喪中 手土産。 喪中の新年の挨拶は訪問してもいい?手土産は必要?仕方は?

喪中でもお歳暮はOK、喪中用「のし」など正しいマナーと注意点・品物選び

喪中 手土産

したがって、 贈る方や贈られる方が喪中でも、お歳暮を贈ってもかまいません。 ただし、忌中の場合はお歳暮を控えるのがマナーとされています。 「喪中」とは故人の七七忌(四十九日)を過ぎてから一周忌(一年間)のことであり、故人の魂が旅立つ四十九日までの間は「忌中」と呼びます。 忌中の時期、故人のご家族は法事や故人の死後の手続きなどで忙しく、悲しみと忙しさで気落ちしていることが少なくありません。 お歳暮を贈るなら、忌明け後(四十九日を過ぎてから)にしましょう。 自分が忌中の場合、お歳暮を贈っても贈られる側は気にしないことが多いですが、相手によっては死の「穢れ(けがれ)」がある人からの贈り物を気にすることがあります。 したがって四十九日が過ぎてからお歳暮を相手に贈るのが無難です。 時期を逃した場合は「お年賀」ではなく「寒中見舞い」で お歳暮を贈る場合は年内に相手に届かなければなりません。 年内に届けるのが難しいとき、通常なら「お年賀」として年明けに品物を持参する方法がありますが、 お年賀には「新年を慶ぶ」という祝いごとのため喪中の場合は使えません。 代わりに「寒中見舞い」(寒中御見舞、寒中御伺など)として品物を贈りましょう。 寒中見舞いは寒さが厳しい時期に相手を気遣う時候の挨拶であり、祝いごとには当たりません。 ただし、寒中見舞いの期間は、松の内(元旦~1月7日)が過ぎた1月8日から立春(2月4日頃)の前日までです。 この時期を過ぎないようにしましょう。 【重要な注意点】適切な「のし」や「水引」を選ぶこと 喪中の場合のお歳暮は、のし紙も通常のお歳暮とは違うので注意しましょう。 通常のお歳暮は紅白の蝶結びの水引が書かれたのし紙を使いますが、 喪中の場合は水引なしの無地のかけ紙、または短冊を使います。 これは、相手が喪中であっても自分が喪中であっても同じです。 ただし、短冊は略式なのでビジネスの場合は正式なかけ紙を使いましょう。 喪中期間にお歳暮を贈る際のマナーと注意点 そのほかにも、相手や自分が喪中の場合に気をつけたいことがいくつかあります。 特に、お歳暮を贈る相手が喪中の場合は、相手に対しての悲しみを思いやる気配りが欠かせません。 具体的な例をあげてご説明します。 相手が喪中の場合、故人宛にお歳暮を贈らない お歳暮を贈る際、故人宛に贈ってはいけません。 喪中である故人のご家族につらい思いをさせてしまいます。 お世話になった方が亡くなりご家族とお付き合いがない場合は、故人のご家族へお歳暮を贈る必要はありません。 故人のご家族ともお付き合いがあり、お歳暮を贈り続ける場合には、故人のご家族宛に贈りましょう。 ただし、お歳暮は感謝の気持ちを表す品として継続して贈り続けることが前提となっていますので、故人のご家族との「縁」がそれほど強いものでなければ、お世話になった当人が亡くなったのを機にお歳暮を贈ることをやめることが一般的です。 相手が喪中の場合、添える手紙の内容では祝いの言葉を避ける お歳暮を宅配便などで送付する場合は、お歳暮に手紙を同封します。 お歳暮に手紙を同封できない場合は、お歳暮の品が到着するころを見計らって、挨拶状が届くように別途郵送することが一般的なマナーです。 これは喪中の場合でも同じですが、 同封する手紙あるいは別送する手紙には「祝いの言葉」を使わないようにします。 自分が喪中の場合、故人宛にお歳暮が贈られてきた場合でもお礼状を書く 反対に、自分の家族が喪中の時に故人宛にお歳暮が贈られてきた場合はどうすればいいのでしょうか。 恐らく先方は不幸を知らないか、不幸を知る前にお歳暮を手配してしまったのでしょう。 そういった場合は、贈り物に対するお礼状を出すのがマナーです。 そして、 お礼状は贈り物のお礼とともに当人が亡くなったことを知らせる内容にします。 喪中の時に選んではいけない品物は? 喪中の際に贈っていけないものは特にありませんが、 紅白のものなど祝いごとを連想させる品物は避けるべきでしょう。 お歳暮のマナーとして一般的に贈ってはいけないものを守れば、問題ありません。 贈り物を選ぶ際には相手の立場を思いやり、喪中に限らず贈り物のマナーを守りましょう。

次の

喪中のときの正月の過ごし方。義実家へ帰省する?挨拶や手土産はどうしたらいい?

