶解作用というのはその名の通り、 ネバネバした痰を溶かしてサラサラにしてくれる効果になります。 この2種類の去痰薬が配合するという事で、より痰をサラサラにして粘つきを抑え、痰の切れを良くしてくれる作用が期待できるわけですね。 ちなみに ムコソルバン(アンブロキソール)は痰の滑りを良くして痰を出しやすくする効果が期待できます。 去痰薬の効果は痰だけではない 実は去痰薬は痰を出しやすくする効果だけでなく 「咳」や「鼻水」にも効果的になります。 例えば痰が絡んだゴホゴホする咳ですが、この場合は市販の風邪薬に良く配合されている咳止め成分の「ジヒドロコデイン」という成分は実は避けた方が良いんです。 そもそも痰や咳と言うのは身体の異物を排出するために起きる生理反応ですが、 コデインは痰の排出を妨げる副作用があるんです。 すると痰が気管支につまり、さらに呼吸が苦しくなったりする事があります。 ただし市販のコデイン配合の薬は量が少ないためか使用不可とはなっていませんが避けるようにしましょう。 市販薬の多くは「コデイン」を配合していますが、痰が絡む咳の場合はコデインを避けたり痰を出しやすくする薬を選ぶべきなんです。 つまり 痰が絡んでいる咳などは去痰薬を使用する事で痰のつまりが解消され、咳も同時に治まるという効果も期待できるんですね。 また去痰薬は鼻の粘膜にも作用するため、鼻水なども出しやすくする効果が期待できます。 浅田飴 たんカット 去痰CB錠 ストナ去たんカプセル エフストリン去たん錠 クールワン 去たんソフトカプセル この4つはムコダインとビソルボンを配合した去痰薬となっています。 ただ配合量はムコダインは成人量の半分、そしてビソルボンは成人量と同じ量が配合されています。 価格は4~6日分で、大体1500~2000円の間の定価です。 そして市販薬の中には去痰薬を配合している風邪薬もありますので紹介していきます。 去痰薬配合のおすすめ風邪薬 ・新コンタックかぜ総合 市販薬の中では珍しくコデインを配合せずに「メチルエフェドリン」「デキストロメトルファン」を配合した薬になります。 去痰薬は「ブロムヘキシン(ビソルボン)」を配合。 そして新コンタックかぜ総合には熱や鼻にも効果がある成分を配合しています。 ・ストナプラスジェルS 市販薬の中では 咳・痰に効く成分をかなり詰め込んだ薬です。 冒頭でも紹介した「ムコダイン(カルボシステイン)」「ビソルボン(ブロムヘキシン)」を配合し、さらに咳に効く成分を3種類も配合しています。 また、熱や鼻に効く成分も1種類ずつ配合しているので、風邪の全般症状に効果があり、特に痰と咳にずば抜けて効果を発揮するでしょう。 ・パブロ ンエースAX こちらはアンブロキソールを配合している風邪薬になります。 そしてパブロンエースAXにはイブプロフェンも配合されていますので、熱や頭痛や喉の痛みにも効果が感じられるでしょう。 もちろん咳と鼻に効く成分も配合されており、風邪全般に効果があるように作られています。 痰が続く場合は要注意 もし3週間以上痰が絡んだり咳が出る事がある場合は COPDの可能性を疑いましょう。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、40歳以上の喫煙者または喫煙歴がある人に多くみられます。 タバコの煙や大気汚染物質などの有害物質を長年吸い込み続けることにより、空気の通り道となる気管支や細気管支、その先にある酸素と二酸化炭素のガス交換を行っている肺胞に炎症が起こります。 そしてCOPDの原因は 主にタバコが原因となります。 もしタバコを吸っていないという人はCOPDの可能性はそこまで高くはありませんが、長期でたんや咳が続く事はCOPDの可能性が高いです。 そしてもしタバコを吸わない人でも以外の何かしらの異常が起きている事も十分に考えられるので、必ず1度は呼吸器内科を受診するようにしてみてください。

次の