喪中 手土産

だから、ご自身が 喪中であっても お中元を贈ることに 問題はありません。 ですが、先方の 四十九日が 済むまでは いろいろ慌しいでしょうから、 時期を ずらしたほうが無難です。 遠慮なく、感謝の気持ちと一緒に受け取りましょう。 ただし、 お中元として贈ってはいけません! 「 暑中御見舞」や「 残暑御見舞」として贈ります。 この時にはのしや紅白の水引は使用せず、 白無地の紙や短冊を使用します。 表書きを変える時期の目安は 以下のとおりです。 そういう方は、 のしや 紅白の水引は 使用しないのも一つの方法です。 白無地の短冊に「お中元」と 書いて贈ります。 ギフトショップや通販などを利用して、 お中元を利用する場合も、その旨を 注文時に 伝えれば、殆どがきちんと 対応してくれますよ。 最後に おさらいの意味で、 簡単に要点をまとめました。 スポンサーリンク 関連コンテンツ.

次の

喪中の場合は新年の挨拶で実家に持っていくお年賀や手土産も無...

喪中 手土産

スポンサーリンク 喪中の正月の挨拶や手土産はどうしたら良い? 喪中の人は正月の挨拶をどのように言っているのか? 多くの人は、「今年もよろしくお願いします」と言っています。 あまり気にしない人や、相手側に合わせるという人の中には「明けましておめでとうございます」を付けてしまうという人もいます。 挨拶の一例を紹介しますと、 相手側から、 「明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします」 と言われた場合には、 「本年もよろしくお願いします」 と返します。 あなたから正月の挨拶を言う場合には、 「旧年中はお世話になりました。 本年もよろしくお願いいたします。 」 と言うと良いでしょう。 次に正月に持っていく手土産 お年賀 についてを紹介します。 熨斗は付けずに手土産として持っていくのがおすすめです。 熨斗を付ける場合には「御挨拶」とするのが一般的です。 または無地の熨斗にしましょう。 手土産を買う際にお店の人に喪中であることを伝えれば、相応しい熨斗を付けてもらえます。 喪中の正月におせち料理は食べてはいけない? 基本的にはおせち料理はお祝いの料理なので、喪中であることを考えれば食べないほうが良いのかもしれません。 なぜ、かもしれませんなのかというと、喪中におせち料理を作るか作らないかは各家庭によってかなり違うからです。 喪中であってもおせち料理を作ってお祝いをする家庭もありますし、おせち料理を作らない家庭もあります。 ですので、おせち料理を振舞われたら喪中だからと食べないのも角が立ちますし、素直に食べてしまって良いと思います。 ちなみにおせち料理を個々に考えてみると、栗きんとんが豊かな1年を願うものだったり、黒豆がマメに働くように願うものだったりとその年の願掛けの意味のものが多いです。 紅白のものはお祝いの意味が強いので、かまぼこや菊花かぶなどを食べるのは避け、その他のものを食べるというのも1つの方法です。 次にお餅やお雑煮はどうなのか? お餅やお雑煮も祝い事の料理です。 お餅は元々お祝いごとや特別な日に食べるものでした。 スポンサーリンク そういう意味で考えると、喪中にはお餅やお雑煮を食べるのは避けたほうが良いのかもしれませんが、それでは帰省した時に食べられるものが無くなってしまいます。 義実家に帰省したからには、喪中ではありますが振舞われたおせち料理やお餅、お雑煮は美味しく戴いてしまうのが良いと思います。 喪中の正月にお年玉をあげても良い? お年玉も新年の祝い事としてあげるものなので、喪中はあげないほうが良いです。 とは言っても、叔父さん叔母さんが来てお年玉を楽しみにしている甥っ子姪っ子達に 「今年は喪中だから」 と言ってお年玉を渡さないでは、甥っ子姪っ子達も納得しないでしょう。 なので、お年玉ではなく「お小遣い」としてあげることをおすすめします。 子供達にとってはお年玉でもお小遣いでも、お正月にお金がもらえるということに変わりはありませんから。 ポチ袋も探してみると色々と面白い表書きのものがありますので、工夫してみてください。 まとめ 喪中の正月の挨拶は「今年もよろしくお願いします」の部分だけにとどめましょう。 おせち料理やお餅、お雑煮は祝い料理ではありますが、美味しく戴いたほうが角が立ちません。 お年玉はお小遣いとして渡しましょう。 喪中ということで気持ちは落ち込んでいると思いますが、夫 妻 の実家ではめでたいお正月です。 行くと決めたからには、喪中だからと意識しすぎることなく相手側のおもてなしを素直に戴いてくださいね。

次の